FC2ブログ

戦国乙女 10話「ヒデヨシは1回。ミツヒデは12回」(感想) 

senngokutome10008.jpg

「戦国乙女を見て幸せだった」
10話を見て改めて思いました。
内容の充実度が半端ありません!!
ミツヒデと同じく泣きました!!!


面白すぎる、後半に向けての怒涛の展開。
大河ドラマ・時代劇・劇画含めて古今東西、
今回みたいな「本能寺の変」の解釈は新鮮であり面白いです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

キャラ心理の機敏の表現が凄い


戦国乙女が作品として優れている理由の一つに
キャラクター描写の心理描写がとても上手いからです。

senngokutome10002.jpg

このミツヒデが火をつけるシーンを見て
「あたしってホント、馬鹿」というまどマギのさやかの台詞を思い浮かました。
まるで炎の色がミツヒデの狂った情熱を表現しているかのようです。

今回はミツヒデのノブナガへの揺れ動く想いが本当に素晴らしかったです。
ミツヒデは毎回ノブナガに思慕を抱きつつ、独占したいと思いながら
しかし新参者のヒデヨシにも目が向き、最近ではないがしろ感を感じていました。
でも所々で言うノブナガの優しい言葉に自分を取り戻しつつも、
ノブナガがヒデヨシにかける言葉は、自分への言葉より優しく甘美にに聞こえてしまう。
そんなノブナガへの強い想い、ヒデヨシへの嫉妬、がミツヒデに凶行に及ばせてしまいます。

senngokutome10010.jpg
ヒデヨシの一生懸命さとノブナガに対する想いが伝わるショットです。

そんなミツヒデを救ったのはヒデヨシ、そしてノブナガでした。
まずヒデヨシが「自分だけしか見てくれない親方じゃないと好きになれないの」という言葉。
彼女にはズシリと来たようです。そうか、大事だったのは自分がノブナガをどう想うか、
ヒデヨシなんて関係ない。アケリンはここで感じ取ったようです。

senngokutome10001.jpg

次にノブナガ。「敵はどこにいる」という言葉でミツヒデは己のやましい心の中に
本当の敵を見つけたようです。そして、こんな状況に陥いったのにも関わらず
ノブナガはミツヒデをずっと信じていましたね。ノブナガの「一心同体」という言葉で
ミツヒデは完全にノブナガへの思慕を思い出したようです。
そう二人の関係は何も変わっていなかったのです。

ここ数回、ミツヒデの揺れ動く気持ちが本当に描けていたと思います。
色んな事を考えながらミツヒデはあの凶行に及んでしまいますが、
最後には同僚(ヒデヨシ)と上司(ノブナガ)の説得で、我を取り戻しましたね。


シリアス一辺倒にならない作風の幅の広さ


上記のように、ミツヒデが本能寺の変を起こす→ヒデヨシがミツヒデ説得
→ノブナガがミツヒデを説得→二人が本能寺を脱出、
と、ここまでの展開はシリアスですが、

ノブナガがミツヒデにキスをするあたりからコミカルな雰囲気も出していましたね。
この場面はシリアスとコメディの緩急が上手いと思いました

senngokutome10004.jpg

senngokutome10005.jpg

ミツヒデの至福タイムです!!

ノブナガがキスをするあたりから、BGMがコミカル調というか
多少エロそうなBGMになる事でガラリと空気を変えている事に成功しています。

そしてノブナガとミツヒデがお互いの良い関係を再確認する中
ヒデヨシが本能寺にいる事を忘れていたことに気づく

senngokutome10009.jpg

「あっ」

この言葉が面白かったですね。すばらしい演出です!!
決してシリアス一辺倒にならないこの作品の底知れなさが素晴らしいです。

それにしてもこの作品のノブナガは本当にカッコイイですね。
ミツヒデ・ヒデヨシにかける愛情には共感してしまいます。
基本、ノブナガは女性キャラですが、男前のキャラでもあります。

senngokutome10000.jpg

親方様はアクションもカッコイイ!!
しかもノブナガのキャラの上手さは、
場面場面ごとに女性的魅力と男性的魅力が表現できている事ですね。
ミツヒデを説得する際は男前ですが、キスをする時は女性になるというように
女性と男性的なキャラの使い分けの上手さが光ります。

やはり史実を元にしたカッコイイ展開


今回も史実の出来事や史実を基にした人間関係をうまく使っている感じです。

①中国大返し ノブナガ×ヒデヨシ×ミツヒデ

今回、ミツヒデは邪魔なヒデヨシを遠くの森の中に縛る事でノブナガを葬ろうとしました。
しかしヒデヨシは持ち前のお腹が空く事でお腹周りが細くなり、ロープの縛りが緩くなって、
ヒデヨシは縛られた状態から脱出して、本能寺に辿り着きます。

このヒデヨシが本能寺に戻ってくる展開、史実の「中国大返し」を思い出します。
この「中国大返しとは」中国地方にいた羽柴秀吉が
明智光秀が「本能寺の変」を起こした事を知り、驚異的なスピードで
京都まで戻ってきた事を言います。約10日間で200キロの大強行軍でした。
歴史を知る人なら有名ですが、この行軍は奇跡のような出来事なのです。
そしてあまりのスピードで進軍してきた明智光秀は秀吉に対応できず、
そして天王山「山崎の合戦」で秀吉は見事に光秀を打ち破る事につながります。

senngokuoto10-3000.jpg
ミツヒデの予想をはるかに超えた速さで戻ってきたヒデヨシの「中国大返し」

このヒデヨシがすぐ戻って来た展開はこの作品における「中国大返し」なのでしょうね。
ヒデヨシがすぐ戻ったからこそ、ヒデヨシがミツヒデを説得する事で
最終的にはノブナガを救う事にもなりました。
つまり史実でもこの戦国乙女の世界でも「中国大返し」はあったのです。

②マサムネさんとトクにゃん

さて火事場泥棒の如く、本能寺の火事場から甲冑を盗み出したマサムネさん。
天下を掴む事が出来る真紅の甲冑を盗んだマサムネさんは「天下の大泥棒」でしょう。
そんなマサムネ=伊達正宗さん。
史実でも伊達政宗は虎視眈々と天下を家康から盗もうとばかり考えていました。

senngokutome10007.jpg

例えば、徳川幕府が開かれて、徳川の天下になっても部下の支倉常長をローマへ送り
ローマ教会やスペインの協力を得ることで、いつでも徳川に反旗を翻し、
天下取りの野望を秘めていたといわれています。

また徳川家康の息子、忠直に自分の娘を嫁がせ、彼を次の将軍に就任させるように働きかけ、
将軍の嫁の父親として、権勢を思うがままにしたいと画策していたともいわれています。
さらにいえば、娘婿の忠直を旗印に反旗を翻し、徳川幕府に対抗しようとした形跡もあります。
ずっと隙あれば伊達政宗は天下を盗もうとしていたのです。

そんな正宗の野望をことごとく挫いてきたのが、徳川家康です。
正宗が裏で色んな策謀を巡らせても最終的には家康の方が一枚上手だったようです。
「戦国乙女」でも甲冑を盗んで有頂天のマサムネさんっをあざ笑うかのように
イエヤスが待ち構えていましたね。この世界でも、イエヤス>マサムネのようです。

senngokuotome10-1000.jpg
 
やはりこの作品は史実の面白い所を、作品内に上手く取り入れて見せるのが上手いです。

まとめ


記事ではあまり触れていませんが、色使いがすばらしいです。
炎がキャラクターたちの感情を表しているかのようです。
この作品は色使いも含めて見ていきたいですね。

「本能寺の変」といえば、信長・秀吉を扱った作品にとってはクライマックの一つです。
「本能寺の変」をどう見せるかで、その作品の評価が決まってしまうぐらいの勢いです。
そんな大事な「本能寺の変」をこれほど新解釈で描いた作品は中々ありません。
(さいきんだと「へうげもの」の「本能寺の変」もすごかったです)

ノブナガ・ヒデヨシ・ミツヒデの3人が元の鞘に納まる本能寺の変。
これほど幸せな結末はありません!!


今回は本当に面白かったです。
最後までの展開に目が離せません!

  
関連記事
[ 2011/06/07 07:49 ] 戦国乙女 | TB(24) | CM(1)
親方でなくて御館ね
[ 2011/06/08 11:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1458-d4382e48

心中乙女 本能寺の恋
[2011/06/14 00:06] 飛び道グブロ具
大門ダヨ 今回は「本能寺の変」か どうなることやら
[2011/06/13 00:45] バカとヲタクと妄想獣
ミツヒデ「私は親方様と二人で幸せだった・・・ それなのに――――!」 ミツヒデ「貴様が私達の間に勝手に入り込んで、私の大切なものを奪ったッ!!」 ヒデヨシ「だったら親方...
[2011/06/09 01:06] ロリ+お姉さん=萌死
本能寺の変がこうなるか!? この作品の雰囲気からいってノブナガが本能寺で死ぬという展開は 絶対に無い!!と予想はしてたけど まさかああいう百合展開で回避してしまうとはね っていうかあの程度で死...
[2011/06/09 00:35] ザ・ウインディ工房
戦国乙女~桃色パラドックス~ 10話 「心中乙女」 感想 ついに訪れた本能寺。 どうなるのかと思ったけど、これで良かったんじゃないかな。 アニメで先が凄く気になるのも久しぶりなわけで、 とても...
わぁ~面白い! ぐっと引き込まれる。 終始画面に釘づけになって観てた気がする。
[2011/06/07 23:05] 日刊 Maria
爽やかに伊達先生ピンチやん・・・終盤の話。いや、それより、ノブナガさんは夜の相手はアケリンとヒデヨシちゃん、二人同時に行うということでOK?OKよね。 とりあえず、愛ゆえの謀反。どこまで、私の百合...
[2011/06/07 22:50] AQUAを照らす月光
【心中乙女】 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [DVD]出演:日高里菜ポニーキャニオン(2011-07-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 命を掛けて確かめる覚悟はお有りか?
[2011/06/07 22:21] 桜詩~SAKURAUTA~
本能寺の・・・・変Σ( ゚д゚)!!? 謀反ルートではなく心中ルートを選びました(^^; ヤンデレか。・゚・(つД`)・゚・。 【関連サイト】 http://sengokuotome.com/
戦国乙女 ~桃色パラドックス~ 第10話「心中乙女」 敵は、本能寺に・・・あり・・・。敵は、私めの、心のなかにあり・・・。
[2011/06/07 21:17] aniパンダの部屋
心中なんて、あたしが許さない。
[2011/06/07 20:46] ハルソラ ~Spring Sky~
いよいよ本能寺回が来ました。ミツヒデは、そしてヒデヨシはどうするのか。  ヒデヨシ一番ミツヒデ二番ノブナガが風呂に誘う順番です。目の前にミツヒデが居るのに、奥のヒデヨシから誘う。 流石にちょっと可哀想。ミツヒデの心がどんどん荒んで行く。 伊達マサ...
教科書どおりになんて、なるわけない。 というわけで、 「戦国乙女~桃色パラドックス~」10話 戦国人工呼吸の巻。 うわーん!あけりんが救われてよかったよー!報われてよかったよー! 一キタエリ...
[2011/06/07 15:28] アニメ徒然草
戦国乙女、10話。 本能寺!?まさか・・・。 ・・・全体を通して・・・ 光秀さんどうするんでしょうねー。 まさか本当に本能寺の変みたく歴史は変わらずのままか・・・。 ・・・視聴を終えて・・・ 面白くなってきました。 本能寺と聞いて、やはり信長の死を想...
戦国乙女~桃色パラドックス~ #10 心中乙女 589 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[] 投稿日:2011/06/07(火) 02:26:29.90 ID:0O+6c1Db0 コレが神回って奴なのかな。立ち会えて良かっ...
[2011/06/07 14:24] にわか屋
ついに全ての甲冑が揃った! ノブナガ達は残りの甲冑が置いてある安土城へ。その途中、本能寺に立ち寄る一同。歴史が苦手なヒデヨシでも本能寺という言葉に聞き覚えが!歴史の教科書には「明智光秀が織田信長...
[2011/06/07 14:14] 書き手の部屋
遂に訪れた本能寺!ミツヒデ決断の時! (`・ д・ ;)ア、アケリーン!    戦国乙女・第10話のぶっきら感想!!
[2011/06/07 13:08] ぶっきら感想文庫
敵は本能寺にあり…? 甲冑集めも終り安土に帰る途中、ノブナガ一行が泊まることになったのが本能寺。 さすがのヒデヨシも名前に聞き覚えがあり、歴史の教科書で本能寺の変を思い出す!  ▼ 戦国乙女~桃...
[2011/06/07 11:43] SERA@らくblog
【心中乙女】 「敵は本能寺にあり」ミツヒデ、謀反!? Amazon.co.jp ウィジェット
ノブナガ、死なず 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106070000/ 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.02 ポニーキャニオン (2011-07-06) 売り上げランキング:...
[2011/06/07 08:30] 日々“是”精進! ver.A
あけちって、ほんとバカ
[2011/06/07 08:16] 遊乙日記GO NEXT
私は12回!!(むふっ こうして歴史は書き換えられた・・・ww ミツヒデは一緒に死のう・・・心中しようとしたのか。 でも、ヒデヨシが飛び込んじゃったから、それでは親方 ...
心の狭さより深き黒い炎。 「戦国乙女~桃色パラドックス~」公式サイトはこちら! →http://sengokuotome.com/ 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第10話感想です。 ミツヒデがいろんな人間の...
[2011/06/07 07:54] crystal cage
歴史アニメでの悩みどころ。 史実にどこまで忠実に作るのか。 本能寺、眼前にあり。
[2011/06/07 07:53] KAZUの暮らし