スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャシャーンsins 最終話の感想と全体の感想 

始めはちゃんと感想を書いていたが、段々書かなくなってしまったキャシャーンSins。
でも続けて見ていた。他の感想書かなくなった他のアニメも大体見ているのだが・・・。

最終回の感想としては、私の読解能力が足らずわからなかった部分もあったけど、
多分大事なのは24話かけて、キャシャーンが何を選びどう進むのかって所だろうか?

キャシャーンはただ存在する命ではなく限りある命を一生懸命生き抜く存在に心打たれ、
命をただ与えるルナに対しての死神になる事を選んだ。
リューズ、オージ、ディオ、レダ、ブライキングボス、他様々なロボットと出会い
そして散っていった命。不死のキャシャーンには命が有限だからこそ
意味があるという結論に達するまでの旅だったわけだ。
生きることはつらいけど、生きていくことこそに意味があるわけだ。

テーマとしてはありきたりだけど、テーマというのは宮崎駿も言ってるけど
「テーマが言って済むものなら、紙に書いて壁に貼ればいい」って類なので
要は今まで全部の流れで感じて我々が受け止めれば良いのではないかと思う。
良く言えば、我々に考えさせ、悪く言えば多少投げた感のあるお話ではある。

ブライキングボスが赤い帽子を被ったのは最後の最後でツボを衝いてくれてよかった。
落とし前つけるために生きてたボスの最後はかっこよかったなぁ。

結局リンゴは新しい死ぬことが出来るロボット?人間?
レダの娘でいいのかな?そこは気になった。
しかし疑問も残る点もあるが、こんな綺麗な終り方なら評価しないといけない。

全体の感想

最近では珍しいぐらいにテーマを徹底し、映像を情調的に詩的に紡ぎだした本作。
派手なアクションはありつつも、全体のテンションは押さえ気味。
音楽も退廃的でもの悲しい世界を奏でていた。
最近の深夜アニメの主流である萌えアニメ(ハーレムアニメ)からは一線を画した作風。
こういうアニメがあってもいいんじゃないか?いやあって欲しいと思わせる作品だった。
まだまだアニメも色々な可能性があると思わせてもらえた。

監督:山内重保、シリーズ構成:小林靖子、キャラデ:馬越嘉彦以下スタッフの情熱が
存分に感じられた。作画レベルも総じて高く、馬越氏以下多くの有名アニメーターが
参加されて腕を振るっていった印象を受けた。
そして山内監督の映像表現が良い意味で相当キテいたのが印象的だった。
監督にとっても代表作といえる作品になったのではないだろうか。

しかし悲しい事に友人達は誰も見ていないし、ネットの盛り上がりもそれほどという事で
こうした作風は多くの人に受け入れてもらえないのかもしれない。
正直娯楽性は高くないかもしれないが、映像作品としてとても面白かった。

最後に・・・。キャシャーンとしてどうか?という話。
この話をどうしてもキャシャーンという原作を使わないとできない話だっただろうか?
正直、キャシャーンというのはただの看板だった印象を受けるのだが・・・。

昨今、オリジナルアニメの企画が成立しづらい現状を考えれば
この話をオリジナルでやるにはリスクが大きすぎるだろう。
かくいう私もキャシャーンという看板が無かったら見なかっただろうし・・。
キャシャーンの設定とキャラをある程度利用して、スタッフのやりたい事を優先したのが
キャシャーンSinsという作品だったのだろう。

スタッフの皆様ありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
スポンサーサイト
[ 2009/03/17 15:09 ] キャシャーンsins | TB(6) | CM(0)

【リズベル】キャシャーンsins 7話「高い塔の女」【感想】 

「あの鐘がなった時、はじめてこの世界を美しいと思った。」
ca7-2_R1.jpgca7-1_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/11/13 23:00 ] キャシャーンsins | TB(12) | CM(2)

【ディオ】キャシャーンsins 6話「運命との再会」【感想】 

今回はアクションに特化した展開でした。
ca6-1_R1.jpgca6-4_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/11/09 16:42 ] キャシャーンsins | TB(6) | CM(0)

【リューズ】キャシャーンsins 5話「月という名の太陽を殺した男」【感想】 

「それはお前がキャシャーンだからだ。」
今回はリューズの復讐劇とディオ初登場回。

ca5-6_R1.jpgca5-5_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/30 10:30 ] キャシャーンsins | TB(14) | CM(0)

【ソフィータ】キャシャーンsins 4話「滅びの天使」【感想】 

「大好きだから、滅ぼしてあげる」(ソフィータ)
キャシャーンとソフィータの愛の話。

ca4-1_R1.jpgca4-2_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/23 09:14 ] キャシャーンsins | TB(14) | CM(0)

キャシャーンsins 3話「苦悩の果てに」【感想】 

「逃げ続けるのも結構きつい」(アコーズ)

涙が光るキャシャーンのこのシーンが印象的だった。

ca3-2_R1.jpgca3-1_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/16 09:27 ] キャシャーンsins | TB(12) | CM(0)

キャシャーンsins 2話「世界は断末に満ちて」【感想】 

「何も知らないで死ぬなんて許さないから」(リューズ)
どうみても、キャシャーンの格好した星矢ですよねぇ(笑)。
cas1_R12.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/09 09:42 ] キャシャーンsins | TB(12) | CM(0)

キャシャーンsins 1話「終末の世界で」 

あのタツノコプロの往年の名作のリメイク?
10年以上前にOVAで一回リメイクしていて、今回で3回目のアニメ化。
監督 山内重保 シリーズ構成 小林靖子 キャラデ 馬越嘉彦がメインスタッフ。
制作はタツノコ本体はヤッターマンで手一杯かマッドハウスが担当。
ファン的に嬉しいのはブライキングボスの声が内海賢二様。これには満足。

1話でわかった内容はこんな感じ↓
・キャシャーンがルナを殺し、世界は滅びへ進むことになった
・ロボット達は朽ちていくだけの存在に
・ロボット達はキャシャーンを喰らえば不死身になると思い、彼に襲い掛かる
・キャシャーンには記憶が無いが、ルナの名前は覚えていた
・サブキャラ達はキャシャーンについて何か知っている素振りをする

最初のキャシャーンが結構好きで、最初との話を比較をしながら見てしまったが、
本作はアナザーワールドという位置づけでいいのかな。
いや、ヒロインだったルナを殺してるキャシャーンは最初の作品とは繋がらないと思うし。
まったく説明がなされていないので、どう話が転ぶかはわからないけど。

ひたすら退廃的で救いの無い世界に、キャシャーンに襲い掛かるロボット達。
キャシャーンは記憶が無く、敵をただ容赦なく排除するのみ。
映像的には退廃した世界観ながら、どこか耽美的・叙情的な情景を挟む演出は
正に山内重保ワールド炸裂。いや久しぶりに堪能した。

作画もこれまた凄くて、アクションは多いし、リンゴという少女の動きが生々しい。
キャシャーンが後半敵メカの内部をひたすら抉っていたシーンは中々ショッキング。
絵柄的には似せるのが上手い馬越嘉彦にしては珍しく、地の絵柄だったと思う。
キャシャーンの声が古谷徹が関係するのか知らないが、微妙に車田正美テイストの気が。
追記:監督の山内重保も星矢のOVAの監督もしてる事も影響してるかも。

作画監督に馬越嘉彦
原画に大塚健 加々美高浩 山室直儀 西位輝美 馬場充子 とみながまり 青木哲郎
この面子ならあの出来になるわな。

2話の感想はこちら→2話「世界は断末に満ちて」
3話の感想はこちら→3話「苦悩の果てに」

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/02 19:48 ] キャシャーンsins | TB(20) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。