リズと青い鳥・けいおん・たまこラブストーリー-それぞれのリズと青い鳥の役割 

アニメ映画「リズと青い鳥」を鑑賞。

静かにゆっくりと淡々と積み重ねる学園生活を、
繊細な輪郭線で描かれたキャラクターによって描き、
小さな機敏を丹念にすくい上げる柔らかいアニメーション。
アニメーションを壊さないように優しく奏でられる劇伴。
壊れやすいでも極度に洗練された映像がリズと青い鳥にあった。

また絵本「リズと青い鳥」部分のアニメーションは、
できるだけ絵本調の背景に合わせるようにキャラクターが描かれ、
色鉛筆で描かれたような青い鳥のアニメーションは、
「かぐや姫の物語」以降のものという感じ方をした。


さて本作の主題は鎧塚みぞれと傘木希美の関係。
希美に精神的に依存しがちのみぞれ。
みぞれに複雑な感情を抱く希美。
二人はこれまで同じ道を歩みながら、
もう一度これからも同じ道で歩めますか?と問うような話だったように思う。

そんな二人の関係性及びリズと青い鳥の役割を見ながら、
「けいおん!」の平沢唯と真鍋和、
「たまこラブストーリー」のたまことみどりを思い浮かべていた。

rizutoto03.jpg

「けいおん!」の唯と和の関係。
和の「そうなんだ。じゃあ私生徒会行くね」という言葉に象徴されるように、
和は唯に対する依存度は無いように思える。
(子供の時は和が唯に対して依存があったようではある)
唯も和に引っ張られることもなく、二人は互いの好きな時に集まって
話をして楽しくしている関係である。
リズと青い鳥でいえば、いつでも自由に飛びだって良いと
リズが青い鳥に最初から言っているような自由な関係のように思える。

むしろ、唯への依存心があるように思える梓の関係の方が
リズと青い鳥の比較でいえば有効かもしれない。


次に「たまこラブストーリー」のたまことみどりの関係。
みどりがたまこに片思い的なとても複雑な感情を抱いている。
幼馴染・友人以上、でも恋人ではないみたいな。
一方のたまこはみどりをきっぱり友人・幼馴染として見ている。
みどりがリズで、たまこが青い鳥のように思える。
リズなみどりは青い鳥のたまこに飛びだってほしくないようである。
(この辺りは最初みぞれがリズと青い鳥に抱いていた感情に近い)
結局、たまこが外に飛びだとうとしている(もち蔵との関係が展開する)のを
最初は辛く思いながらも、最後は飛び立つのを後押しする。


「リズと青い鳥」の鎧塚みぞれと傘木希美の関係は、みぞれ自身が言うように
自分がリズと青い鳥の役回りが入れ替わる事を示唆している。
みぞれが希美に依存しているように見えながら、希美もみぞれに引っ張られてる。
それでも二人は変化する状況(進路・吹奏楽部)によって
自分の道はありながらも、二人で寄り添う道がある事を気づいたように思える。


リズと青い鳥の関係ではなかった、唯と和。
みぞれが最初抱いていた感情に近かった、みどりとたまこ。
どちらもリズであり青い鳥だった、みぞれと希美。

「けいおん!」「たまこラブストーリー」「リズと青い鳥」と順に見ていくと
同性への恋愛にも近い感情、
好きなものは閉じ込めていきたい感情とどうやって向き合うのかという問題に
ホップ・ステップ・ジャンプで駆け上がってきたようにも感じてしまった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/22 21:16 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

キテレツ大百科 24話「昼行灯で百点満点/コロ助 恋におちて」 

・昼行灯で百点満点

記憶力を上げる「昼行灯」。キテレツは昼行灯を使って国語のテストの結果を上げるが…

発明道具メイン話。
キテレツや先生がこの道具を使っていたが、道具自体は有用。
記憶力が上がるのは、素直にほしいと思わせる道具。

有用な道具はブタゴリラに取り上げられる(そうになる)展開は多い気がする。
その道具が先生の手に渡るのが、仕掛けとして一歩進んだか…


・コロ助 恋におちて

キテレツ達は自動車工場の見学にいくが、工場のロボットにコロ助が惚れられてしまう。

kite24-1.png

ロボット同士の恋を描く話。
工場の物言わぬロボットにコロ助が惚れられる展開は中々にディープ。
何も言わないロボットが、いろいろな想像力を掻き立ててくれる感じになっている。
真面目な内容ながらもプロットに狂気を感じさせる話。


作画監督 佐藤好春 大島秀範 原画 田中誠 諸橋伸司
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/18 20:41 ] キテレツ大百科 | TB(0) | CM(0)

ダーリン・イン・ザ・フランキス 14話の演出を語る-キャラの向きと視線・思いのすれ違い 

ヒロとゼロツーのすれ違いにより二人に距離ができる
ヒロはゼロツーに未練を残すが、
イチゴは自分にヒロを振り向かせるため、ヒロにキスをして告白する。

せっかく記憶が戻ってヒロとゼロツーの関係が進むかと思いきや
イチゴがコンフリクトとなって進展を妨げる展開。
今回はキャラクターの向きと視線に注目して語りたいと思う。

・大事な所は顔を隠し背中を向いて語る

今回は背中を向けるシーンが印象的。

darihura14-1.jpg

ヒロがミツルに昔の約束の話について語ろうとするが、
ミツルは「昔のこと」と会話をかわそうとする。
その時のミツルの表情は見えない。
表情を見せないことで、視聴者に想像の余地を与える。
おそらくミツルは表情にこそ変えていないだろうが、内心はホッとしているだろう。

darihura14-gif-4.gif

作戦会議のシーン。
ゼロツーだけ会議の場で背中を向けている。
(ここでも表情は映らない)
前まではオトナ側に顔を向けていたのだが…
ヒロとのこと、周りとのギクシャクで背けようとしている。

・モチーフ

darihura14-gif-2.gif

ウサギなリンゴの形からのゼロツーのツノのカットへ。
ヒロがリンゴを見て、ゼロツーを思い浮かべていたようにみせるカット繋ぎ。
 
darihura14-3.jpg

割れて形もなくなった手鏡。二人の関係は一旦リセットを迎える。

・視線のすれ違い、思いのすれ違い

今回の最大のポイントは、思いがすれ違うこと。
ゼロツーはヒロを思い、
ヒロはゼロツーを思う。
イチゴはヒロを思う。
しかしすれ違いによって、関係は上手くいかない。

そんなすれ違いを視線の方向で表現していたのがラスト。

darihura14-4.jpg

左向きのゼロツー(新たな赴任地へ向かう)

darihura14-5.jpg
左に行こうとするヒロ(ゼロツーに未練があるような感じ)。
そんなヒロの心を察知して、ヒロを行かせないイチゴ。

darihura14-6.jpg
ヒロを振り向かせるためにイチゴはキスをする。(ゼロツーとは逆の右向きに)
ポイントは背丈が足りないイチゴがジャンプしてキスするところ。

darihura14-7.jpg
ヒロの体に頭をぶつけるイチゴの独特の告白。
二人の間に身長差があるのは、このキスと告白の仕方を狙って設定したか・・・?
イチゴはヒロの方を向き、ヒロもイチゴの方を向いているが視線と思いは交差しない。

darihura14-8.jpg

飛行機の音で、飛行機の中にゼロツーがいる事に思いを馳せるヒロ。
ヒロの視線は空を見上げる。イチゴの視線とすれ違い、思いを交差させない。
そしてヒロの視線など気づかずに、ゼロツーは遠くに行く。

3人の視線はそれぞれの思い人に向けようとするが、
その視線と思いが届かないことが伝わってくる。
だからイチゴの告白も虚しく聞こえてしまう。

おわりに

今回の絵コンテは長井龍雪。
キャラデが田中将賀という事を考えれば待ってましたという人選だし、
ジャンル(ロボット)や作風(青春)を考えても長井さんの参加を期待していた。

見返すと、キャラの表情を隠して背中で語るのは
鉄血のオルフェンズでもオルガ等がよく見せていた。
ヒロがゼロツーに「君は化物だ。人間じゃない。」というシーンで
BGMを遮断させて、画面を一旦暗転させるのも
長井さんの監督作品ではよく見たような気がする演出であった。
見返したら、長井さんだという事がわかるコンテだったというか。

darihurazenogura.jpg
(千早に尽くしても見向きもされない萩原雪歩) 

キャラクターの思いが届かない感じは
長井さん監督作的にいえばゼノグラシアぽかったななぁと思った。

darihura14-kannkei.jpg
(14話までの人間関係図)

とくがわいえやす
爪を噛むゼロツーを見ていたら、爪を噛む癖があった徳川家康を思い出した。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

火垂るの墓-過去から現代を描く物語 

「1945年9月21日僕は死んだ」には理由がある。

裕福な家庭環境が故にプライドが高く他者を拒絶し、
自分に都合が良い刹那的な選択を行い、肉親だけの閉じた世界に篭もり
その為に死んだ清太の姿は、現代(1980年代)の子供に通じるものがあるのではないか。

以上のような視座に立つことで、
火垂るの墓を描く意味を高畑監督は見出したのだろう。
言い換えれば火垂るの墓の時代を描くことは今を描くことに繋がる。
そして清太の姿を通して今はこういう時代でもあるという事にも言及していたのであろう。

その清太の姿を描くには確かな観察に基づいたアニメーションでなければ成立しない。
生活する人間の細やかな所作・動作を丁寧に拾い積み重ねるアニメーションによって
人間(キャラクター)を描けるという信念に基づいて行われているように思える。
そのアニメーションが描けるのは近藤喜文しかいないという確信の元、
高畑監督は近藤喜文の参加を絶対的な課題とした。

他者を拒絶し、閉じた世界に逃げれば死ぬ。
火垂るの墓に辛い・悲しい・怖いと感じてしまうのは死という結果より
清太の行動にみえる人間が生来持っている他者への拒絶心や刹那的思考を
視聴者にも感情移入をさせるより前に当時の神戸・西宮に降り立たせて
冷徹にまじまじと見せつけるように描いているところにあるのではないだろうか。
(一方で幽霊の清太も舞台に立たせている)

火垂るの墓は過去の問題を扱ったというより、
過去の物語を通して現代の問題を扱う作品だと思った。
それはラストカットの幽霊の清太と節子が
小山から人工の光に照らされた神戸のビル群を見ている姿で感じられた。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/14 17:24 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

キテレツ大百科 23話「ふりかけはコロッケの味/きき耳ずきん」 

今回は前後半の2部構成

・ふりかけはコロッケの味

ブタゴリラが開く野菜パーティーに参加することになったキテレツと乙梨。
野菜嫌いな乙梨のためにキテレツは、
どんな食べ物もコロッケの味にする「食物変換ふりかけ」を作る。

kite23-1.jpg

今回は発明メインの話。

乙梨が野菜嫌いなのはわかるが、野菜をコロッケ味で食べ続けるのには無理がある。
ただ私も子供の頃は食わず嫌いの野菜が多かったので、乙梨の気持ちもわかる。

それにしてもブタゴリラの野菜パーティを開くとは…野菜好きすぎる。


・きき耳ずきん

動物の言葉がわかる「きき耳ずきん」を作ったキテレツ達。
研究費のために、懸賞金がかかった行方不明になったプードルのリリーを捜す。

kite23-2.jpg

様々な動物の話が聞けるのが中々に面白い。
純情な動物、愛を感じる犬、ホラをふく犬。犬たちの様々な世界が垣間見られる。
プードルのリリーはテツヤ君が保護していたのだが、
テツヤはジローと名づけていたのがちょっと面白かった。

動物は自分を大切にしてくれる人間の元にいたいというオチ。

作画監督 渡辺はじめ 原画 時永宜幸 小西洋子 横山彰利 大谷敦子
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/13 19:19 ] キテレツ大百科 | TB(0) | CM(0)

キテレツ大百科 22話「町内運動会 MVPは誰の手に!?」 

キテレツの家のテレビが壊れてしまった。
TVを見たいコロ助はママに新しいテレビをねだる。困るママ。
そんな時町内運動会の景品でテレビだと知り燃えるママ。


おそらくキテレツママ初メイン回。
今まではキテレツの発明道具をわからないまま使い、
騒動を大きくする役割だった。
今回は壊れたテレビの為に、応援などで一生懸命に振舞う。

キテレツママはデザイン的にもかわいいし、
島本須美さんの声なので、良い扱いをされれば魅力的なキャラだと思う。
だから今回はママの魅力が存分に発揮されたのではないかと思う。

町内運動会ということで、メインキャラ総動員なので盛り上がる。
今回の脚本の山田隆司は前も親子野球勝負回(16話)を手がけていて、
親子での競技を行う話を手がけているなぁと思った。
(きちんと最後は良い話で締めくくるのが山田さんらしいというか)

kite22.jpg

大画面で見るグランロボ。エフェクトがかっこいい。
今回はブラウン管TVの中身など機械のディティールが細かく
グランロボのアクションがかっこよかったりする。横山彰利さんかなぁ。

作画監督 渡辺はじめ 末吉裕一郎 小西洋子 横山彰利
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/11 19:52 ] キテレツ大百科 | TB(0) | CM(0)

キテレツ大百科 21話「走れ 42.195キロ! マラソンはこりごりナリ!?」 

マラソンを35キロすれば日本の選手が勝てるというブタゴリラの提案で
紀元前490年のギリシャに向かうことになったキテレツ達。
アテネからマラトンまでの距離を測ろうとするが。


マラソンの距離を変えれば、TVで見ている日本のマラソン選手が勝てる。
だからマラソンの起源である過去のギリシャに行こうという話の筋が面白い。
(ブタゴリラの役割が少しづつはっきりしてきた感じ)

次にギリシャにブタゴリラそっくりな人(指揮官)がいるのが面白い。

kite21-1.jpg

確かに似ている。
キテレツはこの人をブタゴリラだと思ってしまうのも無理はない。

発明道具そのものにスポットを当てるより、
その後のギリシャで起こる騒動を注目した話。
航時機は活躍度高いなぁと思いつつ、
中々にバランスよくまとまっていた話だった。

作画監督 山内昇寿郎 原画 尾鷲英俊 清山滋崇 山本哲也
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2018/04/09 20:22 ] キテレツ大百科 | TB(0) | CM(0)