鉄のラインバレル 第24話(最終話)「鋼鉄の華」【感想】 

rain24-1_R1.jpg


城崎の死に最終的な覚醒段階に至ったラインバレル。
早瀬浩一は正義の味方として突進するのだった。

最終回。

早瀬浩一が24話かけてたどり着いた道は「正義の味方」でいる事。
そして力が大事なのではなく、何をしたいのかという意志だった。
ラインバレルは力の象徴でもあったが、彼に何をしたいのかを
諭し続け、見守っていたのもラインバレルだった。
早瀬が自らのやるべき事がわかった時、ラインバレルは使命を終えたのだ。
だからこそ城崎に命を与え、二人を祝福したのではないだろうか。
ちょっと好意的解釈かもしれないが、そう感じた。

みんなの力をラインバレルに集めて、ドラゴンボールの元気玉方式で
最後は敵を倒していたけど、これも王道パターンだよなぁ。
そして城崎も生き返り、死ぬといわれいた他のファクターも全員無事で
まぁご都合主義的な側面もあるが、だがそれが良かった。
後は山下が森次を大気圏間際で救ったシーンも上手く伏線を回収してたなぁ。

最後の浩一と絵美のノロケ会話は気恥ずかしいが、良いオチだった。

早瀬たちが異次元?に巻き込まれた時に出てきたロボットは何だったのだろう・・・。
どうやら原作側のサイドのキャラみたいだが。

原画に千羽由利子、中田栄治、金子ひらく、後藤雅巳。
あの謎のロボットは中田氏の原画のような気がする。
千羽さんは日高監督の奥さんだし、中田氏は平井久司の後輩だからの参加かな。

全体の感想

「あなた、最低です」で始まり「あなた、最低です」で終ったラインバレル。
勿論、使用者のニュアンスの変化している所が重要なんだけど・・・。

前半はコメディとシリアスの緩急で緊張と緩和を使い分けた作風で
軽い展開なりに上手く成立してた。コメディは結構シュールな展開もあって
南の島の話とか結構好きだったし、「あなた最低です」は良いフックだった。
後半は流石にシリアスに流れていったが、キャラクターも過不足無く
描けていたしわかりやすい構成で何も問題なかった。
最後も上にも書いたがご都合主義的でもあるが綺麗にまとめられたのは良かった。

話の大筋としても早瀬浩一がラインバレルを乗って成長するという
ロボットアニメの王道を今の時代なりにまとめたのは上手い構成だった。
話が殆ど大筋においては脱線せずに、主人公の成長物語を真っ当に描けたのは
原作の力も大きいが吉村清子さんの脚本の力も大きいだろう。
結構この「主人公の成長」をブレ無く描くというのは本当に力量が無いと
成立しないので、お話のあり方として好感が持てる。

原作的はそして途中から完全に別物になってしまったので何ともいえないが
アニメ単体においては問題無いと思った。

作画的には絵柄が変わるのは仕方ないのだが、多少きついレベルも散見され
もう少し頑張ってほしい感もあるがこれは目を瞑るとする。
後は3Dの戦闘だけど、昔は3D戦闘に見慣れなかったが、
マクロスFとか見てきた為か、苦手感触が無くなり普通に見れた。
それなりにカッコよく動けていたし、3Dでしか表現できないような動きもしていたし
まぁ及第点だったのではないかと。

何回も書いているのだけれど、個人的に音楽が総じて好みで
戦闘中や盛り上がるシーンでかかる曲がさらに作品を盛り上げていた。
特に挿入歌の出来は非常によく、これをOPに使ってもいいぐらいだった。
一番評価できるのは音楽と言えてしまうぐらいラインバレルの音楽が好きですね。

個人的には評価の高い作品になりました。
最終回のまとめ方が非常に好感が持てたのが大きなポイントですね。
ハッピーエンドもこれぐらい清清しいとこれはこれでいいものです。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/03/21 10:35 ] 鉄のラインバレル | TB(53) | CM(4)

鉄のラインバレル 第23話「死に方が決める生き方」【感想】 

あっちの世界からやってきた通称マキナ人間。
早瀬浩一率いるJUDAと加藤機関が総力を結集し地球を防衛する。
しかし敵戦力との差は激しく増すばかりだった。

「その方がかっこいいからだろう」

今回はこの早瀬の言葉に尽きるだろう。
無力になりつつあるこちらに対し、菅原マサキの降伏勧告を撥ねつけた早瀬。
菅原のグダグダした御託を一蹴した良い台詞だった。
良い台詞に感じるのは今までの展開を見てる側が踏まえているからだろう。

菅原の御託もワザと大仰にしてあって面白かったが・・・。

とにかく正義の味方の早瀬は小賢しくない、むしろバカなのだ。
バカだからこそ正義の味方なのだ。と言わんばかりだった。
バカって書くと言い方悪いので、純粋と言った方がいいかな。
そういった早瀬の純粋さにJUDAも加藤機関も心を一致させるのだ。

一方で加藤久嵩は進入路を作るために特攻を勘考する。
お兄さん、最後の最後で妹に「すまない」だけで済ませてしまったなぁ。
また菅原によって城崎絵美が討たれてしまう。
そして城崎を失った悲しみでラインバレルがついに最終形態に・・・。
怒りと悲しみでパワーアップと、本当に王道な展開を突き進むなぁと思った。

兄貴から「妹を頼む」という伏線はどうなってしまうのか?
あっちの世界の敵をどう駆逐すのか?
早瀬はやっぱり理沙子より城崎を選んでしまうのか?

あといつも書いてますが、ラインバレル劇中曲がかっこいいですね。
今回は早瀬の決めセリフの時の曲がちゃんとかっこよかった。

いよいよ来週が最終回。
次回予告で城崎の声が聞けないという初めての展開は
ずっと見てきた私には中々にショックだった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/03/14 08:11 ] 鉄のラインバレル | TB(53) | CM(0)

鉄のラインバレル 第18話「メメント・モリ」【感想】 

「だけど、本当になりたいんだ。正義の味方に。」

矢島に拉致された城崎絵美を助けに向かう早瀬。
そこへ待っていたのは加藤久嵩だった。

加藤久鷹が自らの思想を語る内容は悪役としての矜持が
存分に発揮されていて、ただの子悪党でない感じが良かった。
映画やボルジア家、スイスの歴史から引用して説得する様は
最近のアニメでは中々見られないタイプで面白かった。
ただ加藤の論も「強者による強者の為の論理」であり
「抵抗できない弱者どうするか」という点で早瀬は反論できるんだよなぁ。
その早瀬の反論は等身大の共感できる内容で
キャラクターとしての成長が見てとれて良かった。

加藤はただ早瀬に対して「想像を超えている」といつも評価しているが
ちょっと過大評価のような気もする。

一方矢島は報われないなぁ。理沙子も城崎も早瀬が好きなのだから
主導権は早瀬が握っているわけだし。矢島はもっとそっとしてやれって思う。
ただ矢島も理沙子を狙う事を捨ててはいないの所が問題なんだよなぁ。

もう一人報われないキャラは九条。彼女も早瀬に恋していて
今回「絵美ちゃんには負けない」と良い台詞を言ったに本筋に全然絡めてない。

だから結局、態度を決めてない早瀬と城崎がお互いの想いを
ハッキリさせればいいってだけの話なんだよなぁ。
まぁその結論がでたら話が終わってしまうわけだが。

とれたての焼きホタテが美味しそうだった。

「妹を頼む」と言った加藤久嵩。福山潤はこの世界でもシスコン役か。
また今回は挿入歌が物凄く展開に盛り上げに貢献していた。
前も書いたけど、音楽の使い方楽曲のセンスも含めて
作品に対する音楽の貢献度が非常に高いよなぁと思った。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/02/07 12:27 ] 鉄のラインバレル | TB(49) | CM(0)

鉄のラインバレル 第17話「機械じかけの呪い」【感想】 

矢島生き返った、でも加藤機関の尖兵でしたという回。
そして目的は城崎絵美の拉致だった。

矢島が生き返ったとき、まぁどうするんだろは思ったが
敵側にしたわけだ。でも最終的には改心しそうですな。
そして矢島は早瀬に今までの自分を否定する発言をしていたから
今作では早瀬の引き立て役、テーマの再確認役な扱いだと思う。

そしてジュディかと思われた女性が現れ「ええ!!」と思ったが
こちらはジュディの姉だったのね。あれで生きてたら不死身。

また今回も社長が「これを見ているときは私が死んで・・・」と
前回のホログラムが出ていたが、凄く復活しそうな匂いがする。
唐突に「実は生きてた」とかもありそう。

とまぁ登場人物の「実は生きていた?」的な展開、
またはそう思わせるが多いなぁと思う。

今回も親睦とJUDAを市民に理解させるためにカラオケパーティーを行うような
唐突なコメディ展開を後半ぐっとシリアスに持っていく作風は相変わらず。
そして早瀬は城崎に九条にシズナに理沙子にとモテモテだ。

ただシリアスな矢島が加わると、彼だけ空気重いよなぁと感じる。
特に早瀬一家と矢島兄弟での食事シーンは見事に重かった。
原作は普通のシリアスものだから、そこは良いのだけれど。

このラインバレルの空気感。要はコメディとシリアスのごっちゃ混ぜ。
嘘でも下手でも話の流れに緩急がつくので、見やすい。
そしてコメディ部分が気楽に見られるのも良い点。
まぁネタとして面白いかは毎回差があるんだけどね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/01/31 08:47 ] 鉄のラインバレル | TB(51) | CM(0)

鉄のラインバレル 第16話「黄昏の断罪」 

主人公たちの居場所(JUDA本部)を取り返すという
SFロボットものでは王道の話。

そんな中でもラインバレルは他の作品とちょっと違っていた所がある。
それは早瀬以外のメンバーが裏ルートみたいな所から本拠地へ侵入するのだが
死んだ石神が残したであろうトラップがおふざけだったこと。

最初のトラップは身長・体重・スリーサイズを申告するのを始め
途中ゲームやクイズを挟み、トラップ総数は100にも及んだ。
そして最後のトラップは野球拳だった。オチとして社長(ホログラム)の裸付き。

早瀬は桐山と戦っているシリアスな局面なのに、ギャグを挟み込んだ展開。
冒頭からレイチェルが風で飛ばされたりしてたし。
このギャグの挟み込みはわざとなのだろうけど、異様な空気が醸成されていた。
アニメのラインバレルは妙にギャグチックな作りをしている印象がある。
まぁ後はおっぱいやら裸やらのスケベ路線もある。
シリアス一辺倒にならない妙な面白さがあるなぁと思う。

最後は早瀬が桐山社長を倒した所で終わるかと思ったら
前回にちらっと出てた矢島が新山理沙子の前に早速登場。

戦闘では板野サーカスっぽいミサイル演出があり、
原画では後藤雅巳の名前もあった。

ラインバレルの劇中にかかる音楽が結構好き。





このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2009/01/24 16:27 ] 鉄のラインバレル | TB(36) | CM(0)

【道明寺】鉄のラインバレル 第7話「サイアクな放課後」【感想】 

「お前ら俺について来い」(早瀬浩一)
ra7-4_R1.jpgra7-1_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/11/15 11:24 ] 鉄のラインバレル | TB(67) | CM(1)

【城崎絵美】鉄のラインバレル 第6話「明るい夜」【感想】 

城崎絵美の大サービス回、そして今回はコメディでした。
rain6-1_R1.jpgrain6-2_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/11/08 09:20 ] 鉄のラインバレル | TB(57) | CM(0)

【シズナ・イズナ】鉄のラインバレル 第5把「明日への道標」【感想】 

「本当の正義の味方になってください」(城崎絵美)
rain5-2_R1.jpgrain5-4_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/11/01 08:21 ] 鉄のラインバレル | TB(57) | CM(3)

【矢島英明】鉄のラインバレル 第4話「正義の代償」【感想】 

「大切なのはどうすればいいかじゃない。お前がどうしたいかだ。」
矢島、死す。

rain4-4_R1.jpgrain4-3_R1.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/25 06:26 ] 鉄のラインバレル | TB(87) | CM(2)

【あなた最低です】鉄のラインバレル ♯03「蒼の戦慄」【感想】 

「俺は力を手に入れたんだ。正義の味方になれたんだ。なんで、なんで、お前ら俺に逆らうんだよ。ちくしょう、何で俺を認めようとしないんだ。この町を守っているんだぞ。俺の事を褒めろよぉ。凄いのは俺だ!俺が一番強いんだぁ!!」(早瀬浩一)

「あなた最低です」(城崎絵美)

森次玲二、蒼の戦慄ヴァーダントを駆って颯爽と登場。

rain3-1_R1.jpgrain3-5_R1.jpgrain3-9_R1.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/18 07:22 ] 鉄のラインバレル | TB(88) | CM(0)

鉄のラインバレル ♯02「疾走する正義」【感想】 

「今日の正義、完了」(早瀬浩一)

rai2_R12.jpg

余りにも痛々しい主人公で関係者があっけに取られてる展開。
そしてこんなに毎回最後に高笑いする主人公も珍しい。


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/11 03:21 ] 鉄のラインバレル | TB(84) | CM(5)

鉄のラインバレル ♯01「クロガネと少年」【感想】 

r5_R12.jpg

「やったぞ、ついにおれは力を手に入れた。やっぱり俺が正義だったんだ。あの内憂だけの俺じゃない。何も出来ない俺じゃない。今日から俺が正義の味方。」(早瀬浩一)
「ごめんなさい、この先は存在しないの。あなたは既に死んでいるんです」(城崎 絵美)

今年 マクロス コードギアス ブラスレイターと続くロボットアニメ。

監督 日高政光 キャラクターデザイン 平井久司 
クリエティブプロデューサー 谷口悟朗 メカデザイン 鈴木勤と
勇者シリーズの同窓会みたいなスタッフでロボットものがちゃんと出来る布陣かな。
また特技監督で板野一郎もいるのも頼もしい。
ただ一点の不安は、製作が出来不出来の激しいGONZOであること。

ロボットが出ているマンガ原作という情報しか知らないが
一話をまとめてみるとこんな感じかな。

主人公の早瀬浩一は平凡な中学生。不良グループに絡まれがちだが、
一方、心では自らを正義の味方と本気で思っている現実に苛立つ男。
よくいう中二病の典型的なタイプ。友人達にも心配されている。

その彼の前に突然、ロボットと女の子が落ちてくる。
助けた女の子は記憶喪失。そしてロボット(以下ラインバレル)を追って
二つの勢力が争う。その争いの中、女の子(城崎 絵美)は記憶を取り戻し
彼女の力で浩一はラインバレルの搭乗者の資格を得て搭乗。
ラインバレルを倒そうとする勢力に勝利するが、実は彼は死んでいた。


r3_R12.jpgr2_R12.jpg

とヒロインが裸で落ちてくる展開はよくありそうなパターンだったが、
基本はド直球な王道ロボットものの展開。ラインバレルという力を手に入れた途端、
力におぼれてしまった主人公の痛さを今後どう展開していくかが見ものかな。
さすがに中二病全開の痛さで進まないだろう。

r6_R12.jpgr7_R12.jpg

右の煙と破片描写が凄かったよ。

「不自然な展開無く主人公がロボットに乗らせる」というのがロボットもので重要なのだが
すぐ城崎 絵美の記憶が戻り、浩一を搭乗させるのは唐突感が多少あった。
ただずっと見てて気になってた、主人公の胴体の血まみれ具合に大丈夫って思ってたが
何だ、死んでいるのか。でもこれからはどういう扱いになるんだろうね。

正直、これまた原作未見。設定や世界観がまだ把握できないが仕方ない。
ただ情報によると一話から原作とは大きく展開が違うみたい。

CG戦闘に関してもマクロスF以降は我慢して見られるようになったなぁ。
ロボットの巨大感を出すためにアオリを使った構図多用して臨場感もあったし、
ちゃんと動くからこれぐらいのクオリティなら問題無いかな。
能登麻美子ヒロインだし。

作画監督に平井久司 メカ作画監督に鈴木勤 
原画に大橋誉志光 濱川修二郎 奥野浩行 菊池勝也 鈴木勤
平井久司の描く女の子の体のラインはムチムチしすぎて可愛いなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/10/04 05:52 ] 鉄のラインバレル | TB(98) | CM(0)