アニメ嗅覚論~アニメにとって匂いとは何か―境界の彼方 6話 

境界の彼方 6話が面白かった。

この作品は、こんな遊び回もできるのかと驚いた。
その意味ではシリアスとギャグの境界の彼方ともいえる内容だったし、
けいおん(音楽)の京都アニメーションと、
ラブライブ(歌・踊り・アイドル)の花田十輝さんが交差した瞬間でもあった。

kyoukai6004.jpg

kyoukai6002.jpg

kyoukai6001.jpg

さて、今回は敵の妖夢の花粉を浴びると、とても臭いという状況下で
何度も何度も妖夢に立ち向かうも失敗する展開が微笑ましかった。

本編では名瀬美月が最初に花粉を浴びてしまい
周りはガスマスクをつけなくてはいけないほど臭い。
そして花粉の匂いの被害は拡大しつづける。

kyoukai6000.jpg

「臭い」「臭い」と各キャラクターは口を揃えて言う。

そんな展開を見ていて思ったのは、
アニメにとって匂いとは何かということだった。

映像と音響で組み合わせで成立する映像表現。
その映像表現のアニメは視聴覚を大いに刺激するが、
こと嗅覚に関しては、視聴者が状況から想像することしかできない。

今回もガスマスクをしなくてはいけないぐらいの匂いだったわけだが、
もしそれぐらい刺激的な匂い(嗅覚)を
他の視覚や聴覚に置き換えて、本編で表現されたらどうなのだろうか。

もしかすると余りにも視聴者の視覚や聴覚を刺激してしまうのではないか。
そうなると、その作品は視るのも聴くのも、大変なのかもしれない。

その意味ではアニメにおける嗅覚の表現はどんなに臭くても、
視聴者に直接的な刺激を与えない、間接的なものである点で
どこまでも誇張しても良い表現領域なのかもしれない。

kyoukai6003.jpg

むしろガスマスクを着けるビジュアルはそれだけでもギャグになるし、
臭さで顔を歪め、吐いてしまう描写もギャグに転化できる。
「臭い」「臭い」と言っても、上手い具合に視聴者が面白さに転化できる。

何より臭いのは嫌だというのは、一番わかりやすく共感を得やすいものだと思うし、
この共感が、今回の境界の彼方の物語をグッと視聴者を引きつける。

今回の境界の彼方6話は、アニメで上手く「匂い」を使うと、
こんなにも面白い話に仕立てられる事がわかった。

まとめ

他のアニメでも「匂い」を感じる瞬間はあると思う。
キャラクター、お花、から放たれる良い匂い。
またオナラの描写があれば、臭い匂いだろう。

こうした良い匂い・悪い臭いはあるにしても、
その匂いを上手く視聴者に想像させて、視聴者の嗅覚を揺さぶる。

アニメそのものからは匂いは生じないが、
アニメの表現を通して視聴者の想像の嗅覚を揺さぶる作品もまた面白い事がわかった。
 
アニメ作品における「匂い」「嗅覚」にも今後気をつけて見てみたくなった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/11/07 20:29 ] 境界の彼方 | TB(35) | CM(0)

山田尚子の手-境界の彼方 5話より 

境界の彼方5話を視聴。

今回は、何よりアバンの手の作画/芝居に見入ってしまった。

kyoukaikana000.jpg

kyoukaikana001.jpg

kyoukaikana002.jpg

kyoukaikana003.jpg

kyoukaikana004.jpg

今までも境界の彼方で、手の良い作画はあったのかもしれないが、
それはごめんなさいと目をつぶる。
とにかく私の中で引っかかったのは今回の5話のアバンの手。

男性キャラは骨格/関節のごつごつした感じを表現している手。
女性キャラは、男性キャラよりシャープに骨格/関節を表現した手。
こういうリアルな感じに仕上げている手は好きだ。

またカット的に見ても、
手のクローズアップしたショットが多かった事も含め
手の芝居を見せたいようにも見えた。

今回のコンテ・演出は山田尚子さん。
山田さんはけいおん!では脚の描写、芝居にこだわっていたが、
今回の境界の彼方では、手の芝居をやりたかったのかもしれない。


他に面白かった描写は液体。

kyoukaikana007.jpg

kyoukaikana005.jpg

kyoukaikana006.jpg

上3つを見ても、液体のドロっとした感じを上手く表現しているように見える。
ちなみに液体の色が全部緑色なのは偶然なのだろうか。

手の作画の他にも、全体的に作画が面白かった。
作画監督の内藤直さんは、名前は存じ上げていたが、
キャラの細かい芝居を含めて、面白い仕事をする方なんだなぁと思った。
これからはより気をつけて、内藤さんの仕事を追ってみたいと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/10/31 20:14 ] 境界の彼方 | TB(27) | CM(2)