スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ViVid Strike! 最終話-繋いだ手の中にある二人の幸せ 

vivid Strike 最終話。

vivid12.jpg

全てはリンネの笑顔を取り戻すためにあった。


フーカとの戦いを終えて、目が覚めると
今までの憑き物が落ちたように昔に戻るリンネ。
リンネの変化とともに新たな世界の幕開けだ。

1話から11話までの作風は、泥臭さや重い感じもあったが
最終話は「DOG DAYS」シリーズや「なのは vivid」のような空気になった。

ビデオレターという形で、今まで救いが与えられていなかったキャラ
(8位のキャリー・ターセル、ライラ・カプセル)や
ちょっとしたキャラ(孤児院の面々、フーカが前に働いていた社長)
までスポットライトがあたって、救済されているのが素晴らしいなと。

最後はみんな前向きに幸せにやっているのがにじみ出ていて良かった。


何より、やっと二人が落ち着いて話せる機会を設けた時に
リンネがフーカにかけた言葉が印象的だった。

リンネ「大丈夫だよ悩んだり迷ったりしたら父さん母さんコーチやヴィクターさんたちと
ちゃんと話し合う。本当に悲しいとき、泣きたい時はフーちゃんに会いにいく。」
リンネ「だけど、そんなふうにならないように強くなるよ。今度は心も」

vivid12-1.jpg

このリンネの言葉に泣くフーカ。

リンネ「フーちゃんが泣きたい時に私がちゃんと力になれるように。
私の目が腐っているって、フーちゃん言ってたよね。」
リンネ「やっとわかったの。ううん。思い出したのかな。
涙で目を腐らせないで、素直な目で見たら
世界はこんなに綺麗で鮮やかなんだ。
ありだとうフーちゃん。大好き。」

フーカがリンネを救ったが、最終的にはリンネがフーカを救う。
これは孤児院時代も同じであり、このあり方が二人の関係性のようだ。

まとめ

正直あまり期待していなかった。
見る前は「なのはシリーズ」は好きなので、押さえようという気持ちぐらいだった。

それが1話から往年のボクシング漫画を取り入れたかのようなテイストと展開。
4話のリンネのいじめた相手への血を交えた壮絶な復讐劇。
8話のヴィヴィオの弱点を超えた怒涛の攻勢によってリンネから勝利をもぎ取る展開。
10話・11話のフーカとリンネの壮絶なお互いを高め合う戦い。
12話の全てが終わってからの幸せな展開。

自分の期待を次々に超えていく展開の連続に、本当に楽しませてもらった。

フーカとリンネの二人の物語であることに集約させた物語が見事だった。
血は飛び、骨は折れ、歯は抜けるといった容赦ない暴力描写が
「なのはシリーズ」含め美少女アニメでも新鮮な驚きだった。
様々な格闘漫画等をモチーフに効果的な画面や展開を作った格闘技戦が面白かった。

これらが一体となって「vivid Strike」という作品が私の中では特別になったと思う。
自分の中では理想的なアニメの一つといっていいぐらいだ。

原作・脚本の都築さん、監督の西村さんを始め、スタッフの皆様ありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
スポンサーサイト
[ 2016/12/18 16:20 ] ViVid Strike! | TB(0) | CM(0)

期待を超えてくる「ViVid Strike!」の魅力  

ViVid Strike! の良さは超えてくること。

1話、4話、8話、そして今回の10話と
各回で今までのベストを超えてくる展開が素晴らしいのだ。

まず1話前半のフーカを中心に醸し出される
ドヤ街的空気(またはあしたのジョー的)のインパクト。
往年のボクシングマンガとなのは世界を混ぜる事を期待させる
見せ方で個人的にはとても良いツカミだった。

次に1話のインパクトが凄かったと思っていたら、
4話のリンネの過去に起こった一連の出来事の見せ方が
(いじめと家族の死といじめの報復)
1話のインパクトを超えてきた。

いじめの陰湿さと陰湿さを吹き飛ばす血の報復に
いじめた側も視聴者も戦慄を覚えたはずだ。
4話でViVid Strike! の本気が見えたと思っていた。

4話の見せ方が極まっていたと思ったら、
8話のリンネとヴィヴィオの戦いの見せ方(コンテの飯野まことさんの良仕事)
及び話の組み立て方に驚いた。

1クールものだから、順当にリンネとフーカが勝って
二人がリングの上で因縁を払拭するのかと思っていたら、
執念に勝るヴィヴィオがリンネを打ち倒す。
意外な結果と展開に感じた。

そしてフーカとリンネがどう決着をつける展開にするのかと思ったら
9話でアインハルトから自身との対戦チャンスをかけた野試合を提案。
リンネが提案を受け入れ、9話ラストから10話にかけて戦う。
大会に拘らなくてもいい。この展開の転がせ方は舌を巻いた。

そして10話はフーカとリンネの本音合戦。
フーカは自分を救ってくれた(笑いと人として)リンネに対する思いをぶちまける。
対するリンネはフーカと別れた後に起こった事件で閉ざし続けた心について
自分が嫌いになってしまったことについてぶちまける。

互いの本音が拳の応酬と容赦なく振り続ける土砂降りによって
二人の感情がぐちゃぐちゃになるような感じで描かれていたのが素晴らしかった。

10話もまた8話のインパクトを超えてきたかのような見せ方だった。

特にリンネが「私は世界中で、誰より私が嫌いなの」という言葉に衝撃を覚えるフーカ。
次にフーカとリンネのお互いの拳がクロスカウンターとなってぶつかり合う。

vivisto10000.jpg

vivisto10001.jpg

vivisto10002.jpg

フーカ、リンネ。お互いに顔に線(打撃の傷)が入ったアップに感情を動かされるし、
その後のクロスカウンターも、あしたのジョーからの拝借というのも熱い展開に彩りを添える。

戦い・格闘技の見せ方も素晴らしければ、
フーカとリンネの感情ののっけかた、見せ方、互いの心の揺り動かし方が上手くて
見ているこちらの心がグイグイ引っ張られてくる。

1話で驚き、4話でもっと驚き、8話でさらに驚き、10話で驚く。

オリジナルアニメの見所は物語展開がわからないことだ。
そのわからない所を知りたいと思い展開の予想をする。
この予想を超えてくるところがViVid Strike! の魅力なのだと思う。

それにしてもフーカにここまで言われても、
「私に構わないで」のリンネの鉄板な閉じた心はどうフーカがこじ開けていくのか。

来週が楽しみ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/12/04 17:12 ] ViVid Strike! | TB(0) | CM(0)

ViVid Strike! 3話のハーモニーは何回使われた? 

ViVid Strike! 3話 はハーモニーが印象的だった。
実際に何回使用されたか、カウントしてみたら15回あった。


1_vivid.jpg


2_vivid.jpg


3_vivid.jpg


4_vivid.jpg


5_vivid.jpg


6_vivid.jpg


7_vivid.jpg


8_vivid.jpg


9_vivid.jpg


10_vivid.jpg


11_vivid.jpg


12_vivid.jpg


13_vivid.jpg


14_vivid.jpg


15_vivid.jpg

シーン的には
①②は最初のリンネの特訓シーン
③④は中盤の試合でリンネに圧倒される相手
⑤から⑭は後半のリンネの回想シーン
⑮はラストカット(リンネ)

ほとんどがリンネに関するカットでハーモニーが使用されている。
また⑤から⑭では「ジャーン」というSEと共にハーモニーカットが使用されるのが特徴。
あと⑦⑧⑫⑭は縦PANとのかけあわせで見せている。

回想の流れ、回想シーンを印象的にさせるとはいえ、
⑬トイレの便座にハーモニー処理がかかるのは凄かった。

今回のコンテは西森章さん、演出は秋山宏さん。
ハーモニーが増えたのは、監督の西村純二さんの指示なのだろうか。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/10/16 09:55 ] ViVid Strike! | TB(0) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。