FC2ブログ

「言葉」の物語としての「心が叫びたがってるんだ」論 

「心が叫びたがってるんだ」を鑑賞。
少年少女たちの青春と恋の酸いも甘いも凝縮した物語だった。

決して泣くわけではなかったが、
不思議と満足した余韻がじわじわ心に広がっていく感じだった。

青春と言葉

物語を追っていて明確になっていく
「言葉にしないと想いが伝わらない」という事は頷け、
共感をもって受け止めることができた。

一方で物語冒頭で、成瀬順が母に父親の不倫現場の瞬間を喋ったことで
成瀬家が崩壊する出来事で、「言葉」は人を傷つける事を思い知らされる。

青春時代は特に「言葉」に敏感になる。
些細な言葉の行き違い、使い間違い、乱暴な言葉が誤解や無理解を呼び
田崎大樹と野球部員のケンカのように、非難や衝突にもなる。

逆に言葉の使うタイミングや誠意ある言葉(態度)は人の心を動かす。
成瀬順が喋れないと罵倒した田崎大樹が、その後成瀬順が頑張る姿を見て
クラスメイトに地域ふれあい交流会の催し物をミュージカルでやりたいと提案し、
やる気が無かったクラスメイトの心を動かしていく。

「言葉」が人を動かし、その「言葉」を発する源は
「言葉」を使う人の心の切なる叫びだ。
その叫びが切実であるほど人の心を動かしていく。

物語後半では、成瀬順が自身に課した呪いを振りほどき、
坂上拓実に告白した恋は、坂上拓実の心を動かした。
いつもあいまいな「言葉」づかいで距離を詰めない
坂上拓実もまた成瀬順の告白によって、心を動かしたのだ。

自分の言葉が招いた両親の離婚で「言葉」を封印した成瀬順。
同じく両親の離婚で、あいまいな「言葉」で誤魔化してきた坂上拓実。
坂上拓実との付き合ってきた仁藤菜月も「言葉」をあいまいにして生きてきた。
肘の怪我で野球ができない田崎大樹は、乱暴な「言葉」を使い鬱屈していた。

本作「心が叫びたがってるんだ」は、彼ら4人が「言葉」を様々な意味で閉ざしたことで
生まれてしまった鬱屈や悩みを、成瀬順とミュージカルがふとしたキッカケで結びつき、
4人の叫びたがっている心を再び「言葉」によって解放する物語であった。

さながらそれは城嶋先生が事あるごとに言っていた
「ミュージカルには奇跡がつきものだって」という言葉にもつながる。
彼ら4人の心が解放されるのも「奇跡」なのだと。
もしかすると「心が叫びたがってるんだ」が制作できたこと自体が
奇跡だったのかもしれない。

作品作りと言葉の力

ミュージカル制作においてクラスメイトを説得するのと同じように、
おそらくアニメの制作も「言葉」が必要なのだろう。
ミュージカルもアニメも何かを作るという点で変わりはないのだから。

特に本作のようなオリジナルアニメを制作するのは、
企画段階においては無から有を作ることであり、
「言葉」を駆使して企画と物語を詰めていくことになる。
また何百人ものスタッフが関わるアニメ制作において
スタッフを参加させるには「言葉」での説得は不可欠である。

ここさけのミュージカル制作は、さながらこの作品自体が
どう作られているのかという縮図に見せているようにも感じた。
アニメを製作していく、スタッフに参加を求めていくのも、
田崎大樹のクラスメイトへの説得みたいなやりとりがあるのだろう。

ミュージカル制作もオリジナルアニメ制作もまず
成瀬順の「言葉にならない言葉」を「言葉化」することから始まり
その「言葉」に力があれば、作品作りの大きな力となっていく。

アニメ制作者とメインキャラクターの関係性

クラスメイトが動いたのは、成瀬順が描く物語に坂上拓実が共感し、
その想いがクラスメイトに伝播する。
成瀬順はミュージカルの原作者でもあり脚本家でもあった。

この成瀬の物語に坂上拓実はピアノの経験を生かし
演出家がタクトを振るように成瀬の心の中にある物語を開かせていく。

仁藤菜月は坂上拓実・成瀬順・田崎大樹の3人の中では
こうしようああしようという提案は行わず、周りの調整役に徹したと思う。


「作品は現実の自分のポジションと無関係ではない」と富野由悠季氏は言っている。
この言葉を踏まえて以上の事を振り返ると、
成瀬順は本作の物語の骨子をまとめた岡田麿里さんの分身でもあり
調整役に徹した仁藤菜月は、企画の調整役も担うもう一人の岡田さんの分身でもある。

成瀬順の物語を引き出す坂上拓実は、監督の長井龍雪さんに当てはまり
現場を動かした田崎大樹は、田中将賀さんに当てはまるのではと思った。

まとめ

玉子を、殻を割る・もしくは王子としての暗喩、
きみと君、のようなダブルミーニングを使い、
物語上に様々な仕掛けを施した構成。

「言葉」が使えない成瀬順を表現するために、
些細な所作や芝居を細かくつけることで、
成瀬順のキャラクター像を明確にした作画。

携帯電話やスマホの通信機能も、効果的に取り入れ
現代的な物語に仕立て上げることにもなった。

そして4人とクラスメイトの物語を支えたのが
様々な場面で違う町並みを見せることで物語の重層性を与えた
秩父というローカルな舞台であった。

大手住宅メーカー的な建築の成瀬の家と
昔ながらの大工が立てたような古民家的な坂上の家が
秩父の町並みに同居する面白さ。
ジョナサンやローソンもあれば、電車も神社や畑も山ある。
古きものと新しきものが混在に凝縮された魅力が秩父にはある。


何より「言葉」というテーマは重く、どんな人も避けては通れないものだ。
どうしたら人を傷つけないようにできるのか。
どうしたら人の心を動かせるのか。
そんな苦しみを抱えながら、人は生きている。

「心が叫びたがってるんだ」は上記の「言葉」で起こる人生の問題を
青春と恋と秩父という舞台を用いて、描いた作品なのだろう。
4人の本当の物語はこれから始まるのだから。
そう期待させたくなるようなラストだった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/09/20 16:28 ] アニメ映画 | TB(0) | CM(1)

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』を読んで 

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』を読む。



タイトル通り「宇宙戦艦ヤマト」の製作・制作の原動力となった
故西崎義展氏の生涯を振り返った本だ。

断片的には西崎さんのヤマトの制作や会社経営のエピソードは語られていたが
一冊の本にしてまとめると、物凄い濃い話が満載で、スラスラ読んでしまった。

虫プロ商事に入社1週間で、化粧品会社の広告を取ってきた
あっという間に手塚治虫先生のマネージャーになったなど
西崎さんの企画力、実行力、資金集めの力、
作品製作におけるプロデュース力の高さが伺えるも
一方で周りに苦労や経済的損失を被らせることも行い
功罪がくっきり分かれた方だと改めて思った。

才能ある方を重用しつつも利用し尽くし、
金と権力で従わせる冷酷な独裁者としての振る舞いが強いが
「ヤマト」にかける思いだけは、本物であり
他の誰にも寄せ付けない愛があったのは本当のようだ。

逆にいえばヤマトへの思いが強すぎて、
ヤマト以降はヤマトに縛られた作品作りしかできなかったのが
西崎氏の限界のようにも感じられた。

西崎さんの功績

この本にも書いてあるが、西崎さんが世に知らしめたことが二つある。

①宇宙戦艦ヤマトの商業的成功で、オリジナルアニメが商売になることを見せつけた
②個人プロデューサーの存在を世に知らしめた

①に関しては、ヤマトの成功によってSFアニメブームが起こり、
中高生のアニメファン層の拡大により、後のガンダムの商業的成功の下地を作った。
ヤマト・ガンダムの商業的成功によって、劇場アニメの増加やOVAへの流れに繋がった。

海のトリトンの権利関係について

私が個人的に注目していたのは、
手塚先生原作、西崎さんがプロデュース、富野喜幸(現:由悠季)さんが監督した
「海のトリトン」の権利関係についての手塚治虫先生との新情報があるかどうか。

本を読む限り、西崎さん・手塚先生が亡くなられた今、真相は闇の中といった感じで
目新しい新情報はこの本では掴むことはなかった。

本の中では手塚先生は「海のトリトン」のアニメ化にこぎつけた
西崎さんのプロデュース力を最初は評価していた。
トリトンで手塚先生と西崎さんの間で取り交わされた契約があったらしく、
最初は両者合意していたが、後に両者は契約内容で破断したことまではわかる。

参考:ヤマトの西崎義展氏と手塚治虫氏とガンダムの富野由悠季監督の関係~海のトリトンの頃

富野監督も「アニメ界で敵だと思ったのは西崎だけ」とこの本で言っている。
富野監督にはヤマトの内容が受け入れがたいのに大ヒットしたことから
ヤマトに対抗する為にガンダムを作ったという思いがあるようだ。

本に書かれていた西崎氏の注目トピック

・西崎氏のオフィス・アカデミーは、ヤマト以前は
アニメのキャラを使ったカレンダー制作を行っていた。

・ヤマトが大ヒット中に、出資していた食品会社が不渡り手形を出し
手形回収の為に、田中角栄に救いを求める。

・安彦良和氏が機動戦士ガンダムの制作中に倒れた時に
「自分の言うことを聞かないから病気になるんだ」と言い放ち、
札束の見舞金を置いていく(後で見舞金は返しに行く)

・安彦良和氏も、ヤマトの製作会議中に
ちょうど放送される「機動戦士ガンダム」の1話を
どうしても西崎氏に会議中に見せてほしいと言い、
ヤマトに自分の気持ちは無いことを間接的に西崎氏に伝えていた。

・カンヌ映画祭に参加し、外国の映画関係者に「ニシザキ!」と存在感を与えた

・獄中から養子の彰司氏を通して「ヤマト復活編」の準備を整える

・映画「SPACE BATTLESHIPヤマト」の内容に口出しし始める、
プロデューサーから口出ししないよう交渉されると、
西崎氏は原作料5000万円を2億にしろと要求し、見事2億ゲット。

・ヤマト復活編において、70才を過ぎても全権主導の制作スタイルは全く変わらず

・会社が潰れる時には、事前に他へ資金移動しつつ、誰がに負債を被らせている。

まとめ

本の内容は西崎氏と金の動き(+女性関係)をメインに据えつつ追っている。
アニメの内容以上に、プロモート・プロデュース・会社経営に主軸が置かれ書かれている。
その中で家庭を疎かにしつつも、仕事もしくは女性といることで孤独を紛らわし
一人を嫌がり孤独に耐えられない性分でもあったようだ。

芸能界からアニメ界に入ってきた西崎氏は、当時のアニメ界では異端だったのだろう。
芸能界的な興行の概念を持ち込み「宇宙戦艦ヤマト」を商業的成功に導いた。

1970年後半のアニメ界に新風を巻き起こし、後の商業アニメに大きな影響を与えたヤマト。
このヤマトを作った西崎氏を振り返る上で、貴重な資料となる一冊だ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/09/12 21:13 ] ニュース | TB(0) | CM(1)

3DS版「ドラゴンクエストⅧ」のゼシカエンドについての雑感 

3DS版「ドラゴンクエストⅧ」をずっとやっていた。


 
本編はクリアし、追加の隠しボスや新要素もあらかた片付けた。
(写真クエストとモンスター・バトルロードのランクSSが残っている)

3DS版で驚いたのが、主人公と仲間のゼシカが結ばれる
通称ゼシカエンドが追加されたことだ。

ドラクエⅧは好きで、周回プレイを何回もしたが
私は主人公とゼシカをカップルとして全く見ることがなかった。
理由は二つある。

まず一つ目に、主人公とゼシカは目的を一緒にした仲間であり、
冒険の途中では、互いを異性としてみる描写がなかったから。

二つ目にゼシカは旅の目的にもなった死んだ兄への思慕がとても強く、
PS2版をやった時は、兄思いのゼシカが主人公を好きになるとは思わなかったから。

この二つの理由で、主人公とゼシカをカップルとして見ていなかった。
3DS版ではそんな二人がカップルになるエンドがあるのだから、
ファンの間では、主人公とゼシカのカップリングを望む声はあったのかもしれない。


3DS版のゼシカエンドは、ゼシカが故郷のリーザス村に戻り
死んだ兄の墓参りをするイベントのフラグを立てて発生する。

そしてEDでは主人公がゼシカへの思いを正直に告白し
旅してきたゼシカが死んだ兄を主人公に重ねることを告白することで、
互いに異性として意識するという繋げ方をしている。

まずゼシカの兄への思いがあって、その思いを主人公に繋げていく。
二人を結ぶのに、妥当な見せ方だと思う。

何にしても、そもそも主人公とゼシカがくっつくという想像力がなかったので
自分では想像できない新しい物語の結末が見られたのが良かった。
またED最後の主人公に惚れているゼシカの健気さは、
PS2版では中々見られない姿であり、
ゼシカというキャラの新しい一面を竹達彩奈さんの演技で見せてくれたのも良かった。
 
ドラクエⅧ好きなら、3DS版もやってほしいと薦めたい。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/09/09 20:09 ] ドラゴンクエスト | TB(0) | CM(0)