FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2011年04月 ] 
≪前月 |  2011年04月  | 翌月≫

Aチャンネル 4話「トオルが可愛い」(感想) 

achannne4000.jpg

トオル可愛いよ。
今期の中で、私の女神様になってしまいそうです。


ところで、Aチャンネルの意味って何なのでしょうか?
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/30 07:24 ] Aチャンネル | TB(44) | CM(0)

そふてにっ 第4話 「おでかけっ」「小ネタが古い」(感想) 

sohuteni4002.jpg

山本さんの新キャラ登場。
そして恍惚な表情が素晴らしい!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/29 21:50 ] そふてにっ | TB(18) | CM(0)

もしドラ 4話「みなみはイノベーションに取り組んだ」(感想) 

mosidora4000.jpg


みなみちゃんの実行力、
そして直観力の高さは素晴らしい。

もし私が会社を作ったら、
みなみちゃんを総務にしたいと考えています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/29 16:52 ] もしドラ | TB(17) | CM(0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。3話 「めんまを探そうの会」(感想)「あなる」 

anohana3007.jpg

あなるちゃんの魅力が凄い!!
画面にオーラが出ている感じです。


白ワンピースが可愛すぎる~♪
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

もしドラ 3話「ドラッカーは次の社会を考え続けた方です」(感想)  

mosidora3-1000.jpg

野球部をマネジメントするうちに
次々に状況が変わってきていますね。

野球部の変化の兆しが見え始めていますが、
一番変わったのはみなみちゃんかも。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/28 07:33 ] もしドラ | TB(19) | CM(1)

もしドラ 2話「みなみちゃんの行動力はスゲー」(感想) 

mosidora2000.jpg

みなみちゃんを見習おう~♪
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/27 22:52 ] もしドラ | TB(10) | CM(0)

戦国乙女 4話「エフェクトアニメ」(感想) 

sennoto4000.jpg

ヒデヨシが気になりました。
なんかみんなキャラに愛着が湧きおこる作品です。
という事で好きになりました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/27 07:39 ] 戦国乙女 | TB(16) | CM(2)

花咲くいろは 4話「民子の憂鬱、そして和倉結名」(感想) 

iroha4002.jpg

東京の種村孝一のメールの返信に困りながらも
うっとりする緒花。可愛いですね。


今回から、新展開です。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/25 07:31 ] 花咲くいろは | TB(84) | CM(2)

日常 4話「囲碁サッカー部と空手ジャズ部」(感想) 

nitizyou4-3000.jpg

なのが可愛いですね。
みんなが欲しそうなものは欲しくなってしまう。
その気持ちはよくわかりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/24 15:25 ] 日常 | TB(50) | CM(0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 2話 「ゆうしゃめんま」(感想) 

anohana2-1002.jpg

あなるちゃんが可愛いよ。
キャラに力があるよ!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

魔法少女まどか☆マギカ 12話(最終話) 「わたしの、最高の友達」 (感想) 

madomagi12002.jpg 

まどかが願ったのは全ての魔法少女を救済する事。
世界の改変、魔法少女というシステムを壊す事でした。


しかしシステムは壊しても、
魔法少女は夢と希望と与える存在であると
まどかは言い切りました。
魔法少女モノとして、最後は締めくくったと思います。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

魔法少女まどか★マギカ 11話 「最後に残った道しるべ」(感想)(因果律) 

まどかの決意がついに固まる話でした。

madomagi11004.jpg

実は最終回まで見ちゃっているので、
内容的に書きづらいのが11話なんですよね。
今後の展開の推察なんかはすぐに解決しちゃってるので。
でもまどかの心情が確定した意味では物語のクライマックスです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

出崎統監督の記事書きました。 

出崎統監督の記事を書きました。

旅立った出崎統監督へ送る言葉(いち富野監督好きからのメッセージ)

富野好きから見て出崎監督を語ってみました。
ご覧いただければ幸いです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/18 23:35 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

花咲くいろは 3話「岡田磨里さんはエロイのかも」(感想) 

iroha3006.jpg

「ホビロン!」

[ホビロン]
「ほんとにびっくりするほど論外!」の略である。
孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵の事ではない。
-岡田磨里用語の基礎知識(2011年度版より)-

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/18 07:37 ] 花咲くいろは | TB(104) | CM(2)

DOGDAYS 3話(感想)「都築真紀さんについて」 

dogdays3000.jpg

シンクと話す時のレベッカのモジモジした態度が可愛い。
レベッカのシンクへの想いが伝わってきますね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/17 13:07 ] DOGDAYS | TB(59) | CM(0)

日常 3話の感想「囲碁サッカー部の抗争について」 

nitizyou3-5000.jpg

東雲さんは可愛いなぁ~。
 
今回は囲碁サッカー部をめぐる2つのチラシから
「日常」を考えてみたいと思います。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/17 11:38 ] 日常 | TB(51) | CM(1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ」 

anohana1001.jpg

あなるちゃんが可愛い。
 
という事で長井龍雪監督のオリジナルアニメです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

花咲くいろは 2話(感想) 

iroha2005.jpg
 
人と繋がりたい、いろはの物語。
その為に身体的にも精神的にも体当たりで臨んでいきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/11 21:17 ] 花咲くいろは | TB(74) | CM(0)

日常 2話「アニメで出てきた航空写真と実際の航空写真を照らし合わせてみました」(感想) 

個人的には東雲なのが可愛いですね↓

nitizyou2-1001.jpg

日常の楽しみ方を掴んできた事を実感できた2話でした。

今回の記事では、アニメ本編で出てきた航空写真と
実際の航空写真を照らし合わせることで、
この作品の舞台をひもといていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/10 13:13 ] 日常 | TB(62) | CM(0)

けんぷファー 14話 

結論:会長は最高!

kenpufa14000.jpg

今回見てわかったけど、けんぷファーを好きみたいだったようです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/10 00:37 ] けんぷファー | TB(4) | CM(0)

STAR DRIVER 輝きのラジオ!4/10(日曜日) 21:00~ 放送 

karimikarimiさんのラジオに出演します。

【概要】
karimikarimiさん、まっつねさんと「STAR DRIVER 輝きのタクト」について語るラジオ

【時間】
04/10(日曜日) 21:00~

【放送URL】
直前に公開(ツイッター等でご連絡できると思います)

【パーソナリティ】
karimikarimiさん
まっつねさん
おはぎ

【ハッシュタグ】
ハッシュタグ#karimikarimiを用いてツイッター連動予定

私は初めてのust参加なので、慣れない部分もありますが、なにとぞお聞きください。
「ustという冒険は続く」
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/09 19:25 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

そふてにっ 第1話 「あされんっ」(感想) 

ソフトテニス部員達のちょっとエッチで、
おかしな部活動ライフを楽しむ作品のようです。


sohuteni1002.jpg

いかにもエロ的に解釈してくれと
言わんばかりのモチーフを多用していますね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/08 23:04 ] そふてにっ | TB(34) | CM(0)

シュタインズゲート 1話(感想) 

感想

一人語りの極致という感じの展開です。
舞台的というか、演劇的というかそんな感じです。
一応、太っちょのキャラが視聴者目線=主人公についていけない感じ、
を出しているので作品内でフォローはあります。
まぁ展開的に様子見でしょうね。
 
シュタインって原義は「石」という意味らしいですね。
タイトルの意味は「石の門」って事でOKでしょうかね。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/07 07:11 ] Steins;Gate | TB(8) | CM(0)

花咲くいろは 1話(感想) 

P.A.WORKSのオリジナルアニメ。
PAがゼロイチ年代でさらに名乗りを上げられるかどうか、試される作品。
岡田磨里さんがシリーズ構成。

お話的には自分の価値観と仕事の価値観に戸惑うという話でした。
社会人経験の有無の差で見方が変わりそうです。

iroha1000.jpg

このデフォルメ感がたまらないっす。上手い!!
いろはの1話は触れるっていう描写が多いですね。

あとどんよりとした空が北陸っぽいです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/04/04 07:27 ] 花咲くいろは | TB(88) | CM(1)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第25話(最終話)「僕達のアプリボワぜ」(感想) 

感想

感無量!!!!!
全てが昇華されていきました


まるで銀河のように。

ワコの気持ち


私としてはワコが最終的にどっちかを選ぶのかなと思っていましたが、
じつはどちらかを選ぶことが重要ではなく、
二人の男の子を同時に好きなった女の子の心境が重要だったようです。
その二人の男の子を好きになったワコに対して
一人の男(スガタ)を想い続けたケイトが対照的に描かれ、
そんな一途なケイトの気持ちも理解しつつも、ワコの心が揺れ動いた様を描いていました。

作画について


本当に良かったですね。
ロボットアニメにふさわしい、
激しい激しすぎるロボットアクション!!!!!!
作画的に近年これほど素晴らしいアクションとエフェクトを見られた作品は
ロボットアニメ的には「グレンラガン」以来ではないでしょうか。

放映中、脳汁と血と涙と汗と鼻水で顔がひどい事になっていました!!

作画にも橋本敬史さん、新井淳さん、今石洋行さん、田中宏紀さん、村木靖さんなどなど
スーパーアニメーターが勢ぞろいし、ハイレベルな作画の乱舞でした。
 

不安と期待


それにしても、最終回まで上手く辿り着いたと思いました。
正直、最初見た当時は最後の事まで考えると不安だったのですよね。
まぁ最初は何も見えないから不安なんですけど。
でも、その不安は見続けていくうちに薄れていきましたね。

なんというか、毎回毎回面白かったので、その面白さが評価としての貯金になっていたので
最終回がどうであれ、総合的に見てもOKになっていったのでした。
でも、最終回が今までをきちんと昇華した内容で、最終回でまた大きな貯金ができ、
ますます見続けてきて良かったなぁと純粋に思える作品でした。

ウテナとの比較


私は少女革命ウテナという作品がとても好きで、
たぶん人生で大きく影響された作品の一つに入る作品です。
このウテナの脚本を手掛けたのが、スタドラの脚本でもある榎戸洋司さんで
スタドラの監督の五十嵐さんもウテナのメインスタッフでした。

その意味で、私はスタドラとウテナをずっと比較し続けながら見ていきました。
この見方が正しいかどうかどうかはわかりませんが、
私の中ではウテナとスタドラの比較は、とても大きな意味を持っていました。

結論として、ウテナとは違う時代に発表されたウテナだったと言えると思います。
時代が違うので、多少結末や言いたい事が変わっていますが
本質的に伝えたい事は変わっていないのだと思っています。

最後にタクトがゼロ時間の封印を破り、
宇宙を突き破ってザメクの中にいるスガタを助け出したシーン。
みんながスガタがザメクを封印する事と知り、諦めて見守っていただけに
この諦め気分を打破し、実際にスガタを助けてしまうタクトに感動を覚えます。

ウテナ的に見れば、ウテナの最終回でウテナが棺の中に閉じ込められていた
アンシーを助けられなかったシーンとかぶって見えました。

ウテナではヒーロー(ウテナ)がヒロイン(アンシー)を助けられない
一種の悲劇的結末を迎えましたが、スタドラではきちんとタクトがスガタを救えました。
ここに私はウテナ以来のアンシーを救えなかった事に対する、
ウテナの救済があったのではないかとすら思えてしまいます。
ウテナからスタドラまで14年間の期間がありましたが、
榎戸さん的にも、ある種の決着はつけたのではないかと私個人は勝手に思っています。

まとめ


榎戸洋司さんをずっと追い続けてきて良かった!!
この方の本気のシナリオはいつも私の期待を超えてしまいます!!
ワコが最後に告白した
「タクト君と出会なければ良かった」
「二人の男の子を同時に好きになった私の気持ちをわかる」
という台詞の数々に榎戸節を感じられずにはいられません。
 
少年少女の等身大の群像劇を描いた作品だったと思います。
私自身、最初から最後まで個人的に好き過ぎる展開でした。
謎めいた展開。意味深な台詞。劇中劇。ロボットアニメ。
これらの要素がツボな私にとっては、理想的な展開ですらありました。

終わると寂しいですが、作品には出会いもあれば終わりもある。
そして終わりには良い終わり方と悪い終わり方もある。
タクトは良い終わり方だったと確信しています。

このタクトの出会いと別れを惜しみつつ、またアニメを見ていきます。

「人生という冒険は続く」
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly