スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる12話の、小物をキャラの心情に見立てる演出解説 

はじめに

今回の俺修羅は、出合小都美さんの絵コンテ・演出が面白かった。
なぜ面白かったのかといえば、小物の使い方。
当記事では、この小物が意味する/見立てるキャラクターの心情描写について語る。

小物から描き出されるキャラの心情

今回の小物には意味がある事がわかったのは、以下のショット。

oresyura12000.jpg

後半、鋭太は夏川真那と出会い、真耶は真涼について話す。そして、
「真涼は夏川家の宝石って呼ばれていたの、宝石つまりアクセサリー。パパが社交界で自慢する道具・・・」
と言いながら、蹴った小石を手につかみ、太陽の下に晒す。
小石が光り輝く宝石・アクセサリーになった瞬間であり、
つまりこの小石は真涼であることの暗喩なのだ。

この描写でわかったのだが、今回は真涼が宝石/アクセサリーだという事を示すものであり、
ここまでに至る布石をきちんと小物を使って描写してきた回なのだ。

oresyura12003.jpg

話を前から見てみよう。

まず最初の海辺での海水浴のシーン。愛衣がハート型の貝殻を拾い、鋭太に見せる。
愛衣なりの愛のアプローチではあったが、
鋭太はアジフライだと言い、彼女の気持ちを受け取らない。
つまりこの貝殻はハート=宝石にはなれず、アジフライになってしまったことで、
愛衣と鋭太の想いの行き違いを描いている。
まず、ここで貝殻はアクセサリー・宝石だという布石を立てていることがわかる。


次に宿泊先に戻っての真涼と愛衣の料理シーン。

oresyura12004.jpg
oresyura12005.jpg

告白されるのを回避するために鋭太と付き合うのが目的だとしたら許せないと
一歩間違うとガチな修羅場になりかねないような言葉を吐く。
愛衣が鋭太と真涼の関係のフェイク性を指摘し暴露した瞬間だ。

ここで真涼は玉ねぎの皮を剥きすぎたと言い、愛衣をごまかし場は収束する。
ただ、この玉ねぎも形を見る限り、小物であると同時に、
皮を剥かれた玉ねぎは、真涼の心も剥かれ丸裸にされた事を暗喩しているのだ。
ここで、貝殻→玉ねぎという、描写の繋ぎを見せている。

oresyura12006.jpg
oresyura12007.jpg

そして今回のクライマックスの一つ。
千和達が鋭太や真涼に「乙」型のアクセサリーを渡す。
3人の心の暖まる贈り物に対して、真涼は心震えたようだ。

料理シーンも含め、丸裸にされつつある真涼。
そして鋭太とのフェイクな関係性を維持させるためにキスをする事を思いついたが、
こうした作戦も3人の暖かさに触れて観念したようだ。
ただ、真涼にとっては、3人の眩しさに照らされたかのように
自身の心の醜さをも感じ取ってしまったようだ。

しかし、このアクセサリーは5人の繋がりを表すものでもある。
鋭太との関係はフェイクかもしれないが、5人の絆は本当なのだ。

oresyura12008.jpg

そして鋭太と真耶のシーンに戻ると、
貝殻→玉ねぎの破片→「乙」型アクセサリー→小石と、
物語の要所要所を小物/アクセサリーでつないでいることがわかる。上手い。

oresyura12002.jpg
oresyura12001.jpg

そして真耶は持っていた小石を蹴り、違う小石と当たった描写を考えると、
この二つの小石は真涼と真耶を表していることがわかり、
父親の期待に応えアクセサリーになれる真涼と
父親に期待されずアクセサリーになれなかった真耶を意味していることがわかる。

まとめ

以上のように、今回は小物(アクセサリー的なもの)を用いて、
各キャラの心情を見立て、キャラの心を揺さぶりをかけるような描写を行い続けてきた。

繰り返すが
真涼は「乙」型のアクセサリーで3人の真心の本物さと自身の醜さ(フェイクさ)を感じ、
真耶や小石で、期待された姉(真涼)と期待されない自分を照らし合わせる。
真鈴と真耶が違う小物を通じて対照的に繋がって行くのも、描写として面白い。
それは、出来の悪い妹から見れば、出来の良い姉の方は、
上手に振る舞えてしまえるためにフェイクになるという指摘をしているかのようだ。

でも、真涼も自分のフェイク性の欺瞞も感じ、一歩飛び越えようとしている。
だから部屋で悩んでいるのだろうし、関係を終わりにする覚悟もあるようだ。
そんな真涼に対して、鋭太も色々思うところはあるようだ。
来週で一つのドラマの区切りが着くようであり、楽しみである。
ただこの流れで行くと、千和ルートも真涼ルートもありえる。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
スポンサーサイト

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5話「夏川真那さんと秋篠姫香さんが初登場」(感想) 

oresyura5003.jpg


夏川さんの妹な、夏川真那さん。
前世で鋭太と付き合っていたと言う秋篠姫香さん。
前半と後半に新キャラが2人登場。

イベント重視な本作。
夏川さんに人工呼吸したり
千和の体を拭いたりと、
鋭太も色々忙しいようです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 4話「男の戦いは修羅場」(感想) 

oresyura4-1001.jpg

千和さんの可愛さが光るアニメです。
早く鋭太とくっついてしまえばいいのに
なんて思ってしまいます。

ジョジョネタを本編で公言しているのが
面白いなぁと思っています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 鋭太の努力と千和が望む関係性の隔たりについての考察(3話感想) 

oresyura3-1006.jpg

千和ちゃんの笑顔に惚れる。
千和ちゃんも今期の一押しです。 
るろお先生の絵は最高に可愛い!

鋭太の努力を表すために
ハンバーグを使ったのが面白かったです。
 
今回は鋭太の努力が、千和にとって
空回りしているという展開に注目しました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 鋭太と千和と真涼。それぞれの距離感についての考察(2話感想) 

oresyura2006.jpg

千和さん可愛すぎ。
今期で一番好きなキャラになるかも。

今回はフェイクの彼氏彼女の関係を結んだことで
鋭太との距離感が掴めなくなった千和の苦悩と、
まだ鋭太との距離が遠い真涼を描いた話。

食事シーンなどを交えながら
距離感について考察します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 1話「高校生活のスタートは修羅場」〈感想) 

oresyura1002.jpg

恋愛嫌いで勉強熱心な季堂鋭太。
帰国子女で校内一の美人で評判な夏川真涼。
鋭太の幼馴染でモテタイ願望が強い春咲千和。
少年少女たちの、恋物語が開幕します。

監督の亀井幹太さんの画作りにも注目。
予想以上にカッチリとした作りでした。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。