FC2ブログ
月別アーカイブ  [ 2011年06月 ] 
≪前月 |  2011年06月  | 翌月≫

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 13話「まゆ死ぃ。オカリンはほむほむである」(感想) 

syutage13-1005.jpg

死からは避けられない。
死の必然性から逃れられない。
死の運命は覆らない。
ルートを変えても最後に待つのは「死」でした。


繰り返されるまゆしぃの死。
ハルヒのエンドレスエイト的な繰り返し、

オカリンが暁美ほむらと重なって見えました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/29 07:25 ] Steins;Gate | TB(76) | CM(0)

戦国乙女 13話(最終話)「世界を変えたのはヒデヨシの『愛』だった」(感想) 

sengokuotome13006.jpg

携帯電話にはヒビが入ったのかもしれませんが、
ヒデヨシがノブナガ達と交わした絆は
誰にも壊される事のない深いものです。


戦国乙女、これにて完結。
別れもあったけど、大団円を迎えた作品でした。


この作品を見続けて来て本当に良かったです!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/28 18:27 ] 戦国乙女 | TB(22) | CM(0)

花咲くいろは13話「四十万家三代の恋と仕事の物語」(感想) 

iroha13005.jpg

緒花の決心が固まったお話でした。
今回の件で、緒花は仕事に恋に
より情熱的に生きていくのでしょうね。


1クールの節目をきちんとまとめた今回。
この話の中心に位置する四十万家の女性たちは
ある部分では違い、ある部分では同じである事を
証明した話だったお思います。

つまりこの話は四十万家三代の話なのです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/27 07:12 ] 花咲くいろは | TB(84) | CM(0)

雑記 面白い記事紹介とあらゐけいいち「日常」を読みました。 

個人的に気になった記事と、
マンガの「日常」についての感想を書きました。

 


注目の記事


劇場版『そらのおとしもの ~時計じかけの哀女神 -
エンジェロイド- ~』ネタバレあり感想
(アニプレッションより)

そらのおとしもの劇場版についての感想です。
映画は神聖でかつインパクトある体験ができるので、感想にも気合が入りますね。

あらゐけいいちさん「日常」の1・2巻を読みました



日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)
(2007/07/26)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る

読んで思ったのは、あらゐさんはギャグ・お笑いが好きだという事です。
この作品を成分分析するなら、美少女成分よりお笑い成分の方が強いですね。

あらゐさんは70年後半から今までのお笑いやギャグ漫画が好きで、
色んな影響を自分に取り込んで作品を作っている感じがしました。
特に1巻の部分では、山上たつひこ、田村信といった
ギャグマンガ家の影響を強く感じましたね。

原作を読んでわかるのが、アニメは原作とは違う時系列で話が進んでいることです。
マンガとは違う、アニメにあった構成を取っているという事でしょう。
だからあらゐさんがアニメで構成協力をしているのでしょう。

原作は面白かったです。
美少女が好きな人というより、純粋ギャグが好きな人向けですね。
お笑いが好きな人なら、作者のしたい事に共感しやすいのではないでしょうか。
 
という事で、ギャグ好きの人に「日常」はお勧めです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/26 19:33 ] アニプレッション | TB(0) | CM(0)

日常 13話「東雲なのの本当の『日常』が始まる」(感想) 

nitizyou13010.jpg

なのが念願の学校に行ける展開になった今回。
まさに1クールと2クールの転換となりました。

 
なのと相生達が学校で出会う期待を持たせる今回。
2クールはもっと盛り上がりそうです。ますます期待です!!
また、教頭ネタなど面白ネタもきちんとあります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/26 08:51 ] 日常 | TB(50) | CM(0)

DOG DAYS 13話(最終話) 「シンクは本当の勇者! その理由はミルヒとの信頼関係」(感想) 

dogdays13002.jpg

シンク想いが今の世界と
フロニャルドを結びつけました。


最初の出会い、今回の別れ。
そしてまた出会える可能性を提示した物語。
都築真紀さんは出会いと別れを描く作家さんなのでしょう。


ハッピーエンド全開な
DOGDAYSはひとまず完結!!
2期に期待しましょう!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/26 00:37 ] DOGDAYS | TB(75) | CM(4)

ジュエルペットサンシャイン 12話「魔法少女ジュエルクララでイェイッ!」(感想) 

面白い!!

ひとまず簡易感想から。

Aパート「どろだらけでイェイッ!」


jwel12-1000.jpg

花音をはじめ、ジュエルペット達がひたすら泥遊びに興じる話です。
最初から泥遊び=ウンコを連想させる描写がいっぱいです。
特に最初のどろの形はまんまうんこです。

少女もジュエルペットも可愛いキャラなのに
こんな汚れな仕事を自ら買って出ます。というかノリノリ過ぎです。

jwelsan12000.jpg

少女向けおもちゃの販売促進アニメなのにウンコネタ満載!!
ウンコ好きの私としては願ったり叶ったりですが、
こんな卑猥な内容が朝の9時半から放送されているのは貴重で幸せな体験です。

Bパート「恐怖の黒い魔法イェイッ!」


喋らなかった根本さんが自分の夢を叶える為にある計画を思いつく話です。
その夢とは「魔法少女のコスプレをする事」という事でみんなを困らせます。

そんな根本さんが大爆発・大暴走する話でした。
まぁ根本さん東北弁っぽい方言丸出しだったりする謎設定も個人的にツボでした。
そんな根本さんは見事に魔法少女になりました、という事で

「魔法少女クララ」が始まります。イェイ!

でも、ジュエルペット達が最後に「はじまらない」とツッコミを入れるあたり見事です。
今回「そふてにっ」の最終回も同じようなネタをやっていましたね。

またクララがもっていたステッキは「魔法の天使クリーミィーマミ」のステッキと瓜二つ。
また魔法少女になった時の髪色や黒を基調としたデザインは
「セイントオクトーバー」の黒ロリを彷彿とさせました。

他にもネットではお馴染み「何だって~!!」というMMRネタなどもあり
明らかに大きなお友達向けにつくられている作品だという事もわかりますね。
でも、ジュエルペットは子供達でも人気ですから、
ものすごいバランスの中でこの作品は作られていると思います。

まとめ


暴走に次ぐ暴走でしたね。とても面白かったです。
毎回、こんなテンションで乗り切る「ジュエルペットサンシャイン」は凄い!イェイッ!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

Aチャンネル12話「Anytime 最後までトオルが可愛かった」(感想) 

achan12005.jpg

二人(四人)はいつまでも仲良し。
それがAチャンネルです!!


トオルの可愛さにやられ続けて3か月。
幸せな時間に包まれながら、作品を楽しむ事ができました。

2期を期待しましょう。
まぁこのスタッフは「咲-saki-」の2期を控えているようなので
その次ぐらいになるかもしれません。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/25 08:29 ] Aチャンネル | TB(48) | CM(1)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。11話(最終話) 「めんま、見つけた」(感想) 

anohana11-4000.jpg

ついに超平和バスターズは
めんまを見つける事ができました。
本心を隠し、自分と向き合わなかった彼らが
ようやく前を向いた事でめんまが見える。

つまりめんまはみんなの時間を進めるためにやって来た。
そんなこの作品は、青春の蹉跌と悩みと克服を、
何より「涙」を描いた作品だったと思います。

 
「アニメにとって『涙』とは何か」を問題提起した作品でもありました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート) 12話「何だよコレ!まゆしぃぃぃ」(感想) 

syutage12010.jpg 

不安そうにみつめる、まゆしぃの目。
その先には何が見えているのでしょう。


いよいよ中盤以降の展開に突入した感じがあります。
この作品で起きた出来事は、オカリン達だけで留まらない
影響を見せ始めている印象も感じました。


それにしても宮野真守さんの演技が上手すぎる。
色んな声色や演技を駆使して作品を盛り上げていますね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/22 07:34 ] Steins;Gate | TB(83) | CM(1)

戦国乙女 12話「トクにゃんは御館様の妹になりました」(感想) 

senngokuotome12-4000.jpg

最高の盛り上がりを見せた戦国乙女。
全キャラ集合、必殺技の披露、
そしてラスボスのトクにゃんまで救済する。
これほど完璧なEDがあったでしょうか。


史上最高の歴史女体化アニメ作品の一つである事が
今回でも証明されましたね。
バトルがとにかく素晴らしかったです!!


戦国乙女を見続けて来て本当に良かった!!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/21 07:47 ] 戦国乙女 | TB(27) | CM(0)

花咲くいろは 11話「またねとじゃあな」(感想) 

hanairo12-2000.jpg

緒花の涙は、また違う彼女に
生まれ変わらせるでしょう。
思春期の恋の難かしさを感じさせる話でした。


今回は、人生には道がある事を示した内容だったと思います。
そして道とは、何かを選択する事なのでしょう。

緒花・皐月・女将といった3代の物語。
そして彼女達に関係する人々と喜翆荘の物語。
それが「花咲くいろは」なのでしょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/20 07:23 ] 花咲くいろは | TB(90) | CM(0)

日常 12話「安中VS射的屋のオヤジ」(感想) 

nitizyou12-2000.jpg

相変わらず、なのが可愛いです。
そしてTシャツの胸のマークが
たまーにみかけるモノである事もわかりました。
なのさんは本当に読書好きですね!


今回は安中さんと射的屋の親父の戦いが面白かったですね。
安中さんに立ちはだかるのは強敵ばかりです。
安中さんのツッコミも面白いです!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/19 09:20 ] 日常 | TB(40) | CM(0)

DOG DAYS 12話 「4つの条件、そしてユキカゼはロリババァだった」(感想) 

dogdays12002.jpg

ミルヒ王女様をこんなに
好きになれるとは思わなかった。
今期は可愛いキャラが多すぎます!!

今回からは物語をまとめる展開になってきました。
はてさて、シンクは本当に戻ってしまうのか?
一人の勇者がフロニャルドを訪れて始まった物語はどう完結するのでしょうか。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/19 06:24 ] DOGDAYS | TB(62) | CM(2)

6/18 21:00からの「アニ☆ブロらじお」に参加します 

6月18日の「アニブロ☆らじお」に参加します。
放送時間は21時からの予定です。

http://animebloger.blog112.fc2.com/

ラジオでは急逝された「川上とも子」さんと出演された作品について語る予定です。
私は、川上さんが出演された「少女革命ウテナ」「天使になるもん」を中心に語ります。
また「少女革命ウテナ」と川上さんが出演されている「鍵(key)作品」との接点についても
触れていく予定です。お時間ある方はぜひお聞きください。

私にとって「少女革命ウテナ」は一番大事な作品の一つであり、
また「天上ウテナ」を演じた川上さんの存在はとても大きなものでした。

aniburo-1000.jpg

うまく語れる自信がありませんが、よろしくお願いします。
 
いつか一緒に輝いて(少女革命ウテナ39話(最終回)のサブタイトル)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/19 00:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

ジュエルペットサンシャイン 11話「ようこそジュエリーナ様イェイッ!/委員長とオパールでイェイッ!」(感想) 

zuierupetto11-1003.jpg


水城花音ちゃんが可愛いのが魅力的。
「ジュエルペットサンシャイン」です。


何でもアリの展開と破壊的なギャグの数々。
サンリオのアニメは
「おねがいマイメロディ」以降本当に凄い!!
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

そふてにっ 11話「シリーズ終わり間際の水着回」(感想) 

sohuteni11-5000.jpg

今回は、合宿という名の水着回!!
秋山千歳さんの体のラインがエロ過ぎます!!
このムチムチラインがたまらない!!

作画監督さん・もしくは原画マンの渾身の作画という印象を受けました。

という事で、次回につづく感じで終わった今回
前半の水着部分がとにかく印象的でした。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/18 07:30 ] そふてにっ | TB(27) | CM(0)

Aチャンネル11話「トオルとるんちゃんの受験戦争」(感想) 

achan11000.jpg

携帯電話を通して映し出される
二人の姿が眩しいです。
写真という形で残される記憶、
二人の心の中にも記憶として刻まれるでしょう。


4人の他愛も無い日常を丹念に描いていくこの作品。
見ているだけで心が温まる作品です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/18 06:58 ] Aチャンネル | TB(47) | CM(0)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 10話「ゆきあつのクンカクンカ」(感想) 

anohana100-3002.jpg

じんたんとめんまの二人が寄り添う姿。
幸せそうに見える二人に残された時間は少ない。
だから儚く見えてしまいますね。


じんたんの母から出た「生まれ変わり(輪廻転生)」という言葉。
この作品のゴールを表すかのような言葉でした。
めんまは「あの花」に生まれ変わる=輪廻転生するのでしょうか。
そしてめんまと共にじんたん・ゆきあつ達も何かに生まれ変わるのでしょうか。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

Steins;Gate 11話「紅莉栖のブラチラ 紅莉栖・まゆりのお風呂シーンもあるよ」(感想) 

syutage11-3000.jpg

オカリンは大丈夫なのだろうか・・・
今回も迫真の展開!
緊張感を出す演出が上手い!!


今回は父親との関係に悩む助手を想って、
男気溢れる発言をしたオカリンがカッコ良かったですね。
一方で、後半のショッキングな展開。
オカリンは持ち上げられては、下がってしまう
ジェットコースターのような存在です。
 

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/15 07:46 ] Steins;Gate | TB(75) | CM(1)

戦国乙女 11話「トクにゃんの変身シーンがエロい!」(感想) 

senngokuotome11-3000.jpg

天下はトクにゃんのものになるのか、それとも…
急転直下、物語の全貌がいよいよ明かされ
壮大なクライマックスへと突入しそうです!!


もはやただの「歴史女体化」ではなく
綿密に練りこまれたプロットで作られた
「歴史女体化SF」である「戦国乙女」。
本当に本当に今季イチオシの作品です!!


ヒデヨシがどう物語に絡むのかに注目ですね。
果たして戦う力は身に着くのでしょうか!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/14 07:49 ] 戦国乙女 | TB(24) | CM(0)

花咲くいろは 11話「二人の岡田磨里さん~緒花と皐月」(感想) 

iroha11001.jpg

緒花の「仕事」「異性」「母親」という
自分の全てを形作るものと向き合う話でした。
またその中で緒花は「喜翆荘」に
救いを故郷を見出す話でもありました。


岡田磨里さんが脚本。監督の安藤さんが絵コンテを切っている事を考えると
とても重要なお話だったのではないでしょうか。
安藤さんは絵コンテだと、緒花の表情付けを面白く演出します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/13 07:07 ] 花咲くいろは | TB(102) | CM(0)

TIGER & BUNNY 11話「ひろしとオバマ」(感想) 

taigaere11001.jpg

悪い奴だなぁ~ひろし。
出所した途端、こんなにサイケになりました!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/12 20:34 ] TIGER & BUNNY | TB(29) | CM(1)

日常 11話「ニフラムで消えそうなやつ」(感想) 

 nitizyou11-1002.jpg

読書をしている「なの」に萌えた!!
ギャグが冴えてるなぁ、この作品。
と、だんだん思うようになって来ました。

 
私の中では博士・なの・阪本さんの中心とした話を
禁書目録にあやかって「科学サイド」と名付ける事にしました。
一方で相生・水上さん達は「学校サイド」とでも呼んだ方が良いのかも・・・

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/12 15:09 ] 日常 | TB(48) | CM(0)

DOG DAYS 11話 「ライブシーンはアイマスっぽい?」(感想) 

dogdays11-8001.jpg

本来のミルヒ王女とレオ閣下の関係に戻りました。
二人はいつも仲良しであってほしいです!!


ド派手な戦闘シーンと可愛いライブシーンが見所でした。
記事では、戦闘シーンとライブシーンを中心に書きました。

一方のシンクはエクレールとの急接近が描かれますね。
エクレも段々、その気になっているようですが、果たして結末は!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/12 08:13 ] DOGDAYS | TB(70) | CM(1)

アニ☆ブロらじお 第11回放送告知 

6/11(土)、今日の21:00からのアニ☆ブロらじおに参加させて頂きます。

詳細は以下のURLから。
http://animebloger.blog112.fc2.com/blog-entry-133.html

戦国乙女とDOGDAYSと日常について話す予定です。
良かったらお聞きください。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/11 08:50 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

Aチャンネル10話「トオル、るんちゃんに告白する」(感想) 

achan10001.jpg

4人はいつまでも仲良く楽しく
今回の雪遊びのように遊んでいくのでしょうね。
 
るんちゃん、雪なのにこんなに足を露出して大丈夫なのでしょうか…

このアニメの記事は
トオルをプッシュ!プッシュ!!プッシュ!!!して書きます。
デザイン的にも性格的にもド直球なキャラです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/11 07:29 ] Aチャンネル | TB(47) | CM(0)

そふてに 10話「そふてにっはガンダム00だ!」(感想) 

sohuteni10005.jpg

まさか「そふてにっ」で
ガンダム00が見られるとは…。
この作品は他作品のネタを
拝借した展開が面白いですね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/10 21:39 ] そふてにっ | TB(30) | CM(2)

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 9話「本作と『はちみつとクローバー』との類似性」(感想) 

anohana999004.jpg

EDのあなるの絵が最高に可愛いよ!!
今回も最高に可愛かったです!!


今回は「はちみつとクローバー」と本作品の類似点と
前回に引き続き「涙」の描写に注目しました。
いよいよ物語は佳境ですね。
超平和バスターズは現実や想い出をどう決着つけるのでしょうか?

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

川上とも子さんご逝去 

川上とも子さん、ご逝去。41歳でした。

「宇宙海賊ミトの大冒険」のミト
「Air」の神尾観鈴
「ちっちゃな雪使いシュガー」のシュガー
「機動戦艦ナデシコ」のアイちゃん

ぱっと思いついた川上さんが演じられた中で印象的だったキャラをあげてみました。
みなさん、それぞれ印象的に残っているキャラは違うでしょうが
私には何より「少女革命ウテナ」の天井ウテナでした。

kawaami000.jpg

「少女革命ウテナ1話」のウテナ全身での初登場シーン。

私がウテナの声を好きなのは、
作品上において、川上さんの成長とウテナの成長がシンクロしていたからでしょう。
川上さんが作品を通して成長したからこそ、ウテナはあれほどまでの作品になったと思います。

今はただ、ご冥福をお祈り申し上げます。
川上さんが亡くなられても、川上さんが演じたキャラが消える事も
その輝きが消える事も、聞く人を引きつける声も消える事はありません。
また次代の川上とも子さんに足る存在が現れる事を信じています。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/10 18:38 ] ニュース | TB(1) | CM(2)