FC2ブログ

近藤喜文展レポート 

「新潟が生んだジブリの動画家-近藤喜文展」に行ってきた。

1998年に47歳の若さで亡くなったアニメーターの近藤喜文さん。
新潟県立万代美術館で新潟県五泉市出身の近藤さんが描かれた
原画・キャラクターデザイン表・イメージボードなどが展示された内容。

他にもリトル・ニモのパイロットフィルムの上映や、
「紅の豚」や「平成狸合戦ぽんぽこ」の近藤さんの原画の複製を
パラパラめくれるコーナーもあり充実しすぎる展示物の数々。
展示物を全てを見終えるのに2時間かかった。

3連休の2日目、天気も快晴とあって盛況。
家族連れから年配の方まで多くの方が来場されていた。

konndoyosi.jpgkonndoyosi1000.jpg
※画像左:近藤喜文の仕事 画像右:近藤さんの線画の塗り絵

物販コーナーも充実。入手困難だった「近藤喜文さんの仕事」はこの企画の為に再販。
他にもジブリ作品の複製レイアウトやレイアウトが描かれたポストカードやクリアファイル
が多数販売されていた。キャラクターグッズやジブリ関連の書籍も充実。


さて「近藤喜文展」の感想について。
まずアニメーター・絵描きとしての近藤喜文さんの仕事を存分に堪能できた。
驚いたのが「名探偵ホームズ」「リトル・ニモ」「火垂るの墓」などで
たくさんのイメージボードを描いていたことだ。

私の情報不足だが、近藤さんがこんなにイメージボードを描く方だとは知らなかった。
それだけ作品の根幹に関わって仕事をしてきたのがわかる。
そして同じ作品のイメージボードでもデフォルメの効いた絵のものと
リアルなデッサン重視で描かれたものの2種類で描かれるものもあり。
作品の可能性を様々な角度で探っていたのがわかる。(例えば「火垂るの墓」)
また淡い水彩で描かれたイメージボードの数々が魅力的だった。


次に近藤さんが参加しながらも、世に出ることはなかった企画の為に描いた
キャラクターのスケッチやポスターが展示されていたが、
近藤さんは作品を立ち上げるのが好きなのだろう。
展示でも書かれていたが、常に自身に試練を課して絵を描いていたのがわかる。

そんな努力の人、近藤さんの女の子の絵が可愛い。
展示されていた「赤毛のアン」「火垂るの墓」「耳をすませば」の
キャラクター表のシンプルな線の魅力に魅了された。
アニメ本編より鉛筆で描かれたキャラ表の方が好みなぐらいに可愛かった。
「耳をすませば」の雫のキャラ表は本当に可愛かった。

近藤さんは職人性の強い方であろうと思うが、
「赤毛のアン」などでは高畑さんのオーダーに四苦八苦しつつ描き、
一方では特に若い頃には鳥山明さんの絵を含めて色々な絵を取り入れて、
自身のスタイルを完成させていったのが展示物を見てわかった。


展示物を全て見終えて感じたのは、近藤さんの膨大な仕事量と
イメージボード・キャラクターデザイン・原画・作画監督
といった様々なセクションでの仕事をマルチにしていたこと。
近藤さんのアニメーターとしての万能性を感じずにはいられなかった。

これだけ多才なアニメーターを近藤さんの近くで探すとすれば
宮崎駿さんが該当するであろう。その意味で宮崎駿さんに一番近づいた存在だ。
近藤さんが宮崎さんとも高畑さんとも組める万能性は、
両者の作品作りにとってありがたい存在であったのは間違いない。

まとめ

予想以上の盛況ぶりに、ジブリの国民的人気を改めて痛感させられた。

そして近藤喜文さんが若くしてお亡くなりになったのは、
日本のアニメ界の大きな損失であったと思う。
もし近藤さんが生きていたら、ジブリのアニメの方向性も変わっていただろう。

近藤喜文さんの線を実際に見ることができたのは貴重な体験だったし、
近藤さんの仕事を見られたのは何よりの収穫だった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/07/20 23:39 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

「月刊少女野崎くん」のアニメで使われるマンガ技法的表現について 

「月刊少女野崎くん」2話を視聴。

高校生のマンガ家である野崎くんと野崎くんに憧れる佐倉千代を中心にした
面白い同級生たちが繰り広げるコメディ。
ギャグの面白さを動画工房の丁寧な作画・演出で描かれている作品。

さて本作は、マンガ、もしくはマンガを描くことを題材にしているだけあって、
イメージBG(イメージで描かれた背景)がマンガ技法的なもので
描かれているのが、マンガという題材を見事に表現していて面白い。

nozaki2-3000.jpg
nozaki2001.jpg

背景に黒線を使い、漫符的なイメージBG。
アニメ的には「ちびまる子ちゃん」ぐらいから使われて始めた印象。

nozaki2003.jpg

nozaki2002.jpg

野崎くんの表情は、ベタフラッシュ(集中線とベタを使用し、主に光の効果を表現する)
を使用したイメージBG。

nozaki2000.jpg

沙倉のこのイメージBGもベタフラッシュっぽい。

こうしたマンガ技法的なものをアニメで使うのは珍しくはないが
本作においては原作のマンガを題材にしたマンガというテーマを
アニメでどう表現するかという点において、
マンガ技法的なものを取り入れるのが効果的であることがわかる。

さらにいえば、本作の世界・キャラクター達が
極めてマンガっぽく描かれている点(マンガ原作であることを差し引いても)
においても、このマンガ的な表現が使われることの意味が引き立つ。

あとマンガという観点で見ると、マンガの道具のディテールが上手い。

nozaki2-1000.jpgnozaki2-1001.jpgnozaki2-1002.jpgnozaki2-1003.jpg

こうしたペン先・インク・ミリペンといったものをきちんと1カットずつ見せるだけで
マンガという題材がより身近に感じられる

他にも

nozaki2-2000.jpg

同じ題材で落書きし始めるのは、
みんなで絵を描いていると始まってしまう光景。
こういう描写はわかる人にはわかるものだと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/07/14 21:30 ] 月刊少女野崎くん | TB(13) | CM(0)

ソードアート・オンラインII 2話「氷の狙撃手」(感想) 

シノンさんの戦いの日々。

2SAO2000.jpg

剣とファンタジーのゲームの世界から銃と荒野のゲームの世界へ。
今までの世界観の転換を緻密なガンアクションを元に描いていた2話。

SAOⅡは画面作りが精巧かつ自由自在なカメラワーク。
アクションも惜しみなく行われるのが良い。
監督の伊藤智彦さんを中心としたスタッフワークのたまもの。

薬莢など音に関する拘りも感じられ、2期を制作するに当たり、
SAOスタッフの銃への考証を積み上げて来た事を伺わせる。

音でいえば、BGMもGGOの世界とALOの世界では梶浦さんの曲作りが違う印象で
ALOはファンタジー寄りの楽曲で、GGOは現代よりな(Fate/Zero的?)感じ。

2SAO2001.jpg
2SAO2002.jpg
2SAO2003.jpg

気になったのが、シノンから見える世界について。
ゲーム内での照準器、ゲームをログインする為に必要な機器、
そしてメガネと、彼女が眼に装着するアイテムを見せていたこと。
強くなりたいと願う彼女に現実とGGOの世界はどう見えているのか。

おまけ

2SAO2004.jpg

「何だよ。ゲームでマジになるなよ」
敵が強いのでビビってしまったシノンの仲間のこの台詞は、

2SAO2-1000.jpg

たけしの挑戦状を思い出させる名セリフだった。
「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」。
SAOという作品で常に問われそうな言葉だが…
とはいっても、最初のSAOは命かかっていたし。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

東京ESP1話「喰霊-零・諌山黄泉・土宮神楽再び」(感想) 

「東京ESP」の1話はアバンの1分間がクライマックスだった。

tokyoesp1000.jpg
tokyoesp1001.jpg
tokyoesp1002.jpg
tokyoesp1004.jpg
tokyoesp1003.jpg
tokyoesp1-1000.jpg

黄泉~
神楽~


「喰霊」「東京ESP」。
同じ原作者だからできるファンサービス。
とはいえ、新作のアニメでこの二人を見られるとは思っていなかった。

黄泉と神楽の仲良しな関係って本当に好きなんだよなぁ。
この関係がずっと続いてほしかったのだが・・・。

「喰霊-零-」の劇中曲まで使ってくる点も含めて
「らき☆すた」などを手がけた角川書店の伊藤敦プロデューサーらしい
作品導入のフックだったといえる。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/07/12 03:31 ] 東京ESP | TB(6) | CM(0)

「ハピネスチャージプリキュア!」23話の板野サーカスについて 

ハピネスチャージプリキュア23話が面白かった。
物語的にもいおながメンバーに加わった点において
シリーズ前半の折り返しにあたる重要回であることがわかる。

また今回はアクション面の演出が充実。

hap.gif

特に敵サイアークの卵ミサイルが板野サーカスのように描かれたのが面白かった。

追尾するミサイルをかわしながらキックをする
キュアフォーチュンをダイナミックに見せるカットで大満足。
チョイアークを配置することで空間性を表現している点も注目。
黄色とピンクの影つけ無しのエフェクトが楽しく画面を彩っているのも良かった。
色々なアニメで板野サーカスは行われているが、このサーカスはとても良かった。

hapitya23002.jpg

他にもミサイルの前にあったキュアフォーチュンとサイアークの殺陣も良かったし、
全体的にアクションシーンが目を見張った。

hapitya23001.jpg

hapitya23000.jpg

日常シーンでは上のようなコミカルな描写も多く、楽しかった。
クールさがウリだったいおなにこういう顔をさせるのは面白い。
それにしてもいおなは、ケチな庶民派だったとは。
 
演出の三塚雅人さん、作画監督上野ケンさんと原画スタッフの良仕事ぶりが光った。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

キリトとアスナの関係性の魅力を描く-「ソードアート・オンラインII」1話(感想) 

ソードアート・オンライン2期。

今度はキリト君が銃がメインのオンラインゲームを舞台に戦うようだ。
キリトとアスナのデート場所が皇居だったが、
わざわざ皇居を持ち出すのには意味がありそうだった。
今回のキリトが挑むオンラインゲームと関係があるのかも。

2sao-1004.jpg
2sao-1005.jpg
2sao-1002.jpg

私はキリトとアスナの関係にSAOの作品の魅力を感じている。
好きになった男にはとことん尽くすアスナと
ゲーム内では強いが現実世界だと普通な感じのキリト。
この二人にはそれぞれ感情移入しやすく感じる。

本編を見ていても、親密性を強く感じさせるスキンシップ描写が多々あり、
二人ともに自然に親しくなっている感じが出ていて、こうした関係の描き方が良い。
1期のSAOの世界で一緒に生活した事や、他の様々な経験が
二人の関係性を強固にしているのだろう。

主人公とメインヒロインが魅力的だから、作品もまた魅力的なのだろう。
(※足立慎吾さんのキャラデザインがこの魅力を支えている)

2sao-1001.jpg
2sao-1003.jpg

SAO2期1話は、上記のようなわかりやすいインパクトのある絵をもってきていた。
菊岡さんがキリトを帰すまいと服を引っ張りしがみつく絵は面白かった。
また沢城さん声の新キャラの股間描写も気合が入っている。

2sao-1000.jpg

キリトが思い浮かべるデスガンのイメージシーンの作画が印象的だった。
フォルム重視なデスガンのデザインと銃のエフェクト。
今後もこういう絵が出てくると嬉しい。

テロップ見たらアクション監督に竹内哲也さんが参加されているということで、
SAOⅡの視聴意欲が強く湧き上がった。竹内さんに期待。

脚本・絵コンテ・演出は監督の伊藤智彦さん自ら手がける。
シリーズ構成は前作に引き続き本作も立てないようだ。
「魔法科高校の劣等生」も含め最近のアニプレックス製作の作品、
特に小説原作の場合、シリーズ構成を置かない方向性がある。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

美少女戦士セーラームーンCrystal 1話「やはりセーラームーンは面白い」(感想) 

セーラームーンのリメイク「美少女戦士セーラームーンCrystal」
スタッフ的には、監督の境宗久さんと音楽の高梨康治さんのスイートプリキュアコンビ。
旧作と同じく土曜夜7時から始まる粋な配慮。
以下箇条書きの感想。

・セーラームーンを見る時は思い出補正が強くかかる
・話もわかりやすく、話の展開もサクサク進んだのでストレス無しで見られ面白かった
・タキシード仮面の正体は誰なんだろう
・驚く程の作画や演出というより東映らしい見やすい画面作り
・演出的にはコミカルな描写が上手いと思った
・旧作セーラムーンといえばきんぎょ注意報を引き継いだコミカルな演出だと思う
・アイキャッチがよかった
・原作の絵柄を尊重しながら今風にアレンジされたキャラクターデザイン
・キャラデ/総作画監督の佐光幸恵さんの良い仕事
・主題歌はムーンライト伝説ではなかったが、新曲は新曲で良い
・うさぎの声はやはり三石さんに限る
・三石さんの声があるから、旧作へのノスタルジーも感じながら見られる
・ルナの広橋さんの声は良かった。
・変身シーンがCGなところに21世紀を感じる
・変身シーンの音楽はプリキュアっぽい(高梨さんだから)
・ED曲の作曲がタキシードミラージュの小坂明子さん
・次回予告の最後で「月の光は愛のメッセージ」と言った時は鳥肌立った
 
リアルタイムでセーラームーンを見ていたので、色々感慨深かった。
ツイッターなどの反応も含めセーラームーンというタイトルの大きさを改めて感じさせた。
 
そしてジョジョのアニメ化、セーラームーンのリメイク、ドラゴンボール改といった
作品も含めて2010年代のアニメは、1990年代に思春期を過ごし
大人になって経済的余裕が出てきた世代をターゲットにするものが多くなるのだろう。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

「グラスリップ」は視線の先にある想い・人間模様を描く物語 

P.A WORKSのオリジナルアニメ「グラスリップ」1話を視聴。

1話を見て感心したのは、
キャラクター達の視線で人間関係を描くのが上手かった点だ。
今回は視線について書きたいと思う。

glass1-55002.jpg
glass1-55003.jpg
glass1-55000.jpg
glass1-55001.jpg

glass1-50000.jpg

雪哉は透子を見つめ、やなぎは雪哉を見る。
この視線のみで、説明せずに三角関係を暗示させることに成功させている。
そして各々の視線を描くとカメラはロングに切り替わる。
感情的に寄ったショットの連続からの引きによってふっと戻される感じ。
この緩急のつけ具合も上手い。


他にも、1話ラスト辺りの主要キャラ全員集合シーンの時でも、

glass1-2000.jpg
glass1-2001.jpg
glass1-2002.jpg
glass1-2003.jpg
glass1-2004.jpg
glass1-2005.jpg
glass1-2006.jpg

glass1000.jpg

各キャラクターが様々な方向の視線を投げかけるショットを次々にみせておいて
最後はカメラが引いて、キャラクター全体を映し出して全容を明らかにする。
視線でキャラクター同士の関係性や想いを的確に描いていく。
言葉による説明を省くことで、抽象性が生まれる演出。
こうした演出はさすがにうまいと思った。

それにしても、引いて全体を映すショットを見てもわかるように
様々な視線が複雑に飛び交う点において、
グラスリップの物語は複雑な人間模様を描いていくのだろうと感じた。
この事がわかる視線の演出だった。
今後は視線を使って、何を見せてくれるのだろうか。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/07/04 20:15 ] グラスリップ | TB(15) | CM(0)