FC2ブログ

何故「アルドノア・ゼロ」9話を見て「SHUFFLE!」の空鍋を思い出したのか? 

「アルドノア・ゼロ」9話は、ライエがアセイラム姫を絞殺した展開が衝撃的だった。
※アセイラム姫が本当に死んだかどうかは今後の展開次第。

a19003.jpg

a19002.jpg

a19-1000.jpg

私は、アセイラム姫のお風呂シーンはサービスシーンかなと思って見ていたので、
いきなりの展開、しかもこの回の時点では姫が死んだように描かれていて驚いた。

このアセイラム姫を殺そうとするまでに歪んだ想いを抱いたライエを見て
アニメ「SHUFFLE!」のヒロインの1人である芙蓉楓の通称「空鍋」を想い出した。

a19000.jpg

a19001.jpg

空の鍋を回す楓に当時驚いたものであった。

楓もいわゆるヤンデレ化したゆえの行動であるが、
ライエも含めどちらもキャラクターの歪んだゆえの行動を描いている。

ではなぜ私は「アルドノア・ゼロ」を見て「SHUFFLE!」の空鍋を思い出したのか。
理由は、この空鍋の描写があった19話「忘れ得ぬ想い」の
絵コンテ・演出が「アルドノア・ゼロ」の監督であるあおきえいさんであること。
脚本が「SHUFFLE!」19話「アルドノア・ゼロ」9話ともに高山カツヒコさんであること。
今回の「アルドノア・ゼロ」9話の絵コンテが二瓶勇一さんであること。

端的に言えば、「SHUFFLE!」の空鍋の演出を仕掛けた
あおきえいさんと高山カツヒコさんが「アルドノア・ゼロ」に関わっているから
キャラクターの歪みが描かれる引き出しを使ってきたという印象。

また今回9話の絵コンテの二瓶勇一さんも
「SHUFFLE! 」の4話・9話・12話・13話・20話を絵コンテを担当し
「SHUFFLE!」には縁深いスタッフでもある。

まとめ

あおきえいさんと高山カツヒコさんといえば
「喰霊-零-」のイメージが強かったが、その前に印象に残る仕事は
「SHUFFLE!」の19話の空鍋だった事を思い返させてくれた。

あおきえいさんは楓やライエのような歪む女の子の瞬間を描くのが好きなのだろう。
(※これは「喰霊-零」の諫山黄泉の描き方にも通じる)
そして、あおきさんのオーダーを「SHUFFLE! 」スタッフの二瓶さんが応えたのだろう。
こうした瞬間をライエの歪み方から感じた。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/31 06:50 ] アルドノア・ゼロ | TB(21) | CM(2)

富野由悠季監督は大器晩成型である-「ガンダム Gのレコンギスタ」 

「ガンダム Gのレコンギスタ」の1話から3話までの先行上映を見た。

結論からいうと、富野由悠季監督はまだまだパワーアップしている印象。
齢72歳にしてこの境地。老いてますます盛んな黄忠のようである。
そんな想いもあって、次のようなツイートをした。




ますます富野監督はコンテを切って、新作を作ってほしい。

本編について

さて、監督の話題からは外れて本編の話題へ。
(以下、ネタバレ有りです)

3話まで見た感想は、退屈せず楽しく食い入るように見ていた。
高密度高圧縮に展開される物語。
その物語を盛り上げるように元気に動くキャラクター達。
宇宙世紀のビジュアル感とは違う感じを見事に表現する美術。
映像を見事に盛り上げる音楽。
そして間延びもない、スピード感溢れる映像。

全ての要素が渾然一体となって、エンターテイメントした作品に仕上がっていた。

生き生きと描かれるキャラクター

私がまず惹かれたのは生き生きとしたキャラクター達だ。

リギルド・センチュリーの宇宙エレベーターの世界に生きる
ベルリ達若者のエネルギッシュな姿に心がときめいた。
彼らは生きていることに鬱屈とせず、自分なりの信念があり、
恋愛にも積極的で男女ともに交じり合う姿が描かれているようにも見えた。

特に主人公のベルリ・ゼナムが好印象。
それは、1話でGセルフがやって来たら
ノリノリでレクテンに乗ってGセルフを抑えようと試み、
(しかも様々なギミックで抑えようとするのが良い)
色々な所に首を突っ込む好奇心旺盛さが見ていて気持ちが良かった。

また他にも2話のノレド達チアリーディングが踊るシーンや
3話で海賊部隊のクリム・ニックと辻親八さん声のおじさんキャラが
口論しているシーンなど元気なキャラが駆け回るのが良かった。

特に美少女キャラはどれも魅力的。アイーダ・ノレド・マニィ、どれもいい。

そしてMSの戦闘シーンでも、キャラクター達は嫌々戦うわけではなく
むしろノリノリで好戦的ですらある。
彼らは戦争したいわけではないだろうが、生きるため・何かをしなくてはと想う
キャラクター達が能動的に動く事で物語は進行していた。

どのキャラクターも一癖二癖があって生き生きしている。
なんだか現実に生きる私の方が生き生きとしていないと思ったぐらいだ。
こんなにバイタリティー溢れるキャラクター達を見て元気をもらえた。
 
疾走感ある演出

こうした生き生きとしたキャラクター達が画面狭しと世界を動く動く。
宇宙エレベーター内、キャピタルテリトリィ周辺、建物の中・・・。
ベルリ達は様々な所へ移動することで、動くこと自体の魅力を再確認させる。
そんなキャラクターに合わせて、カメラもよく動く。

矢継ぎ早の物語とよく動くキャラクターとカメラ、
そしてカット頭からキャラのアクションから始まるアクションカットの連続によって
間延びしない・疾走感ある展開が生まれるのだろう。

それにしても最近のアニメでここまでカメラが動く作品は無いような気がする。
このカメラを動かす(カメラを最大限に活用する)のが
高密度高圧縮展開を可能にさせる富野監督の演出方法なのだろう。
他には主人公やメインキャラが中心にいるショットで
後ろにいるモブキャラがさりげなく動いているカットが多いのも富野さんらしい演出。

一方で、1話最後のベルリとアイーダが身体的にすれ違うカットで
画面の背景がピンク色のイメージBGになり、スローモーションになった所は
富野監督が出崎統さんの演出の引き出しを使ってきたなと思った。
めまぐるしく動くキャラクターとカメラ演出が続く中だからこそ
ピンク色のイメージBGとスローモーションが際立って生きていた。

ちなみに1話から3話まで脚本:富野由悠季、斧谷稔コンテ。
濃厚な富野ワールドな映像体験であった。

光るギャグのセンス

何よりビックリしたのが、ギャグのセンスが光っていたことだ。
(富野監督の頭が光っていたわけではない。むしろ最近は少し毛がある)

特に3話はギャグのキレが良かった。

まず上記でも語ったが、
クリム・ニックと辻親八キャラが口論しているシーンがコミカルで面白かった。

またクリム・ニックがMSモンテーロに乗って、アイーダを救出するために
キャピタルテリトリィに向かう途中で森林内を突き抜けるのだが、
MSが森林内に現れたために、森林内の動物たちが驚きコミカル調になるシーンがある。
まるでギャグ漫画のようなタッチで動物たちが作画されているのだが、
そのシーンが作品内的にも浮いていないように描かれていたのが面白かった。

またMSに搭乗しているクリムが何かの衝撃でコクピット内のどこかにぶつかるなど
アクションつなぎからの、キャラがどこかにぶつかるというのが面白く感じられた。
他にはアイーダに乗っ取られたGセルフ達と一緒にベルリ達も連れられたことを知った
ベルリのお母さんの「自分の息子もですか!」みたいな台詞回しも面白かった。

2話で海賊部隊のカーヒルが死んで終わりという、結構ハードな展開があったからこそ
3話では強くコミカル調・ギャグ調に仕立て上げたのだろう。

富野監督作品のギャグといえば「戦闘メカザブングル」や「機動戦士ガンダムZZ」
の前半が思い浮かぶが、本作はこれらの作品以上にギャグが際立って洗練されていた。
言い換えればギャグっぽく描かれていても、世界観が壊れていない。
まさか富野監督のギャグセンスに磨きがかかっているのは意外中の意外。
その意味でも自分の中での新しい富野監督の一面を見られたのが最大の収穫だった。

まとめ

キャッチコピーの「元気のGだ」は伊達ではなかった。
まさに映像を通して元気をもらえたし、そして面白かった。

富野監督が前に手がけたTVシリーズである「キングゲイナー」以上に
本作は元気の面が強調され、より自然な形で画面に結実していた。
こうした作品を手がけられるのは、富野監督が健康で元気だからだろう。

ファンだから富野監督ばかりの話をしてしまうが、
吉田健一さんによるキャラクターデザイン。
レクテン、グリモア、モンテーロ含めてどれもカッコイイMS達。
前面に出すぎず、それでいて印象的にも聞こえる菅野祐悟さんの音楽。
作品を支えるスタッフ達の魅力的な仕事も光っていた。

「ガンダム Gのレコンギスタ」今後の展開が待ち遠しい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/24 19:43 ] Gのレコンギスタ | TB(2) | CM(0)

ちょっと前のアニメを見る時の楽しみ方について 

今回は、ちょっと前のアニメを見る時の楽しみ方について。

前に(とはいっても1年ぐらい経っているのだが)
今敏監督の「千年女優」(2002年)を見ていてEDを眺めていたら
制作進行:平尾隆之、とクレジットされていたのを知った。



平尾さんは「千年女優」に関わっていたのかと思いつつ
平尾さんが監督した「空の境界 第五章 矛盾螺旋」(2008年)が、
現実と虚構が螺旋のように入り混じるような演出になったのも
今敏さんの「千年女優」に参加していたからなのかと感じた。

「千年女優」も藤原千代子の過去の半生(現実)と映画の世界(虚構)が
徐々に螺旋のように入り混じる作品であった。



又聞き情報ではあるが、「矛盾螺旋」製作時は
平尾さんが今さんの「千年女優」を意識していたという話を聞いたこともある。
今さんの演出スタイル的なものが、矛盾螺旋という物語を
表現するものとして相性が良かったのだろう。

「千年女優」と「空の境界 第五章 矛盾螺旋」。
一見繋がりが無さそうな両作品であるが、
平尾さんのキャリアを通すことで、見えてくるものがある。

ちょっと前のアニメを見る時、
もしくはそのアニメのスタッフクレジットを見る時、
意外な人が参加しているのを発見するのが面白い。
 
細田守さんがスラムダンクの原画をやっていたり、
アパッチ野球軍の演出に高畑勲さんがいたり。

そして自分の知らなかったことが発見できる時は面白いと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/21 21:18 ] コラム | TB(0) | CM(0)

「セーラー服と機関銃」と「たまこラブストーリー」に共通する映画らしさ 

「セーラー服と機関銃」を見た。



散々言われているが、本作の長回し・望遠、魚眼レンズの使用・ロングショットetc。
相米慎二監督の若いキャリアの時にしかできないであろう縦横無尽なカメラワークと
最後まで見ると実は初恋と青春の物語であることがわかるのが面白かった。

この作品から感じた、若いキャリアの時にしかできないカメラワーク・演出、
そして初恋と青春の物語といったキーワードを思い浮かべていたら
あるアニメ映画を思い出した。「たまこラブストーリー」である。

「たまこラブストーリー」も山田尚子監督の望遠レンズを使った
カメラワークを含めて若い時にしかできないであろう数々の演出が印象的な作品。
そしてこの作品も初恋を取り扱っている。
両作品ともに一人の少女に強くスポットを当てて
初恋を通して少女の変化と脱皮を描いているようにも見える。

また「セーラー服と機関銃」「たまこラブストーリー」ともに
相米慎二、山田尚子ともに映画監督の2作目に当たるのも共通している。
余談だが2本目を撮る時は監督の「自分の撮りたい画」が明確化してくるのだろう。
これは押井守監督の2作目の映画「うる星やつらビューティフルドリーマー」にもいえる。

個人的には「セーラー服と機関銃」と「たまこラブストーリー」は
似ている部分を多く感じさせた作品だった。どちらも「青春映画」と括れるからだろう。
ただ結末として、初恋が成就する「たまこラブストーリー」と
そうではない「セーラー服と機関銃」という差はあるが。

そして「たまこラブストーリー」に対して言及されていた映画らしさは
「セーラー服と機関銃」と同質のものであったのかなぁと感じた。
監督が若い時にしか撮れないフィルムであり、
「青春映画」=望遠レンズを使うというのも含めて、
カメラで撮っている事を観る側に意識させるのが「映画的」ともいえるのだろう。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/13 10:03 ] たまこまーけっと | TB(0) | CM(4)

富野由悠季の挑戦-ガンダム Gのレコンギスタ1話 

「ガンダム-Gのレコンギスタ」1話を
ドコモdアニメストアによる冒頭10分間の先行配信を視聴。

よく動くキャラクターとカメラ。
そして映像の連続性(コンティニュティ)を徹底的に突き詰めたカット割り。

PANとズームを駆使したよく動くカメラは、
宇宙エレベーターを中心とした世界を見せたい想いであり、
生き生きと動く少年少女の元気な姿は、未来と生きていくことへの肯定感。
世界とキャラクターを富野由悠季なりの映像の原則を持って伝えている映像だった。

驚いたのはファーストカットがモビルスーツのシーンから始まったこと。
ファーストカットがロボッから始まるのは、富野作品でも少ないのではなかろうか。
ただファーストカットからロボットという映像的暴力性、
つまりロボットがいるだけで画面の間が持ってしまう機能を使い、
最初から興味を惹かせような展開で構成したのだなと思った。

このモビルスーツのシーンを見せてから、
キャピタル・テリトリィ、キャピタルタワーという世界の大枠をPANで見せていく。
そして世界を見せたら次にベルリ達、キャピタル・ガードといったキャラクターを見せる。
世界からキャラクターという繋げ方は富野監督らしい演出だ。

そんなベルリ達は楽しそうに生きている。
ノレド達チアリーディング部の女の子達のはしゃぎぶりも
キャピタル・ガード候補生達も生き生きとしている。
そういう未来に生きているんだなぁと思わせる世界とキャラクターだった。

それにしても高密度な10分間だった。

Gセルフに乗るラライアが捕獲
リギルドセンチュリーと宇宙エレベーターの世界観の説明
クラウンでのベルリ達の日常
そしてGーセルフの襲撃

この圧縮展開こそが富野作品の醍醐味だなぁと感じつつ、
一方で世界観や宇宙エレベーターの原理の説明がされているが
まだ世界観や設定を飲み込めていない自分がいる。
それでも、映像のスピード感がもたらす圧倒的気持ちよさに酔いしれた。

作画については、一枚絵的な描き込みの重視より
動くことの気持ちよさを重視したデザインと動かし方をしていた印象。
カットのリズムに合わせて作画されていた。
気になったのがベルリの口の形が喋り方に合わせて様々だったこと。
ユニークな口の形もしていて、かつGセルフがやってきた時に
楽しそうな表情を浮かべる点を見ても、ベルリは後期心旺盛なのだろう。

最後に。リギルドセンチュリーの世界を描き出す今後の展開に期待してしまう。
近未来性を感じる都市設定や宇宙エレベーターの存在。
宇宙世紀の世界より高度に進んだ文明の姿を見るのはワクワクする。

∀ガンダムでガンダム世界の最後を描きつつ、
始まりの宇宙世紀と終わりの正暦の間をつなぐりギルドセンチュリーを描く。
ガンダムの世界を拡張し、可能性を広げていくのは富野監督が一番だと思うし、
富野監督は常にガンダム世界において先駆者であることを改めて証明した。

ガンダムGのレコンギスタは、レコンキスタというに何を回復するのか。
ガンダムなのか、それとも日本のアニメーションなのか。
まだ1話のAパートのみであるがBパート以降に期待したい、というか早く見たい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/09 06:38 ] Gのレコンギスタ | TB(1) | CM(0)

アニメの美術監督の出身地を調べてみた 

とりあえず、アニメの美術監督の出身地をわかる範囲で調べてみた。

小林七郎:北海道(少女革命ウテナ・天使のたまご)
井岡雅宏:北海道(アルプスの少女ハイジ・赤毛のアン)
窪田忠雄:北海道(kanon・ラムネ)
男鹿和雄:秋田(となりのトトロ・かぐや姫の物語)
清水としゆき:東京(ドラえもん)
平田秀一:東京(イノセンス・X)
小倉宏昌:東京(機動警察パトレイバー 2 the Movie・フリクリ)
中村光毅:東京(科学忍者隊ガッチャマン・機動戦士ガンダム)
行信三:神奈川(明日のナージャ・キャシャーン Sins)
大野広司:愛知(ニニンがシノブ伝・走れメロス)
加藤浩:奈良(新世紀エヴァンゲリオン・ゆゆ式)
川本征平:島根(ピーターパンの冒険・コレクター・ユイ 第2期)
河野次郎:広島(月刊少女野崎くん・源氏物語千年紀 Genji)
椋尾篁:長崎(銀河鉄道999・美少女戦士セーラーム-ン)
山本二三:長崎(火垂るの墓・時をかける少女)




渋谷幸弘:リンク先の雪国発言から、新潟の可能性?(名探偵コナン・かみちゅ)



以下の方々の出身地はわからなかったです。情報求ム。

東潤一:(機動戦士Zガンダム・The Soul Taker 〜魂狩〜)
池信孝:(パーフェクトブルー・空の境界)
池田繁美:(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア・戦う司書)
中村隆:(楽しいムーミン一家・河童のクゥと夏休み)
田村せいき:(涼宮ハルヒの憂鬱・けいおん!)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/05 23:10 ] 調査 | TB(0) | CM(1)

「アルドノア・ゼロ」と「喰霊-零-」の上司と部下の関係性について 

「アルドノア・ゼロ」5話を視聴。

arunorudo5000.jpg

ダルザナ・マグバレッジさんと不見咲カオルさんの関係を見ていると

arunorudo5001.jpg

「喰霊-零-」の神宮寺菖蒲室長と二階堂桐さんの関係に似ていると感じた。

知的でそれなりに器を持つ上司(ダルザナと神宮寺)。
忌憚なく意見を言う部下(カオルと桐)。

今回の「アルドノア・ゼロ」でダルザナがきっぱり意見するカオルに対し
「モテない」理由を言い出すあたりも何か似ている印象。
二人だけの世界ができている雰囲気を醸し出している。
この上司と部下の関係は両作品ともに面白い。
というか「喰霊-零-」で初めて知った面白さというか。

両作品のスタッフ的共通点として、あおきえいさんが監督、
「喰霊-零」のシリーズ構成の高山カツヒコさんが今回の5話の脚本。
高山さんがダルザナとカオルさんに、神宮寺室長と桐の関係を重ねたのかも。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/08/03 04:47 ] アルドノア・ゼロ | TB(12) | CM(0)