FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦国乙女 11話「トクにゃんの変身シーンがエロい!」(感想) 

senngokuotome11-3000.jpg

天下はトクにゃんのものになるのか、それとも…
急転直下、物語の全貌がいよいよ明かされ
壮大なクライマックスへと突入しそうです!!


もはやただの「歴史女体化」ではなく
綿密に練りこまれたプロットで作られた
「歴史女体化SF」である「戦国乙女」。
本当に本当に今季イチオシの作品です!!


ヒデヨシがどう物語に絡むのかに注目ですね。
果たして戦う力は身に着くのでしょうか!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

歴史女体化と歴史改変


この作品の面白さの理由の一つとして前に「恋姫無双」「ストライクウィッチーズ」のような
史実の歴史上の人物が女性化する「歴史女体化」ジャンルである事をあげました。
そして「戦国乙女」がこの両作品とちょっと違うのはヒデヨシやマサムネさんのような
現実世界のキャラがこの世界にやってきてしまう事ですね。

senngokuotome11005.jpg

マサムネさんエロ過ぎ!!
下腹部がやばい!!
 
senngokuotome11-4001.jpg

ヒデヨシも負けず劣らずエロい!!

このヒデヨシのポーズはストライクウィッチーズで宮藤芳佳が同じように
地べたに倒れこんでいましたね(リーネちゃんのおっぱいを掴んで)

これによって現代の普通の感覚を持つヒデヨシやマサムネと
戦国武将的な価値観を持つノブナガ・ミツヒデ・イエヤスといったキャラの対比から
キャラの魅力を重層的に描けているという事です。
この設定によって、普通の女の子だったヒデヨシの魅力が強調されました。

senngokuotome11006.jpg
(同じ現代人であるヒデヨシとマサムネ)

そんな今回はマサムネさんの正体とその目的が明らかにされた回でした。
マサムネさんの目的は代々の伊達家の悲願を叶える為に、
真紅の甲冑を探しにこの世界に来たようです。
つまり伊達家が過去にさかのぼり、歴史を改変する事が目的だったのです。

senngokuotome11007.jpg

(シロの正体も今回でわかりましたね。未来から来た伊達家のものでしょう。
根拠とすると、シロが付けている三日月の兜。
あれは仙台藩の始祖伊達正宗が付けている有名な兜と瓜二つだからです。
シロが未来人だと、あの世界に男が来ると動物(犬)にされるって事もわかります)

この展開にはビビリましたね。この設定や展開で面白いのは
そもそもマサムネさんが歴史を改変しようとして来た世界がすでに
全ての人物が「女体化」という「歴史改変」が起こっているからです。

このねじれにねじれた展開が物語に緊張感を与えます。

でもマサムネさんは元々は普通の戦国時代の世界に行こうとしてたので
マサムネさんにとってもこの「全員女性の世界」に着いたのは意外だったでしょう。
でもこの世界でもマサムネさんは先祖の悲願である「歴史改変」しようとする。
つまり「歴史女体化」した「歴史改変」された世界をさらに「歴史改変」するという
二重の意味での「歴史改変」を行っていようとしていたのです。


ただの「歴史女体化」ジャンルでは無く
「歴史女体化」というジャンルをさらに推し進めた「戦国乙女」。
「歴史女体化」という設定を徹底的に考え抜いた作品です。
この作品の物語構成の魅力を大きく味わえた内容でした。マジで凄い!


そしてこのヒデヨシ達がいる「改変された世界」がさらに「改変」したらどうなるか。
ものすごく楽しみになりました。

副題の桃色パラドックスの意味とは


私がこの「戦国乙女」で気になっていたのが、副題の「桃色パラドックス」でした。
「パラドックス」はどんな意味か。簡単にいえば、
「逆説」「ジレンマ」「矛盾」「意図に反した結果」といったニュアンスです。
そして今回を観て、やっと副題の意味を掴めたような気がします。

senngokuotome11-4000.jpg

特に「意図に反した結果」「ジレンマ」は、マサムネさんの心境そのものだと感じました。
天下が伊達家のものではない事に、ジレンマを感じ、意図に反していたのでしょうね。
一方で「矛盾」や「逆説」は「女性しかいない世界」の事を指すのでしょう。
「桃色」というのはもちろん「歴史女体化」の事を指します。

つまり「戦国乙女」という作品は様々なパラドックスによって成り立っているのです。

まだ残りの話数を考えると、副題について色々考えられそうです。

トクにゃんの大変身!


今回の最大の見どころといえばトクにゃんの変身です!!
元々変身シーンが大好きなのと、女性が甲冑や装甲をまとうのが
好きな私としては両方が揃った理想的なシーンです。

senngokuotome11011.jpg

もうトクにゃんの生足がたまらない!

senngokuotome11012.jpg

美味しそうなお尻!!

senngokuotome11000.jpg

senngokuotome11001.jpg

華奢なで魅力的な肢体。

senngokuotome11002.jpg

senngokuotome11003.jpg

エロすぎる表情!!

senngokuotome11004.jpg

senngokuotome11-1000.jpg

トクにゃぁぁぁぁぁぁぁん!!
眼福!!幸せすぎます!!


サムライトルーパーを思い出したのは私だけではないでしょうね。

音楽が凄い・盛り上げすぎ


今回は、とにかく音楽が凄かったですね。
特にマサムネさんの自己の目的と今までの経緯を話すシーンのBGM。
ただの説明台詞なのですが、音楽が良すぎてそんな事を微塵も感じさせてくれません。

senngokuotome11010.jpg

他にも終始、音楽がこの展開を盛り上げていきましたね。
この作品がコメディからシリアスに移行できたのも、音楽の力が大きいです。
音楽担当は瀬川英史さん。この作品で初めて存じ上げました。今後チェックです。

また音楽だけでなく、音響面(効果音)の魅力もこの作品のウリの一つですね。

平田裕香さんが可愛すぎる


毎回見続けるにつれて、マサムネさんを演じている平田裕香さんがものすごく
可愛く感じるようになりました。次回予告でメロメロです。
平田さんの声は良いです。か細いけど透き通るような声質がたまりません。

senngokuotome11008.jpg

senngokuotome11009.jpg

今回の次回予告は「あっちむいてほい」。
それにしても毎回、次回予告をみても本編がわかりません(笑)

まとめ


それにしても最初はコメディ色が強かった本作だったのに
こんなにも違和感なくシリアス展開になっているのは凄いです。
これは前回までのノブナガとミツヒデの本能寺的なシリアス展開が
作品に大きな緊張感を与えたからでしょうね。
この流れに上手く乗りながら、今回の話は続いていますね。

一方で、未来人(シロ)の登場によって、過去ー現在ー未来という時間軸まで考慮に入れた展開。
素晴らしいプロットです。もはやこれはただの「歴史女体化」ではなく
SF的な部分も感じさせる物語になっています。

記事は他にもハンゾウの「あっ」にも触れたかったのに…

物語の演出も本当に凄い戦国乙女!!
次週、いよいよ決着です!!

 
関連記事
[ 2011/06/14 07:49 ] 戦国乙女 | TB(24) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1474-de7d777d

大門ダヨ 真紅の甲冑を奪ったはずのマサムネがボロボロ
[2011/06/21 01:20] バカとヲタクと妄想獣
【強奪乙女】 い、イエヤスさん?もしかして真っ黒キュゥべえさんと契約しちゃった・・・、とかぁ!? Amazon.co.jp ウィジェット
マサムネから甲冑を奪ったイエヤスはそのままノブナガの城を占領し、甲冑を取りそろえ封印を解除するのですが、腹黒キャラから完全なる黒キャラに変貌しています。腹で思ってないで前面に黒いっす。 マサム...
ミツヒデをそそのかし、その隙に真紅の甲冑を奪った伊達マサムネ。しかし街道でイエヤスの待ち伏せに遭い横取り。マサムネは何故刀すら差していないんだろう。イエヤスじゃなくても山賊に襲われたら一巻の終わりです。  伊達先生アイタタタ・・・何故真紅の甲冑を欲?...
「真紅の甲冑」の力とは?
第11話 「強奪乙女」 イエヤスに甲冑を奪われたマサムネ@伊達先生。瞬殺でしたね。 マサムネの目的はやはり天下統一でしたか。しかし正しい歴史ってなんですかね? 伊達家の思い込みっぽいんです...
[2011/06/15 00:51] いま、お茶いれますね
戦国乙女 ~桃色パラドックス~ 第11話「強奪乙女」 魔法少女ドエス☆イエヤスのお話だったんですねー笑、シロが覚醒しそうな、 ってか情報を握ってそうな感じではあったけど正体がいよいよ分かるかな?
[2011/06/15 00:15] aniパンダの部屋
「戦国乙女」第11話 「強奪乙女」 今日もヒデヨシちゃんはエロかわいい☆ 真紅の甲冑を盗んでいったマサムネを追うために、ノブナガ一行は馬で追いかける。 これ絶対入って...
力づくで運命を捻じ曲げようとする武将達。
[2011/06/14 17:57] ハルソラ ~Spring Sky~
戦国乙女~桃色パラドックス~ 11話「強奪乙女」 黒とくにゃん、一人舞台。 っていうか、まさかの量産型半蔵たち。 何人いるんでしょうね、あれ。 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] 日高里...
戦国乙女~桃色パラドックス~ #11 強奪乙女 430 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/06/14(火) 02:25:14.72 ID:mx/X5yX20 やべえおもしろすぎる 432 名前:風の...
[2011/06/14 14:43] にわか屋
「鳴かぬなら鳴くまで待とう。ホトトギス」 マサムネが、本能寺の混乱に乗じて甲冑を盗み出した!ノブナガたちは、マサムネを追って安土城へ向かうが、その途中倒れているマサムネの姿が!?どうやらイエヤ...
[2011/06/14 14:23] 書き手の部屋
これがシュタインズゲートの選択か。 というわけで、 「戦国乙女~桃色パラドックス~」11話 戦国Dメールの巻。 さて、前回めでたくトゥルーエンドを迎えた戦国乙女。 あとは甲冑云々の消化試合で...
[2011/06/14 14:15] アニメ徒然草
真紅の甲冑が揃いし時、一体何が・・・!? へたこいたー  戦国乙女~桃色パラドックス~第11話の感想乙女
[2011/06/14 13:14] ぶっきら感想文庫
甲冑、発動 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106140000/ 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.09 ポニーキャニオン (2011-07-06) 売り上げランキング: 302 ...
[2011/06/14 12:57] 日々“是”精進! ver.A
そんな感じで、百合じゃね?百合ですよ。の、戦国乙女。 伊達先生×ヒデヨシちゃんを期待しながら伊達先生、結構、可愛いですね。ヒデヨシちゃんを襲うと言う感じで、いや、イエヤスちゃんに殺されるとい...
[2011/06/14 12:52] AQUAを照らす月光
【強奪乙女】 戦国乙女~桃色パラドックス~一 [DVD]出演:日高里菜ポニーキャニオン(2011-07-06)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 良い笑顔してますねイエヤスさん(゚∀゚) 
[2011/06/14 12:37] 桜詩~SAKURAUTA~
徳にゃん大勝利! になっちゃうのか?(^^; 真紅の甲冑を強奪した伊達先生でしたが。 さらに横取りしてったのが徳にゃん! 集まるまで待ってて良かったですねw  ▼ 戦国乙女~桃色パラドックス~...
[2011/06/14 11:22] SERA@らくblog
魔女っ娘強し(つ∀-) 魔法(?)とかチートだろw(ぇ) 【関連サイト】 http://sengokuotome.com/
伊達先生、なんという甲厨。
[2011/06/14 10:37] 遊乙日記GO NEXT
戦国乙女~桃色パラドックス~ 第1話 ~ 第11話 強奪乙女 戦国時代に似た、だが女の子しかいない世界……。現代の女子中学生・ヒデヨシ (本名 / 日出佳乃)は、ある日突然、そんな摩訶不思議な場所へと...
イエヤスの狂気に満ちた表情は本当によく出来てるw
[2011/06/14 07:56] KAZUの暮らし
伊達の執念、徳川の野望。 「戦国乙女~桃色パラドックス~」公式サイトはこちら! →http://sengokuotome.com/ 戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話感想です。 またまた熱い展開になってきま...
[2011/06/14 07:53] crystal cage
全ての謎が解けた!! そうかぁ~、未来から伊達の末裔が・・・って、あれ?伊達先生が末裔言ってなかった? 未来に末裔がいるなら、伊達先生結婚出来るんだね!!おめでとう! ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。