FC2ブログ

「鉄血のオルフェンズ」は「心が叫びたがってるんだ」であるーオルフェンズの総評 

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」25話「鉄華団」を視聴。

tekketu25-1000.jpg
※サブタイトルが出る直前のこの絵が美しい。この絵を見せたいがために、
オルフェンズの物語を帰納法的に作ってきたのではないだろうか。


1話の感想記事で、長井龍雪・岡田麿里コンビの映画になぞらえて
「ガンダムが叫びたがってるんだ」と書いたのだが、
案外、1期最終話はここさけではないかと思った。

その理由として
アイン、ガエリオ、マクギリスが、
そしてクーデリア、オルガ、そして三日月のみんなの
「心が叫びたがってるんだ」といえるように
思いの丈を吐き出した展開になったからだ。


tekketu25004.jpg

アインはクランク二尉への思いから、
クランク二尉を殺した三日月とバルバトスとクーデリアに対し
自らの正義心の全てを三日月に叫ぶ。
そんなアインの叫びを三日月は悉く否定するのだが…

tekketu25001.jpg

ガエリオは自身を裏切ったマクギリスに対し
カルタのマクギリスへの思いと、マクギリスへの怒りを叫ぶ。
ガエリオも叫びもまた、マクギリスに蹂躙される。

tekketu25002.jpg

マクギリスは、ガエリオへの友情心と怒りだけが
自分の心に響くことを穏やかに叫ぶ。


tekketu25003.jpg

クーデリアは会議上で、ギャラルホルンが生み出す歪みと
火星と鉄華団の為に勇気を出して全てをぶつけて叫ぶ。

tekketu25005.jpg

オルガは前回、作戦のために死んでくれと言ったが
マカナイを送り届け、目的達成後「生きろ」と鉄華団に叫ぶ。
この叫びこそ、オルガの本心なのだろう。
そしてオルガは、三日月への想いも叫ぶ。

三日月は戦いの為に、バルバトスに自身の体を捧げ
阿頼耶識のさらなる解放?を行うよう静かに叫ぶ。


tekketu25-2000.jpg

アトラも番外的だが、アトラの三日月への思いも
彼らと同じように心から叫んでいるのだろう。

こう振り返ると、主要キャラの本心というか本音を
心から叫んでいく展開であるのがわかる。

言葉にしないとわからないものもあると
長井・岡田コンビの「心が叫びたがってるんだ」は描かれていたが、
オルフェンズもその延長線上的に、
各キャラの心の叫びを描いたように思えた。

まとめ

鉄血のオルフェンズの総評をまとめたい。

本作は鉄華団という任侠的繋がりとしての擬似家族を描き
その中で大人の理屈では彼らを救えず、報酬(生きる糧)を得ることこそ
子供たちが生き残る方法であるという物語を描いてきたと思う。

この報酬を得る中で起こってしまう、犠牲(人の死)を乗り越えて
オルガなり三日月なりが死を背負い生きていく事を描きつつ、
一方で散っていったフミタンやビスケットのように
大切なものを身をもって守ることも描いていた。


MSの戦闘シーンは高レベル。
序盤は何話かに一度という感じで戦闘シーンは描かれていたが、
後半はボリュームが増え、満足感ある仕上がりになっていった。

接近戦・格闘戦を金属の質感をも表現しながら
重量感溢れる作画で描いたのは
TVシリーズのアニメとして凄かったと思う。

また序盤の宇宙での戦闘シーンは、
互い勢力の作戦の妙味が描かれたのも面白かった。

横山克さんの音楽もまた耳に残るものであり、
重要なところでかかる曲で、盛り上がれたと思うし、
MISIAの「オルフェンズの涙」はとても良かった。


2期は火星への帰り道を描く物語になるだろう。
今来た場所は本当にたどり着く場所の中継点。
宇宙戦艦ヤマトでいえばイスカンダルだ。

そしてラスボスになりそうなマクギリス。
最後は三日月と戦いそうでもある。
三日月はアインとの戦いで阿頼耶識システムを酷使し
目と手の機能を失っているが、
最後には両目とも失ってしまうのかという予感を抱かせる最後だった。
三日月の目が特徴的にデザインされていたのも、
この事を描きたかったためだろうか。

いずれにしても秋の2期が楽しみである。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

「鉄血のオルフェンズ」と正しさ-未来の報酬 

鉄血のオルフェンズの世界でいう正しさとは何か。

tekketu24000.jpg

今回24話で、マカナイを市街地に送り届ける為の
最後の作戦をオルガがみんなに伝えるシーン。
そこでオルガは鉄華団という一つの家族のために
個々人の命をチップにして、未来の報酬を手に入れようとみんなに伝える。

年端もいかない子供達に分が悪い命のやり取りを強いるオルガ。
そしてそのオルガの想いに強く共感する鉄華団。
狂信的ともとれる彼らの信念。

大人のメリビットは、命を賭ける作戦に反対する。
子供達を囮にし、みずみず命を失われる作戦は正しくないと。
しかしメリビットの正しさは、鉄華団には届かない。

最後、メリビットは子供達の姿を見て何も言えずただ泣くのみであった。
同じく大人のナディもまた間違っていることを知りながら、
彼らをフォローすることに徹する感じで見守る。

鉄血のオルフェンズを見ていると、
いわゆる「正しさ」では鉄華団を救えない事がうかがい知れる。
元々の母体が、火星の貧困層集団であるのが大きいのだろう。
彼らを救えるのが「正しさ」ではなく「報酬」(未来の報酬)だけなのである。

だから正しさ以上に、報酬に近づける考えがあればそれに従う。
キャッチコピーの「いのちの糧は、戦場にある。」を思い出してほしい。
この鉄華団の理念に関しては、このキャッチコピーが全てであり、
どんな手段でも戦いに打ち勝ってでしか、糧(未来の報酬)は得られない。

「子供の命が大事」というメリビットさんの「正しさ」では糧と報酬を得られない。
モラル的に間違っているとしても、そうまでして生きなければならないのだと。


鉄華団の敵であるMSと一体化したアインもまた「正しさ」から外れた存在になった。
(※本人が望む望まないにも関わらず)
ただクランク二尉の仇討ちに殉じ、クーデリアを亡きものにしようとする。
目的のために手段を問わない存在としてアインもまた浮上してくる。


こうして見ると味方・敵ともに、いわゆる「正しさ」から外れながら
彼らの思うように生きていく様が描かれる。

tekketu24001.jpg

特に今回は特に鉄華団・テイワズメンバーの死が壮絶に描かれ、
正しさから外れた「未来の報酬」に対する代償の大きさがクローズアップされた。
そんな大きな代償を払うものの、それでも生きていかなければならないのが
鉄血のオルフェンズという物語なのである。

人の心を動かすのは正しさ以上に
間違っているようにみえても当人達を共感させる強き理念を描き
正しさ以上に大事なもの(信念)を描く。

そして今までの展開と照らしわせて結論づけるなら
フミタン、ビスケットのように誰かの為に命を張ることこそ
本作でいう正しさなのかもしれない。
そんな物語のように鉄血のオルフェンズの24話は感じられた。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

鉄道と雪のモチーフからみる「鉄血のオルフェンズ」 

「鉄血のオルフェンズ」23話はカルタが散る物語であった。

tekketu23000.jpg

そんな鉄血のオルフェンズだが、
モチーフ(テーマを描くために用いられるもの)が明確な作品だ。
今回でいえば鉄道(鉄道は前回から)と雪だと思う。
そしてこれらを通して鉄華団とカルタを描いていたのだと感じた。

鉄道=鉄華団の進む道

tekketu23001.jpg

まず「鉄道」。
蒔苗 東護ノ介を一直線に送り届ける鉄道。
往路しかなく、帰り道がない鉄道。

ビスケットが死んでも、鉄華団の歩みを止めることができない。
突き進むしかない。そんな鉄華団の心情そのままに鉄道が動いているかのようだ。

tekketu23002.jpg

そんな鉄道の歩みを止める、カルタ・イシューは間違いなく敵。
少なくとも鉄華団・特に三日月は強く認識する。

彼らにとってカルタの誇りや決闘という提示は無意味なものでしかない。
鉄道を止めた(=鉄華団の先の道を止めた)時点で敵なのだ。
ここでも鉄道というモチーフが明確に機能している。

tekketu23003.jpg
※かっこいい

三日月は相手の隙を突いて、カルタを含めた3体のMSを一掃する。
まるで道を塞ぐものを片付けるかのように蹂躙する。

オルガが主導し、三日月がオルガの理念を具体的に示した場面。
オルガはためらいを見せる瞬間もあるが、
オルガの決断の先にあるのが三日月の行動なのだ。

雪=現実の厳しさとカルタの純真な精神

さて今回、もう一つのモチーフであろう「雪」。
おそらくカルタを描くために使われたのだと思う。

まず雪。雪の寒さを通してあの世界の厳しさ、生きる厳しさを表しているのだと思った。
カルタの正々堂々な精神や誇り高さは、彼女に近しいものから見れば高潔に映るだろうが、
三日月達には関係がない。このことに気づかず、
自分の価値観が相手も受けるだろうと思ってしまうカルタは甘いのだ。

tekketu23000.jpg

三日月達から見れば甘いであろうカルタであっても、
アインにとっては、もしくはマクギリスにとってカルタの精神は強く心を打つ。

そんなカルタの心は雪のように純真だったのではないだろうか。
写真で綺麗に撮られた雪を見て美しいと感じるように、
カルタの心もまたそうだったのではないかと。

一方で現実としての雪は、命を奪いかねないもの(雪崩・豪雪)でもある。
美しいがゆえに時には命をも奪う雪を通して、カルタを描いたのではないだろうか。

だからこそそんな白い雪のような銀髪のカルタを
血の赤で染め上げる三日月がより容赦なく見えるのかもしれない。

まとめ

今回は鉄道と雪を通してオルフェンズを語ってみた。

次回以降も鉄道は突き進み、やがて目的地へと辿り着く。
その目的地が鉄華団のたどり着く場所になるのか。
彼らの旅は雪に散ったカルタの屍を越えてまだまだ続く。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

日本初のアイドルアニメ「さすらいの太陽」と「ラブライブ」-サンライズと富野由悠季。 

「さすらいの太陽」というアニメがある。

sasura.png

1971年にフジテレビで放送された、
藤川桂介原作、すずき真弓作画による漫画原作。
手塚治虫の虫プロがアニメ制作。

物語は宇多田ヒカルの母で歌手の藤圭子をモデルにした
主人公峰のぞみが芸能界を目指す内容となっている。


虫プロダクションの公式ページのさすらいの太陽を紹介するページでは、

日本初、芸能界を描いたアイドルアニメ


芸能界の内情やヒロインたちの持ち歌のリリースなど、現在の「けいおん!」等に代表される音楽系アニメの礎を築いた作品でもある。


出典:さすらいの太陽(虫プロ公式)

と紹介されている。

TVアニメで先駆けて音楽、芸能、当時のアイドルを題材に扱った作品である。
本編では当時の流行歌やED曲(心のうた)が流れ、
歌を押し出した内容であるのが伝わってくる。


そんな「さすらいの太陽」であるが、
制作スタッフを挙げてみると中々興味深い面々が参加している。

プロデューサーの岸本吉功。
絵コンテで多数参加した、斧谷喜幸こと富野喜幸(現:富野由悠季)。
設定制作と脚本で星山博之。
作画設定で安彦良和。
原画には八幡正が多数参加。

富野・星山・安彦とくれば、機動戦士ガンダムノメインスタッフであり
八幡は後のスタジオ・ダブ(サンライズのアニメの作画を担う会社)の社長。
岸本はサンライズの初代社長。
つまりサンライズに深い関わりを持つ方達が参加している。

そしてさすらいの太陽の放映終了後に
岸本達、虫プロの営業スタッフが独立して
1972年にサンライズの前身となる有限会社サンライズスタジオを創業する。

一方、同じ虫プロ制作でありさすらいの太陽の同時期に放送していた
あしたのジョーは、制作の中心にいた出崎統、丸山正雄らが
中心となってマッドハウスを立ち上げる。

虫プロは1973年に倒産するのだが、その前に放送されていた
あしたのジョーが、マッドハウスの母体となり
さすらいの太陽が、サンライズの母体となる。


以上のように振り返ると、虫プロ制作でありながら
実質的に後のサンライズのスタッフで
さすらいの太陽は制作されたといってもよいのかもしれない。

さらにいえば、ロボットアニメもので評価されている
サンライズの初のアニメがアイドルもの、歌ものであるという点も
今となっては興味深くなってくる。


「ラブライブ」が存在するからだ。

ラブライブの大ヒットから遡ること40年以上前に
実質的にサンライズの創業に関わったスタッフが
アイドルアニメを作っていたという事実。

もちろんさすらいの太陽とラブライブが
直接的な影響や関係があるわけではない。

とはいっても、ラブライブの京極尚彦監督の師匠筋に当たる
菱田正和は富野の∀ガンダムで絵コンテ・演出助手を担当しており
サンライズの監督の系譜から見ると、間接的な縁があったりする。

いずれにせよサンライズの創業者(岸本)が
独立前に作ったのがアイドルアニメという点で、面白い因縁を感じる。
 
そして若き日の富野由悠季が全26話中、コンテを12本切った点も面白い事実。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/03/08 22:02 ] コラム | TB(1) | CM(1)

「灰と幻想のグリムガル」と「あいうら」 

灰と幻想のグリムガル9話で
ハルヒロの主観ショットで街中を歩くシーンを見ていたら
あいうら11話の奏香と彩生が雨の日に出かけるシーンを思い出した。

gurimu1-compressor.gif

gurimu2-compressor.gif

※灰と幻想のグリムガル9話

gagursi-compressor.gif

※あいうら11話

グリムガルもあいうらも中村亮介監督なのだが、
こうした街並を歩くシーンを印象的に描くなぁと思った。
街並の背景がまるで動いているかのような見せ方が印象的。
 
また両作の本筋の話でいえば
グリムガルとあいうらの日常の描き方については、
物語の展開以上に彼ら彼女達の所作を中心に追っている点で、
ジャンルは違えども、作品の見せ方は近いと思う。

aiuratukue2004.jpg

gurimugaru9000.jpg

あと個人的には、あいうらのカナカナとグリムガルのランタは
うっとおしく描かれている点で、キャラ的に近いかなと思ったり。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/03/07 19:32 ] ニュース | TB(1) | CM(0)

「鉄血のオルフェンズ」の本質-死と悲しみ背負い生きるオルフェンズの物語 

「鉄血のオルフェンズ」は、21話のビスケットの死によって
本作の輪郭が見えてきたという思いが強まった。

それは本作の物語構成が、
あるキャラと深い関係にある対になるキャラが
そのキャラを庇って死ぬことで展開していることにある。

庇って死ぬキャラ達

tetuti12001.jpg

12話で昌弘は昭弘を庇って死に、

humitan1001.jpg

16話でフミタンはクーデリアを庇って死に、

tetutitui001.jpg

21話でビスケットはオルガを庇って死ぬ。

死んだキャラはみんな味方キャラを庇って死んでいる。


本作は数話単位で○○編という形をとっているのだが、

ブルワーズ編の12話では昌弘。
コロニー編の16話でフミタン。
地球降下編の21話でビスケット。

というようにブルワーズ編以降、各編で一人づつ死ぬ構成をとっている。


また死んではいないのだが、
敵側でもガエリオを庇ってアインが瀕死の寸前に至っている。

tetutitui000.jpg

中盤以降の鉄血は誰かを庇うという展開を
何度となく繰り返す構成になっている。

また、主要なキャラには価値観に隔たりがある
対となるキャラが存在し、両者の関係性で物語が描かれるのがわかる。

ヒューマンデブリでも家族があれば救われると思った昭弘と否定する昌弘。
クーデリアの価値観に難色を示し続けたフミタン。
方向性の違いが明白になったオルガとビスケット。

そんな方向性・価値観が違う関係でありながら
最後は他者のために庇って死んでいくという構図になっている。

オルフェンズが描くもの-孤児(オルフェン)の二つの意味

庇って死ぬ展開が起こることで、何が描かれるのか。
それは生き残った者が、自分を庇って死んだ事に対して
どう向き合って変わっていけるかということだ。


例えば昭弘であれば昌弘の死を乗り越えようとするために
彼を手に掛けたガンダム・グシオンを乗機とする決めた。

クーデリアもフミタンの死を無駄にしないよう
甘さを捨てて目的のために行動する
強さを手に入れたように感じられる。
(三日月の前で泣いたりもするけど)

人の死を乗り越えて、強く生きようとする姿が描かれている。


そんな生き残った者達は一方では
孤独になっているのではないかという思いがよぎる。

本作は親がいない孤児たちが鉄華団という家族といえる居場所を作り、
孤児達が孤独や悲しみから開放されていくようにも見えた。
しかし人の死によって、昭弘やクーデリアは鉄華団はあっても
孤独になってしまっている側面があるように思える。

つまりオルフェンズ(孤児)には二つの意味があるのではないだろうか。

まず鉄華団の面々のように親がいない意味の孤児。
次に大切な人を失い一人になる意味ので孤児。

以上のように考えると
後者の生き残った孤児達(オルフェンズ)が大切な人の死を乗り越え、
悲しみを背負いながら生きぬいていくのが、
本作の物語の骨子かもしれないと思った。

まとめ

「鉄血のオルフェンズ」という物語は
主要なキャラには対になるようなキャラが存在し、
価値観の相克を超えて、最後は身を犠牲にする。

そして生き残った者はその死を乗り越え、
孤児として厳しさに揉まれ生きていく。

ED曲「オルフェンズの涙」でも
「オルフェンズ 涙 愛は悲しみ背負い 強くなれるから」
という歌詞があるように、
人の死と悲しみ背負い生きるのが「オルフェンズ」の物語であることがわかる。

そして今後の展開を考えると
三日月の対になるようなキャラは誰かという問題に辿り着く。
可能性の話ではあるが、三日月は誰に庇われるのかということ。
アトラかオルガかそれともクーデリアか。

ただオルガもクーデリアも既に庇われているので、
アトラあたりが危険なような気もしてしまう。

いずれにしても、
本作はキャラ同士の価値観の対立が起こったら
庇って死ぬという展開が続いているので、
今後は誰が誰をかばうのかという展開も予想しながら
見ていくと面白いのかもしれない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly