FC2ブログ

「鉄血のオルフェンズ」9話は盃と結婚を通し、今までを決算し大人になる物語である 

「機動戦士 ガンダム 鉄血のオルフェンズ」9話を視聴。

オルガと名瀬が盃を交わし、
鉄華団がタービンズ預かりになる話。

oluhenz9000.jpg

SFで宇宙と未来の世界を扱うガンダムで
任侠道の世界を見せてくれるのは新鮮で面白かった。

また今回は今までの「鉄血」の物語を
まとめるような、中間決算するような話だったと思う。

様々な大人達

鉄血のオルフェンズは
オルガや三日月といった子供のオルフェンズ(孤児達)が
大人達の思惑によって翻弄されつつも
それでも自分達の居場所を作り求めていく物語であった。

CGSのマルバ・アーケイ、ハエダ・グンネルのようなCGSの大人は
保身的で姑息で高圧的な気質であったが、
現実的で生きる事に切実なオルガや三日月によって倒される。

ギャラルホルンのクランク・ゼントも子供達に理解を示したように接したが
三日月との現実認識の差があり、クランクも三日月に倒される。
最初に出てきた大人達は、子供達に無理解な存在であり、
子供達の現実認識の方が過酷でリアルである事が描かれた。

次に出会った大人達は名瀬とタービンズの女性達。
最初はタービンズと交戦するも、戦いを通して名瀬は鉄華団を認める。
多くの女性を愛し子供も含めて家族を愛し、組織をまとめる
名瀬の姿はオルガに頼れる大人像を見せる。

oluhenz9-2000.jpg

名瀬の父のマクマード・バリストンも、クーデリアに前を進む覚悟を問いかけ
今までの大人達と違った、きちんとした大人の姿を見せる。
名瀬とマクマードを通して、まともな大人達を見せていく。

大人と子供と家族

大人とは何か。鉄血では家族を作れる・家族の主であると問いかける。
前回、名瀬はオルガの話を通して鉄華団は家族のようであると評する。
この名瀬の言葉を聞いて、オルガは家族として団を守る決心を固める。
ここで本作が家族の物語であることが鮮明になった。

今回、鉄華団のオルガがタービンズの名瀬と盃を交わす。
これは組織同士が結ぶ結婚である。
鉄華団が家族を守るために新たな家族と結ぶ選択でもある。

生きていく中で人も変われば組織も変わる。
結婚もして子供を産み、盃も交わす。
今回のオルガのように酒に酔いつぶれる。
そんな変化も全て大人になることへの道であり、
家族である鉄華団を守り、未来の道を示していくことでもある。

まとめ

盃を交わすことは、組織を通しての大人の「結婚」を比喩的に描き、
子供が大人になっていく過程を見せていくようでもあった。

任侠的世界を使ったのも、血の繋がりの無い鉄華団の家族性を
一番家族を記号的に伝わりやすく描くためなのだろう。

家族の長たるオルガもある意味結婚し、大人になったわけであり、
今後どう変化していくのが楽しみでもある。

oluhenz9-1000.jpg

ノルバが夜の世界に繰り出し、大人の味を覚えるのも、
別側面で大人への通過儀礼を描いたというべきか。

一方で任侠の世界の「盃」を通して、本作が描かれている事。
ギャラルホルン、引いては宇宙と世界を相手にしなければならないであろう
鉄華団の今後の運命は、やはり過酷である。
その点でも「結婚」を描いた今回は、鉄血が終わった後に振り返ったら
幸せの刻を描いた瞬間になるのかもしれない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ガールズ&パンツァー劇場版-遊園地と戦車道の虚構性 

「ガールズ&パンツァー劇場版」を鑑賞。
戦車戦に次ぐ戦車戦、2時間の殆どが戦車戦という
圧倒的なボリュームにただただ圧倒された。

遊園地と戦車道

大学選抜との決着の場所が廃遊園地なのが気になった。

遊園地は作り物の世界だ。そんな作り物の世界の中で、
戦車道という極めて作られたフィクショナルな価値観の元で
戦車という現実にあるものを使い戦い合う。

戦車道という虚構性が、
虚構でできた遊園地を通して描かれているようにも見えた。
また戦車道が、いやガルパンの世界が
遊園地のように楽しい世界である事を強調しているようにも見えたし、
一方で廃れた遊園地は、作り物の世界の寂しさも見せていたと思う。

ガルパンの世界が遊園地的な虚構性で出来ていると感じずにはいられなかった。

おわりに

いずれにしても、遊園地での戦車道は虚構を虚構で固める印象を受けつつ、
圧倒的に説得力ある戦車戦に2時間酔いしれる事ができた。
  
戦車道という大きなウソ、虚構を作りながら
戦車や戦車戦は設定・設定考証を念入りに行う。
この虚構と現実との考証の入り混じる様がガルパン世界の面白さだと思う。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/11/24 20:20 ] ニュース | TB(2) | CM(0)

「鉄血のオルフェンズ」の家族論-鉄華団とタービンズ 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」 8話を視聴。

タービンズの名瀬がオルガと鉄華団との取引を認め、
鉄華団がテイワズ傘下に入れるように勧める。
オルガは名瀬との交渉で、自身の子供っぽさを感じ、
三日月はさらに頑張らないといけないと感じていた。

鉄華団とタービンズ-家族のありよう

今回のキーワードは「家族」。

名瀬が鉄華団の面々をバラバラになって
仕事を斡旋する提案にオルガが反発する。

oluhenz8000.jpg

オルガは名瀬に鉄華団とは
今まで流された血と、これから流す血が混ざって
鉄のように固まっているので離れられないと話す。
そのオルガの仲間への想いを名瀬は「家族」という。

オルガにとって家族とは意外な言葉だったのかもしれない。
オルガも三日月も他の鉄華団の面々もおそらくは、
仲間だとは思っていただろうが、家族とは思っていないから。
鉄華団は肉親同士ではなく、肉親達と切り離された存在。
家族を失った子供たちの寄り集まりなのだから。

そんな彼らも血を流しあい混ざりあうことで鉄のような固い関係になる。
オルガの想いをズバリ的確に言った名瀬はまさに本作の「大人」であり家族の長だ。

oluhenz8001.jpg

名瀬もまた艦内の女性が全て自身の妻であり、
艦内に腹違いの5人の子供とさらに大きい子供達もいる点から、
今の日本からみれば極端な家族・家族構成を見せている。

血の繋がった関係性は無いが、仲間達の血が合わさった鉄華団。
一人の男と複数の女達の血の繋がりでできたタービンズ。
二つの組織は、肉親の血の関係性においてとても対照的だ。

おそらくタービンズは、鉄華団という横(仲間)の繋がりでできた擬似家族的組織に対し
鉄華団の組織を有り様を対照的に映させるために設定されたのだろう。
この点を踏まえると「鉄血」の物語は「大人」「子供」と共に
「家族」も強いキーワードになっていくのだろう。

そして名瀬や彼女達の言動をみると、名瀬が信頼に足る家族の長であり
名瀬もまた家族を守りつつ、生きていく覚悟ある大人として描かれている。
だから青臭くても鉄華団の家族を守ろうとするオルガの言葉に
名瀬は自身が青臭かった頃の姿をオルガに重ねつつ、思うところがあったのだろう。

oluhenz8002.jpg

子供のオルガと大人の名瀬。
前回の戦闘ではオルガが名瀬を認めさせたが、
今回のように「家族」の問題になると大人が一枚上手のようだ。

まとめ

今回で始めてタイトルの「鉄血」の核心たる「家族」に触れた意味でも、
本作が家族として仲間たちと生き抜く物語なのが浮き彫りになった。

前回の戦闘回では戦闘の魅力を存分に描き、
今回のような艦内メインの話では物語のキーワードを見せていく。
シリーズものとして手馴れた構成でありつつも、
毎回きちんと新しい物語を見せてくれる点で、本作は面白い。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

子供が大人と渡り合うには-「鉄血のオルフェンズ」7話のやんちゃ性と画面演出について 

はじめに

タービンズの名瀬・タービンが鉄華団と接触。
オルガは名瀬の要求を呑めないとして交渉は決裂。
タービンズは実力で鉄華団を抑えようとする。

大人のタービンズ-子供の鉄華団

「鉄血のオルフェンズ」を読み解く主要なキーワードとして
「子供と大人」が挙げられると思う。

過酷な環境下で生き残ってきた子供達の鉄華団が、
生き抜くために立ちふさがる大人達に対抗していくのが
「鉄血のオルフェンズ」の物語の骨子だと思う。

今回、鉄華団に立ちふさがったタービンズは大人達である。
それは今回の最初のカットがペディキュア(足指にマニキュアを塗る)を行う
ラフタ・フランクランドの姿でわかる。

oluoppai7002.jpg
oluoppai7000.jpg

足指にマニキュアを塗るのは、大人の女性的な振る舞いである。
最初にこのシーンを見せてきたのは
今回は大人の女性が鉄華団と関わってくるかという話の宣言のためだ。

oluoppai7-2000.jpg

名瀬・タービン。長髪の無精ひげに帽子をかぶったキザな大人。
よくよく見ると大人的な記号で固められたキャラクターである。
ギャラルホルンのマクギリス・ファリド、ガエリオ・ボードウィンとは違った
大人側のポジションとして。OPを見ても恋愛にも奔放そうであり、
長く鉄華団に挑んでくる存在なのだろう。

oluoppai7001.jpg

アミダ・アルカ。姐さんと呼ばれ大人の色気を存分に発揮しているキャラクターだ。
声が田中敦子さんなのも、大人の女性としてこれ以上にない配役だ。

アミダ・アルカ、ラフタ・フランクランド。この女性二人は名瀬の彼女である。
つまり恋愛している点においても、大人であることを強調している。

今までの鉄血のオルフェンズで登場してきた大人達は
ギャラルホルンの二人以外は殆どがオッサンキャラだったのに対し
今回のタービンズは大人の女性を登場させてきたのが明確な違いといえる。
今まで男キャラが多かった本作において、華が広がったという感じだ。

子供が大人と渡り合うにはーそれはやんちゃ

名瀬のタービンズが女性達が多い組織だとしても
彼女達はMSを操縦するのだから、決して甘い考えの持ち主たちではない。
描写描写を見ても、戦闘のプロであることが強調されている。

そんな大人達のタービンズに子供達の鉄華団はどう立ち向かうのか。
大人であること。さらに相手に背後を取られ不利な状況であること。
この事は、タービンズが上手(左側)、鉄華団が下手(右側)にいることでも描かれる。

oluoppai7-3000.jpg
※上手(右側)から下手(左側)へ向かうタービンズ。

oluoppai7-3001.jpg
※下手(左側)で迎え撃つ鉄華団

大人を上手、子供を下手と見立てて、
鉄華団を不利そうに見える空間作りに成功している。
では鉄華団はどう状況をひっくり返そうとするのか。

それは鉄華団の面々が「やんちゃ」性を発揮することだ。
「やんちゃ」であるとは、平気で命を投げ出せる行動にでること。
今回、その「やんちゃ」を見せた瞬間が、イサリビがハンマーヘッドにすれ違う瞬間。

oluoppai7-4000.jpg

ミサイルで煙幕を張り、逃げようと見せかけてハンマーヘッドのいる側に進路を取る。
まず相手の予想外の方向へ逃げる巧みな戦術かと思わせておいて、
実は本当の狙いは、船同士がすれ違った瞬間に
オルガ達がハンマーヘッドに乗り移り侵入することにあった。

名瀬も言っていたが、あのスピードで船同士が接触し敵艦に乗り移るのは、
死ぬリスクが極めて高い行動である。そんな行動を躊躇なく取る。
オルガの行動は勇気ともいえるし、やんちゃでもある。
ただ大人側のタービンズに一本取った瞬間でもある。

oluoppai7-4001.jpg
※イサリビを追撃しようと反転するハンマーヘッド

さらにいえば、ハンマーヘッドの頭上を超えて突き進むイサリビを
ハンマーヘッドが反転したことで、

イサリビ=鉄華団=子供が上手(右側)
ハンマーヘッド=タービンズ=大人が下手(左側)
の構図に状況が変わったことを意味する。

つまりイサリビのハンマーヘッド越えによって
上手と下手の立ち位置が変更しされ、
子供が大人を乗り越えたという見方ができる。


さらにMS戦闘においても

oluoppai7-5001.jpg

oluoppai7-6000.jpg

鉄華団のMSであるバルバトスとグレイズ改が上手側(右側)に回り、
タービンズのMSの百里と百練が下手側(左側)に回るようになる。

三日月も昭弘も命を張ることに躊躇がない。
ある意味やんちゃな二人がタービンズのMSを釘付けにしたことも、
イサリビのハンマーヘッド越えを可能にした状況を作り出した。
命を張るやんちゃ性が、状況と画面の立ち位置をも変えていく。

「大人と子供」という本作の重要なキーワードを
こうした画面における敵味方の配置で巧みに表現する。
アニメの演出の醍醐味の一つだと思う。

まとめ

鉄血は戦闘シーンが面白い。
戦闘がメインの5話と7話の脚本が鴨志田一さんなので
今後も戦闘回は鴨志田さんが担当されるのかもしれない。

基本的に鉄華団が置かれた状況は不利であり、
見に降りかかってくる火の粉を消さなくてはいけない。
そんな不利な場面作りを毎回趣向を凝らしながら作り
最後は形勢逆転してカタルシスを与える展開にもっていく。
一方で物語の骨子である「大人と子供」の関係性を交えながらも
戦闘シーンを描いていく本作の巧さは秀逸だと思う。

今回の戦闘の結果、戦闘は取りやめになり
名瀬は鉄華団と話し合うことにしたと言うがその真意はいかに。
大人が子供を認めたのか果たして…。
戦闘の余韻を残しつつ、次回を迎える「鉄血のオルフェンズ」。
毎回、楽しみな作品だ。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

「鉄血のオルフェンズ」の物語の積み上げ方-三日月とオルガの関係性と文字の読み書き 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」6話を視聴。

今回は三日月達が読み書きをするシーンに心を打たれた。
それは文字の読み書きから作品を積み上げていことする
姿勢に驚いたからでもあった。

生きるために文字を覚える三日月の強さ

文字が読めないことが間接的に語られてきた三日月。
今回もクーデリアの地球に行く動機を語る具体的な内容には
興味関心をあまり示していなかったようでもあり、
文字を覚えることに興味がないように思えた。

そんな三日月がクーデリアに読み書きするメリットを説かれて、
心を動かされ、勉強することにした。
気づいているのか気づいていないのか
クーデリアに対して三日月は惹かれているのかしれないし、
お姫様とも称されるクーデリアのカリスマ的魅力なのかもしれない。

なぜ三日月は文字を覚える気になったのか。

野菜を育てる大きな農場を作りたいため
MSの整備を手伝えるようにするため
と三日月は具体的な動機を言う。

野菜作りという将来への夢や展望、
もしくはMS整備という近々で覚えておきたい技術習得
三日月から出る言葉は、具体的に生きようとする
強い意志を持った人間のオーラを感じる。

日本人にとっては文字の読み書きの習得は当たり前のことだが、
鉄血はその当たり前を当たり前のものとして描かない点で
火星に住んでいた子供達の状況を的確に描き出しているのだと思う。

三日月とオルガ-見て見られて成長する二人の関係性

この三日月のオーラを最も強く感じているのがオルガであった。
強いリーダーシップで鉄華団を率いていこうとするのも、
クーデリアの地球までの護衛という難問をやり遂げようとするのも
全て三日月の目、三日月の思いに応えようとしたいというのがオルガの気持ち。

oluoppai6000.jpg

5話まで見ていると、オルガの内面的な描写が控えめであったがために
オルガが三日月を導いているという見方で鉄血を捉えていたが、
今回で三日月に見られているオルガが、オルガとして振舞うように
応えている構図が明らかになったのがわかった。

oluoppai6002.jpg

三日月とオルガが語らうシーン。
船の窓ガラスに映る反転した二人の姿から、二人の語りを映しているのだが、
こうしたシーンを見ると、オルガが三日月を導いていたように見せかけて、
実は三日月に見られているオルガが三日月の期待に応えて動いていたという
二人の関係性が反転したように見える意図があるのかもしれない。

三日月はオルガの背中を見て、オルガの期待に応えて成長・変化し
オルガもまた三日月に見られて、そのプレッシャーで成長・変化していく。
こうした共に共生していく関係は親子的(オルガ:親。三日月:子供)であるのかもしれない。
そんな二人の関係性が垣間見れたのが良かった。

まとめ

今回の脚本は土屋理敬さん。

oluoppai6001.jpg

「かみさまみならい ヒミツのここたま」「プリパラ」のシリーズ構成など
キッズ向けアニメでも力を発揮されている方が手がけたのか、
子供キャラに注目した・視線に寄り添った印象を持った話だった。

文字の読み書きを習得するという三日月の姿勢から
三日月のオルガの関係性を見事に描き出した鉄血6話。
戦闘シーンは無くとも、鉄血は面白いことを
4話の農作物回に続いて証明した6話だった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

鉄華団はさくら荘である-「鉄血のオルフェンズ5話」の鉄華団のチームワーク性について 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」5話を視聴。

はじめに

クーデリア地球への旅立ち。
ギャラルホルンのMSはイサリビを拘束し
クーデリアの身柄を引き渡すように伝えるものの、
この状況を想定してたオルガと三日月。
三日月はバルバドス出撃し、MSを引き付け
後方からのオルクスの船は昭弘が引き付ける。

鉄華団に不利な状況が訪れるが
小惑星を上手く利用して形成を逆転。
ユージンが身体を張る。

コーラルはマクギリスとガエリオを差し置いて
自ら出撃するが、バルバドスに負ける。
そして戦場で三日月とマクギリスとガエリオは交戦し
お互いの存在に気づくのだった。

鉄華団のチームワークについて

今回、印象に残ったのは鉄華団のチームワークの良さだ。

oluoppai5-1000.jpg

オルガはトドが裏切ることを想定し、
予め三日月にガンダムを準備させ状況に備えた。
また前回で昭弘に別行動を取らせて、
オルクスの船への対抗と三日月のバックアップを行わせた。

oluoppai5-1001.jpg

また状況の打開のために小惑星を利用することを思いついたオルガ。
オルガは自ら出向こうとしたが、ユージンが「大将はどんと構えること」と
オルガを諭し、自らが小惑星にアンカーを打つ仕事に出向く。

5話まで見ていて鉄華団は決して友達のような仲良し集団のようには見えない。
ただ仕事を行うときに抜群のチームワーク性を発揮しているという印象を受ける。

頭がよく全体も見渡せ、変わり行く状況にも的確な対応ができるオルガ。
そのオルガの考えをよく理解し、戦場での状況に対する判断が的確な三日月。
同じくオルガの良き理解者であり、作戦面でサポートをするビスケット。
オルガに文句を垂れつつも、時には身を呈して仕事をする事を証明したユージン。
ユージンと同じでオルガとは違う立場ながら、MS操縦などの仕事をした昭弘。

鉄華団のメンバーが、それぞれに的確な仕事をしていた事が
総合的には立場や戦力では圧倒的に上であろうギャラルホルンを
局地戦で撤退することに成功させることができた。

生まれも育ちも違うであろう鉄華団の面々が、
置かれた立場は不遇であった子供たちが協力をしながら、
トドといったこずるい大人を手玉に取り
さらにはマクギリスとガエリオといった有能な人物も互角に戦う。

生きるか死ぬかでずっと生きてきたであろう鉄華団にとっては
戦いの部隊が宇宙での戦闘・MS戦になっても
その戦う本質は変わっていないことを知っているのかもしれない。
それは考えは違えども、互いの考えを理解し協力することが
戦いを勝利に導くことを鉄華団は知っているのかもしれない。

さくら壮のペットなガンダム

今回の脚本は鴨志田一さん。
「さくら壮のペットな彼女」の原作者であり、鉄血では設定考証も担当。

そんな鴨志田さん視点で見ると、
個性が違う人間が一つの組織(鉄華団)にいる様子は
さくら壮的に見えるのかもしれない。
さくら壮も恋愛関係などもありつつ、
個性的な集団が一つの場所でがんばる姿を描いていた。

今回のEDで鴨志田さんが脚本であることがわかり
さながら鉄華団はさくら壮?みたいな感じで今回を受け取ってしまった。

おわりに

oluoppai5-1002.jpg

今回のベストショット。アオリのガンダムはかっこいい。

鉄華団のチームワークの良さは
この作品を作っているスタッフのチームワークの良さにも繋がっている様に感じる。

本作はガンダムBF、そしてガンダムBFTのスタッフが多数参加しており
おそらくこの2作の流れに続いて鉄血のスタッフは集められている。
(※BF・BFT・鉄血のプロデューサーは同じ小川正和さん。)
同じスタッフでやり続ける事でスタッフワークの練度が上がっていると推測できる。

長井監督と岡田磨里さんはこの流れとは違う形で参加しているが、
二人の間の相性の良さは今までの作品で証明されている。

そんな作品作りのスタッフワークの良さを感じさせる作りと
鉄華団のチームワークの良さがシンクロするような感じを受けたのが
今回の鉄血5話の見所だった。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

ここ10年で好きなアニメのOPを挙げてみる 

ここ10年で放送されたアニメで好きなOPを放送年ごとに分けてみた。

2005年:ぱにぽにだっしゅ

  始めて見たときは衝撃的だった。
  色使い・画面のつくり方など尾石達也さんの珠玉のセンスが光る。

2006年:ガイキング -LEGEND OF DAIKU-MARYU-(2)

  金田伊功さん最後のTVアニメの仕事。健在ぶりを発揮し話題になった。
  OPアニメ職人大張正巳さんの持ち味が存分に出ている。

2007年:のだめカンタービレ

  ウテナ以降、アニメの仕事が少なかった幾原邦彦さんの久しぶりのOP演出。
  音と絵のシンクロが心地よいOP。

2008年:喰霊-零-

  作品が好きなので、OPも好き。
  あおきえいさんの鳥の演出が光る。

2009年:咲 -Saki-(1)

  田中宏紀さん一人原画。

2010年:それでも町は廻っている

  梅津泰臣さん演出。
  ポップな曲調と映像と女子高生の姿に目を奪われる。

2011年:セイクリッドセブン

  山本沙代さんのOPも良いが、個人的には南里侑香が歌う方が
  動かし方や爆破があるので好き。

2012年:キルミーベイベー

  頭身が低いコミカルなキャラクターに似合わず
  爆破やエフェクトがガチでかっこいいOP。中毒性のある歌も良い。

2013年:黒子のバスケ 2期

  バスケ特有の動きの粘りとスピード感を表現した中澤一登OP。

2014年:ピンポン THE ANIMATION

  かっこいいとしかいえないOP。

2015年:アブソリュート・デュオ
  
  江畑諒真さんのタイミングと動かし方が光るOP。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/11/01 10:58 ] ニュース | TB(0) | CM(0)