雑記 面白い記事紹介とあらゐけいいち「日常」を読みました。 

個人的に気になった記事と、
マンガの「日常」についての感想を書きました。

 


注目の記事


劇場版『そらのおとしもの ~時計じかけの哀女神 -
エンジェロイド- ~』ネタバレあり感想
(アニプレッションより)

そらのおとしもの劇場版についての感想です。
映画は神聖でかつインパクトある体験ができるので、感想にも気合が入りますね。

あらゐけいいちさん「日常」の1・2巻を読みました



日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)日常 1 (角川コミックス・エース 181-1)
(2007/07/26)
あらゐ けいいち

商品詳細を見る

読んで思ったのは、あらゐさんはギャグ・お笑いが好きだという事です。
この作品を成分分析するなら、美少女成分よりお笑い成分の方が強いですね。

あらゐさんは70年後半から今までのお笑いやギャグ漫画が好きで、
色んな影響を自分に取り込んで作品を作っている感じがしました。
特に1巻の部分では、山上たつひこ、田村信といった
ギャグマンガ家の影響を強く感じましたね。

原作を読んでわかるのが、アニメは原作とは違う時系列で話が進んでいることです。
マンガとは違う、アニメにあった構成を取っているという事でしょう。
だからあらゐさんがアニメで構成協力をしているのでしょう。

原作は面白かったです。
美少女が好きな人というより、純粋ギャグが好きな人向けですね。
お笑いが好きな人なら、作者のしたい事に共感しやすいのではないでしょうか。
 
という事で、ギャグ好きの人に「日常」はお勧めです。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/06/26 19:33 ] アニプレッション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する