FC2ブログ

「魔法科高校の劣等生」最終話で感じたお兄様の悲劇性 

「魔法科高校の劣等生」の26話(最終話)を見て感じたのは,
司波達也というキャラクターにつきまとう悲劇性だった。

oni26000.jpg

このことを感じたのは、美雪と学校の仲間達が
達也の分解と再成の能力について話すシーンだった。

onisama26000.jpg
「その需要は計り知れない。その能力を使えば何千何万という人の命を救うことができる」

お兄様、司波達也が圧倒的強さで敵を屠ろうとも
その一方で、仲間達ですら達也が手に入れた能力の代償には気づかない。

onisama26001.jpg
※達也の能力について話す美雪の顔はとても悲しそうだ。

誰も、達也の能力に驚嘆しながらも
美雪が教えるまで再成の為に生ずる150倍の苦痛の理解には至らなかったし、
そんな苦痛を支払いながらも、まだ他人の為に戦う達也は悲劇的だ。

結局、達也を理解しているのは美雪だけであり
この仲間達と深雪の達也への理解度の差の隔たりこそ悲劇だと感じた。


そんな深雪自身も、四葉家次期当主候補という現状から
ガーディアンという役として兄を縛る存在であることも知っている。

onisama26002.jpg

例えば、今回の四葉家当主・四葉真夜と美雪の話し合いをも、
両者の関係からは、一種の緊張状態が続いているように見えた。
二人にとって四葉家に置かれる状況がわかる会話だった。

深雪の存在もまた達也を縛る悲劇を背負わしている。
ただ、達也は深雪の存在を枷だと全く思っていないだろうが。

onisama26004.jpg
※達也の圧倒的強さを証明する、核爆発級の破壊描写

そんな、達也の強さと裏腹に潜む悲劇を描いた「魔法科高校の劣等生」は
妹以外への感情を失った達也の気持ちに符合するかのように
映像の語り口も徹底してクール・非感情的に描かれる。

達也視点からは妹と絡むシーン以外に感情的な盛り上がり方は殆ど無く、
他のキャラクターも、感情的に盛り上がるシーンでも、
達也の重力に引っ張られるかのように、感情的ではあるがクールに描かれる。
この画作りさには、ストイック的な匂いすら漂う。

そんな非感情的な達也に対し、達也への愛情を隠さずに振舞う深雪は
達也とは対極に位置する感情を強く出すキャラクター。
つまり達也の強さとその代償に潜む悲劇性を見守るのが深雪であると
最後のシーンで感じることができたし、
達也と深雪の関係が二人にとって全てであり、そこで生じる悲劇性を帯びる
物語構造を見ていくのが「魔法科高校の劣等生」の醍醐味であると感じた。

onisama26003.jpg

「さすがお兄様ですわ」もただ、兄を賞賛する態度ではなく
兄の苦しみ・裏表を全て知っているからこそ投げかけられる救済の言葉なのかもしれない。
達也と深雪、二人のこれからを勝ち取る物語はまだまだ続く。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/28 08:29 ] 魔法科高校の劣等生 | TB(23) | CM(0)

「アルドノア・ゼロ」12話にみる分割アニメの物語構成について。 

「アルドノア・ゼロ」12話。1クール目の最後。
分割2クールロボットアニメの物語構成の作法を見せつけたような展開。

驚く程冷静かつ圧倒的知性で敵を打ち負かし続けた
イナホ君が死んだ、いや死んだように描かれたのは驚いた。

ald12002.jpg

今回、イナホは「戦争は外交手段の一つ。」と言い、
戦争と感情は交差しないという主張をしていた。
しかしイナホ君はザーツバルムの中にある地球人すべての憎しみや
スレインの中にある姫様への想いといった
キャラクターの怒りと憎しみとの感情の交差に巻き込まれ戦場に消えた。

ald12000.jpg

ald12001.jpg

マクロな視点から見たら戦争は、イナホ君の言うとおりなのかもしれないが、
ミクロな視点、個々人が戦場で戦う動機などから見れば、
戦争ひいては戦場にあるのは結局は個々人の感情のやり取りなのだろう。

ald12003.jpg

上のキャプ画像はイナホが回想するシーンの1ショットであるが
そんな冷静で知性溢れるイナホ君にとっても、お姫様は特別だった存在だったようだ。
イナホ君にとってアセイラム姫は身分的にお姫様だったわけではなく、
自分にとってのお姫様であったことがわかる。


それにしてもクールとクールの跨ぎに当たる今回は、
次クールに繋げるための強烈な幕引きだった。
登場人物の殆どが死んでしまったように映り、最後にスレインだけが残る。
次のクールは、どんな物語展開になるのか。
そんな視聴者に興味を抱かせるような仕掛けを施した幕引きだったと思う。
クリフハンガー的であるともいえる。

ald12-2000.jpg

TVアニメは、その放映形態によって(もしくは放映時間でも)
物語構成を規定させられる事を、改めて感じさせてくれた作品だった。
1クールであれば、1クールの物語構成があり、
分割2クールなら分割2クールの物語構成があるということ。

印象としては「機動戦士ガンダム00」「革命機ヴァルヴレイヴ」に近い印象だった。
組織や登場人物が滅んでいく様が描かれたという意味で。
最後にイナホ君とスレインが銃を向け合うという展開から見れば
「コードギアス」的であるともいえる。
戦争を描くロボットアニメは、こうした幕引きを行うパターンがあるのだと思った。
 
ald12-1000.jpg

来週からでも次回以降の展開をすぐにでも見たいのだが、
強烈な幕引きを見たので、次クールでも面白い物語を期待したい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/21 03:05 ] アルドノア・ゼロ | TB(23) | CM(0)

ドラゴンクエストのロト三部作の凄さは、Ⅰの勇者と王様の最初の会話に始まる 

ドラゴンクエストシリーズにおけるロト三部作の物語の凄さは、
ドラクエⅠの開始直後の、王様と勇者の会話にある。

DQ1.jpg

「その むかし ゆうしゃロトが 
カミから ひかりのたまをさずかり
まものたちをふうじこめたという」

この「ひかりのたま」は、後のドラクエⅢのラスボス「ゾーマ」戦において
「ゾーマ」の闇の衣を剥ぎ取る為に使用された。

私は会話中に「ひかりのたま」という言葉が使われるのが凄いと思う。
それは「ひかりのたま」がドラクエⅠからドラクエⅢへとシリーズを経て、
きちんと回収された伏線だからである。

そもそもドラクエⅠが世に出る時点では、
家庭用ゲーム機初のRPGという点でも
商業的に成功するかどうかもわからないゲームであった。

もしかするとドラクエⅠだけで終わっていた可能性もあるわけで、
その場合はⅢも無いので、この「ひかりのたま」の伏線も未消化に終わっていただろう。

それがもしドラクエⅠの時点で、ドラクエⅢの物語まで想定したのであれば、
それはそれで完璧な伏線張りであったと思うし、実際に商業的に成功して、
伏線を消化してロトシリーズを綺麗に完結させたのも素晴らしい。
私の場合、ゲームで長い伏線を張って消化する試みができる事を教えたのは、
ドラゴンクエストシリーズだった。

そして、ドラクエⅢのエンディングの最後で
「TO BE CONTINUED DRAGON QUEST Ⅰ」と表記されるが、
ゾーマに「ひかりのたま」を使って倒したドラクエⅢの勇者が、
ロトの称号を得ることを知った上でドラクエⅠをプレイすると、
上のキャプ画像の王様と勇者の会話から始まるので、
ロト三部作の繋がりがより鮮明に感じられるのである。

Ⅰ→Ⅱ→Ⅲとプレイして、またⅠをプレイすることで
シリーズの構造がより鮮明に見えてくるのが素晴らしいと思った。

ちなみにゾーマを封じる事になった「ひかりのたま」を持っていた竜の女王が
死ぬ間際に残した卵は、後のⅠのラスボスとなる竜王であるという説があるが
もしこの説が正しいなら、Ⅲのラスボスを封じたアイテムを持っていた子供が、
その後、ひかりのたまを奪い去るのは皮肉な運命であると思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/19 22:12 ] ドラゴンクエスト | TB(0) | CM(2)

24年ぶりに「アイドル天使ようこそようこ」を見返して思ったこと 

「アイドル天使ようこそようこ」をドコモdアニメストアを見ていた。
リアルタイム以来の視聴。
本作は1990年放送だったので、およそ24年ぶりの視聴だ。

そして配信が始まり、OP曲が流れ始めたら、
過去にこのアニメを見ていた記憶をぶわぁっと思い出した。
「あー!このアニメ見ていた!」「そうそうこの主題歌」
「かないみかさんの声、声」「林原さんの声、声」と心の中で叫び、
自分の感情が抑えきれなくなった感覚に襲われた。

思い出したとはいっても、具体的な何かを全て思い出したわけではない。
具体的に思い出したのは、かないみかさんや林原さんが出演していたこと。
そして「ようこのようは太陽のようです」というフレーズ。
物語や内容は全て忘れている。

ただ子供の時にこのアニメを見て楽しんでいた記憶が心の奥から蘇ったのだ。
「アイドル天使ようこそようこ」が始まったらTVの前にいた自分や、
「ようこのようは太陽のよう」というフレーズを口ずさんでいたのを思い出したのだ。
こういう感覚に襲われたアニメ体験は「忍者戦士飛影」以来久々だった。

いわゆる当時の思い出を美化する思い出補正的な感覚の一種であろうが、
アニメを見返す時に、自分が当時感じていた気持ちを思い出せるのも、
昔見ていた作品を見る醍醐味の一つかもしれない。

今の自分がアニメを見続けて今でもアニメが好きなのは
ドコモdアニメストアで見返すまで、当時見ていた感覚を忘れてしまっとはいえ
「アイドル天使ようこそようこ」を見ていた体験もあったからだろうと感じた。

私は昔どうこの作品を見ていたのかという記憶の扉を開きたいために
過去に見ていたアニメを見返すのが好きなのだろう。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/15 22:03 ] コラム | TB(1) | CM(2)

「ハピネスチャージプリキュア!」32話の山内重保演出のおさらい 

はじめに

「ハピネスチャージプリキュア!32話」の演出は山内重保さん。
演出があるアニメは面白いと思わせる内容だった。

特にいおなが相手からの告白に戸惑いながらも、
自分の気持ちを整理・確認して、相手に想いを伝える流れが良かったし、
恋愛に対するナマケルダの含蓄ある発言と態度が
ナマケルダのカッコイイ一面を描き出していたのも良かった。

山内さんは「まじかる☆タルるートくん」「花より男子」「おジャ魔女どれみ♯」
といった過去のニチアサ作品のシリーズディレクターでもあり、
他のニチアサ作品にも演出として参加された東映アニメに縁深い演出家。

そんな今回の山内重保さんの演出をおさらいしてみたい。

①フェティッシュな脚の描写

山内さんといえば脚だ。

hapipuri32-1000.jpg
(ハピネスチャージプリキュア!32話)

hapipuri32-4000.jpg
(「kanon(東映アニメーション製作)」8話)

ローアングル気味で脚をフェティッシュに見せる描写。
山内さんがフェティッシュな脚演出を見せるのは、
東映アニメーション版「kanon」の8話で気づいたのだが、山内さんの定番の脚描写。

②アクションシーンにおける足の踏み込み

hapipuri32000.jpg
(ハピネスチャージプリキュア!32話)

yumekui1-1003.jpgyumekui1-1002.jpg
(夢喰いメリー1話)

足の踏み込みは「とある科学の超電磁砲」9話や「キャシャーンsins」でも見られる描写。
重心移動をキッチリ描いたアクションは映える。

③セピアな色彩-凝った美術・撮影

hapipuri32001.jpg
hapipuri32-2000.jpg
(ハピネスチャージプリキュア!32話)

kiminoirumati004.jpg
(君のいる町6話)

恋という未知の世界に戸惑ういおな(キュアフォーチュン)の
不安や迷いを色彩で表現している。

こうした色彩を凝った美術と撮影で魅せる。

山内さんも自身の演出方法を以下のように語っている。
山内 あ、僕の場合は、画が描けるわけではないから、僕のできる範疇で力を入れるとなると、撮影や背景、あるいは音楽という事になるんですよね。それにどうしても2次元の世界を、3次元に持っていきたいという気持ちが強いから、そういう指向になる。

WEBアニメスタイル 「『カエル石のひみつ』の映像表現と山内節」 山内重保インタビューより


④二人の関係性を象徴するアイテムの使用ーフライングディスク

山内さんの演出は、キャラクターの同士の関係性をアイテムに託して描く。
今回は、いおなと海堂裕哉のデート中で使われた
フライングディスク(フリスビー)であるといえよう。

hapipuri32002.jpg
hapipuri32003.jpg
hapipuri32004.jpg

二人が投げ合うフライングディスクは、お互いの気持ち・コミュニケーションでもある。

いおなが最初に海堂裕哉へ投げた時に、上手く投げられなくて、
自分の所に戻ってしまうのは、いおなが自分の気持ちを整理できていなくて
きちんと相手に意志を示すことができないことを匂わせる。

その次に海堂裕哉のアドバイスで、相手にフライングディスクが届くのは
一方ではお互いの意思疎通はできている事も感じさせる。

そしてサイアークを倒したあとで、再びフライングディスクを受け取るのは
いおなの返事(結論)はまだだとしても
海堂裕哉の気持ちをしっかり受け止めた事を意味している。

まとめ

山内重保さんの演出とは、情感が高ぶるように仕掛けられたものだと感じる。
不安も迷いも、そしてこれらを吹っ切ったあとの感情も強く描く。
キャラクターの感情がハッキリ印象づけられる演出だと感じる。

※過去に書いた山内重保さん関係の記事

翠星のガルガンティア6話とブレンパワード18話-踊る山内重保
山内・幾原派の美術背景術-君のいる町 8話と劇場版セーラームーンR
フクロウの像が象徴するもの-君のいる町 山内重保のいる町 6話
輪るピングドラム18話にみる、ワイヤー・手・赤い毛糸を用いた山内重保の象徴的演出の妙
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

渡辺信一郎監督のアイキャッチ術-そのルーツとは 

今期「残響のテロル」「スペースダンディ(2クール)」を手がける渡辺信一郎監督。
そんな渡辺監督の作品にはある特徴がある。
それはアイキャッチが毎回、趣向を凝らして変わっていくことだ。

nabesi5000.jpg
nabesi5001.jpg
(残響のテロル8話)

nabesi000.jpg
nabesi001.jpg
(残響のテロル9話)

nabesi002.jpg
nabesi003.jpg
(スペースダンディ1話)

nabesi1000.jpg
nabesi1001.jpg
(スペースダンディ2話)

nabesi3002.jpg
nabesi3003.jpg
(カウボーイビバップ1話)

nabesi3001.jpg
nabesi3000.jpg
(カウボーイビバップ5話)

パターンとすると、CM前のアイキャッチとCM後のアイキャッチとで
色合いを変えて見せてくるのが多い。

洗練されたセンス溢れるアイキャッチを毎回見るのも
渡辺監督作品の魅力の一つだ。

ではなぜ渡辺監督はアイキャッチにこだわるのか。
それは「蒼き流星レイズナー」(高橋良輔監督)にある。

nabesi6000.jpg

実は「蒼き流星レイズナー」も渡辺監督作品と同様に
アイキャッチが毎回変わる作品である。
今ではアイキャッチが変わるのがそこまで珍しくはないが、
「蒼き流星レイズナー」放送時の1985年には珍しい試みであるといえよう。

そして渡辺監督がサンライズ(当時は日本サンライズ)に入社し、
制作進行としてキャリア初期に関わった作品こそ「蒼き流星レイズナー」である。
※おそらく渡辺監督の始めてのキャリアで関わった作品

nabesi6001.jpg
(蒼き流星レイズナー 17話ED)

「蒼き流星レイズナー」のアイキャッチを毎回変化させる
この試みが渡辺監督の作品にも取り入れられたのかもしれない。
また渡辺監督は「蒼き流星レイズナー」の監督である
高橋良輔さんに薫陶を受けた一人である点でも、
渡辺監督のキャリアにはレイズナーがあるのだろうと改めて感じた。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/13 12:32 ] コラム | TB(0) | CM(2)

あおきえい監督と現代医療-アルドノア・ゼロとAngel Beats! 

「アルドノア・ゼロ」10話では、ライエの絞殺によって
呼吸が停止した姫を蘇生させるためにAED(自動体外式除細動器)が使われた。

a10ao1000.jpg
a10ao000.jpg
a10ao001.jpg

このAEDの後に伊奈帆が姫に人工呼吸を試み、姫は息を吹き返す。

前に「人工呼吸」の描写が気になって
私は「アルドノア・ゼロ」の人工呼吸の描写からわかるクールな作風について
という記事を書いた。それはいい。

しかし「AED」「人工呼吸」が使われた時に、思い出さなくてはいけないものがあった。

それは、

a10ao1-1000.jpg

「Angel Beats!」9話のドナーカードである。

「アルドノア・ゼロ」の監督、
そして「Angel Beats!」9話の絵コンテは
あおきえいさんである。

もしかすると、あおきえいさんは現代医療に関連するものを
作品内に積極的に取り入れる方なのかもしれない。

※あおきえい監督の「喰霊-零-」でも
三途河にやられた諫山黄泉が入院する描写があった。

a217000.jpg

ただ「Angel Beats!」のドナーカードは
原作・脚本の麻枝准さんのアイディアによるものかもしれないし、
「アルドノア・ゼロ」のAEDを使うアイディアも、あおきさんではないのかもしれない。
まだなんとも言えないところだが、
今後のあおきえい監督作品で医療的な描写が出てきたら注目だ。 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/09 20:53 ] アルドノア・ゼロ | TB(0) | CM(0)

「アルドノア・ゼロ」の人工呼吸の描写からわかるクールな作風について 

「アルドノア・ゼロ」を10話を見ていて、前々から思っていたが
この作品はクールな作風、感情表現が抑制されてる作品だと改めて思った。

例えば、人工呼吸のシーン。

a10001.jpg

伊奈帆は前回絞殺されたアセイラム姫に対し
感情を前に出さず淡々と人工呼吸を行う。
人工呼吸という盛り上がりそうなシーンを作っても、
伊奈帆が感情をわかりやすく前に出さないキャラであるため
落ち着いた画面・展開になっている。

a10000.jpg

ただクールな作品といっても、上記のキャプを見ると伊奈帆は汗をかいている。
つまり伊奈帆も姫の命がかかっているだけに一生懸命なのである。
伊奈帆の感情パラメーターとしては相当高いはずなのに
作品全体がクールであり伊奈帆が表面上冷静であるが故に
作品としての盛り上がりは演出的に抑制されている。
(音楽も抑制された曲が用いられていた印象)

a10-100.jpg

シーンは少し飛んで、蘇生した姫とライエの会話のシーン。
ライエの動機を聞き、ライエに詰め寄る姫。
姫は目を見せないが、涙がつたってあごにかかっている。
涙の粒が小さいので、わかりにくいのだが、
感情描写が演出的に抑制されていることを示す一例だろう。

a10002.jpg

ライエ自身の独白は、三澤さんの感情的に徹した演技で
「アルドノア・ゼロ」の中でも、感情的なシーンに仕上がっていた。
またライエの顔の表情のつけ方、顔の動かし方に極めて力を入れていた。
その一方で音楽は感情を盛り上げる方向の曲ではなく、抑制するものを使用。

どこかで感情が高ぶる感じになれば、一方で感情を抑制する演出を施す。
もしくはわかりやすく感情が高ぶることを示さない。
これが「アルドノア・ゼロ」という作品なのかなと思った。

こうした感情を抑制した演出は、
おそらくキャラクターの精細な機敏を描くという試みがあるのだろうが、
この試みの前提には、志村貴子さんのキャラクター原案抜きには語れないだろう。
つまり志村さんの絵・キャラクターだからこそ、
こうした感情を抑制した表現になっているのである。

ロボットアニメのキャラクター原案やデザインには、
私の中では派手な絵を描く方が手がけられるイメージが多いが、
その逆の端正な志村さんの絵をもって描くのが
「アルドノア・ゼロ」の試みであると思った。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/07 07:46 ] アルドノア・ゼロ | TB(18) | CM(0)

富野由悠季監督と宮崎駿監督の監督フィルモグラフィーを比較する 

はじめに

同じ1941年生まれの富野由悠季監督と宮崎駿監督。
お互いの作品がどんな時(西暦)、いつの年(年齢)でアニメの監督をしたのか。
それぞれのキャリアの比較、フィルモグラフィーをまとめてみたくなったので、
西暦と年齢と作品を対応した表をまとめてみた。


tomiya.png

まとめ

1978年に「機動戦士ガンダム」と「カリオストロの城」
1988年に「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」と「となりのトトロ」を
それぞれ同じ年に発表しているのが熱いなと思った。

富野監督は1977年の「ザンボット3」から1986年の「ガンダムZZ」ぐらいまで、
TVシリーズの監督を手がけているのは凄い仕事量だなと思った。
さらに劇場版の監督や小説の執筆も同時並行しているし。

宮崎監督もジブリという場所を得てからの
長編・短編含めて作品を途切れなく発表し続けたのも凄い。
 
あと思うのは、50代の頃は富野監督は「Vガンダム」、
宮崎監督は「もののけ姫」というような重い話を手がけているが
60代になると「キングゲイナー」や「千と千尋の神隠し」といった
元気というか前向きな作品を手がけているのが面白いなぁと思ったり。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/05 20:57 ] 調査 | TB(0) | CM(0)