FC2ブログ

電脳コイル『メガネの子供たち』 

snapshot20070513113812.jpg

超絶アニメーター磯光雄の原作・監督デビュー作!!
1話は脚本・絵コンテ・原画も担当する力の入れよう。
脚本は全部やるとの噂もあり、そうなら脚本家としての力量も問われそうだ。

本編1話はストイックな印象を受けた。
派手な動きや芝居はないし、音楽もあまり流れない。効果音も派手でない。
声優の芝居も大仰ではなくナチュラルだ。音が総じて小さかったが。
それでいてて映像内で表現されているアイディアは秀逸。
一見地味だが、走るシーン等の人間の動きを丁寧に追った作画や
トータルのクオリティも高くそれを誇示しないスタンスが凄くかっこ良かった。

デンスケとオヤジがすごく可愛かった。これだけでも今後見られるくらい。

久しぶりにDVDの売上を気にしないアニメを見たような気がした。
NHK放映の強みだけど、なんか清清しかったです。
こうしたオリジナルアニメの復権を期待して、電脳コイル:磯光雄氏には頑張ってほしい。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2007/05/13 12:57 ] 電脳コイル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する