最後の外し方が面白かった「プラスティック・メモリーズ」8話 

「プラスティック・メモリーズ」8話は、
ラストのツカサとアイラのやりとりが良かった。

puramemo8_1.jpg
puramemo8-1_1.jpg
puramemo8-2_1.jpg

見つめ合うツカサとアイラ。
そしてツカサは思いの丈を全てアイラにぶつけ告白する。

今までの流れから、アイラがツカサの告白を受け入れるのか
なんて予想で見ていた私。

puramemo8-3_1.jpg

しかも、ここで今回カットされていたと思われたオープニングが挿入。
ここでオープニングを使ってきたということは、
つまり二人の物語の新たな始まりを予感させる演出として見るべきかと思い、
ますます二人はくっつくのかと予感させる流れ。

puramemo8-4_1.jpg
puramemo8-5_1.jpg
puramemo8-6_1.jpg

オープニング映像が終わり、
赤面するアイラと本気顔のツカサの二人の顔のアップ。
カメラが顔に寄っていて、二人の本気と演出の本気を感じさせる流れに。

しかし、

puramemo8-7_1.jpg
puramemo8-8_1.jpg

「ごめんなさい」チーン~♫、とアイラに言われてしまう。
ツカサは白く燃え尽き、今回はお断りされる流れに。

ここまでの流れるような演出が見事すぎるだけに、
さすがに二人はくっつくかと思いきや、まさかの外し展開。
この外し方は上手いなぁと思いながら、終わった後余韻に浸っていた。

今回の絵コンテ・演出は山崎みつえさん。
ツカサに厳しいドライな突き放し方が見事だった。
「プラスティック・メモリーズ」は演出家の色が強くでるなぁとも思った。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly