FC2ブログ

曖昧性と歴史性から読む「逆襲のシャア」と「ドラゴンボールGT」の結末 

久しぶりに「ドラゴンボールGT」の最終話を見ていたら、
「逆襲のシャア」と通じる部分があるような気がした。

それは曖昧な結末、解釈ができる結末という点である。

逆襲のシャアの結末は、サイコフレームの光に包まれたアクシズを押し返す。
ただその舞台にいたアムロとシャアが最後にどうなったのかは語られないし
なぜアクシズが地球から離れたのかも、解釈はできるが本編での説明はされていない。
極めて曖昧な結末ともいえる。

ドラゴンボールGTの最終話も悟空と一星龍の戦いが終わり
ドラゴンボール自体の役目は終わったまではわかりやすく描写される。
ただこれも、その後の悟空が神龍と共に旅立っていく描写の意味、
または最後にドラゴンボールが悟空の体内に入っていく描写についての説明はなく
悟空が死んだのか、それとも別の存在(概念?)になったかどうかは
きちんと語られていない。あくまで観る側の解釈に委ねられている。

※ただドラゴンボールでは悟空は何度も死んでいるので
 物語の結末として死以上の何かを用意しないと、
 終われない締まらないという面はあったと思う。

またどちらの作品でも奇跡を起こすものとして描かれる
サイコフレームとドラゴンボール(神龍)は似たような存在なのかもしれない。

何にしても両作品は結末を観る側に大きく委ねられている。


また両作品、いやむしろ両シリーズには歴史性という共通点がある。

まずガンダムシリーズには宇宙世紀という歴史がある。
ドラゴンボールシリーズにもアニメのGTも含めて、
何十年間の孫悟空史ともいえる歴史性があり、本編ではエイジという暦が使われている。

1stガンダムの始まりは宇宙世紀0079。逆シャアは0093。足掛け14年。
ドラゴンボールの始まりはエイジ749。GTの最後はエイジ790。足掛け41年。
※最後の孫悟空jrが出てくるところは890年だが。

両作・両シリーズともアムロ・シャア・悟空が
活躍する時代ごとで描かれる構造を持った作品であるといえる。

こうした物語上でも長く歴史性を持ち、
なおかつ実際の連載・放送期間が長く続いた人気シリーズの結末を
どうしたらよいのかという答えの中に、
主役たちの結末を曖昧にしたままシリーズの幕を引きたいという
作劇手法はあるのかもしれない。

それはどちらも高い人気を得たシリーズではあったがゆえに終わらせる事を第一とせず、
描写に曖昧性を有しつつ、観る側に解釈を委ねることで、
いつまでも観る側の心にあり続けたいと、
逆襲のシャアとドラゴンボールGTは願ったのではないのだろうか。
 
こうした歴史という事実(事実として扱われるもの)の中に曖昧性を入れることで
よりシリーズものの物語としての面白さが加わるのかもしれない。
それは曖昧であるがゆえに強度を保っているともいえる神話的構造なのかもしれない。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/25 20:06 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)

半沢直樹-最終回【感想】 

最後の半沢の出向オチ。

このオチの見方は二つあると思う。
一つは外で経験積めという頭取の采配なのか
もう一つはキレ過ぎる部下を手元に置きたくないのか、
その辺は見る側に委ねるとしていたのが面白かった。

後は香川照之の半沢への土下座が凄かった。
香川照之=大和田常務のプライドが徐々に氷解していくかのような
土下座はまさにクライマックスだった。

今後は続編なり、劇場版があるのかどうか。
半沢直樹の銀行への復讐はまだ始まったばかりだ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/22 22:38 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

「あの花」聖地巡礼レポート-TVドラマ的に受容されるアニメ 

はじめに

おとといの土曜日に同人誌仲間であるアニバタのたつざわさん(@tatsuzawa)と一緒に
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の舞台になった秩父へ聖地巡礼に行ってきた。
今回はこの秩父で体験したことをまとめたい。

秩父の盛り上がり、人の賑わい

まずたつざわさんと合流した西武秩父駅、秩父駅、そして駅周辺の商店・商店街を含めて
「あの花」で盛り上がっていこうという意気込みを強く感じられた。

商店街の街灯と各お店にはあの花のポスターが貼られ、
駅の物産館ではあの花のご当地商品がレジ近くの良い場所で陳列されていた。
また地元の酒造メーカーの武甲酒造では、あの花のキャラをラベリングしたお酒を販売。
お饅頭屋さんの店頭では「あの日食べた蒸しパンの味を僕たちはまだ知らない」
と書かれていたのも印象深かった。

この駅や商店街の積極的な取り組みに関して、たつざささんと話した結果、
秩父という街に観光のノウハウがあったのが大きいのではという結論になった。
元々あった観光地としてノウハウを上手く活かして西武秩父鉄道とも連携をとりつつ、
盛り上げている。そして実際に効果を上げているように思えた。


次に印象的だったのは、私達のような聖地巡礼者が多かったこと。
秩父中心を歩いていると私達と同じような目的の人が多い印象を受け、
特に秩父橋、定林寺には多くのファンが集まっていた。

秩父橋は橋の独特の工法や景観も相まって名所であり、
たつざわさんは熱心に様々な角度から橋や景観を撮影していた。

定林寺では、訪れた当日がめんまの誕生日という事で
めんまのコスプレをした女性がケーキを切っているイベントをやっていた。
また寺の長イスには、めんまの等身大の人形もあり、人形の隣に座った。
小さい普通のお寺だったが、30~40人ぐらいの人がいたので、かなりの賑わいを見せていた。

anohana999000.jpg

上の舞台になったトンネルも、私達以外にも何人か来ていた。
実際のトンネル内の壁面には落書きがスプレーで容赦なくされていて
「4649」や携帯電話の番号が書かれていた。

TVドラマ的に受容されるアニメ、そしてノイタミナ

好きなアニメ作品の舞台になった場所へ行くことは
もしかすると私が思っている以上に定着しているのかもしれないと感じられた。

アニメの聖地巡礼の動きは、おねがいシリーズそしてらき☆すた以降に活発化したのだろうが、
よくよく考えると、TVドラマ、特に大河ドラマと比較すれば、
作品の舞台を訪れる事は珍しいことではないと思った。

私も2009年の大河ドラマ「天地人」が放送された当時、
主人公:直江兼続ゆかりの山形県米沢市の上杉神社へ行ったことがあるが、
休日という事もあり、ものすごい人だかりだった。

作品によりけりだが、ファンが作品の舞台に訪れたい点を考えると、
アニメがよりTVドラマ的な形で受容されている。
もしくはTVドラマ的にアニメがより作られている作品がある印象を改めて受けた。

さらに「あの花」がノイタミナという、
TVアニメの月9的なポジションを狙ったであろう枠で作られた事を考えると
極めて物語的にもTVドラマ的だった「あの花」が
聖地巡礼と結びついてTVドラマ的に受容されるのは、一つの帰結としてありだと思った。

場所が先か、物語が先か

アニメ制作の観点からすると
アニメ本編で秩父橋やトンネルといった実際の場所が使われる際に
作品作りのどの段階で決まるのかが気になった。

まず大まかな話、もしくは脚本を決めてから、その物語の舞台を探したのか。
もしくは場所を決めてから、大まかな話、脚本を決めたのか。

場所によってケースバイケースだとは思うが、
面白い場所を見ると、物語のイメージも膨らむのではないだろうか。
この場所で、キャラクターにあんなことやこんなことをさせたい。
そういったイメージが膨らむのではないか。だから実際の場所をロケするのかもしれない。

その意味では、どんなジャンルであれ創作をする時に、
実際の場所をどうロケしていくかの勉強にもなった。

また実際の場所とアニメのシーンを比べると
雑然としている場所、トンネル内の落書きのように汚れている場所も多かった。

こうしたアニメにはいらないノイズを上手く取り払って美術背景をおこし
郷愁と現在の間を生きる超平和バスターズの物語に相応しい舞台に仕立てていたのがわかった。
アニメ制作は情報の取捨選択であるという事を思い知らされた。

まとめ

朝10時から夕方6時までの間におよそ50箇所を巡ったので疲れた。
ここまで本格的な聖地巡礼は初めてだったが、
視聴者がどうアニメを受け止めているか、
また秩父という場所を知る良い機会にもなったことも含めて良い体験になった。

201309161804000.jpg
 
今回の聖地巡礼の戦利品。
個人のおもちゃ屋さんにあった∀ガンダムのジャンボカードダスで引いたロランとソシエ。
チェーン店ではないおもちゃ屋さんはこうした掘り出し物があるので面白い。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/16 19:00 ] 聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

高橋良輔監督が背負う青と赤。そしてステラ女学院へ 

はじめに

富野由悠季監督と並び、ロボットアニメの雄である高橋良輔監督はを背負っている。

そんな事に気づかされたのは、「蒼き流星レイズナー」のBDBOX発売の
一環で企画されたOVA全3話無料配信を見ていた時。
そのOVA3話でレイズナーとザカールが最後に戦うシーンで気づかされた。

ryosuke005.jpgryosuke-2000.jpg

それぞれの機体、レイズナーは青を背負い、ザカールは赤を背負っている。
この青と赤を本作の監督である高橋良輔監督は強く意識しているのかもしれない。
そんな想いを私は抱いた。

今回の記事では、高橋良輔監督の青と赤の変遷について触れ、
引いては、高橋監督の青と赤を引き継ぐ作品を紹介したい。

高橋良輔監督の青と赤<レイズナー、ガリアン、ボトムズ>

まずレイズナーを青と赤とは何か。

繰り返しになるがレイズナーでは、

ryosuke006.jpgryosuke-1001.jpg

エイジ(レイズナー)がを背負い

ryosuke004.jpgryosuke-1000.jpg

ル・カイン(ザカール)がが背負う。

レイズナーの機体の色とエイジの髪の色は青い。
それに対してルカインの髪は赤く、ザカールがV-MAXを使用した時に
機体の周りに貼られるバリアは赤色である。

このように、エイジ=レイズナーとル・カイン=ザカールは
青と赤という対照的な色を使って、
お互いがライバルであるという事を強く印象づけている。


そして、この青と赤のイメージは、
レイズナーの前の作品である「機甲界ガリアン」でも見られる。

ryosuke002.jpgryosuke003.jpg

まず主人公のジョジョの搭乗するガリアンはい。

ryosuke001.jpg

対してジョジョのライバルのハイ・シャルタットは青髪だ。

つまりガリアンでは主人公側が赤で、ライバル側が青いイメージとなっていて、
レイズナーとは主人公・ライバルで背負う色のイメージが反転している。

さらにいえば、ジョジョの髪色が金、ガリアンの機体が赤色なのは
レイズナーのル・カインの髪色とザカールの機体の色と対照的である。

ryosuke000.jpg

さらにガリアンの前の作品「装甲騎兵ボトムズ」に遡ると
主人公であるキリコの髪の色はなので、青のイメージを背負っている。

このように高橋良輔監督の主人公の背負う色のイメージを時系列で並べると

ボトムズ=(髪の色)
ガリアン=(機体の色)
レイズナー=(髪の色+機体の色)

となる。 

高橋良輔監督は青と赤に拘りがあるのかもしれない。
それはボトムズの頃は、まだ青髪の主人公が少ない時代の中でも
あえてキリコの髪の色を青髪にしていることでもわかる。

他にも高橋良輔監督の仕事には「の騎士ベルゼルガ物語」と青の付く書籍もあれば
高橋良輔監督が主催していた創作集団の名前は
スタジオあかばんてん(ばんてん)でもあったりする。

そんな高橋良輔監督の青と赤について調べてみたら、以下の記事があった。

高橋良輔「たとえば、人間というのは、赤いものばかり見ていていきなり青いものを見せられると感動するわけです。つまり新鮮なんですね。もうひとつは、同じようにのものばかり見せられていると、他の色のものを見たいという欲求が起こってくる。それが白だったり黄色だったりするわけです。まあ、見る側というのはゼイタクなものですからね(笑)。それが視聴者の特権といえばそうなんですけれど。」
出典:ひびのたわごと「リアルロボットを語る高橋良輔」から
http://dargol.blog3.fc2.com/blog-entry-3552.html 

このインタビューは1983年6月の「ジ・アニメ」のものだが、
高橋良輔監督は、ボトムズを作っていたこの時期には
青と赤の色のイメージを強く抱き、それを作品作りに反映させていたのかもしれない。

青と赤を引き継ぐもの-ステラ女学院高等科C3部

高橋良輔監督は1983年から1985年までのボトムズ・ガリアン・レイズナーで
主人公とライバル側に青と赤のイメージを与えて作品を作ってきた事がわかる。

そんな青と赤を上手く使っているのが
今期放送されている「ステラ女学院高等科C3部」である。
特に9話では青と赤の演出を効果的に用いている。

以下の記事を見てみよう。

青から赤へ
青と赤は、このステラ女学院のテーマを象徴するものの一つ。この色の変化は非常に興味深い。
(中略)
赤をシンボルとして持つゆらが青を背負い、
青をシンボルとして持つそのらが赤を背負う。
この表現は両面性・あるいは多面性をもっているのだ。
(中略)
世界は、いろんな色が入り乱れて構成されている。
単純化して青と赤に絞ってすら、
それは互いに交錯するシンボルとなる。
出典:まっつねのアニメとか作画とか「ステラ女学院9話~エフェクトと色彩」より
http://d.hatena.ne.jp/mattune/20130830/1377875786

ステラ女学院の9話では以上のような演出をなされていたようだ。
特に注目したいのは、高橋良輔監督のボトムズ・ガリアン・レイズナーで原画を担当し、
メカアクションを極めた
アニメアールの吉田徹さんが絵コンテ・演出を手がけていること。

主人公に色を背負わせるという高橋良輔監督作品からの演出を引き継ぎつつも、
色が変化することでキャラクターに多面性を与えた点では、
吉田徹さんは色の演出にさらなる広がり/可能性を与えたのかもしれない。
 
まとめ

高橋良輔さんから吉田徹さんへ引き継がれる演出の色。
ボトムズからガリアン、ガリアンからレイズナー、レイズナーからステラ女学院高等科C3部へ
もしかしたら作品の系譜、人の系譜で青と赤が引き継がれているかもしれないと思うと、
胸が熱くなった。人に歴史あり。作品に歴史ありだ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/15 18:54 ] 高橋良輔 | TB(0) | CM(0)

熱量あるセリフ回しと演技-戦姫絶唱シンフォギアG10話 

戦姫絶唱シンフォギア10話。

展開も佳境に入り、盛り上がりを大いに感じさせる中、
今回は各キャラの台詞回しが良かった。

sinnfog10000.jpg

ドクター「愛ですよ」

sinnfog10001.jpg

ナスターシャ「なぜそこで愛?」

未来をシンフォギア装者になれたことについて語る二人。
愛という言葉の仰々しさと、
ドクターとナスターシャの顔のアップの仰々しさが見事にマッチング。
画面の見栄え的に濃い映像展開がハマっている。


sinnfog10002.jpg

響「死んでも未来を連れて帰ります。」
師匠「死ぬのは許さん。」
響「じゃぁ死んでも生きて帰ってきます。
それは絶対に絶対です。」



私は矛盾があるもしくは矛盾を抱える状態や感情が好きだ。
人が生きることは常に矛盾が潜んでいると思うからだ。
だから、この死んでも生きるという矛盾に満ちた響の台詞は好き。
とにかく未来を助けたい、響の想いがガツンと伝わる。


sinnfog10003.jpg
sinnfog10004.jpg

司令「勝算はあるのか?」
響「思いつきを数字で語れるものかよ。」

1期で司令が言っていた台詞を、ここで響が司令に返す。たじろぐ司令。
響の変化、そして司令からの影響を感じさせる言葉。
もっといえば、響の格が司令の域に近づいているという事の証明でもある場面。
二人のキャラクターの格のせめぎあいが見られるシーンも個人的には好き。


sinnfog10-1000.jpg

未来「離して」
響「嫌だ。離さない。もう二度と離さない。」

人も世界も繋がれる、そして繋がることを恐れないのがシンフォギア。
二人が再び繋がる瞬間。この瞬間がシンフォギア。今回のクライマックス。
 
まとめ

今回の台詞回しは金子彰史さんの手によるものだと思うが、
金子さんの言葉遣いは、個人的に心地いい。ハッタリが効いている。
またこうした台詞を実際に表現する声優さんの演技も素晴らしい、

特に悠木碧さんの絶叫気味の演技は心地いい。
叫び気味の挿入歌と相まって感情的に何度も揺さぶられる。

今後の展開が待ち遠しい。
これは毎回、引きが見事なのが大きい。
クリスがどう動くのか、マリアさんに活躍の場が訪れるのか。
響の身体はどうなってしまうのか。来週が楽しみ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/07 07:25 ] シンフォギアG | TB(8) | CM(0)

帰宅部活動記録8話のドラゴンクエストⅡネタについて 

帰宅部活動記録8話。

安藤夏希の後ろのホワイトボードにある小物が気になった。

kitakubu8000.jpg
kitakubu8001.jpg

この小物の元ネタは、ドラゴンクエストシリーズに登場する
勇者ロトの紋章を型どった「ロトの盾」がモデルだと思う。

ちょっと盾の形は違うが、
鳥型を型どった紋章みたいなものは酷似している。


(ロトの盾)

そして、なんでロトの盾なんだろうと思っていたが、Cパートでもしかしてと思った。

kitakubu8002.jpg

Cパートラストの月の形にも似た夏希のアホ毛。
もしかしてドラゴンクエストⅡのクリア必須アイテムの
「月のかけら」を見立てているのではないか。
違うかもしれないが、少なくとも私にはそう見えてしまった。

※ 月のかけらは満月の塔にあり、海底洞窟に入るために必要なアイテム。
  海の潮を操る効果がある。
 
そしてロトの盾もドラクエⅡが初登場だ。

妄想だが、実はドラクエⅡネタの布石として、
最初にロトの盾っぽいものを出して、
ラストのオチに月のかけらをつかったのではないだろうか。

こんな事を思っていたら、帰宅部活動記録のネタは細かいなぁと思ってしまった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/06 19:59 ] ニュース | TB(7) | CM(1)

2013年秋季開始の新作アニメのキャッチコピー紹介 

はじめに

2013年秋季開始(10月以降開始)の新作アニメのキャッチコピーの一覧をまとめてみた。

2013年夏季開始のアニメのキャッチコピーのまとめは→こちら
2013年春期開始のアニメのキャッチコピーのまとめは→こちら

概要

キャッチコピーは各作品の公式サイトからピックアップ。

2点注意。

※キャッチコピーの取り上げ方に、間違いがあるかも。
※公式サイトを見てもわからない作品は「-」と表記した。

2013年秋季開始アニメのキャッチコピーリスト

作品名
キャッチコピー
SuperSeisyunBrothers―超青春姉弟s―
DIABOLIK LOVERS(ディアボリックラヴァーズ)
最強銀河究極ゼロ バトルスピリッツ
早起き一番!変身!お宝(バトスピ)求め、宇宙を大冒険!
おしりかじり虫 第2シリーズ
2シリーズのテーマはズバリ“人情”です!
ミス・モノクローム
もっと前に出たい!”
ガイストクラッシャー
境界の彼方
普通の人間に見えますか?
凪のあすから
IS<インフィニット・ストラトス>2
ハイスピード学園バトルラブコメ、再起動(リピート)!!
フリージング ヴァイブレーション
ログ・ホライズン
ゲームの世界と現実が逆転
内気な青年の異世界変革アドベンチャー
はじめの一歩 Rising
てさぐれ!部活もの
少しずつ大人の階段を上っていく少女たちの等身大学園コメディ♪
ダイヤのA
ファイ・ブレイン~神のパズル 第3シリーズ
世界でいちばん強くなりたい!
史上最大の悶絶女子プロレスアニメ!
夜桜四重奏 ハナノウタ
人間と妖怪が共存する桜新町に続発する奇怪な事件に、4人の猛き美少女とクールな少年達が立ち向かう。
ぎんぎつね
人間と神使の心の交流と絆を描く、
ハートフル神社ファンタジー
ガンダムビルドファイターズ
弱虫ペダル
自転車に賭ける高校生たちの限界ギリギリの、熱い魂のレースが今スタートする!!
のんのんびより
もしかして……うち、田舎にすんでるのん?
蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―
ポケットモンスター XY(エックスワイ)
笑い!涙!お宝あり!?
様々なしまを巡る船旅に、いざ出発!!
マギ(第2期)
極上のエンターテイメント『マギ』。いま、その扉を開こう。
アウトブレイク・カンパニー
ガリレイドンナ
三つの月の物語
サムライフラメンコ
大人になりたくない、“大人たち”へ-
キルラキル KILL la KILL
着ル斬ル飢エル鬼ル-生キル
革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン
世界を曝く
東京レイヴンズ
東京の夜を羽ばたく闇鴉(レイヴンズ』たちの陰陽ファンタジー
声優戦隊ボイストーム7
モーションコミック初放送!
美声で敵をやっつける声優戦隊役に、超豪華声優をキャスティング!カラフルな美ボイスを組み合わせた“モーションコミック”を日本テレビで初放送します!
黒子のバスケ 第2期
ストライク・ザ・ブラッド
世界最強の吸血鬼を監視せよ!
ゴールデンタイム
私の描く人生のシナリオは完璧!
機巧少女(マシンドール)は傷つかない
MF文庫Jが放つ至極の学園バトルエンターテイメントが今、幕を開ける!
BLAZBLUE ALTER MEMORY
COPPELION コッペリオン
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
人生は選択の連続だっ!
WHITE ALBUM 2
冬が来る-嬉しくて切ない、永遠の一瞬が
リトルバスターズ!~Refrain~
リトルバスターズの本当の物語が、これから始まる‐
メガネブ!
メガネ×(かける)青春
ワルキューレロマンツェ
恋する少女騎士は奇跡をおこす-
京騒戯画
この物語は、ある一家を巡る愛と再生の物語である。
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
pupa(ピューパ)
これが究極の兄妹愛!!
 

まとめ

10月開始の秋季アニメはいつもながらの話ではあるが数が多い。
ちなみに2期目のアニメも合わせて、現状は45作品が放映開始。
さて、私はどのアニメを見るのであろうか。
 
キャッチコピー的に惹かれたのは「これが究極の兄妹愛!!」のpupa(ピューパ)。
さてどんな作品に仕上がるのか。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

山内・幾原派の美術背景術-君のいる町 8話と劇場版セーラームーンR 

君のいる町8話。相変わらず面白い。
個人的に好きだったシーンはこれ。

kiminoiru8000.jpg

かつての彼氏彼女が合コンで再会し、
その後二人きりになったシーンでの
「LOVE」という文字のオブジェがある公園。
二人に対しての皮肉なのか、直球なのか、
よくわからないが、ものすごくインパクトがある。

kiminoiru8-1000.jpgkiminoiru8-1001.jpg

しかもこの「LOVE」オブジェを中心に色んな角度で見せることで二人の物語を紡いでいく。
この後二人は再開の可能性を孕みつつも別れ、この場を立ち去る。
これは「LOVE]というオブジェから離れたことを意味し
同時に二人にある「愛」が一端は離れたともいえるのかもしれない。

こうした過剰にインパクトある背景を用いるのが山内重保監督作品らしい。


そして山内さんが監督した「劇場版まじかる☆タルるートくん」で
助監督として山内さんの下で仕事をした幾原邦彦さんも、
こうした山内さんの影響を受けているのではないだろうか。
次のキャプを見てほしい。

kiminoiru8001.jpg
(劇場版セーラームーンR劇場版 監督:幾原邦彦)

一目瞭然。タキシード仮面様の後ろにあるタキシードの男たちの背景。
右下の紳士服ヒグチというのが良い味を出している。
(※これはたぶん幾原さんのポーカーフェイス的ギャグだとは思うのだが)

私は、上の「LOVE」のオブジェのシーンを見た際に
セーラームーン劇場版のこの場面を思い出した。

山内さんも幾原さんも、過剰な背景で語るという引き出しを見せてくる。
こういう演出は好きで、思わず喜んでしまう。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/09/01 10:59 ] 君のいる町 | TB(0) | CM(1)