FC2ブログ

[アニメ]ラブライブの感動の本質は時間の経過の積み重ね 

今回はアニメと時間のお話。

機動戦士ガンダムや太陽の牙ダグラム、新世紀GPXサイバーフォーミュラなどを手がけた
脚本家星山博之さんの著書「星山博之のアニメシナリオ教室」には

「アニメの感動の本質は時間の経過の積み重ね」
「映像の本質は物理的な時間の流れよりもはるかに短い時間で時の流れを人に感じさせる事」


という言葉があり、その通りだと納得しました。
アニメの感動は時間の経過/経過のさせ方によってもたらされるもの。
そんな星山さんの言葉がふとよぎったのはラブライブのアニメです。

星山博之のアニメシナリオ教室星山博之のアニメシナリオ教室
(2007/06)
星山 博之

商品詳細を見る



ラブライブのアニメについて語っている人からも指摘されている通り
ラブライブの時間感覚、スピード感、段取りを省略する展開など
目まぐるしいともいえる映像的疾走感を存分に堪能することができます。

まさに星山さんの言うところの
「映像の本質は物理的な時間の流れよりもはるかに短い時間で時の流れを人に感じさせる事」
に繋がってくるところでしょう。


特に8話では星山さんの言葉が生きてくる。

それはラストあたりの流れ。
生徒会長達がμ'sへの参加することを決意し、
その後、次のカットではオープンキャンパスでのμ'sの本番シーンに映り、
彼女たちが歌い・踊る中で、今までやってきた彼女達の特訓/努力が描かれる。

時間経過の順番とすれば、生徒会長達が参加→μ'sの特訓→オープンキャンパス、ですが
本編では、生徒会長達が参加→オープンキャンパス→μ'sの特訓と描かれます。

つまり時間の経過/順番に囚われず、映像を組み立て、感動を呼び起こしているのです。
一方で、本番シーンの前までの物語展開の時間経緯は順番通りにやっている。
だからこそ、最後で起こした時間の経過の順番に囚われない、映像の組み立て方が生きてくる。
こうした時間経過の圧縮/組み立て方で感動を呼び起こしているのがラブライブなのです。

これこそ星山さんの言う
「アニメの感動の本質は時間の経過の積み重ね」
の実践の一つであり、その応用といえるのではないでしょうか。


最後に星山博之さんはガンダムやダグラム、サイバーフォーミュラなど
多くのサンライズ作品を手がけてきました。
そしてラブライブの制作もサンライズです。

サンライズという制作会社には、
こうした時間の圧縮/時間の順番に囚われず見せていくノウハウ
もしくは無意識下で綿々と連なっている遺伝子があるのかもしれません。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/28 07:34 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

作り手の視線の注ぎ方から見たたまこまーけっと。 

たまこまーけっとの7話まで見て、
たまこまーけっとをけいおんと比較して思ったこと。

けいおんとたまこまーけっとの違いについて。
けいおんは、作り手がキャラクターの傍で観察しているような視線/画面で作られ
一方のたまこまーけっとは、作り手がたまこまーけっとという箱庭を作り
この作った箱庭の中を観察したような視線で作られている印象がある。

(※ここでいう作り手はあくまでアニメの制作者達に限定)

たまこのカラフルな部屋も、活気ある商店街も、銭湯も
まるで作り手によって巧妙に作られたよくできたジオラマの中で展開されているように思える。

逆にけいおんは、たまこまーけっとの各舞台のように
作り物感をあんまし出さずに、例えるならテレビドラマ的な空間で
キャラクターを見せていたようにも思える。


言い換えれば、けいおんは作り手がキャラクターに対等の視線を注ぎ
たまこまーけっとは、作り手が対等の視線をキャラに注いではいるが
元々自分達が一から作っているために、その視線が俯瞰的な印象を受ける。

けいおんが水平視線であるなら
たまこまーけっとは垂直視線(水平視線)が強いというか。

このけいおんとたまこまーけっとの違いは
原作有りアニメとオリジナルアニメの作られ方ともいえるし、
けいおんと違うコンセプトを狙っている製作/制作の表れかもしれない。

オリジナルアニメはやはりアニメの制作者が一からこしらえる為に
キャラ造形や設定・物語を作ってしまう側面が見え隠れする。
一方で、原作付きアニメは、まず原作という素材をどう咀嚼しアレンジするか。

こうした原作付きとオリジナルアニメの作られ方の差異が見られたのが
けいおんとたまこまーけっとを同じ棚において、自分なりに感じたことだった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/22 12:32 ] たまこまーけっと | TB(1) | CM(1)

物語を扱う上での「収斂する問題」と「拡散する問題」 

今回は、私の好きな物語の方向性の話。

E.H.シューマッハという経済学者の「スモール・イズ・ビューティフル」という著書の中で

  G・N・M・ティレルという人は、
  論理的に解決できる問題を「収斂する問題」
  論理的に詰めても解決できない問題を「拡散する問題」

と紹介し、今の現代社会は収斂する問題ばかり
解決できる問題ばかり先行して取り組んでいるとシューマッハは指摘している。


スモール イズ ビューティフル (講談社学術文庫)スモール イズ ビューティフル (講談社学術文庫)
(1986/04/07)
F・アーンスト・シューマッハー

商品詳細を見る


収斂する問題として挙げていたのは、科学技術等々。
拡散する問題として挙げていたのは、哲学etc。

私はこの考えが好きである。
どうしても全ての物事は解決できるものとしてみてしまいがちだが
実際には解決できない問題が世界には満ち溢れている。

その意味では物語も例えるなら拡散する問題を扱うような、
解決できない・答えを出せない題材/テーマを扱う作品が好きなのかもしれない。

むしろ解決できない問題に取り組むのが、
文学を中心とした物語の醍醐味なのではないだろうかとすら思う。


そんな上記で挙げた「収斂する問題」と「拡散する問題」を
例として「魔法少女まどか☆マギカ」に当てはめてみたい。


まどか☆マギカでは魔法少女というシステムの悲劇や欠陥を克服していく「収斂する問題」。
魔法少女を克服しても、魔獣という新たなシステムが起こったように
システムがある限り、新しいシステムが生まれる「拡散する問題」を描いた作品だと私は思う。

富野さんの作品でも、人の業や集団から生まれる悪癖などを含め、
「拡散する問題」を扱っていると私は思う。

ただ一方で、解決できる問題を扱う「収斂する問題」も
物事が解決できるだけに、解決するカタルシスが味わえる点はある。

その意味では、物語は解決できる「収斂する問題」と解決できない「拡散する問題」を
テーマレベルにおいてそれぞれ上手く扱うことが、
作品の魅力を引き出すポイントになるのかもしれないと思った。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/20 12:52 ] コラム | TB(0) | CM(3)

たまこまーけっと 5話はみどりともち蔵がたまこへの想いから衝突する展開を描く(感想) 

tamako5-2000.jpg

みどりさんは可愛いですなぁ。
特に横顔が最高に魅力的。

今回はたまこへの想いを強く抱きつつ、
恋敵であるもち蔵と衝突しながら
夏の楽しいひと時を過ごす展開でした。

水属性なたまこと火属性のもち蔵/みどり、
みたいな見方で今回は見てみました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/07 06:58 ] たまこまーけっと | TB(52) | CM(0)

リトルバスターズ 17話「誰かにそばにいて欲しかったんだ」(感想) 

ritobasu17001.jpg
ritobasu17002.jpg

最後のトラップで終わる最後がとっても良かったですね。
姉妹それぞれの境遇や状況を徹底的に語ることで、
二人の違いを明確にした上でのこの最後の展開。

三枝葉留佳も二木佳奈多も違うようでいて実は同じなのかもという
問題提起をしていたのがすごく面白かったです。

ただ実は二木佳奈多さんも裏では苦労していったっていうのが溜飲を下げていたと思います。
ビラを巻いていた件でも、仕掛け人に抗議していたし。
彼女も悪い人ではない、状況に翻弄されている可哀想な人。

来週以降、彼女たちがどういう物語を紡ぐのか期待です。

ritobasu17000.jpg

あと野球をすると、彼女のテンションが立ち直る意味で
リトバスにおいて野球というのは癒しの装置があるのでしょう。
 
リトバスの野球効果すごい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/03 22:54 ] リトルバスターズ! | TB(23) | CM(0)

まおゆう魔王勇者 5話 「魔王っていい匂いだな。勇者の腕の中はほっとする。」(感想) 

maoyuu5005.jpg

メイド(妹)が可愛いですね。
東山奈央さんの声が魅力的に聞こえます。

今回は久しぶりに勇者と魔王が久しぶりに再開。
お互いデレデレなのをニヤニヤしながら見るのが
この作品の楽しみ方ですね。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/03 21:36 ] まおゆう魔王勇者 | TB(23) | CM(0)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5話「夏川真那さんと秋篠姫香さんが初登場」(感想) 

oresyura5003.jpg


夏川さんの妹な、夏川真那さん。
前世で鋭太と付き合っていたと言う秋篠姫香さん。
前半と後半に新キャラが2人登場。

イベント重視な本作。
夏川さんに人工呼吸したり
千和の体を拭いたりと、
鋭太も色々忙しいようです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

琴浦さんは出会いが人を変えることを教えてくれる物語(4話感想) 

kotourasann4009.jpg

このアニメに出会えて良かった。
心の底からそう思える作品です。
人との出会いこそが、人を変えるのです!

シリアスとギャグの使い分けが絶妙。
緊張感を持続させながら進む物語は絶品です。
ゆるゆりの太田雅彦監督は伊達じゃない。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/02/03 08:21 ] 琴浦さん | TB(12) | CM(0)

ビビッドレッド・オペレーション 4話「四宮ひまわりの約束」(感想) 

bibiddo4003.jpg

黄色な四宮ひまわりさんのお話。
ぼっちっぽく見えた彼女を開いたのは
あかね達のまっすぐな心。

相変わらず隙あれば、お尻と股間を映したがる。
高村監督らしいです。

  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly