FC2ブログ

アニメキャラ半勃起論について 

アニメと半勃起

年頃の男の子に半勃起は欠かせない。半勃起してしまうのだ。
それはアニメに登場する若者キャラクターも例外ではないと思う。

そんな私はアニメを見ながら、
このシーンのこのキャラは半勃起しているのではないかと想像するのが好きだ。
今回は様々な作品を取り上げて、紹介してみたい。

思春期には半勃起には欠かせない

hannbokki002.jpg

まず今回のFate/stay night 6話。
士郎がセイバーに強化の魔術の鍛錬を見せているシーン。
士郎はセイバーが可愛くて集中力を欠いて、強化の魔術は失敗に終わるのだが
それはセイバーが可愛すぎて半勃起状態になったからだと、私は勝手に思ってしまう。

またここで士郎は石を使って強化の魔術を行うのだが
士郎は「石は固く」云々言っていることを見ても、
石が固く=ちんちんが固くと言っているのと同義であると、私は勝手に思ってしまう。

hannbokki000.jpg

続いて今回のソードアートオンラインⅡ19話。
アスナがキリトに自然に肩を寄せる二人の親密さを表すシーン。
今回はアスナが進路や結婚も含めた人生設計について母と揉める事もあり、
よりキリトと一緒にいたい気持ちを強くしているかのようだった。

彼女が自然に肩を寄せてくる。年頃の男の子なら、自然に半勃起してしまうだろう。
なのでキリトは半勃起していると、私は勝手に思ってしまう。

hyouka16015.jpg

続いて氷菓16話。千反田えるの胸元を見てしまう折木の主観ショット。
意識している女性の胸を見て、おそらく折木は、
クールな表情を保ちつつ半勃起していると、私は勝手に思ってしまう。
「折木さん。私、(勃)起になります」

hannbokki001.jpg

そして「Gのレコンギスタ」3話。
ノレドが飛び移ろとして、ベルリがノレドの支え、お尻を触ってしまうシーン。
年頃の男の子が女の子のお尻を不可抗力とはいえ触ってしまう。
自然に身体が反応してもおかしくない。
このシーンのベルリは半勃起していると、私は勝手に思ってしまう。
元気のGは、半勃起のH。

衛宮士郎、キリト、ベルリ・ゼナム、みんな年頃の男の子。
美少女に囲まれた彼らはいつ半勃起を起こしても
おかしくない状況にあるといえる。

大人だって半勃起

hutaritomino002.jpg

そして最後に逆襲のシャア。
シャアとアムロの主張が隔たり、お互いにケンカをするわけだが、
身体接触を起こし極限の興奮状態にある大人の二人は、
同時に半勃起していると私は勝手に思ってしまう。

まとめ

年頃の男女が出てくるアニメの場合、
男の子が半勃起しているであろうシーンが結構ありそうだと私は勝手に思ってしまう。
そんな半勃起をしているであろうと、
想像しながらアニメを見るのも面白いのかもしれない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/04/26 20:55 ] ネタ | TB(0) | CM(3)

AbemaTVのアニメのネット配信の新たな可能性-偶然の出会いの魅力 

はじめに‐AbemaTVとは

Ameba(アメーバ)を運営するサイバーエージェントとテレビ朝日が共同で設立した、
インターネットテレビ、AbemaTVが面白い。

インターネット動画配信サイトではあるが、
ドコモdアニメやhuluといった作品を選んで視聴する動画配信サービスより、
アニマックスやキッズステーションのネット版という方が近い。
つまり番組表に沿って、放送される形式。
また近年のニコニコ動画のコメント文化も反映してか、コメント機能もついている。

ニコニコ生放送での新作アニメやアニメの一挙放送にも近いが
プレミアム会員で無い場合は、視聴時に途中退席されてしまう可能性があるが
AbemaTVにはこうした途中退席することもなく、安心して視聴できる。

何より無料で視聴できるのも強み。気軽に見たい番組にアクセスできる。
ただリアルタイム視聴のみなので、見逃したら見られない。
※有料サービスを使えば、過去の放送も視聴できるようだ。

だが、この見逃したら見られないというのが逆に良い。
この時間帯でしか見られないという緊張感が働き、
録画再生機器が無かったかつてのTVの味わいが少し味わえる感じなのかも。

AbemaTVのアニメ番組のラインナップについて

AbemaTVはアニメが充実。

・アニメ24チャンネル
・深夜アニメチャンネル
・なつかしアニメチャンネル
・家族アニメ

以上4つのチャンネルで展開している。


番組表を見る限りのチャンネルごとの特徴を挙げてみる。

アニメ24は、10年代以降の全時間帯+深夜放送のTVアニメが放送
深夜アニメは、00年代中盤以降の深夜に放送された人気TVアニメが放送
なつかしアニメは、1980年~90年代のTVアニメが放送
家族アニメは、テレ朝放映のシンエイ動画制作のTVアニメが放送

テレビ朝日が出資している為か、
なつかしアニメと家族アニメではテレ朝放映のアニメが多い。
特に家族アニメはラインナップを見る限り
実質的にテレ朝アニメのシンエイ動画チャンネルだ。
ビデックスJP等で一部シンエイ動画作品が配信されているが、
無料でシンエイの過去の作品が見られるのは良い機会が増えた。

これもテレ朝がシンエイ動画の親会社だからできること。
他にもなつかしアニメでは2016/4/23現在、
南国少年パプワくん、おジャ魔女どれみ、悪魔くんといった
案外見づらいテレ朝アニメが見られるのも良い。

AbemaTVが良い・面白い理由

AbemaTVは画質が悪くない。無料と考えればむしろ良いのではないか。
またCMの入り方もTV番組と同じ形で入るので、ストレスは感じない。

最近は平日の帰宅後や休日の空いた時間帯は、
以上4つのチャンネルのどこかに合わせて見たいアニメを見る日々を送っている。

らんま1/2 ストライクウィッチーズ おジャ魔女どれみ 未確認で進行形など
見づらかったり、頭には意識していなかったが見てみたかったアニメが
偶然的に放送されていて、見られる楽しさがある。
この偶然性の出会いがAbemaTVの良い・面白い理由であると思っている。

昔子供の頃に、意識せずにチャンネルをザッピングして見つけた番組が面白かった、
そんな偶然性から出会えるのが、AbemaTVの特徴ではないか。

おわりに

AbemaTVの登場でアニメの動画配信サービスもより本格的に充実してきた印象。

バンダイチャンネルの見放題定額配信が大きく視聴者へ窓口を開き、
ドコモdアニメストアが安価な定額で多くの作品を取り扱うことでさらなる窓口を開き、
AbemaTVが上記2つのサービスとは違う方向で、視聴者へ窓口を開こうとしている。

ネット配信がアニメ産業の中で徐々に売上規模を伸ばしているが、
AbemaTVがさらなるアニメのネット配信の可能性を切り開くのか。
もしかすると今後はAbemaTV独占配信のアニメも制作されるかもしれない。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/04/24 17:40 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

富野由悠季作品における芝居について 

富野監督作品の魅力とは何か。


世界観、富野台詞、皆殺し展開、エキセントリックなキャラ。
監督自身が提唱する映像の原則に則った、自然な繋がりのある映像。

おそらくそれだけではない。

少し前にsiwasuさんの「ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ」
を読みながら、昨日「機動戦士ガンダム F91」を見て確信した。

富野作品の魅力は「芝居」(所作)そのものにある。


siwasuさんが富野作品の芝居について、簡潔明瞭に語っている。

ストーリーをみようとすると、芝居という枝葉に邪魔されて、発見できない(笑)だろう。
このあたりは、富野の欠点でもあり魅力でもある。
ストーリーなど気にせずに、場面場面の芝居を堪能すれば、おのずと作品世界の息遣いを感じることができるようになる。
そうなれば、あとは芳醇な悦楽が待っている。


『ガンダム Gのレコンギスタ』を第九話まで観た(ネタバレなし)「ガンダム30周年でなんか書こうと思ったらもう師走だよ」

芝居、もしくは芝居に伴うポージングが富野作品をみて飽きさせないのではと思う。
実際に逆襲のシャアから見てみよう。

tominosibai000.jpg

クエスがシャアの機体の中に飛び込み、シャアがクエスを抱えるシーン。
シャアとクエスという男女の身体が密着する、
極めてパーソナル性の高い芝居をさせる。

こういう画を見せられるだけで、
この二人のシーンで何が起こるのかを期待せずにはいられない。

tominosibai001.jpg

ここでシャアがバイザーを開けるのも良い。
富野作品は細かい芝居を入れてくる。

かつての盟友、安彦良和さんも富野さんの芝居・コンテについて以下のように語る。

富野さんの絵コンテは、余分なことがいっぱい描いてあるんですよね。それで、非常に作画受けが悪い。例えば主役が、画面の中央で何か芝居をしますよね、その時に脇の方で、関係ない通行人が何かやっていたりするんです。

「富野由悠季全仕事」より

作画にとっては大変なのだろうが、
こうした芝居があることが富野作品の魅力につながっている。

tominosibai002.jpg

シャアとナナイの夜のシーン。
男女の関係をこれでもかと芝居で見せてくる。
芝居の強さが、アニメとして物語としての強度に繋がる。

庵野秀明さんの逆シャアについての意見を引用しよう。

庵野 セックスを連想させてくれるのは、富野さんのアニメだけなんですよ。「逆シャア」というのは、特にそれを感じてですね。シャアとナナイに(この辺りは力説している)。

「逆襲のシャア友の会」より

富野さんのアニメにはセックスがあると、庵野監督に思わせるぐらいの力があり、
その力は芝居から生まれているのだと思う。

tominosibai003.jpg

逆シャアラスト近辺のアムロのコクピット内のシーン。
座席にしがみつく、見た目はカッコ悪いポーズをとるアムロ。
こういうカッコ悪いポーズ(でもやっている事はかっこいい)
というか芝居をさせることができるのが、富野作品の魅力だと思うのだ。


逆シャア以外を振り返ると、特にイデオンは
湖川友謙さんのアオリの効いた作画も相まって芝居が極まっていると感じる。

tominosibai-1000.jpg

ドバ総司令が全てを悟りつつも自らの業を
ロゴダウの地球人にぶつける覚悟を決めた瞬間。
芝居がかったともいえるかもしれないが、
これぐらいやってくれると、見ごたえがある。

またGレコでも、よくキャラが何かに頓いたり、ぶつかるのも
芝居としての面白さ。

greko18-2000.jpg

マッシュナーが自身のイヤリングを顔に当てるのもコミカルで面白い。

まとめ

以上、簡単ながらに富野作品の芝居について見てきたが
各キャラがどんな芝居や所作をするのかに着眼して
富野監督作品を見てみると、発見があってみられるのではないかと思う。
 
全体的には、生々しい、人間らしい芝居が多いという印象。
大仰な芝居と細かい所作を合わせながら、
映像を紡いでいくのが、富野作品なのだと思った。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/04/03 16:19 ] 富野由悠季 | TB(0) | CM(2)