FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2008年03月 ] 
≪前月 |  2008年03月  | 翌月≫

みなみけ おかわり13話 

ハルカが留学?
それを知ったカナとチアキは・・・。

普通に締めくくった最終回だった。
カナが物凄く良い奴になっていたのが良かった。
最後に「経験値上昇中」流してくれたのは良い選曲だった。
しかし最後にチアキが壁をすり抜けていた、致命的なミスが。
正直、よあけなのキャベツ並にひどい。

おかわりのまとめ。
フユキが良くなかった。これに尽きる。
彼で何をしたかったのかがわからないのが最大の問題。
それも最初から最後まで。良いキャラに持っていくわけでも無かったし。
僕の中では彼がいない方が安心して見れた。

後は黒モブが悪い意味で目について違和感があったのが残念。

ちょっと作品としては迷走気味だった印象を受けるなぁ。
絵柄の変化はすぐに慣れたけど、
話の作りというかネタの仕込が前期の方が上手かった。保坂の扱いとか。
なんにしてもフユキがいなければ、そんなに前期とも見劣りしないと思う。

まぁ制作会社が前期・後期でそれぞれ受け持つ事になった本作品のあり方は
今後のアニメの制作スタイルに影響を与えるとは思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/31 22:08 ] みなみけ | TB(20) | CM(0)

機動戦士ガンダム00 第25話 「刹那」 

次々機体が損傷し、絶望的状況のガンダムマイスター達。
アレルヤに立ちはだかる中佐と少尉。
そして刹那にはアレハンドロのMAと戦おうとしていた。

戦闘がこれでもかとこれでもかと繰り広げていたので、基本的には満足。
00はドラマにしても戦闘にしても抑制されていた作風だったが、
最終回は完全にはっちゃけていたね。グラハムなんか特に。
最後はガンダムらしく、お互いが相互に主張し相手を否定しながら戦う
富野アニメっぽい戦闘になっていたのは、むしろ00らしくないというか。

グラハムの刹那に愛について語る様は余りにも黒田成分が強く満足。
グラハムは黒田洋介らしいキャラだなと思いますね。

と最終回には満足しているが、今後の伏線が大量にばら撒かれ終わったので
2期目が始まるまでの半年間は僕にとっては生殺し状態。
できればすぐやってほしいぐらい。

ちなみに刹那以下、ガンダムマイスター達の生存はどうなのか。
刹那とアレルヤは生きてそうだが。ロックオンはやばいなぁ。

1期全体の感想。
上にも書いたけど、全体的に抑制された作風でありつつ世界観と設定を
それなりに丁寧に見せていったので、助走期間が必要になったが
後半はわかりやすいバトルとキャラ描写に注力するようになり
単純に派手な作風になっていったのが興味深いです。
最初の辺りの妙なイデオロギッシュな展開は好きではなかったので
後半の方が良かったかもしれないが「武力による紛争根絶」という
話のテーマが完遂できたのかが、微妙に思えてきた。
このテーマも2期目にちゃんと書き切る事を期待して待つとします。
作画は毎回統一感をだして頑張っていたのは、ガンダムシリーズでは珍しかったです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/30 18:18 ] 機動戦士ガンダム00 | TB(7) | CM(0)

機動戦士ガンダム00 第24話 

ロックオンが行方不明に。追い詰められるCB。
国連軍はアレハンドロを増援に向かえ、CBを追撃する。

作風が前半に比べてドラマ重視になってきたなぁ。
人が死ぬのは否応にも盛り上がるというか。
キャラが必死さを帯びてきたのもあるしね。

今回:作画が中村プロだったけどクオリティは凄い。
メカシーンが最初は抑え気味だったけど、もうそんな事無い感じ。
また最後の死んじゃう二人(名前が出てこない)の宇宙のシーンはとっても流麗だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/23 08:54 ] 機動戦士ガンダム00 | TB(1) | CM(0)

ローゼンメイデン連載再開 

ローゼンメイデン、ヤングジャンプで連載再開?(ニュース超速報さんより)

とりあえず、連載再開みたい。
今週に掲載されるみたいなので、それを見てから判断したいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 23:06 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

バンブーブレード24話 

今回シナリオ熱過ぎ
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 01:57 ] バンブーブレイド | TB(0) | CM(0)

みなみけ おかわり 11話 

ハルカが清掃に出たくない為に嘘を付いた事で嘘の上塗りをする羽目に。
最後になってくるとカナはまさに狼少年になってしまったなぁ。

冬馬が女子制服を着てて、驚く藤岡に早く気づけとか思った。
風呂で落ち込む冬馬がものすごくツボだった。
その後、藤岡を脱がそうとしたカナ。藤岡上半身脱いでしまってたなぁ。

最近は本編と短編に分け、短編を良い感じで纏め、
良い塩梅で落とそうとしてるのだなぁと感じた。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 00:23 ] みなみけ | TB(0) | CM(0)

灼眼のシャナⅡ22話 

サブラクを退け、倒したと思ったが実は生きていた。
そしてシャナと吉田一美はお互いの恋の決着をつけるべく
悠二に手紙をそれぞれ差し出す。

前回までのサブラク戦とはうって変わり
バトルから恋愛ものへシフトチェンジ。
池君の恋も実らないのだよなぁ。良い人なのに。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 00:16 ] 灼眼のシャナⅡ | TB(0) | CM(0)

俗さよなら絶望先生11話 

ほとんど内容は市川昆の金田一のパロディ。市川昆の追悼でやってるだと思う。
中身も市川作品をどこまでアニメで近づけるかというスタンスで、忠実に再現。
その忠実性に市川作品への敬意を感じられた。
市川昆はアニメ畑出身から実写映画で大成した唯一の人という事実を知ると
アニメで追悼されるのは本人にとっても嬉しい事ではないのだろうか。

新聞の記事で、晩年でもキャラ絵を描いていたという話を聞くと
純粋にアニメという表現が好きなんだろうなぁというのが伝わってきた。

そして本編は殺しの見立てをAirやらエヴァネタを織り交ぜたのは面白かった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 00:13 ] 俗さよなら絶望先生 | TB(0) | CM(0)

clannad 21話 

みんなで演劇を完成に向けて準備する中、
渚は両親が自分の為に己の夢を捨てた事を知る。

作画はまぁ普通。
冒頭の演技の特訓シーンは声優の上手さが端的にわかるシーンだった。

渚の親父の夢は役者だったのね。
そこはベタでもまぁ良かったかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/18 00:03 ] CLANNAD | TB(0) | CM(0)

なるけみちこさんの曲 

最近、なるけ節にやられてます。
ワイルドアームズ2のバトルVSバトルブレイザーとか聞いてると凄いですね。
こんなに燃える曲は久しぶりだなぁと思います。

またなるけさんはスマブラXでも時のオカリナの曲のアレンジがとても良い仕事されてます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/12 00:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

バンブーブレード23話 川添珠姫退部 

室江高校剣道部の危機。
外山・岩佐の二人が起こした事件で休部の可能性が。
二人が活動していない事実を突き出し、退部させれば
存続の可能性があるが、その決断はキリノに委ねられた。

一方珠ちゃんは負けのショックから立ち直れず、荒れ気味な剣道に。
みやみやも努力が報われない為にモチベーションを失いサボってしまう。
あれほど空気の良かった部活動の空気がどんどん悪くなっていく。
そして珠ちゃんは退部届けを出す。

今回は一転空気の重い話。
原作が話が続くから、アニメは話を終わらせるために
テーマを何か見つけてそこに話を落とし込まないとねぇ。

バンブーブレードはジャンルは剣道だけど、本質はサークル・部活動もの。
珠ちゃんが入部して、外山・岩佐が来なくなったのを内心喜んでいたキリノとサヤ。
でも今回の事件があるからと二人を切るのに悩むキリノ。
負けてしまいモチベーションを失った、珠ちゃんとみやみや。
学生のサークル活動を考える内容になったなぁ。
サークルって盛り上がるときは盛り上がるのだけれど
駄目なときってどうしようもなく駄目になるって言う話しだった。
正直色々昔自分が所属していたサークル活動と照らし合わせて見てました。
だから僕にはすごくリアリティある話にみえましたね。

今後この話をどこへ収束させるのか。
珠ちゃんの退部を止めるキーパーソンは誰か。今後に目が離せない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/11 08:06 ] バンブーブレイド | TB(38) | CM(0)

みなみけ おかわり 10話 

ハラミと花見を聞き違えたチアキが花見に行きたいという流れから
いつものメンバーを集めて、実際にお花見に行くという話。
さらに焼肉をするため、ハルカのグループは家で準備を。

保坂は藤岡とすれ違っていたが、いきなり孫氏の兵法を諳んじていたのが
いきなりいきなりで面白かったなぁ。ハルカへの作戦なのか。
そして藤岡は冬馬を男、マコちゃんを女の子としてしか見てない。

速水先輩からもらった謎のジュース、たぶん酒なんだろけど
(酒とわかるようにすると表現規制かかるから)
結局全員飲んじゃったなぁ。飲んだ各人の反応面白すぎたなぁ。
マコちゃんは本当に女の子になるし、内田はボーっとしてるし、冬馬は泣き上戸に。
それぞれの意外な一面が見られたというか。マコちゃんは本当に女の子かもね。

花見の話が終わってからのカップラーメンの話は中々に秀逸。
ハルカの優しさが伝わると物凄く話が引き締まる感じだ。
おかわりになってからこういった良い感じの話は始めてだったような。
みないけは淡々とした日常を描く話だという事を再認識できた。

マコトが久しぶりに登場していたが、少し出ていただけで邪魔にはなっていなかった。
出てきても良いのだけれど、活躍してほしいのだよなぁ。良い方向にね。
ただキャラの層が厚いので、活躍の余地が無いのだけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/10 08:03 ] みなみけ | TB(49) | CM(0)

電脳コイル ロマンアルバム 

電脳コイル (ロマンアルバム)電脳コイル (ロマンアルバム)
(2008/03)
商品詳細を見る


電脳コイルの補完に必要な資料集が堂々の登場。
私はこうした類の資料集を買ったのは初めてです。
電脳コイル、本当に好きなんだなぁと思った。

全話のストーリーダイジェスト、用語辞典、設定資料集といった
情報量の多い電脳コイルを押さえるのに役立つ内容。

また井上俊之が選ぶ原画コレクションは見所の一つ。
本田雄・井上俊之・板津匡覧・押山清高の原画が紹介。

スタッフインタビューには磯光雄監督・井上俊之が中心。
他にも青山浩行・平松禎史・笹木信作・秦綾子・井上鋭といった方々のコメントもある。
磯監督の素顔を始めて拝見できました。ニット帽被ってるのは本当だったんだ。
また先月のアニメージュにもインタビューがあるみたいなので、探して読んでみよう。

ちなみにインタビューの内容は電脳コイルの企画が立ち上がり、実制作に突入し、
後半の制作上の悪戦苦闘から、今何故電脳コイルなのかという部分にまで触れた
内容になっており、読み応え十分だった。

紙面レイアウトが落ち着いているので読みやすかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/10 00:55 ] 電脳コイル | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく! 49話 

普通の話

ハヤテとナギが学校に行った所に待ち構えていたのが生徒会3人娘。
彼女らはハヤテ達を動画研究部に案内する。
ナギが珍しく興味を示し、ハヤテもそれを後押ししようとするが。

前半はニコニコ動画とかyoutubeとか単語を混ぜつつ、
実際やっていたのはハヤテの女装姿や際どいシーンの連続。
ハヤテ君は可愛いなぁ。倒錯的なキャラだ。
制作スタッフは動画投稿サイトの動向に関しては気をもんでいるのだなぁと感じた。
コメント10万とか、何かいろいろニコニコ動画について語ってたしね。
もちろん、見ている人のコメントとかも気になるのだろうなぁ。

後半はチキチキといいつつ、みんなでただ普通の話をするという
人志松本のすべらない話の普通の話バーションみたいな感じに。
ナレーションが寄寓にも両方とも若本氏なのは絶対狙ってる。
普通の話は内容はともかく、桂先生とかクラウスとかサキさんが唐突に出てくる
タイミングが面白かった。おまえら全然関係無いだろうって。
最後のワタルの話は内容はでかいが、あまりのオチのなさが悲しかった。

普通の話だったので普通に楽しめた感じ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/09 15:06 ] ハヤテのごとく! | TB(27) | CM(0)

俗さよなら絶望先生10話 

デチューンとありあり詐欺と一見さんの話。

自衛隊がデチューンというのは結構ギリギリな表現だなぁと思った。
ローゼン麻生と櫻井よし子が出てくるけど、櫻井よし子が好きなのかスタッフは。
井上喜久子17歳も出てきてたなぁ。毎回スポット参加だ。

一見さんの話が一番面白かったなぁ。
今更キャラの総復習しているのがネタなんだけど。
それにしてもうざい一見さんだった。晴海の説明を求めるし。

また百見さん達も登場。
今回が改造の初心者講習の焼き直しだという事を暴露。
そしてオチを求め始められ、百見を追い出す絶望先生。

今回は全体的にサービスカットが多く眼福ものだった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/09 07:19 ] 俗さよなら絶望先生 | TB(24) | CM(0)

機動戦士ガンダム00 第22話 トランザム 

ロックオンが右目を負傷。ティエリアはその事を負い目に感じ。
一方国連軍はトリニティの基地を叩き、徐々に追い詰める。
状況が悪化するばかりのCB。刹那はガンダムの存在意義を問い始める。
そしてCBはトリニティと国連軍に武力介入する。

ロックオン、ティエリアに優しかったなぁ。マイスターのお兄さんのポジションだ。
ロックオンが言いたかったのはVedaを己のアイディンティティにするのではなく
戦争根絶するためのガンダムマイスターという事を教えたかったのだろう。
ティエもそれをわかったみたいで、「あなたは愚かだ。」という台詞が如実に表している。
つまりティエリアはツンデレです。←すぐにわかることだろ!!

テレビを見てた沙慈は逆に全てを失ったため、ヤンデレ化してたなぁ。
彼はどう今後物語の本筋に絡んでいくのだろうか。今は刹那としか接点無いし。

トリニティ3兄弟。男二人死亡。あっというまであり圧倒的だった。
サーシェス強すぎ。今の所パイロットでは一番強いのではと思った。

そして今回の最大の目玉はトランザムシステム。

まさにDBの界王拳、レイズナーのVMAX、F91の分身機能、ゼノギアスのEXAMを思い出した。
何かそれらの混合的な表現だったので。言うまでも無くかっこよかった。
圧倒的優位性を示してたサーシェスを圧倒したのは今までの00の中で最もカタルシスがあった。
何か戦闘の尺も徐々に長くなってきているし、面白くなってきたよ。
初期は地味な部分も評価できたが、やはりこの展開は序盤に足固めをして
今辺りからスパートかける作戦だったのだろう。

そしてイオリア・シュヘンベルグ。彼の真意は。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/08 21:54 ] 機動戦士ガンダム00 | TB(54) | CM(0)

内藤大助 チャンピオン防衛!! ポンサクレック戦 

内藤大助対ポンサクレック戦 フライ級チャンピオン戦

内藤が防衛!!
しかもジャッジが1勝1負1ドローという引き分けの防衛。
どちらも完全にお互いの良い所が完全に出し切り、
12ラウンド戦い抜き、どちらに勝負が転ぶのかわからない状況に。
これぞ本当のボクシング、拳の芸術を見せてくれました。
これほど熱い戦いを見たのは久しぶりでした。

内藤も素晴らしかったし、ポンサクレックも素晴らしかった。
内藤の変則的な動きが12ラウンド続く体力には脱帽。
ポンサクレックも正統派らしく着実に手数を当てるスタイルもかっこよかった。

内藤が9ラウンドで投げら時「またか」と思った人は多いと思いますが・・・。
ポンサクレックもすぐに反省してた表情を見せてたので、
そこはちゃんとしたボクサーだと思いましたね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/08 20:54 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

深夜放送自粛 深夜アニメが危ない!! 

深夜放送自粛「議論の対象」=地球温暖化対策で-官房長官yahooより

深夜アニメが無くなると言う騒ぎが一部で起きていますが、
このニュースを聞いてしまうと本当にどうなるのでしょうね。
この流れで深夜放送がなくなれば、アニメは激減ですね。
そうなればアニメ専門局が乱立してアニメがよりコアになりそう。

しかし商売だから、テレビ局も深夜放送するのが儲かるからやってるわけだろうし。
またテレビ通販など深夜でCMしたい企業や広告代理店の思惑もあるだろう。
深夜に番組をもって成長するタレントも数多いから、芸能事務所的にもどうなのか。
深夜という時間はおもいがけないものを掘り出してくれる時間帯だから
今後も放映は続けてほしいが、これも環境問題解決の一環なら仕方ないのかなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/07 22:54 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

clannad 20話 オモイオモワレフリフラレ 

岡崎と渚の同居生活の続き。
親父から岡崎には過去にあったある話をされる。
一方で渚が自分がやりたかった話を段々と思い出したのだが
それを岡崎もおぼろげに知ってるようだった。

今日は古河家がパン屋になったいきさつと
なぜあの二人が渚を溺愛するという理由。
渚の為に自分の夢を捨てた二人がその事を渚に知られたくないみたいだ。
まぁ渚はそういう話に責任持つからなぁ。
あと子供の頃渚が雪の中で家族を外で待っていた話は、
前半でも岡崎を雨の中で待っていた事もあったので、
変わらないのだなぁと思った。要は対比させている。

あと今回、岡崎が古河家にピクニックに誘われ
微妙に断ってしまったのを、春原に看過され完全に論破した
のはかっこ良かったなぁ。春原は道理がわかっている。
親父も置手紙を捨ててるのもよくわかっててかっこいい。

最大の謎は、渚のやりたい話と岡崎がそれを知ってた理由。
そして現実世界で無いあの少女とロボットの空間の関係。
予想はできるが、どういった展開でつなげるのかが興味深いなぁ。

オモイオモワレフリフラレ

しかし今回はメインヒロイン以外は喋らせてもらえなかったなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/07 07:52 ] CLANNAD | TB(39) | CM(2)

バンブーブレード22話 おまえにコンテニューだ 

いよいよ関東大会。
キリノ以下部員の意識も高く順当に勝ち進んでいく室江高だが。

ひたすら剣道・剣道のメインバトルで満足。

ついにタマちゃん負けてしまいました。
前回から鈴木凛の登場でそのフラグは立っていたとはいえ。
今回はずっとタマちゃんが負けるような展開を暗示させる感じだった。
ゆうじ君の心配通りになってしまいました。
特に凛とタマちゃんが大会上で会ったとき、
光差してる凛が上側にいてタマちゃんを見下ろしてるシーンが
その負けを暗示していたのだなぁ。結構演出上手いと思った。

またみやみやもキャリーに勝てず。思えばこの勝てない展開も
タマちゃん負けのフラグだったのかも。

また久しぶりに出てきた、外山と岩佐が
校外でケンカ(しかも救急車来てた)。
「おまえにコンテニューだ」は名言なんだけど・・・。
二人はゆうじには剣道部を辞めたと言ってたが、
形式上は残ってて部にダメージをかけるという展開なのかな。

順調だった室江高だが、次回は波乱の展開。
そしていよいよ最終回まであと少し。
オリジナル展開ではあるが、何の話展開に問題無い所に
今の倉田英之の力量が発揮されてるなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/04 07:56 ] バンブーブレイド | TB(36) | CM(0)

アニメスタイル3号刊行は5月? 

アニメスタイル3号企画会議(アニメスタイル)

本当に久しぶりだなぁ。学生時代に1号を立ち読みでじっくり読んでしまったので、
そのまま買わなかったのだが、その事を未だに後悔している私。
たまとわさんの情報によると3号はは新房特集もあるみたいだ。

アニメ好き(作画とかに興味のある人は特に)には読み応え十分だったアニスタ。
どんな切り口で楽しませてくれるのか。楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

トムソーヤ 高橋しん 

トムソーヤ (ジェッツコミックス)トムソーヤ (ジェッツコミックス)
(2007/08/29)
高橋 しん

商品詳細を見る


高橋しんは好きです。
ビジュアルへの感度が非常に優れている所が好き。
例えていうなら、新海誠に近いイメージがある。
(ほしのこえと最終兵器彼女がセカイ系と言われたのは
まずビジュアルイメージが近しいからだと思うのが理由の一つ。)

このトムソーヤでも彼のビジュアルイメージが存分に生かされている。
イメージが豊富だけでなく、そのイメージを相手に伝える技術とテーマ性に優れている。

話は死んだ母親の住処に帰ったヒロインに母親と仲が良かった少年が出会う話。
少年と女性の小さな冒険が繰り広げられると言った所。いかにも高橋しんらしい設定だ。
最初はちょっと退屈だが、後半はぐんぐん話しに引っ張られていった。
構成力や伏線の回収の仕方といったストーリーテリングも普通に上手いと感じた。

ちょっと気に入らない所は、話の途中に唐突過ぎるコメディを入れようとしてる所。
自然な感じであればもっといい雰囲気なのだが、バランスに欠けるというか。
最終兵器彼女ぐらいが丁度良い塩梅で、きみのカケラになると
強引なコメディが入って来るんだよなぁ。

まぁ短編ですっきり読みやすかった。
そしてきみのカケラはいつ終わるのだろうか。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/03 23:51 ] マンガ | TB(0) | CM(0)

みなみけ おかわり 9話 

カナが次の夕食を予知夢するとチアキに宣言するが。
その日、マコト含めたチアキの友人一同がみなみけに。
そしてマコちゃんがマコちゃんを止めたい話に。
またハルカは先生から留学の話を進められる。

チアキの頭のホイップが2つに。性格だけでなくビジュアルも変わったチアキだった。

今回一番引っ掛かったのは、シュウイチの存在。
久しぶりの登場だが、必然性が無く唐突間が否めない。
推測だけど、元々本当はシュウイチではなくてフユキだったのでは。
フユキはすごく不評だから降板させられ、シュウイチに変えたのではと思う。
まぁシュウイチも出てきた割にはあんまし面白さに貢献できてなかった。

今回は保坂頑張ってた。保坂のテーマも流れてたし。
かなり頑張ってたけど、やはり前シリーズの方が使い方が上手。
でも全体的に上向いてきた感じ。普通に面白くなってきた。
ここ2回は前シリーズの良い所を取り入れようとしてる気がする。

ただ黒塗りのキャラは正直作品世界をぶち壊してる気がする。
デザインの省力化で効率的にしたいのはわかるけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/03 22:00 ] みなみけ | TB(10) | CM(0)

みなみけ おかわり 8話 

みんなでプールに行く回。
それにしてもみんなで遠出すると、絶対道に迷うなぁ。

かなづちなチアキが可愛かった。
ハルカはずっと寝てたが、いったい何しにきたのだろう。

今回はフユキがいなくて、本当に安心して見られた。
フユキが登場しないと、マコちゃんや冬馬の出番が多くなって面白くなる。
マコちゃんや冬馬の方が作品に貢献できるキャラですね。
それにしても、前も言ったが、マコちゃんと冬馬の倒錯性はすごいと思う。
プールに行くというシチュエーションだけで、話が転がせるからなぁ。

ほさかの使い方をもっと上手くしてほしいのは贅沢な願望か。
プールの道具を貸す係りになってたのはちょっとよかったが。
ほさかの扱いに関しては前シリーズは神だったと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/03 21:23 ] みなみけ | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!48話 ヒナギク祭り 

今回は丸ごとヒナギク祭り!!!
ナギもマリアさんも殆どで番無しのヒナギクメイン回。

好きな人と母親から聞かれハヤテの事を思い浮かべたヒナギク。
ハヤテを意識しすぎるタイミングで差出人不明のラブレターが。
ハヤテにも同じような手紙が。そして二人は・・・。

今回はヒナギクの仕草や芝居、絵がもう本当に可愛かったなぁ。
最後のぬいぐるみを抱きしめる所とか。美味しそうにコーヒー飲んでる所とか。
ハヤテにも言われてたけど私服も可愛かったし
木に登って落ちてしまった所に呼べば駆けつけるという状況に
ちゃんと駆けつけるハヤテもかっこいいよなぁ。

全体的には典型的なツンデレ描写だけど、今までの積み重ねがあるから
各キャラの描写がこなれてて、良かった。ハヤテはモテモテで良いなぁとか思った。

最後の久しぶりに出てきた奴らの対決がまだ続いていたのは面白かったけど。
あとあやとりでゾイドジェネシスのムラサメライガーを作れるハヤテは正直凄い。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/02 13:32 ] ハヤテのごとく! | TB(13) | CM(0)

機動戦士ガンダム00 21話 

GNドライブを積んだ連合軍の機体がCBを襲撃。
一方でアレハンドロがVedaを掌握しつつある状況。
その為ガンダムのシステムも乗っ取られる事そうになるが
察知していたスメラギは予備システムの構築で状況を打開する。

アレハンドロは自分でシナリオを作り主導権を握りたいのですね。
トリニティも何か当て馬にされ、基地の場所がタレこまれるなど
用済みな感じで扱われてたが、これもおそらくは彼の仕業。
何を描いてるのはわからないが、CBも連合軍もほしいと言ってたので
全部手に入れて、何かしようとはしてるのでしょう。

今回は戦闘の尺が長く非常に楽しめた。
特にエクシアのかっこよさが設定込みで生かされていた感じ。
何本も剣を抜いては投げたり、刺したりしてて良かったなぁ。
単純にここ最近の戦闘は敵側が強くなり、強敵(しかも数的には劣勢)なので
状況的には否応にも盛り上がる。

Vedaに見捨てられたと思い込み茫然自失と化したティエリアは腑抜けでした。
絶望先生も見てるからどうしても被ってしまうが、絶望してましたね彼は。
何度も何度も彼を庇おうとしていたロックオンの献身さには頭が下がる。

しかし今後CBはガンダムが強かったというメリットが消え去り、
Vedaも使えない今、どう事を運ぶのだろうか。絶望的な状況ではある。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/02 10:00 ] 機動戦士ガンダム00 | TB(9) | CM(0)

俗さよなら絶望先生9話 絶望ファイト付 

ボケたらツッコミを入れるなら
様々なボケにツッコミを入れようという話。
ゆうこりんは天然ボケではなかったなぁ。怖かった。
色々なボケを知ってる女性は、
喋り方や平和ボケとか言ってたから明らかに櫻井よしこだったなぁ。
政治風刺的なものも扱えていて勉強してるのだなぁと思った。
風刺なんて普通のバラエティではできなさそうなんだけど
アニメではまだ機能するんだなぁと思った。

後半は抜き打ち検査からドジッ子アピールの話。
さとうとしおを間違えたには吹いた。

全体的にツッコミ役のマリアが大活躍。
攻殻の光学迷彩のパロもあったなぁ。

今回は絶望ファイトが主軸だったような気がする。
4回もやってたし。円谷プロの黒歴史パロディですね。
ナレーションの口調とかいきなり戦い始める点とかが元に忠実。
まぁ昔見たけど本編がシュールすぎるからなぁ。
パロディの方が理性的のような気がする。
絵コンテと演出が今石洋之だった。

エンドカードは鶴田謙二。相変わらず面子が凄い。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/03/02 08:25 ] 俗さよなら絶望先生 | TB(17) | CM(0)