FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2011年03月 ] 
≪前月 |  2011年03月  | 翌月≫

「アニプレッションvol.1」とらのあなにて委託販売開始 

現在、「アニプレッションvol.1」は
とらのあな秋葉原店・なんば店・名古屋店にて取扱い中。
販売価格は630円(税込)となります。通信販売でのご購入も可能です。
通販のページはこちらとなります→とらのあな販売ページ

販売ページにはサンプルがあります。ご参考にして下さい。
 
よろしくお願いします!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/25 20:45 ] アニプレッション | TB(0) | CM(0)

これはゾンビですか? 10話「いえ、それは爆発します」(感想) 

離れてしまう二人。
二人の心はまだ近くて遠い。


korezon10002.jpg

取り戻そうで取り戻せない歩の苦悩が描かれます。
そしてハルナはいつでも元気な点が作品を救っています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/23 00:02 ] これはゾンビですか | TB(46) | CM(1)

(サフィ)ドラゴンクライシス! 10話「オトナの儀式」[感想] 

くぎゅの声は破壊力抜群!
ローズの声がエロ過ぎます!


dorakura10002.jpg

大人になりたい子供のサフィの影響で
ローズも大人への道を目指す話です。
その先にあるのは竜司との恋でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/21 20:47 ] ドラゴンクライシス | TB(31) | CM(1)

(スガタ)STAR DRIVER 輝きのタクト 23話 「エンペラー」(感想) 

バニシングエージの猛攻に大苦戦のタクト!
こんな表情は中々見られません!


takuto23-1002.jpg

物語展開は佳境へ。
スガタとワコのデート、
タクトとヘッドが出会うなどイベントは盛り沢山です!
タクトとスガタの対決まであと少しのようです!

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(谷田貝凜)お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 11話「世界の中心で兄を叫ぶ」(感想) 

奈央にとっての最大の敵が
谷田貝凜である事がハッキリしてきました!


onisuki11004.jpg

奈央が中々ストーキングに専念できない現状が可哀想です。
AGEの誤解し続ける展開もかわいそうです。
また、今回の記事ではスクールデイズとの比較をやってみました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

放浪息子 9話「かっこいい彼女 ~Green eye~」(感想) 

二鳥君は凶悪的に可愛くて反則です!
しかもその事を自覚しているのがエライ!


hourou9000.jpg

二鳥が一線を越えた行動に出た瞬間。
今回はシリーズ的にとても重要だったのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/18 23:25 ] 放浪息子 | TB(30) | CM(0)

(ほむら)魔法少女まどか☆マギカ 10話「もう誰にも頼らない」(感想) 

「私、魔女になりたくない」
まどかの悲痛な叫びでした。


madoka10004.jpg

まどか★マギカは大傑作です(私の中で)。
ほむらの悲愴な決意。ループするたびに積重なる絶望。
今回はほむらの全てを描きます。
世界はまどかとほむらにかかっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(HTT海外旅行?)けいおん!! 27話(番外編)「計画!」 

卒業旅行は彼女達にとっても
特別な想い出になるのでしょうね。
5人の未来はさらに眩しい!!


keion27-1001.jpg

今回は海外旅行を計画するHTTの姿が描かれました。
TV放映終了から半年ですが、
全く変わらない魅力をけいおんは放つ続けます。
彼女達の前向きに生きていく姿勢に共感できます!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/16 11:57 ] けいおん! | TB(32) | CM(0)

Rio RainbowGate! 第11話 「ナンバーテン」(感想) 

リオメインの回と思いきや、
ここにきてミントメイン、
いやチョコメインの話でした。


rio11004.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/16 07:28 ] Rio RainbowGate! | TB(25) | CM(0)

(谷田貝蘭)お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第10話 「兄は世界を救う」(感想) 

プリンセス・レイヤーで知られている谷田貝蘭さんがAGE特に修輔を巻き込みます。

妹の奈緒 姉の凜


今回は有り体にいえば電波女である谷田貝蘭さんの行動に修輔が巻き込まれ
蘭を止めたい姉の凜と、そんな修輔を多少ハラハラしながら見守る奈緒の姿が描かれます。
どちらもそれぞれの兄弟姉妹の生態を観察する形になっているのは面白いです。

まぁ凜は妹の行動を心配し、止めようとしていますが、
奈緒は中々出会えない電波女の蘭と出会った事によって、
お兄ちゃんがどんな化学反応を起こすのか興味津々のようです。

こうした不安そうな凛と、興味津々の奈緒という対比が面白いです。
また兄の全てを肯定しようとする奈緒と
妹の全てを否定しようとする凜という形でも対照的に描かれます。
まぁお互いに変な兄と妹がいたからこその物語です。

みなみけ再び


今回登場した谷田貝蘭とその姉の谷田貝凛。
蘭役は茅原実里さん、凜役は佐藤利奈さんです。
このお二人がそれぞれ姉妹役をされていると
「みなみけ」の長女ハルカ(佐藤利奈さん)・三女チアキ(茅原実里さん)を思い出しますね。

そしてこの作品には、次女のカナ役の井上麻里奈さんが土浦彩葉で参加しています。
という事で、みなみけ三姉妹の久しぶりの協演になりましたね。

よく考えてみたら「みなみけ」と「兄好」どちらもキングレコード製作だったので、
両方の作品の音響監督を調べてみましたら、どちらも「えびなやすのり」さんでした。
と考えると、これは偶然ではなく狙ったキャスティングな事がわかります。
なお、奈緒の喜多村英梨さんも「みなみけ」には内田役で参加しています。

まとめ


たぶん今回で一番重要なのは、蘭が修輔に抱きかかえてと言った際に
奈緒の声を聴いた途端、妹にこの姿を見られてはいけないとダッシュした所でしょうね。
あんなに馬鹿な行動をしていた修輔が、あそこではマジになります。
この終始バカな展開も、この修輔の妹想いを描く為に行っていたのかもしれません。
そんなお兄ちゃんとしての修輔の態度に、妹は心から好きなのでしょうね。

それにしても、蘭の腰ふりダンスは強烈でしたね。
本人は男を悩殺するためにやっているわけではないでしょうが、
その官能的な踊りに修輔には刺激が強すぎるようです。
まぁエロ本やエロ映像好きなお年頃のAGEには、実際の生身の官能が強烈に見えたのでしょう。

そして、ほぼ1話完結で物語を作っていた本作はついに次回へ続きます。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(篠ノ之束)IS<インフィニット・ストラトス> 10話「その境界線の上に立ち-シン・レッド・ライン-」(感想) 

やっと日の目を見そうな箒ですが、
それ以上にうどんげ、
もとい束さんが全てを掻っ攫います。


insuto10006.jpg

今回はサービスシーンは控えめです。
後半の箒の実戦テストやIS戦に備えた作戦会議がメインでした。
そろそろ本番といったところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

これはゾンビですか? 第9話 「はい、脱ぐと凄いんです」 (感想) 

歩達を危険にしてしまったユーの気持ちは…
今回はドシリアスな展開の連続です!!


korezon9004.jpg

プリクラを撮影中にユーを強引にでも笑わせようとするみんな。
妄想ではなく、彼女の本当の笑顔を見られる日はいつか来るのでしょうか。
その時こそ、ユーの新たな人生が始まるのでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/08 22:42 ] これはゾンビですか | TB(63) | CM(1)

(副部長)STAR DRIVER 輝きのタクト 22話 「神話前夜」(感想) 

タクトとワコの2回目のキス。
演劇の舞台ですが、
二人にとって大きな意味を持ちます!


takuto22005.jpg

今回はマジで素晴らしい出来!!
このアニメは今回の為にあると言うのはいい過ぎでしょうか?

演劇「神話前夜」開幕。
演劇は「輝きのタクト本編」サカナちゃんの「イカ刺しサム」と
重層的に絡み合う事で物語に厚みを与えました!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(キャシー)フリージング 第9話「Godspeed of the East」(感想) 

キャシーさん、初登場で即退場とは悲しいです。

freezing9002.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/06 09:38 ] フリージング | TB(19) | CM(0)

仮面ライダー オーズ/OOO 第25話「ボクサーと左手と鳥ヤミー」(感想) 

感想

アンクが本編で初めてヤミーを生み出します。
アンクは生まれたオウムヤミーを倒されたくないようで
映司に非協力的な態度をとり続けます。

ボクサーの苦悩


今回標的にされたボクサーの岡村。
パンチドランカーで左手の負傷とボクサーを続けるには限界のようです。
そんな岡村と戦いたい挑戦者は「(引退してら)俺たちもっとボロボロになる」と言います。
この台詞を聞いたとき、仮面ライダーブレイドの
「ライダーシステムのせいで俺の体はボロボロ」だという橘さんを思い出しました。

それはさておき、ボクサーを引退された多くの方々は大変なようです。
TVタレントや指導者として成功する人もいますが、それも一握りです。
そうした現実がわかるから引退後の方が大変だというのはリアリティとして伝わってきます。

今回は強いぞオウムヤミー


ヤミーってあんまし強いっていう印象が無いのですよね。
映司がコンボで結構サクサクって倒しちゃう感じがして。
でも今回のオウムヤミーは強かったですね。
逃げられて終わるケースは良くありますが、
今回のように2回目の戦いでも倒せなくて撤退する展開は珍しいです。

なぜ強かったのか。それはアンクが非協力的だからです。
言い換えると、相手が強かったというより足を引っ張られた形ですね。
それだけ対ヤミーにおけるアンクのメダルの選び方が、的確な事を証明してくれました。
映司とアンクが協力しないとヤミーはやっぱり倒せない事が浮き彫りにされます。

まとめ


この作品って毎回扱うテーマが重いと思うのですよ。
今回で言えばボクサーの進退ですし、前の娘が親を執刀する話も重たいです。
でも内容は重たいのですが、それをできるだけ子供にも見せられるような感じで
描いているのがエンターテイメントとして優秀な作品だと思いますね。

25話という事で、本編がちょうど半分の折り返し地点に突入しました。
このタイミングで映司とアンクの立場の相違が浮き彫りにされました。
そして本編で初めてヤミーを作り出したアンクの真意は何なのでしょう。
まぁ自分の体の再生とより強い体を手に入れようとしているのでしょうが。
 
脚本:小林靖子 監督:柴崎貴行 アクション監督:宮崎剛

次回26話は「アンクとリングと全部のせ」
バースの新形態が見られそうです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/06 09:01 ] 仮面ライダーオーズ | TB(20) | CM(3)

(末広安那)放浪息子 7話「薔薇色の頬 ~Growing pains~」(感想)  

千葉さんの挙動を見てるのが楽しすぎる。
このアニメは千葉さんの為の作品です!!


hourou7004.jpg

千葉さんは本当に可愛いなぁ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/05 18:09 ] 放浪息子 | TB(26) | CM(0)

(ラウラ)IS<インフィニット・ストラトス> 第9話「海に着いたら十一時!-オーシャンズ・イレブン-」 

ラウラのデレ化が一気に進行中。
一夜を共にし、一夏と夫婦になりました。


insto9-1000.jpg

でも私はシャルルに萌えてしまいます。
一番美味しい所をもらってるのはシャルルなのでしょう。
今回はショッピングに水着に一夏は大忙しです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(エントロピー)魔法少女まどか★マギカ 9話「そんなの、あたしが許さない」(感想) 

「せめて一度ぐらい幸せな夢を見させて」
佐倉杏子の人を思いやる気持ち。
恥ずかしいぐらいマジ泣きしました。


madoka9003.jpg

物語はエントロピーのように
ハッピー(秩序)からバッドエンド(無秩序)へ向かうしかないのか。
虚淵氏のメッセージはここにあるのかと感じさせる内容でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

(カルディナ)Rio RainbowGate! 第9話 「ジョーカー」(感想)  

リオは再起できるのでしょうか?

rio9002.jpg

カルディナの狙いは進行中のようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/02 22:49 ] Rio RainbowGate! | TB(30) | CM(3)

君に届け 2ND SEASON 第8話「届け」(感想) 

感想

ついに学園祭。
爽子がついに行動を起こします。

大事なのは「届け」させる事


爽子と風早が上手くいかないのは、お互いが本当にぶつからなかった事。
風早が良く見えてしまうばかり、引け目を感じてしまう爽子。
爽子は風早のイメージに翻弄されていたのでしょうね。

そんな爽子は「風早君が誰が好きでも、もういい」と言います。
このスタンスにやっと辿り着いたような感じがします。
大事なのは想いを「届け」させる事。
特に2期になってから、風早に本音で話す事が出来なくなってしまいました。
好きになればはなるほど、がんじがらめになっていたのでしょうね。
でも爽子は友人達の助けもあって、ここまで来たのだと思います。
やっと、事態が好転するキッカケが見えたような気がします。

風早はまだキッカケを見つけてない?


一方の風早は、まだまだ苦しんでいるようです。
ピンの「諦めろよ」の真意が掴みかねているようです。
それでも、健人と話す時に「黒沼に憧れていた」と言います。
はっきしいって、この事を爽子に伝えれば良いと思うのですよね。
それが風早が爽子に「届ける」ものなのでしょう。

全ては些細な事で全てが世界が変わると思うのですが、
まだハッキリ見えていない風早は、どう変わっていくのでしょうか。
いや爽子の行動で、風早が変わっていくのでしょう。
爽子が想いを「届け」る事で、風早を救うのでしょう。

まとめ


なぜ「好き」か・それは「好き」だから。
あとは爽子の行動を見守っていくだけです。

今回は学園祭の準備や吉田の誕生会でOP曲が入りましたが
中々この作品では珍しい演出だったと思います。しかもフルコーラス。
絵コンテは古橋一浩氏。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/02 06:56 ] 君に届け | TB(44) | CM(1)

(トモノリ)これはゾンビですか?8話「えへ、学園妻です」(感想) 

この作品におけるキャラ達の幸せは
みんなで撮ったプリクラに集約されています。


korezon8004.jpg

今回は外に飛び出して、お買いものをする展開。
外での日常を描きます。歩はもちろんユーを妄想しますが、
トモノリもどうやらすぐ歩の事を妄想するキャラのようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/03/01 06:36 ] これはゾンビですか | TB(63) | CM(0)