FC2ブログ

コードギアスR2 4話の視聴率 

4話の視聴率がまさかの1.4%。深夜アニメ並みの数字。
深夜帯は視聴率を求められないが、
日曜5時はさすがに数字も出さないときついだろう。

土曜6時のアニメ枠が消えたのも視聴率が原因だろうし。
この日曜5時という枠も早々に消えてしまうのかも。

ギアスの次は00の2期と言われてるけど、どうなる事やら。

でも数字とは別にネットやメディアでは今期最大の話題作扱い。
DVDや関連商品も好調。リアルタイムで見てる人が少ないのだろう。
録画やネット配信等、色々ありますからね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/30 07:30 ] コードギアスR2 | TB(1) | CM(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 4話 「逆襲の処刑台」 

毎回面白いなぁ。

ロロと取引をしてひとまずのピンチを脱出したルルーシュ。
黒の騎士団の処刑に対し、どうやって切り抜けるのか。

ロロを今回の取引からさらに情報を集め、
さらに敵側の立場のロロを助け「弟だから」「約束だから」と
ロロを完全に篭絡したルルーシュ。

ロロはギアスはあるけど、その能力を使える知恵に関しては
ルルーシュには及ばない。ルルーシュの凶悪さは
ロロのギアス云々ではなくて、彼の能力を見切ったところ。
そしてギアスを最大限に使う悪知恵が働くところ。
最後に人の心を手玉に取れるその品性が凄まじい。

ロロはぼろ雑巾の様に使われて捨てられるのだろうか。

黒の騎士団の助け方は2話と同じ、地勢を利用した作戦で
敵メカが転がり落ちていく様はカタルシスがあった。

紅蓮が今回かっこよかったのもいいですね。
メカシーンも尺はちゃんとある上に見所を確実に用意し、
ドラマもアクションもどっちもちゃんと見せてくれるという点で
見ごたえがありますね。作画も物凄く頑張ってますし。

しかし視聴率は総じてよくない感じ。
1話:3% 2話:2.6% 3話:2.8% 
深夜アニメと対して変わらない数字。
今までやってたニュースが10%ぐらい取っていた話を聞くと
TBS側としたらこの結果は嫌だろうなぁ。
また初回の3%が一番良い状況だと今後もそれほど伸びないだろうし。
次の番組は00だと予想されてるが果たして。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/27 17:44 ] コードギアスR2 | TB(122) | CM(2)

マクロスF 4話 

アルトとランカ、二人の登竜門の話。

動かし方が面白かったカットが結構あって
特にランカの歌うシーンはカット割りもテンポ良く
上手かったので、作画的に楽しめた。
カメラの揺らし方とか表情の付け方とか。
原画に山下清吾氏と沓名健一氏が参加。

ランカもシェリルも好みなので、それだけで見られるなぁ。
所で肝心のメカシーンは、目がついていかないので困る。
どうも僕は手描き>CGみたいだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/27 09:28 ] マクロスF | TB(2) | CM(0)

マクロスF 3話 

アルトがSMSへ入る事 ランカが歌手を目指す事。
それぞれの進路を決める話。

歌うという行為はただただいいですよね。
菅野ようこの曲と合間って、
音という面ではこれ以上に無いぐらい豪華絢爛。

ランカが可愛くて可愛くて。
声優の中島愛さんはランカでデビューしましたが、
作品と一緒に成長しそうな感じです。いやするでしょう。

本猪木浩明氏が原画参加してたのでびっくり。
マクロスに縁の深い人だから、参加するだけでも感慨深い。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/27 08:52 ] マクロスF | TB(1) | CM(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 3話 「囚われの学園」 

ルーシュとロロのやり取り(探りあい)
ルルーシュはシャーリーを連れて一緒に買い物に。
しかし一方で部下の処刑も始まり、
監視もついているルルーシュは一体どうするのか。

ロロの残酷な性格も露になりましたね。
ギアスの事を知った奴は皆殺しにしてるようだ。

スザクは相変わらず強いが、鼻につくキャラである。

ルルーシュは家計簿付けているのは本当だろうか。
でまかせなのか、でも実際つけていそうでもある。

ルルーシュは今回もギリギリのタイミングを利用して
パニック状態を演出したけど、ロロにギアスがある事を知らなかった事が
致命傷になりそう。でも次回予告見る限り大丈夫そうではあるが、はてさて。

ルルーシュの考え的に違和感があった。生徒会長をはじめ身近な人間が
記憶操作されてるのには今回でも非常に憤慨しているのに
真っ赤な他人をギアスで支配するのは問題無しと判断して所。
ここに関しては全く意識してないのかもね。

CMで見たけどギアスはBDとDVD同時発売か。
今後はブルーレイへの移行期になるだろうから
どっちのメディアを買うのにも注意が必要そう。
DVDは今後どうなるのかねぇ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/20 17:36 ] コードギアスR2 | TB(112) | CM(1)

機動戦士ガンダムF91 

久しぶりに見た。

富野監督の作品はエキセントリックなキャラ設定に目がいきがちだが
MSという架空の存在を、さも本当に存在させてるようにみせる
演出力こそ評価するべきだと思う。

F91のクロスボーンがフロンティア4に攻め込む一連のシーンは見所だらけ。
MSの重さをも表現しきっている映像に鳥肌が立つ。
種や00はその点から見ると、動きが軽すぎて重みを感じない。

後は宇宙空間の表現の上手さが段違いなんだよなあ。
宇宙に空間があるという事をきちっと描けるのは、
富野由悠季か谷口悟郎ぐらいかなぁ。(他にもいるとは思うが)
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/19 20:47 ] 懐かしアニメ | TB(0) | CM(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 2話 「日本独立計画」 

ゼロとしての記憶が蘇ったルルーシュ。
その天才的な知略を尽くし、圧倒的戦力差にもかかわらず
敵提督を倒し、中華領事館の中に日本国建国を宣言。

ルルーシュに偽りの記憶を与えたのは皇帝だった。
そして皇帝にギアス能力を与えたのは誰か。
そしてルルーシュの弟を名乗るロロは一体何者?
スザクの外道ぶりも中々良かったが、
うまく謎を引き付けつつ、次回への期待をさせる方向は上手いなぁ。

比較が00になってしまうが、ギアスのほうが飛ばしてるので単純に面白い。

最新型ナイトメアヴィンセント(搭乗者:ロロ)の最初の動きがかっこよかった。
作画は素晴らしく綺麗でそれなりに動かしていて楽しめたが、
00もそうだったけど飛びぬけた作画っていうのは無いんだよなぁ。
まぁ絵柄も動きも安定している方が今は評価得やすいというから仕方ない。
サンライズの作風も時代に合わせつつ変化してるんだなぁと思った。

まぁ千羽由利子と中田栄治が作画の手綱をしっかり握っていて、
さらに多くのアニメーターを投入してるので、見所は確実に出てきそうですけどね。

福山潤は上手いよなぁ。ルルーシュの魅力は彼の演技に拠る所が大きい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/14 00:27 ] コードギアスR2 | TB(34) | CM(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 1話 「魔神が目覚める日」 

超話題作の2期目スタート!!
素直な感想としてすっごく面白かったです。

ルルーシュが普通に学園生活を送り、さらに全てを忘れているような態度を
取っていたので、とてもびっくりしたが、偽りの記憶を与えていたのね。
記憶も戻ったルルーシュ。もう期待せずにはいられないですね。
もう敵側がギアス能力で自殺に追い込まれるところにカタルシスがあったね。
しかしロロって何者?弟といわれても。

メカの活躍もバリバリにあったし、
OPは冒頭からメカをガンガンにアクションさせていたので大満足。
作画も素晴らしかったし、導入部分でのツカミが上手すぎる。

ギアスは時代性を感じる作品です。言い換えれば願望だよね。
ルルーシュの全能感溢れるキャラクター設定や
「俺が悪いのではなく世界が悪い」と考えるスタンスや、
ギアス能力そのものが時代性を持ってるよなぁ。

特に相手が思い通りになるギアス能力は、
デスノートに通じるものがあると再認識(宇野常寛氏に指摘されてるが)。
今の我々はギアス能力を持ちたいんだよなぁ。
1話見るだけで、ダブルオーより時代性を先取りしてる内容だとわかる。

谷口悟郎監督 大河内一楼 木村貴宏と精鋭スタッフの今後に期待。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/06 17:41 ] コードギアスR2 | TB(156) | CM(0)

clannad 22話と23話 

22話
話はとりあえず、演劇の終了をもって中締めといった感じ。
朋也と渚の関係も一応明確になっておしまいとさ。

アニメは一旦終わりだが、それ以降のお話は原作ではあるみたいなので、
謎な世界の少女と機械の話とかその他様々な伏線が
放り投げられるのは仕方ない。

23話
番外編。
いい感じに気が抜けたお話作り。
渚が可愛ければ十分に楽しめる仕上がり。
そして続編の知らせに素直に喜べた。

まとめ
京都アニメーション×key原作アニメ第3弾。
Air Kanonと今までの実績から安心して見られる
ブランドお墨付き作品としての機能は十分に果たせたと思う。

しかしKanon らきすたとここ1年半ずっとずっと制作し続けてた為か
ハルヒ2期に温存してるのか、はたまた違う事情があるのかもしれないが、
かつて程のクオリティを感じられなくなってしまった。
見慣れただけかもしれないが、作画に関しては正直前の2つより劣るなぁと。
話に関しても原作の尺が長いので中途半端に終わったのも残念。
まぁ続編があるので良しとしとく。
でも十分に楽しめたのは変りないので、益々の奮起を期待して締めくくりたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/06 15:56 ] CLANNAD | TB(0) | CM(0)

マクロスF 1話 

マクロスの新作。

画面作りと戦闘シーンがCGの為か、
色合い的にはアクエリオン風味。
またキャラ絵が江端理沙=愛媛みかんなのでグラヴィオン風味。
総合的にはサテライトのノウハウを凝縮させた作りですね。

話展開も画面作りも物凄く手堅く、手堅すぎる作り。
順当にキャラを出していく所とかね。
また、いかにして主人公を違和感無くロボットに乗せるのか
というロボットアニメの大前提も目の前の少女を助けるという
このジャンルの王道で攻めていったなぁという感じ。

節々にマクロスの小ネタを仕込んであったのもまぁそれなりのサービス。

CG戦闘は好きではないのだが、良く出来てるなぁと感心。

まぁ何かよくまとまって出来てるし話題作みたいだから見てみることにする。

OP原画に松本憲生・戸倉紀元・窪岡俊之と豪華面子だが誰がどこかわからなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/06 09:25 ] マクロスF | TB(5) | CM(0)

ダブルオーを振り返って 

00で気になったのは、
監督:水島精二 脚本:黒田洋介の果たした役割はどういうものであったのか。
ガンダムはジャンルであり巨大ビジネスだ。
その為、バンダイを始めガンダムに関連するスポンサー(ソニーミュージックとか)
放映する毎日放送(TBS)、広告代理店等々、莫大な費用と
様々な企業の思惑が重なって作品は成り立っているのだと思う。

つまりはそうした様々な思惑を実現場においてこのメインの二人はどう処理したのか。
水島監督は現場の監督だけだったのか?黒田はどこまで話作りの根幹に関ったのか。
例えば「武力による紛争根絶」という話を考えたのは誰か。
前半のテーマ主義的なスタンスから、トリニティの登場辺りから変化した
あたりから変わったわかりやすくドラマティックになったのは誰のてこ入れなのか。
そうした部分が気になるん。スポンサー側の要請なのかなぁ。

正直00は詰め込みすぎてしまい、さらに作品の方向性も定まらなかったのは残念。
しかし前の種・種死もそういう傾向にあるんだよなぁ。
正直、00や種死ではガンダムを作る苦労というのもひしひしと伝わってくる。
アムロの台詞ではないが「富野がガンダムを一番上手く作れるんだ」と思った。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/03 01:21 ] 機動戦士ガンダム00 | TB(0) | CM(0)

バンブーブレード26話 

室江高校剣道部のこれからの話。珠ちゃん達も2年生になりました。
コジローも戻ってきました。めでたしめでたしといった感じ。

そして2期目があるとした場合の伏線もばっちり張ってましたね。
真の珠ちゃんのライバルが最後に登場したなぁと。2期目を期待して待ちましょう。

まとめ
キーアニメーター:植田洋一 監督:斉藤久 脚本:倉田英之と
好きなスタッフが勢ぞろいだったので原作知らずに見てみる事に。
そしたら珠ちゃんが可愛いじゃありませんか。
そして2話のむっちゃ剣道をしてる展開を見て、それからハマりました。
話も楽しく部活しようという展開で剣道を知らないでも楽しく見れた。
また珠ちゃん以外もキリノ以下の部員もみんな好みでとっても良かった。
珠ちゃんとキリノは本当に良いなぁ。

ブレードブレーバーという劇中劇も面白かった。
(山根理宏が好きそうなモノだったと思う。)

個人的にはROD,かみちゅが高評価で、バンブーも面白かったので
倉田英之の評価はさらに上昇しました。かんなぎにも期待したくなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2008/04/01 22:38 ] バンブーブレイド | TB(7) | CM(0)