【アニメ】クイーンズブレイド第3話「艶襲~歴戦の傭兵」 【感想】 

レイナとリスティは旅を続けていた。
しかし道中、エキドナという伯爵に雇われた傭兵がレイナを狙っていた。

宿に泊まり休息を取るレイナとリスティ。
エキドナに隙を衝かれ宿代を取られるリスティ。
宿代を払うため、宿の地下で行われている賭け闘技場に参加するレイナ。

レイナは勝利するがまだお金が足りない、再び戦う事を決意するレイナ。
一方でリスティはエキドナから取引を持ちかけられる。
戦いの相手はエキドナ。エキドナとの力量差は明らかで徐々に追い詰められる。
レイナはエキドナに勝とうとするが、結局は敗北する。
そしてその戦いを見ていたリスティは金目の物を物色し、去っていくのだった。

負けたレイナ。リスティが戻って来ない事を知り、泣き出すのだった。


レイナとリスティの別れの話。出会いがあれば別れもあるそんな感じの話だった。
今回も心情的に丁寧に描かれたお話が好印象。
ずっと旅を一緒に出来たらいいなと考えていた純粋なレイナ。
旅慣れして、自己の目的もあり、狡猾な面も見せるリスティ。
二人のキャラ描写がそれぞれ対比的に描かれた回だった。

相変わらず作画安定してるなぁ。海外原画多いのに。
今回のほうが直接的に尻やおっぱいの描写があって扇情的だった。
蛇がおっぱいを噛むシーンは素晴らしくエロい。素晴らしい(笑)
今までの普通の放映形態のアニメでは相当にエロい作品だ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

【アニメ】クイーンズブレイド -流浪の戦士- 第2話 壮途~武者巫女【感想】 

OPとEDつきました。
EDは潔い裸イラストの連発で素晴らしい。

冒頭、子供達の食べ物が無い状況、リスティがシスターに盗品を渡す事。
こうした伯爵領の窮状に際して信じられないレイナ。そしてクイーンズブレイドで優勝すれば、
地位も財産も手に入ると言い、子供達を救う話をするリスティにレイナは共感する。

今回のメインは武者巫女のトモエ(能登麻美子)と抜忍のシズカの話。
国を牛耳る佞臣を一掃するためにトモエもクイーンズブレイドに参加しようとするが
それを邪魔しに忍者達が襲い掛かる。シズカはトモエを助けようとする。


エロ成分が1話より少ないが、十分にエロい。あの1話がおかしいレベルだし。
作画は十分良かったのでかなり安心した。このまま突っ走ってくれるといいなぁ。
あと壮大に盛り上げすぎている音楽は素晴らしい。

お話は案外シリアス風味で神主は死ぬは部下の巫女達は全滅で相当悲惨。
しかし敵の忍者達が忍術で巨大ガマに合体したり(しかも戻れないらしい)
相手の巫女達は敵わないからとナデシコという技で巨大ガマに裸になって特攻するなど、
シリアスの中にエロやネタっぽい技が入ってくるのはご愛嬌。
一方で神主や巫女の死に目を看取るトモエだが、死に目は同じ回で2回もしなくて
いいだろうとかと思ったら、その巨大ガマもトモエの兜割りという技で
あっという間に倒されるなど、話の作りがご都合過ぎてド直球だなぁと思った。

でもアクションもあり、エロもあって相当に楽しめるなぁ。
さらに人気声優のエロい演技を見られると言うのも相当にありがたい(笑)
能登のエロい声はやはり反則だ!!

多分、毎回メインキャラがそれぞれの話をするんだろうね。
次回はジブリール(笑)だしね。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

クイーンズブレイド第1話『気炎~流浪の戦士』【感想】 

qb1-1_ookon.jpg

これは書かずにいられない。

純粋なそして真っ当なエロアニメ。
萌えなんて生易しいもの、一切無しの直球160キロのエロアニメでした・・・。

際どいアングル、おっぱいポロリの乳首解禁は勿論
失禁・縛り・乳ビーム、そして爆乳(これが本当に乳が爆発するんだ)
もはや、最後の爆乳に関しては原理的に意味不明。
キャラ達、特に主人公のレイナなんかおっぱい露出に対して一切の恥じらいもないし、
裸の上から直接鎧着ちゃうし、みんな揃いも揃って巨乳だし
魔界天使ジブリールはいるし、もうなんか突き抜けた世界観にびっくり仰天。
去年は突き抜けたアニメとしてストライクウイッチーズが挙げられるが、
今年の突き抜け作品はもうこれしかないというような印象だ。

最初は露出が多すぎて、話しに注力いかなかったが、中盤以降はこれまた意外に
構成が親切でキャラの感情も拾えていたので中々に見やすかった。
話が面白く、この作画が維持できたら、凄い作品になりそうだ。

ただのファンタジーエロアニメだと思わせつつ、ED曲が壮大でかっこいい。
何かリアルファンタジーを本気で追求してるかの曲で、作品とのギャップもあって
ますますわけがわからなくなっていく・・・。何か色々ド肝抜かれた・・・。

制作:アームス 監督:よしもときんじ キャラクターデザイン/総作画監督:りんしんって
そっち向けの布陣としては最強すぎるなぁと思いつつ、
原画にうるし原や梅津もいて、気合の入れ方が尋常ではなかった。

声優陣もなんか無茶苦茶凄い。
今回は川澄綾子・田中敦子・釘宮理恵・平野綾・水橋かおり・甲斐田裕子が出てたけど、
次回以降、能登麻美子も田中理恵も喜多村英梨も柚木涼香も後藤邑子も出てくるみたいだ。
売れっ子声優の梁山泊かと思わせるキャスティング。気合入れすぎ。
音響監督の明田川仁がよく使う声優なんだけどね。

次回以降もこれは視聴継続かな・・・
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly