FC2ブログ

TVアニメ史からみる劇場版シティハンターの位置づけ 

はじめに

劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>を視聴。

「変わるもの・変わらないもの」を軸に
変化目まぐるしい大都会新宿を舞台に
絵作り(トンボが象徴)・時間の流れ方・声優・楽曲、
何よりEDの止めて引くも含め
当時のTVシリーズ”まんま”のように作った作品。

gekiyouCH.jpg
(変わる新宿、変わらない冴羽獠と香の関係)

当時の”まんま”で作ることで、
「変わるもの・変わらないもの」が浮き彫りになり
ただのノスタルジーだけで終わらない作品になった。
一方で往年のファンの期待に応えるものに仕上がった。

このCH劇場版に最も近いものといえば、2008年のwiiやPS3の時代に
ファミコンみたいな絵・音で作られたロックマン9かもしれない。

劇場版で”まんま”ができた理由

CH劇場版の"まんま"ができたのは、
総監督がこだま兼続であること。
企画・製作側によみうりテレビの諏訪道彦と
スカイフォールの植田益朗(TV版当時:サンライズ)の存在が大きい。
この事をTVアニメ史からみてみたい。

まずTVアニメ シティハンター(CH)(1987年)の位置づけを
4つの点から振り返り当時のこだま兼嗣・諏訪道彦・植田益朗の
3人の立ち位置を明確にしたい。

①ロボットアニメのサンライズがロボットアニメで低調傾向にある中
 ミスター味っ子と共に漫画原作に乗り出し成功したこと。
 サンライズの新規路線につながった。

②よみうりテレビ(諏訪道彦)とサンライズ(植田益朗)の関係が構築され
 ガンバリスト!駿・犬夜叉・結界師といったアニメの制作につながる。

③監督としてのこだま兼嗣とよみうりテレビ(諏訪道彦)の引き合わせにより
 後の名探偵コナンに繋がる。

④サンライズの植田益朗班(3スタ)に
 東京ムービー系のこだま兼嗣・北原健雄・青木悠三が参加した事。
 こだまはその後もアイカツシリーズ等でサンライズ系の作品に参加。
 北原もガンダムF91の作画監督で参加。サンライズの人脈の幅が広がった。

以上のように、TV版CHはサンライズ的にもよみうりテレビ的にも
後の仕事と人のつながりのスタートとして大きな役割を果たした。
またCHは当時若かった諏訪・植田にとっては成功した企画であり
引いては思い入れ深い企画になったようだ。

TVシリーズから30年たって…

そしてCHは1987年から1999年の間に
四つのTVシリーズ150話と三つのTVスペシャルの放送。
三本の映画を製作する人気シリーズに成長した。

このあと2019年に至る間、
よみうりテレビの諏訪道彦は一貫してアニメ畑で
名探偵コナンの商業的成功も含めて
多くの漫画原作アニメの企画を手がけてきた。
TV局側のアニメプロデューサーの第一人者になったといっても過言ではないだろう。

植田益朗はサンライズからA-1 Pictures及びアニプレックスの社長となり
多くのアニメ作品を世に送り出してきた。
A-1及びアニプレックスは植田が在籍する間に大きく成長した。

こだまは今日の名探偵コナンの成功の礎をなし、多数の監督を務め
70近くなった今もコンテを切っている。

三人とも30年間アニメ界の一線であり続けた。
この事が劇場版シティハンターの企画実現につながったと思う。
かつてアニメ化されたものが再アニメ化されること、
再アニメ化で往年の制作スタッフが参加することは決して珍しくない。

ただ劇場版CHのように諏訪・植田といった企画側の二人が
変わらずに企画として参加するのは珍しいのではないだろうか。
その二人がこだまを総監督として再び組んで制作したからこそ
当時の”まんま”ができたのではないだろうか。

またTV版で作画監督を務めた高橋久美子がキャラクターデザインとして
参加できたのも大きかったのかもしれない。

さらにEDではちゃっぴぃこと武井良幸が撮影をしているが、
武井はTVのCH3でサンライズの制作進行。植田は当時の上司。
当時の制作進行が30年近い時を経て、EDの撮影をするのはどのような心境か。

まとめ

以上振り返ってみたが、企画側に理解があり力のある方がいると
作品製作で大きな力になることが改めて思い知らされたのが劇場版CHだった。

時間は確かに流れた。アニメ製作も制作も変わり、かつての若者達はベテランになった。
声質も変化はあった。その中でも変わらないものもある事を教えてくれた作品だった。


チュートリアル徳井と小室哲哉

余談として劇場版CHで2019年の芸能界を振り返れる。

まずオカマのコニータの声優が法人所得無申告で話題のチュートリアル徳井な点。

ずっと所得を無申告でいて、指摘されて支払う点では”変わらない”が、
芸能活動を自粛に陥った点で”変わった”といえる。

またED Get Wild 作曲の小室哲哉が妻KEIKOと離婚調停中な点。

小室はKEIKOと別れて、家庭環境が”変わろう”ともしているが
一方で小室は結婚・離婚を繰り返している
新しく出会う女性に目移りしてしまう点では”変わらない”といえるし、
その女性好きは冴場にも通じるもっこりである。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/11/18 21:12 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

諸葛孔明と石動雷十太(憤死との関係から) 

三国志演義で、漢の諸葛孔明が魏へ出兵(北伐)時に魏の重臣王朗と論戦。
孔明は散々に王朗をこき下ろして憤死させる場面がある。

文章だけでも中々にインパクトがあるが、
映像にすると次のようになる。



孔明が喋り始めて約1分で王朗は口から血を吹き馬上から倒れ落ちる。

映像にすると王朗側で気になるところがある。
孔明が喋る1分の間に、王朗は口から血が出てしまうのなら
孔明と話す前から重症だったのではないだろうかと思ってしまう。

孔明に図星を突かれたから憤死というより、高齢で元々体調が悪いところに
孔明に痛いところを突かれたから、倒れたと見るのが自然のように思えてしまう。

ただ三国志演義での孔明は、魯迅が化けものじみていると評するように、
智絶と称された天才軍師であるので、
1分ぐらいで相手を憤死させることぐらい雑作もない描写として見るところなのだろう。
孔明は他にも周瑜と曹真に手紙を送って憤死させている。

文章で読む以上に映像で見ると孔明恐るべしと感じてしまう。


この孔明と王朗のやりとりを見ると、
石動雷十太は緋村剣心に勝負で負け
「人を殺したことがない」と喝破されても憤死せずに
再起は出来ないと相手が思う程度で留まっているのは
雷十太の精神力の高さを証明するものといえよう。

3c5c6c8a.png

雷十太は三国志演義の孔明に色々言われても
憤死しないのではないだろうか。


剣心は雷十太を再起が出来ないと言っているが、
あくまで剣心の推測なので、これが本当に当たっているかどうかはわからない。
剣心に人物のその後まで見据える眼力があるかはわからないからだ。

よってその後の雷十太はまだ史料となる文献が発掘されていないので
わからないが再起して新・新古流を立ち上げている可能性もあるのだ。

石動雷十太のその後に期待したい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/10/14 21:45 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

女子高生の無駄づかい-10話 

松園公さんコンテ回はいつもより2割ましなイメージで面白い。
さんぺいさん、高橋さんがどこまでコンテチェックしているのだろうか。

muda10-1.gif

一回ひざを曲げてから振り向くのと
地面にカメラ置いてますよ感が出ているアングルが気持ち良い。


掛け合いが面白い原作だと思うので、
プレスコ方式がはまったアニメのひとつだと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

アニメ「博多明太!ぴりからこちゃん」の見どころと狂気性 

紹介されて見た「博多明太!ぴりからこちゃん」が面白かった。

本作はKBC九州朝⽇放送の日曜朝6:15に放送されている5分枠のアニメ。
amazonやdアニメといったネット配信でも視聴可能。

まず良かったのは絵の満足度。

pirikara.jpg

1話ファーストカットの美術背景。
絵って感じをさせる描かれ方が心地よくて好き。
「衛宮さんちの今日のごはん」と同系統な描き方のように感じた。

pirikara1.jpg

キャラと背景が同レベルで描かれることで
一体化されたように見える絵が心地よい。
高畑勲が目指した背景とキャラクターの一体化に近い方向性の絵の使い方だ。
色トレスが効果的。

キャラの線もシンプル。背景も抽象化してシンプルにしているので絵が見やすい。
絵が見やすいながらに空間の奥行も感じさせるし、
温かい色味が満足感を与えてくれる。

本作は5分アニメゆえに少数のスタッフで制作されているが
少数ゆえの強みを生かし、情報の制御が行き届いている絵に仕上がっている。
各話アニメーターさんが1人か2人なので絵(線)の個性が見えやすいかも。

ちなみに主人公のぴりからこちゃん役の河野ひよりさんの声は癖になる声質だ。
(今期は荒ぶる季節~やソウナンですかにも出演し売り出し中だ)

pirikara2.jpg

このアングルで描かれる一体的なキャラと背景。
上記のようなレイアウトが良い、見て満足できる絵が多いのが本作の見所だろう。

特別に凝った動き(アニメーション)が描かれるわけではないが、
小気味よく動かして退屈させない。

pirikara3.jpg

あと本作は時たま狂気の片鱗を見せることがある。

1話ではぴりからこちゃんが、辺り構わず明太子をふりかける展開になる。
ぴりからこちゃんの友達のイチゴなあまおうちゃんに明太子が振りかかった時に
あまおうちゃんが、あまおうちゃんを共食いしているのが上記のシーン。
同種を食べるのに何も抵抗も葛藤もない。狂気を感じる。

pirikara4.jpg

6話は狂気性が高い。
他のあまおうちゃんの兄妹がどうなったのかを聞かれた時に
「ジャムになった。大福になった」と身も蓋もない返しをする。

pirikara5.jpg

6話のオチはあまおう狩りをしていたら、あまおうちゃんが紛れ
左のあまおうちゃんが入れ替わり(まゆげの描き方で別モノだとわかる)
ぴりからこちゃんは「まっいっか!」で済ませてしまう。

あまおうの扱いに狂気を感じさせる。


以上、色々本作の見どころや狂気性をまとめてみたが
私はクリーチャーがほのぼのしている作品が好きなのだなぁと思った (のらみみとか)。
次回以降に期待したい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/08/25 08:16 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

アニメと甘いものの関係性について 

甘いもの食べながら、アニメ見るのは最高!!
脳にエネルギーが入って、アニメがグイグイ見られるぅぅぅぅ!!

甘いぃものぉおおがお゙ぉおォおんいぃしいぃのぉおお


機動戦士ガンダムのザビ家の人々も次のように語っている。
ドズル「アニメは甘さだよ。兄者」
ギレン「あえて言おう。糖分であると」

ちなみにガンダムの原作者の富野監督はトップランナーというTV番組に出演の際に
イチゴショートを出された時に感激し、甘いものの象徴だと語っていた。
やはりアニメと甘いものは関係があるのだ。

adpDSC_3683-750x499.jpg

夏の暑い時期はアイスといった冷たいデザート@
手で持ちながら食べられるアイスバーはアニメとの相性が抜群(X-GUN)!!

batugunn.jpg

スプーンで食べるアイスなら、牧場しぼりが好き。
ただスプーンで食べる場合は、視線が画面から離れやすい気がする(スクリーントーン)

 ∧_∧ +
.(*`・ω・)
./つγ⌒v⌒ヽ
しー( ラ ヴ )
   \  /(゚∀゚)
    `v” ⊂  ∪

食べやすいキューブチョコやクッキーもいいなぁ~♥

デザト

アニメから視覚と聴覚からの感動を!!
甘いものから味覚の感動を!!
アニメを見ながら甘いものを食べることで
五感のうち三感の感動を同時に堪能できるのだ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/08/22 23:13 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

富野コンテの印象 

富野由悠季監督の絵コンテについて箇条書きでまとめてみた。

tomikonn.jpg

・富野監督自身の絵柄がある。その絵柄がかわいい(味がある)
・絵柄は手塚先生がベースな印象。アオリのシーンの絵柄は湖川さんっぽくなる
・絵コンテの絵柄は現在に至るまで変わっていない印象

・読みづらい文字
・逆シャア、F91のコンテではワープロで印刷された文字が貼られているが、
F91以降のVでは再び手書き文字を使用している(テンションを伝えたいためか)

・細かく描かず要点を抑えたような絵。アニメーターに解釈を委ねる感じ
・抽象的な絵でかつ勢い良い描線のためか、イメージ喚起力が強い気がする
・富野作品を特徴づけるキャラとメカの独特なポージングはコンテにあり

・著書「映像の原則」で書いていたようにラフな絵で描いているため、
流れるようにコンテを見ることができるのかもしれない

・コンテを切るスピードに定評があるが、そのスピード感が伝わるテンション高い描線
・描くのが速いとは、線を引くのが速いこと
・テンション高く引くのが速い描線が、作品のテンションと展開の速さに繋がっている印象
・線を引くのが速いことが、富野監督の決断力の速さおよび高さを感じさせる

・富野監督初コンテである鉄腕アトム96話のコンテは絵の線が硬い(流石にまだ慣れてない)
・シートン動物記のコンテは、富野動物が見られるのがよい(舞台背景も書き込んでいる)
・1stガンダム1話のコンテで、ガンダムが逃げるザクを斬るコンテが最高
・逆襲のシャアのコンテは面白い
・ブレンパワードのコンテは、絵柄をいのまたデザインに合わせているのがかわいい
・ブレンパワードのOPコンテを見て、改めてぶっとんだ内容だと再確認できた
・∀ガンダム最終話コンテのラストカットに書かれた富野監督のコメントに泣いた
・劇場版Zのコンテからはテンションの高さが伝わる

・TVシリーズよりOVAや劇場作品の方が、コンテの書き込み(密度)が上がる
・コンテ用紙の枠外等にある富野監督の指示(独白)のようなコメントがとにかく面白い
・コメントももちろん富野台詞口調 

・サンライズには富野監督の絵コンテ集を書籍化してほしい
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2019/08/18 21:05 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)

人間の業と本質を描く-女子高生の無駄づかい 7話 

今回も面白かった「女子高生の無駄づかい」7話。

全体でいえば、ネタが冴えていて、キャラの絡みが面白い。
基本、毎回メインキャラを据えて、メイン対誰かの1対1の絡みで見せてくるのだが
相手によってメインの反応が変わり、その変化がネタの面白さの変化にもつながる。

新キャラも登場して(今回ならシーキョン)、人の絡みも多くなっていく。

今回でいうと、やまいとバカの絡みが面白かった。
今までもやまいとバカの絡みはあったが、今までより面白かったのは
ネタ(ガスマスク・体育館)がよかったからだろうか。

zyosimuda7.jpg

あと目につくのは電車の使い方が上手。
物事が転換する予兆させるものとして有効に機能している。
毎回恒例のアバンでのすごいこと話での電車の切れ味は
オタの心を切り裂いていたようにも思える。


今回の女子高生は、主にやまいとバカを通して
人の業と本質を見事に捉えていたと思う。

zyosimuda7000.jpg

まずやまいがマジメとツーショットで撮った写真をSNSであげたら、
多くの反響が返ってきたことに対しての恍惚の表情。
人は構ってちゃんという業・性質を持つものなのだ。

zyosimuda7002.jpg

また最後の体育館での全体集会のエピソードが人の本質を描いていて秀逸。
やまい・バカのように拍手のタイミングをズラしたい気持ちはよくわかる。
私も学生時代に拍手のタイミングずらしをやりたいと何度も思ったか。
実際にやるととても目立つので、小心者の私にはできなかった。

みんなが同じ事をやっていると、その中でちょっと違うことをしてみたい。
そういう事をしたいのが、やまいでありバカなのだろう。
最後の体育館の話は、人の業・人間の本質を見事に捉えた好エピソードだった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly