FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2011年05月 ] 
≪前月 |  2011年05月  | 翌月≫

戦国乙女 9話「ミツヒデのソウルジェムは真っ黒」(感想) 

senngokuotome9-2000.jpg

ミツヒデは可愛いので、
救われてほしいと思うのは私だけでしょうか。



いよいよ佳境を迎えつつある「戦国乙女」。 
今期一押しの作品ですが、
ますます面白くなって嬉しいです。


今回はカッコイイバトル描写が目白押し!!
戦国乙女は尻描写だけでなく、バトルもやる時はカッコイイ!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/31 07:46 ] 戦国乙女 | TB(19) | CM(1)

花咲くいろは 9話「緒花は孝一はすれ違い、徹との距離が近くなる」(感想) 

iroha9007.jpg

一同がみんなで揃う絵はイイですね。
団結力あっての仕事場だと思います。 

 
この絵に美人コンサルさんが入っているのが嬉しいですね。
ここに入っている事は彼女もちゃんと仲間だっていう事なのですから。

今回はすれ違う緒花と孝一がメインに描かれたように見えました。
記事ではこの部分とサブタイトルについて言及しています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/30 07:17 ] 花咲くいろは | TB(99) | CM(3)

日常 9話「キャラの手の描写に注目」(感想) 

nitizyou9-1003.jpg

やばい、なのが可愛い!
世話焼き・几帳面・博士想い。
ネジを取ると言われると弱い。
彼女の強くもあり弱くもあるその性格が好きです!

 
今回は「手」の描写が印象的。記事は「手」に注目して書きました。
アニメ作りも含めて、作品を支えるのは「手」なのでしょうね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/29 08:34 ] 日常 | TB(48) | CM(1)

DOG DAYS 9話 「リコッタとベールが剥け、エクレールのパンチラがありました」(感想) 

dogdays9004.jpg

ミルヒとレオ。
二人が仲良く過ごせる日々が訪れるのは
先の話なのでしょうか。


バトル有り、お色気有り、シリアス有りと
様々な要素を凝縮しつつもお話に集中できる展開。
30分弱の時間があっという間に感じられました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/29 06:09 ] DOGDAYS | TB(69) | CM(2)

Aチャンネル8話「やけジュース」(感想) 

achan8000.jpg

トオル可愛い!
トオル可愛い!!
トオル可愛い!!!

 
それしか言えないぐらいに、トオルにメロメロです!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/28 20:06 ] Aチャンネル | TB(39) | CM(0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 7話「ハプニングセックス」(感想) 

anohana7001.jpg

じんたんとあなるがデレデレする姿に
いつもニヤニヤしてしまいます!
まさに岡田磨里さんの言うところの
ハプニングセックスですね。


もう二人とも結婚しちゃえば良いのに…と思いますね。
あなるの存在感は本当に凄いです!!

  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

STEINS;GATE 8話「女装少年ルカ子」(感想) 

syutage8002.jpg

「女の子になりたいのです!」
 

ルカの決意は叶うのでしょうか。というかルカが可愛い。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/25 07:43 ] Steins;Gate | TB(67) | CM(0)

気になった記事のご紹介+「へうげもの」の感想 

たまには雑記でも書こうかなと思います。

個人的注目記事のご紹介


まずは、ご紹介したい記事が2つあります。

①「Rio Rainbow Gate!」 監督:カミナギ・リョーコ!?
 ―『Rio』と『ゼーガペイン』のあいだ―
(アニプレッションより)

アニプレッションで記事を書きたいと名乗り上げて頂いたフル・風呂さんの渾身の記事です。
後年も永らく語り継がれていくだろうSFアニメの傑作「ゼーガペイン」と
今年彗星の如く登場した「Rio」の両作品を同じ遡上に並べ、
「デジタル表現」をキーワードに二つの作品の共通点を見出した内容になっています。
両作品が好きな人はもちろん、どちらの作品しか見ていない人でも
興味深い内容になっていますので、ぜひご覧ください。


②小林プロダクション追想録(アニメーションメモver.3.0より)

日本アニメ界の美術の巨匠、小林七郎さんの足跡をたどる記事となります。
bonzokuADさんの小林さんへ対する想い、
今の日本アニメの背景の表現のあり方を考えた内容になっています。
特に背景手法は多様であるべきという所と
小林さんの美術背景の系譜は絶やしてほしくないという点に共感しました。
(ウテナ好きを自称しながら、小林さんに触れない私はまだまだだと感じ入りました。反省します。)

「へうげもの」を読みました。


さて最近、アニメ化もされている「へうげもの」を11巻まで読みました。


へうげもの(1) (モーニングKC (1487))へうげもの(1) (モーニングKC (1487))
(2005/12/22)
山田 芳裕

商品詳細を見る


後半からはボロ泣きの連続でした!
こんな凄いマンガをスルーしてた、自分ってバカ!バカ!!と思い知らされました。

そして漫画の上手さに惚れました。
作者の山田さんは自分の絵の技量がよくわかっている方という認識です。
絵的な上手さより記号的表現に特化して、
読者にきちんと伝えたいことを伝える技術が図抜けていますね。

手法的に見ると、見開き2ページなどの大ゴマの使い方が上手すぎます。
あれだけ確信的に大ゴマを使えるのは、構成がしっかりしてるからだと感じました。
つまり大ゴマにもっていくまでの物語の盛り上げ方が上手いのです。
ストーリーで見せるべき所とそうでない所の描き分けもしっかり書き分け、
キャラの機敏や設定を惜しみなく投入する事で、大ゴマのインパクトが生きていきます。

物語的には主要キャラの死ぬシーンがとにかく印象的です。
それぞれのキャラが己の美学を貫いていく描写は圧巻です。
価値観と価値観のぶつかり合い、どちらが正しい間違いなんてレベルではない
極まった者同士が対峙する「数寄」の戦いに心躍りました。

リアリティをそぎ落とすことなく・荒唐無稽に陥らず
歴史を上手く解釈して、物語を組み立てているのも上手いです。


この作品はモーニングで連載されていますが
モーニングは「蒼天航路」といい、この雑誌は歴史漫画で凄い作品を送り出します。

そういった遺伝子がモーニングにはあるのかもしれませんね。
「蒼天航路」とは、キャラの美学や価値観で戦っている点が似ているかもしれませんね。
まぁどこまでも達観している曹操と俗が抜けない古田織部はちょっと違いますね。

なので「蒼天航路」を読んでいて、「へうげもの」を読んでいない方は
騙されたと思って読んでほしいですね。

まぁ「手塚治虫文化賞」や「マンガ夜話」にも取り上げられているので
多くの方が読んでいると思います。私は遅いぐらいです。
 

まとめ


「へうげもの」はマンガ喫茶で読みましたが、
マンガ喫茶はジュースやソフトクリームが楽しめるし、
静かでとてもマンガを一生懸命読めますね。

私が「へうげもの」を好きなのは、
己の美学・価値観を高めようとする心意気をキャラ達から感じられるからです。

自分も自分が触れている趣味やモノに対して、もっと頑張っていきたい。
そんな自分の気持ちと主人公の古田織部がシンクロした気持ちで読めました。

この本を読んで、また新たなモチベーションが上がったと思います。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/24 21:18 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

戦国乙女 8話「光秀に叛意の相あり!2の新キャラも登場」(感想) 

senngokuotome8003.jpg


明智光秀=ミツヒデ謀反!!
こっちのノブナガも本能寺のように
ミツヒデの嫉妬の炎に焼かれるのでしょうか?


やばい!やばいぐらいに、面白くなってきた戦国乙女。
物語も小ネタもビックリするぐらいに輝いています!!
作品の楽しみ方のポイントは「ツッコミ」です!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/24 07:20 ] 戦国乙女 | TB(21) | CM(3)

花咲くいろは 8話「女将死亡フラグ」(感想) 

iroha8000.jpg


今回はシリアスの中にコメディを混ぜ込む作劇。
様々な状況の中で従業員達が
いろんな考えと感情を交差させる。
群像劇的様相を示したお話だったと思います。


緒花の行動力に魅力を感じました。
あと美人コンサルの空回りが可哀想に思えてきました。
何より女将さんは良いキャラしてますね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/23 07:47 ] 花咲くいろは | TB(98) | CM(0)

日常 8話「相生さん。アへ顔で昇天の巻」(感想) 

nitizyou8003.jpg

一つでも親父ギャグというか
つまらないギャグを言ってしまうと
言い続けないといけない気持ちになってしまう。
そんな相生の気持ちはよくわかります!


今回は映像的にもチャレンジした内容でした。
キャラがたくさんいて、バラエティ溢れる内容になってきましたね。

 
京都アニメーションはどんな作品にも全力で頑張っていますね。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/22 11:16 ] 日常 | TB(54) | CM(0)

DOG DAYS 8話「シリアス展開でも優しい世界観」(感想) 

dogd8005.jpg

何をしても、ミルヒが可愛いので許します。
テンポの良い物語が気持ち良いですね!

 
今回は群衆の表現描写が上手かった事についてと、
やはり都築さんは作品にもキャラにも
優しい事について書いています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/22 06:49 ] DOGDAYS | TB(69) | CM(3)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない6話「あなるは処女(じんたん談)」(感想) 

今回もあなるが可愛い。
彼女は女神様です!!


anohana6-2007.jpg

教室で(クラスメートの心の声)で色々言われている状況。
あなるからしてみればまさに「ホビロン」だったでしょうね。


今回は喜怒哀楽表現と、めんまが「存在」していると感じられるのはなぜか
という所に焦点をあてて記事を書きました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

「戦国乙女」と「ストライクウィッチーズ」の共通点は「愛」です。という記事を書きました。 

アニプレッション

「戦国乙女」と「ストライクウィッチーズ」の共通点は「愛」です。

という記事を書きました。ご覧下さい。

sutopan2soukatu2000.jpg

senngokuotome6003.jpg

二つの作品の共通点を何点か取り上げて、
両作品の因果関係を考えてみました。
この二つの作品は驚くほど共通点がありますね。

作品内だけ考えるのでは<
なく、作品同士の関係から考えるのは面白いですね。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/18 21:09 ] アニプレッション | TB(0) | CM(2)

戦国乙女~桃色パラドックス~ 7話 「本能寺の変?」 

senngokuotome7-18001.jpg

今回は大傑作!!!
戦国乙女が「戦国乙女」になった話です!!!


ゾクゾクするほどの百合展開。
そして甲冑のありかも西国にある事もわかり、
シリーズも中盤戦になって来た事がうかがいしれます


ミチフデもイエヤスもヨシモトも何よりヒデヨシがかわいいです!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/17 07:30 ] 戦国乙女 | TB(20) | CM(0)

花咲くいろは 7話「能登麻美子戦線異状なし」(感想)  

巴さん大活躍!!

iroha7001.jpg

今回みたいなギャグっぽい話を見ていると、
「花咲くいろは」の世界は色々な可能性があると思いました。
この作品は高いポテンシャルを秘めていますね!


今回はサブタイトルの由来になった「西部戦線異状なし」とこの作品の関係と、
このタイトルへの因縁関係が様々な因縁をもっている事についてふれます。
キーワードは「押井守」です。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/16 19:30 ] 花咲くいろは | TB(93) | CM(1)

日常7話「金曜ロードショー?」(感想) 

nitizyou7004.jpg

今回は重要回だったと思います。
なのとみおのすれ違い、
そしてみおはなのを認識したのですから。


大きく分けて2つの場所(コミュニティ)で進行した「日常」。
二つ「日常」が交差する時、物語は進展するのかもしれません。

段々とこの作品の面白さもわかって来ました!!
キャラにも感情移入できるようになってきました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/15 13:51 ] 日常 | TB(55) | CM(0)

DOG DAYS 7話「都築さんの作家性はキャラへの惜しみない愛情にあり」(感想) 

dogdays7001.jpg

やばい、だんだんミルヒに感情移入してきた。
都築作品は自然にキャラへ感情移入してしまう事。
キャラクターへの惜しみない愛情が伝わります。


今回は前回を受けてのシリアス展開。
レオ姫の演説とミルヒの演説が、対照的に描かれたのが面白かったです。
ミルヒを想うがあまりに道を間違えそうなレオ姫。
二人のすれ違う想いはどういう結末を迎えるのでしょうか。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/15 07:59 ] DOGDAYS | TB(70) | CM(0)

へうげもの 6話「古田織部黒歴史」(感想) 

感想

OPもさることながらEDの映像が良いですね。
シルエットを多用した演出は、真下監督らしい映像美に溢れています。
歴史劇とは思えないED映像ですが、そこがまたスタイリッシュで素晴らしい!

このEDを見ていたら、真下監督が20年以上前に監督した
「ダーティペア劇場版」のOPを思い出しました。
また斎藤由貴さんの曲も素晴らしい。この人の歌声は良い意味で恐ろしい。

さて、この作品がNHKで放送されているのも面白いですね。
表の大河が江だとしたら、裏の大河は「へうげもの」ですね。
おそらく真下監督以下スタッフは大河ドラマを作っているような
心意気で作っているものと信じています。

もしかしたら、この作品がキッカケで大河ドラマの主人公が
古田織部になるって事もあるかもしれませんよ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/14 22:52 ] へうげもの | TB(2) | CM(0)

Aチャンネル「トオル、髪を斬られるの巻」(感想) 

achan6003.jpg

トオルを見る事で、一週間の疲れが癒されます。
彼女の存在は私にとって女神です。
この可愛さはいったい何なのでしょうか!!
説明してください!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/14 06:23 ] Aチャンネル | TB(48) | CM(0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 5話 「あなる強姦未遂事件」(感想) 

anohana5-1000.jpg

男の涙がこれほど綺麗に
描かれた描写があったでしょうか。
つるこに「腐ってる」と言われても
ゆきあつの涙は本物です。


私は顔に男の涙をかけられた事が無いのですが、
実際やられるとどうなのでしょうかね。
今回はこの作品のリアリティについて書きました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

アニプレションで「好きな「アニメっぽいゲームOP」の紹介」という記事書きました。 

アニプレッションで

好きな「アニメっぽいゲームOP」の紹介

という記事を書きました。ご覧ください。

私の好きなゲームのOPを紹介していく内容になっています。
作画の良い作品をチョイスしているはずなので、
見て損は無いと思います(まぁ有名どころが多いですが)

やはりOPはイイ!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/12 00:55 ] アニプレッション | TB(0) | CM(0)

「アニメ感想ブロガーに聞いてみた15の質問」に答えてみました。 

アニプレッションでやっている
「アニメ感想ブロガーに聞いてみた15の質問」に答えてみました。


私はメンバーながらやってませんでした・・・。
みんなに悪いのでやる事にしました。
いざやってみると、自分の整理ができて良いですね!
自分のブログをメンタル的に整理してみたい方にはオススメかもしれません。

以下URLにはメンバーの各質問への回答が掲載されているので、ご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/anipression/archives/51252814.html

それではご覧ください!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/10 20:03 ] アニプレッション | TB(0) | CM(1)

戦国乙女 6話「歴史女体化ジャンルでも小ネタは歴史考証している」(感想) 

senngokuotome6006.jpg

ノブナガとミツヒデの過去話を
中心に物語は展開します!
そしてあの人の素性も明らかにされます。
物語が中盤に突入して、
展開に変化を感じさせたお話でした。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/10 07:29 ] 戦国乙女 | TB(20) | CM(0)

花咲くいろは 6話 「緒花、もしドラのようにイノベーションを起こす」(感想) 

iroha6000.jpg

「挑戦です。」(by緒花)
世界を、いや喜翆荘を変えるのは若い力です!


様々な衣装を描く作画力にも注目です。
P.A.WORKSが大きく羽ばたく作品になりそうです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/09 07:43 ] 花咲くいろは | TB(91) | CM(0)

青の祓魔師 4話「花澤さんの仕事量に感嘆」(感想) 

aonoex4002.jpg

ヒロイン登場!!
男だらけのこの世界に、
一服の清涼剤となれるのでしょうか!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/08 21:39 ] 青の祓魔師 | TB(40) | CM(0)

日常 6話「校チョーVS鹿」(感想) 

nitizyou6-4002.jpg

衝撃の事実。
校長(校チョー)の頭はヅラだった!!

 
というかこの作品は中之条といい、ヅラキャラが多い。
ヅラネタって面白いのでしょうね。
今回は「最上川」と校長と鹿の戦いが面白かったですね。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/08 14:04 ] 日常 | TB(47) | CM(2)

DOG DAYS 6話「シンク、ミルヒに『名前を呼んで』と伝えるなのは展開。そして尻尾振る姫」(感想) 

dogdays6-1002.jpg

お姫様=ミルヒが可愛い。
絵柄がとても好きですね、
何よりけなげで頑張り屋なのが素晴らしい!

 
今回の記事は原作者。都築真紀さんの作風に注目しました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/08 07:52 ] DOGDAYS | TB(66) | CM(0)

Aチャンネル 5話「トオル水着祭り」(感想) 

achan5-1000.jpg

トオルの水着! 水着!
もうたまりません。
至福な時間を堪能しました!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/07 23:04 ] Aチャンネル | TB(41) | CM(1)

もしドラ10話「みなみは高校野球に感動した」(感想) 

mosidora10001.jpg


全ては一冊の本の出会いから始まった。
本との出会いが人生を変える。
この物語から改めて学びました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/05/07 17:14 ] もしドラ | TB(16) | CM(0)