FC2ブログ

夢と狂気の王国-始まりの東映動画、終着点のスタジオジブリ 

はじめに

「夢と狂気の王国」を見た。



「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」製作時のスタジオジブリと
とりわけ宮崎駿・鈴木敏夫・高畑勲の3人に焦点を当てたドキュメンタリー映画である。
今回はこのドキュメンタリー映画について語りたいと思う。

宮崎駿・鈴木敏夫・高畑勲

ジブリのドキュメンタリーは前にもあったが、
今回は砂田麻美監督自身による女性の視点からの撮影が
今までのジブリのドキュメンタリーとは違っていて新鮮だった。
特に制作の三吉さんなど女性スタッフにも多くインタビューを行い
女性視点のジブリという描かれ方をされていたのが興味深かった。

砂田監督の視点は「風立ちぬ」等の作品に迫るドキュメントというより
スタジオジブリという会社組織に生きる人々の日常を追っかけていくという感じだ。
そんなスタッフ達を自然な感じに撮影している点に
このドキュメンタリー映画の上手さだと感じた。
砂田さんの撮り方、撮る前の段取りが上手いのだろう。

宮崎さんも、撮影されている砂田さんが女性の映画監督という事もあり
撮影中も敬意を持って受け答えしている印象を持った。
前のドキュメンタリー「崖の上のポニョはこうして生まれた」では
宮崎さんが、時たま撮影者に説教的な感じで語っていた点とは対照的だった。

それにしても宮崎さんはその存在自体が面白い。
何にしても強烈な人であることは、伝わってくる。

そしてジブリの番頭である鈴木敏夫さんは、精力的に人と会い、打ち合わせをする。
また宮崎さんがジブリを出て仕事をする場合は必ず傍に寄り添う。まさに女房。
個人的には、庵野さんを助手席に乗せて自分で運転しているシーンと、
ラストあたりの風立ちぬのコンテを読む姿が印象的。

高畑勲さんは殆ど姿を現さないが、やはりジブリの根っこは彼にある事を再認識。
高畑さんがいたからこそ、今の宮崎さんがあって、
その二人と出会った鈴木さんが揃ってジブリになったと思う。

一方で「かぐや姫の物語」を全く完成させようとしない高畑さんに対し
30年の付き合い鈴木さんでさえ「理解不能」と言わせてしまう業の深さ。
高畑さんは映画を完成させる事以上に、映画をいつまでも作り続けたいと
思わせる鈴木さんのボヤキだった。

そんな中で、高畑さんと足掛け8年間寄り添い
「かぐや姫の物語」を作り上げた西村義明プロデューサーの存在が頼もしかった。
おそらくジブリで一番難しい仕事は「高畑勲に仕事をさせて映画を完成させる事」
であろうし、それは今の鈴木さんでもできない事でもあるが、
この高畑勲の映画を完成させる事を実現した西村さんなら
今後のジブリの未来を任せられると感じた。
※鈴木さんは現場のプロデュースを西村さんに任せたようだ。

夢と狂気の王国

ドキュメンタリー中で宮崎さんは「風立ちぬ」で映画を作ることは最後だと言っていた。
それは夢の終わりでもあると言う。東映動画に入社しジブリに席を置いてから50年。
夢の終わりとは戦後の日本アニメの出発点の一つである東映動画出身の
宮崎さんと高畑さんによる長編漫画映画制作のイズムの終わりでもあるのだと思う。

そんな長編漫画映画は狂気によって作られる。
その狂気は表面的に激しいものではなく、
机に向かってコンテを切り、原画を描き、カットを修正するという
アニメーション制作の淡々とした積み重ねによるものから生まれる狂気。

このスタジオジブリという王国は、創業者たちの夢が終わりつつも
一方で西村さん達が映画製作という夢と狂気を引き継ぐ。
そんな瞬間を見せてくれたドキュメンタリーだったと思う。

終わりに

後半に宮崎さん、鈴木さん、高畑さんのスリーショットがあり、
この3人が残した足跡とアニメ界における貢献度の大きさを感じさせた。

そして戦後の商業アニメーション界のパイオニア達が一線を退く形を迎える姿を見て
2010年代は今まで以上に新しい世代がアニメ界を引き継いでいく事も感じさせた。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/23 20:27 ] アニメ映画 | TB(0) | CM(0)

視聴者参加型アニメとしての「ラブライブ」の魅力‐現実と虚構の関係性において 

はじめに

昨日「ラブライブ」好きの方々と話をしていて、その中でライブ映像を紹介された。
私はこのライブ映像を見て「ラブライブ」のアニメの人気・強さの理由の一端がわかった。
それは「ラブライブ」が参加型のアニメ(コンテンツ)である事だ。
今回の記事ではこの事について書きたいと思う。

アニメを見る楽しみ・アニメに参加する楽しみ

紹介されたのは「ラブライブ」2期9話でも歌われた「Snow halation」のライブ映像。



声優さん達の後ろにあるモニターではこのライブのアニメPVが流され、
アニメのキャラクターとしてのμ'sとアイドルとしてのμ'sの振付が見事にシンクロしていた。

私はこの映像を見て、アニプレッションという同人誌で
「アニメには見る楽しみ、語る楽しみ、参加する楽しみがある」と書いたことを思い出し、
μ'sのライブは「アニメに参加する楽しみ」の一つの形態であると思った。

声優アイドルとしてのμ'sという現実。
アニメキャラクターとしてのμ'sという虚構。
この現実と虚構のμ'sが声(声優)という共通点を媒介に入り混じる事で、
ライブの参加者は「ラブライブ」に対してより強くシンクロしていく。

2月9日の公演で歌われ、そして2期9話で「Snow halation」が流れる。
このライブの参加者にとって、2期9話は格別の回になったと
ラブライブ好きな方々はお話されていた。

ライブによってアニメをより楽しめるという点で、
「ラブライブ」のライブは「アニメに参加する楽しみ」を体現していたと思う。
私はアニメ本編を視聴するだけがアニメを楽しみ方ではないと思っていたが、
アニメに参加する楽しむ点が、ここまで上手く昇華されている事に驚いた。


私はこのライブ映像を見て、現実と虚構が入り混じる点を感じたことにおいて、
漫画「あしたのジョー」における力石徹の葬式を思い出した。
ただ力石の葬式は、漫画の展開によって生まれた、虚構の現実化であるのに対し
μ'sのライブは、アニメキャラクターのμ'sと声優アイドルのμ'sが一緒に歌い・踊る
相互関係で成り立つ点で、現実の虚構化であり虚構の現実化でもある。
この相互関係をアイドルとアニメで結んだ点が見事だった。

まとめ

「ラブライブ」は現実でもあり虚構でもある。

このライブ(現実)とアニメ(虚構)がシームレスに繋がる点が
「ラブライブ」というアニメ・コンテンツの最大の強みだとこのライブ映像で知った。
そして「ラブライブ」が成り立つのも、アニメ本編を視聴し、
ライブに参加する参加者の存在があればこそだと思う。
それはアイドルは参加者がいなければ成立しない存在だからである。

電撃G'sマガジンの読者参加型企画という要素も、
参加型としての側面を支えていると思う。
 
いよいよ佳境に入った「ラブライブ」。卒業と終わりを描く今後から目が離せない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/22 08:02 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

全プリキュアシリーズの作画監督と参加回数(TOP5)を調べてみた 

はじめに

10周年を迎え、押しも押されぬ人気シリーズとなったプリキュア。
このプリキュアシリーズに参加した作画監督さん達は誰なのか。
また各シリーズで何回参加され、シリーズ通算で何回参加されたのか。
気になったので調べてみた。

※集計作品はTV放映された作品(ふたりはプリキュア~ドキドキプリキュアまで)
※ハピネスチャージプリキュアは今回はカウントせず
※連名の回でもそれぞれカウント

プリキュアシリーズの作画監督の参加回数集計表

まずは集計表から紹介。※集計表は敬称略
puri000.jpg


次に各シリーズの集計表
puri_1.png
puri2.png

参加回数トップ5

1位 河野宏之さん 62回
全シリーズ皆勤賞。毎シリーズ6回以上参加。
プリキュアシリーズ以前からニチアサアニメを支え続けるベテラン作画監督。

2位 生田目康裕さん(トータルで52回)
結論から言えば、生田目康裕さん=奥山美佳さん=永瀬平五郎さん=宇津野勇樹さん。
生天目さん(22回)+奥山さん(28回)+永瀬さん(1回)+宇津野さん(1回)を合わせ52回。
ペンネームでの参加も含めればシリーズ皆勤賞。

3位 青山充さん 48回
全シリーズ皆勤賞。そして一人原画回が多数であることを踏まえると、
回数以上の重みがあるのかもしれない。
青山さんもまた、ニチアサアニメを支え続ける大ベテラン。

4位 飯島秀一さん 35回
ふたりはプリキュアからフレッシュプリキュアまで皆勤。
初期プリキュアシリーズの主力。河野さんとほぼ同じペースで作画監督で参加。

5位 川村敏江さん 32回
Yes!プリキュアとスマイルプリキュアのキャラクターデザイナー。
キャッチーで可愛い絵柄が持ち味。作画監督での参加回数も4位。

5位 高橋任治さん 32回
飯島さんと同じくふたりはプリキュアからフレッシュプリキュアまで皆勤。
 
感想

・主力の作画監督は1シリーズに5回~7回参加
・フレッシュプリキュアまでは、河野さん、青山さん、飯島さん、
川村さん、高橋さん、生天目さん(奥山さん)といった
初期メンバーを中心にして回していたが、ハートキャッチプリキュア以降は
作画監督の参加者がフレキシブルになっていった印象。
・河野さんの安定した参加ぶりと一人原画青山充さんの参加が抜けている印象。

まとめ

10年シリーズを続ければ、様々な方が参加されているのことがわかる。
一概にクレジットが全てではないが、シリーズを通して調べていったことで、
個人的には作画監督の変遷など様々な発見があった。

ハピネスチャージプリキュアが終わったら再集計してみたい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/16 20:52 ] 調査 | TB(0) | CM(0)

やっとわかった、アニメ「魔法科高校の劣等生」の見所 

さすがお兄様ですわ

「魔法科高校の劣等生」の物語的な見所・ありようがわかった気がする。

映像面では石田可奈さんのキャラクターデザインや
作画修正などが見所だとは思っていたが、物語の面も何とか掴めてきた。

それは、多くの方がネット等で指摘されているように、
主人公の司波達也(お兄様)の凄さを見ていく・感じる作品のようだ。

例えば今回11話でも以下のキャプのシーンが示すように

mahouka11001.jpg

mahouka11000.jpg

大人達:軍の要職の人と、学生のお兄様は旧知の仲であり
どうやらお兄様は軍の人から戦略級魔法師と位置づけられ、
大人達から一目置かれているのが会話の中でわかる。
戦略級ってことはとびきり強いのだろう。

親が働く会社「FLT」で「御曹司」と言われ、仕事ぶりも含めて慕われ、
軍の人からも一目置かれ、学校でも良いポジションを得ている。

ミスリードを引き起こさせるタイトル

原作の小説を読んでいないので、アニメを見る前は
タイトル名から作品のコンセプトを掴もうとしていた。



上記のツイートのように、私は思っていた。
特に「劣等生」という言葉に引っかかってしまい、お兄様は能力的欠陥があり
この欠陥を知性や身体能力でカバーし、才能を発揮する作品かなと思っていた。

ただ本編を見る限り、お兄様は魔法科高校に入学基準で劣等生になってしまっただけで
実際は今のところ敵無し、無敵といえるほど強い。
魔法での戦い、武術での戦い、頭の良さetc、全てが敵無しといえるスペック。
一族も名門であるようで(ただ執事からは人扱いされていない)
軍関係やFLTからの敬意を払われ方を見ても、全く劣等生ではない。
むしろ超優等生(戦略級と言われるぐらい)。

タイトル名で連想したが、作品の方向性と違う読みをしてしまい、
この読み違いが、作品の大枠を掴むのに時間的な手間を取ってしまった。

この作品は純粋に作品内でお兄様が見せる凄さを受け止めればいいと思う。
例えば「蒼天航路」の曹操のように、あるいは「沈黙の艦隊」の海江田のように。
「さすがお兄様ですわ」と妹から言われる行動を取る作品なのだと。

まとめ

あとこの作品の見所といえば、

mahouka11-1000.jpg

妹の深雪の笑顔だろう。
時には怖い深雪の兄への想いがどう表現されていくかも今後の見所だろう。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/15 09:41 ] 魔法科高校の劣等生 | TB(22) | CM(3)

京都アニメーション制作アニメのキャッチコピーを調べてみた 

京都アニメーションの制作のアニメ作品のキャッチコピーが気になったので調べてみた。

※調べてもわからなかった作品は空欄にしています。



TVアニメ(元請制作)

フルメタル・パニック? ふもっふ

AIR「夏はどこまでも続いていく。青く広がる大気の下で。彼女が待つ、大気の下で。」

フルメタル・パニック! The Second Raid

涼宮ハルヒの憂鬱「あたしは、止まらない。」

kanon「深い雪に覆われた街で語られる、小さな奇跡の物語――」

らき☆すた

CLANNAD「ありふれた学園生活から始まる、人と町の物語。」

CLANNAD 〜AFTER STORY〜 「世界の終わりは、悲しい色に満ちていた」

空を見上げる少女の瞳に映る世界「京都アニメーションが贈る初のオリジナル作品がTVに登場!!」

けいおん!「ゆるやか部活ライフはじめました」

けいおん!!「出番だよ、ギー太!」

日常「話題のポストモダンギャグついにアニメ化!制作は京都アニメーション!」

氷菓「『わたし、気になります。』奉太郎の安穏とした灰色の高校生活が、
この一言で一変してしまった。」

中二病でも恋がしたい!「恥けろ青春!」

たまこまーけっと「おもち、つきたて」

Free!「400m先の未来へ」

境界の彼方「先輩は、どこにも行ったりしませんよね」

中二病でも恋がしたい!戀「小鳥遊六花、再起動!」

Free!-Eternal Summer-「その夏は、きっと永遠になる。」

甘城ブリリアントパーク「甘ブリへようこそ」



劇場アニメ

天上人とアクト人最後の戦い「わたし・・・みんなの未来を守る!」

涼宮ハルヒの消失「なぜなら俺は、SOS団の団員その一だからだ」
           「わたしはあなたに会ったことがある」

映画けいおん!「私たちはいつまでも放課後です」

小鳥遊六花・改 〜劇場版 中二病でも恋がしたい!〜「9月14日闇の力、解放」

たまこラブストーリー「近くて、遠いふたりの恋」「たまこ、むけました」



Webアニメ

涼宮ハルヒちゃんの憂鬱「出来たら配信! 気が向いたら更新!」

にょろーん ちゅるやさん「出来たら配信! 気が向いたら更新!」

中二病でも恋がしたい! Lite
 


OVA

MUNTO「みんなの未来を守りたい」

MUNTO 時の壁を越えて「その大切な思いが再び世界を救う!」

フルメタル・パニック! The Second Raid 特別版OVA わりとヒマな戦隊長の一日

らき☆すた OVA

日常 『日常の0話』

氷菓 第11.5話

しあわせってなあに



まとめ

・リアルタイムで調べないと、調べるのが大変
・フルメタ、らき☆すたのコピーを知っている方は教えてください
・OVAのフルメタ、日常、氷菓、しあわせってなあには、キャッチコピーが無いような気がする
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/14 20:45 ] 調査 | TB(0) | CM(0)

アニメを鑑賞して何が見えているのか、聴こえているのか 

最近、ある方とアニメの音楽について話をしたのだが
ある方は「真剣にアニメを見ると、音が入ってこない」みたいな言い方をしていた。
この意見には、結構驚かされた。

それは、私は逆にアニメで自分好みの曲がかかると、
心が動かされ、目が潤んでくるタイプだからだ。
例えば私は「逆襲のシャア」や「ガンダム00」の音楽に弱い。

この話を聞いた時に、人の見方は様々だとはいつも感じていたが、
人の音の聴き方もそれぞれ違うことを実感した。

アニメの見方については、例えば作画崩壊の話題が浮上した時のネットの意見。
またはアクションに興味がある人とない人ををそれぞれ知っていたりするので
見方が人によって違うという実感はあった。

ただ聴こえ方も、よくよく振り返れば、私自身よく聞き間違えたりすることも多く
それは聴き方が人と違う(悪い聴き方をしている)という言い方もできるだろう。

アニメを鑑賞しながら、見えているもの、聴こえているものが各自違う。
私に見えていないものが、他の方には見えている。
私に聴こえていないものが、他の方が聴こえている。

同じアニメでも、例えば劇場アニメを映画館で鑑賞するのと
レンタルビデオやBDで家庭の再生機器で見るのでは印象は違う。
また家庭の再生機器を使うにしても、音響面をどう充実させているかでも、
特に聴こえ方から生まれる感じ方は違うのではないかと思った。

そしてよくよく考えてみると、
結局私たちが見ているのは、客観的に何かを見ている聴いているというよりも
自分の好きな部分を見ている、聴いているのではないかと思った。
だから見え方も聴こえ方も違う。

見え方・聴こえ方が違えば、意見も違ってくる。
アニメに限らずなのだろうが、人とアニメについて語るときは、
話す相手にはどうアニメが見え、聴こえているかを読みながら語り合い、
お互いの線引きができれば、有意義な話ができるのかもしれないと思った。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/04 22:21 ] コラム | TB(0) | CM(0)

富野由悠季と小田原と東京-富野アニメにおける故郷探しの物語の観点から 

はじめに

富野由悠季監督の「Gのレコンギスタ」が今年度中に発表される。
富野監督は「Gレコ」でどんな物語を描くのか。

そんな富野作品にはある物語作りの傾向がある。
それは、ある場所から故郷・祖先の地へ、元の所へ戻ろうとする物語を描く点だ。

先祖返りの物語

特に近年の作品では故郷、祖先の地へ戻る物語の傾向が強い。

「∀ガンダム」では月から地球へ帰還するディアナ。
「キングゲイナー」ではウルグスクから故郷の地ヤーパンへエクソダスする人々。
「リーンの翼」ではバイストンウェルから日本へ戻ろうとするサコミズ王。

一方で「Vガンダム」のように故郷カサレリアを出発し、
最後には再びカサレリアに戻る作品もある。

これらの作品で共通するのは、移動する物語であり、
ある場所からある場所へ向かう物語であるということだ。

富野監督自身も、故郷へ戻りたい物語を描いてしまう事を自覚しているようだ。
それは富野監督が「キングゲイナー」が始まる前に放映局のWOWOWで放映された
「富野由悠季最新作『キングゲイナー』が出来るまで」に出演した時に
以下のように語っているからだ。


水本早苗(番組司会)「あのちょっと思ったんですけど、前作ターンエーでは月の住人が故郷を求めて地球にやって来たい。そしてこのキングゲイナーでは、やっぱり先祖が代々住んでいた土地っていうのを求めて、そのあの要するに原因はね、いろいろあると思うんですけど、先祖の住んでいる所を内心ちょっと行ってみたいな、っていうこの移動のなんていうんですかね魅力、ああいうことに取り憑かれた人々っていうので、ちょっとまぁ共通するテーマっていうのがあると思うのですけど。」

富野「あのー、実を言うとその部分は、その原作の立場に立った時に似たようなモチーフでやだなと思いました。えーだからといってそれやっぱりその無理に違うテーマを見つけて作るのも、えーと無駄なことなんじゃないかっていうふうに思ってます。それはどういうことかと言うと、今の時代は本当に皆さんもご存知のようにかなり不安定な時代になってきている。その原因を考えた時に、あの今も仰られたような、その先祖返りしたい部分や自分が元々持っている何かみたいなのを知りたいとか、それとは逆にそうじゃなくて絶対にもう現状維持のまんま、っていうそういう人達の、何ていうのかな気分ワサワサワサって出てきて、一つのものに統合されない時代が来ているのが、それこそ21世紀だと思うんです。こう言った時に、こういうようなモチーフから作られる物語っていうのは、ひょっとしたら時代性を持ったものなので、必ずしもその、うーん僕は物語の発想が狭いからこうなんだとも思えない部分があるっていうのがありまして、うーん地球でのつまり逃亡劇みたいなものをやってみたいなっていう風に考えました」

※出典 WOWOW:富野由悠季最新作「キングゲイナー」が出来るまで

こうしたある場所から故郷へ戻りたいというモチーフだけでなく、
ある場所からある場所へ移動する・転々する、
水本さんがいう移動の魅力を描いた物語は、
「海のトリトン」「無敵超人ザンボット3」「機動戦士ガンダム」でも描かれてきた。
特に「機動戦士ガンダム」は、「僕には帰れる場所があるんだ」というアムロのセリフが
象徴的ではあるが、最後に帰る場所を見つける物語であったことでもわかる。

なぜ富野監督は、この帰る場所の物語、先祖の土地返りの物語を描くのだろうか。

富野監督における出身地小田原と東京

富野監督の出身は神奈川県小田原市である。
元々両親は東京に住んでいたようで、小田原に住んでいたのも親の仕事の関係。
しかし少年富野は、親が小田原に寄留しているような態度で生活しており、
つまり小田原に根ざして生活していなかったので、
小田原を故郷であると感じることができなかったようだ。
この事は「だから僕は」でも語られている。

地つきの人間。
小田原の僕の育った周辺で言われる言葉である。差別語に近い。
他所者がなかなかなれることできない……それは、地方にいけばどこでも同じといえるのかもしれないのだが、僕の家族は余所者であったから、地つきの人に違和感がなかったとはいえない。だから、僕は小田原を捨てられると考えたのだ。

※出典「だから僕は」著:富野由悠季

こうした少年時代の経験が、故郷を感じられない富野喜幸(由悠季)を醸成し、
故郷に戻りたい、先祖の地へたどり着きたいという、物語を生み出す下地になったと思う。
それは、富野監督が出身地であるが故郷として思い入れられない小田原と、
両親が出身地、故郷だと思う東京という二つの場所に引き裂かれたともいえる。
だから、ある場所(小田原)からある場所(東京)へという物語作りに
監督の作劇が自然に流れていったのかもしれない。

もちろん、このことだけが全てではい。その後の富野監督のキャリアを見ると、
まず虫プロへ就職し、鉄腕アトムの演出を手がけた後に退社。
そしてCM会社へ就職し、専門学校の講師をやりつつ、再びアニメ業界へ復帰。
復帰後は、様々な作品で圧倒的なスピードで絵コンテを切る
「コンテ千本切りの富野」としてサンライズに拠点を置くまでは各会社を渡り歩いた。

ガンダム以前は、流浪性が高いキャリアであったことがわかる。
この転々としたキャリアもあって、人が移動する事は富野監督にとっては
当たり前のものとして、物語を作ってきたのではないだろうか。

まとめ

富野監督が韓国で

「物語を創作する秘訣?簡単です。地球と月の間の距離さえ感じれればいい。」

参考:TOMINOSUKI / 富野愛好病 富川映画祭 富野由悠季監督関連ニュース紹介 その2

と語っているが、この月と地球というのは、私には小田原と東京のことであるようにも思える。
つまり小田原と東京の距離を感じるのが、富野監督の作劇なのかもしれない。

こうした小田原での少年時代から高校生までの体験と
アニメ制作の様々な会社で仕事をしたキャリアが
先祖の地へ帰る故郷探し、移動の魅力の物語という
富野監督の物語の作劇を決めてきたのではないかと思われる。

何にしてもここ数作の、2000年代の富野作品は故郷へ帰ることが主題だった。
さて2010年代の「Gのレコンギスタ」はこの故郷へ帰るテーマをどう継承するか
もしくは移動の魅力の物語をどう描いていくのか期待して見ていきたい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/06/01 15:03 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(0)