FC2ブログ

異国迷路のクロワーゼ 1話「湯音が可愛い。もはやこれは常識!」(感想) 

ikokumeiro1000.jpg

異国から来た少女と、
信念を持つ少年の物語。
言葉は伝わらなくても、何かは伝わる。
そんな事がわかったお話だったと思います。


サトジュンさんの仕事量に相変わらず感嘆しつつ、
湯音の声優さんである東山奈央さんの活躍に期待したいです!!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

フランスに投げ込まれた違和感


フランスを舞台に、ぽつんと一人和装少女、湯音が入り混じる光景が魅力的ですね。

ikokumeiro1004.jpg

一つの統一された世界観・舞台・美術に、何かひとつ別の何かを放り込む。
すると、統一された世界観(フランス)と別の何か(和装少女)の対比で
世界が描かれ、その関係性から、物語が深く語られるのだと思います。

フランスは文化力の高い国として知られていますが、
日本の文化も負けてはいない、湯音の服装や謝る作法を見ていて、そんな事を感じました。

大事なのはわかろうとする心


思ったのは、湯音とクロードがお互い言葉を知らないって事を
オスカーから語らせ、視聴者に言語を知らない刷り込ませておく事をしながら、
湯音とクロードの会話劇をやってしまう所ですね。

ikokumeiro1001.jpg
(今回、二人を近づける事になったキッカケの一つに土下座がありました。
謝るという許しを請う行為が二人を結びつけたのかもしれませんね)

だから視聴者側からすれば「この二人は本当にお互いの会話がわかってるの」
という疑問を抱かせながら、物語が進行している。これが程よい緊張感を生んでいます。

ikokumeiro1002.jpg
(理解し合おうと、逆に謝る格好をするクロード。
ここでクロードが謝る格好をする事で、クロードと湯音の視線が対等になる。
つまり二人の関係が対等になり、一歩近づいたのです)

そして二人は言葉がわからないであろうが、少しづつ心を通わせていく。
ここで大事なのは、お互いの言語がわかる事ではなく、
二人がお互いをわかろうとすることなのでしょうね。

まとめ


シリーズ構成・音響監督が佐藤順一さんって所がミソですね。
1話の脚本が池田眞美子さんで、これまたサトジュン人脈です。

サトジュンさんも自分が関わる全ての作品で監督をするのではなく、
シリーズ構成と音響で、作品をコントロールしたいって事なのでしょうか。

ikokumeiro1003.jpg

でもこの作品の魅力は湯音が可愛いって事ですね。
武田日向さんの作品といえば「GOSICK」でしょうが、
ヴィクトリカといい、過剰に着飾ったした少女を描くのが好きなのでしょうね。

今期はたまたまだと思うけど、ロリキャラがメインの作品が多い気がします。
  
関連記事
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1499-e977869a

素晴らしい癒しアニメですね。 第1話 「入口」 感想は続きから
[2011/07/10 16:25] あめいろな空模様
時間が無くて、見るのが遅れていたのですが、ようやく見ました。 そしてもっと早く見ればよかったと後悔。 これは素敵な文化の接触の癒しアニメですね。 19世紀後半のパリ。 時代の波に取り残され...
[2011/07/09 23:40] ひえんきゃく
奴隷という制度は日本以外の貨幣経済と家畜市場の発達した社会では必須のシステムです。 ほんの数十年前まで北米大陸では奴隷制に基づいた差別が厳然として存在していました。そんな脛に傷もつ国家が南アフ...
第一印象は、フランス文化と日本文化の調和を試みた和洋折衷アニメ!
 湯音の優しさに本当に癒される作品でした。 佐藤順一さんが関わっている作品にはいつも癒され、心静かな時間をもらえます。 19世紀のフランスはパリ、その下町のアーケード街 ...
[2011/07/07 23:08] ヲタブロ
メディアラハン
[2011/07/07 23:04] すずきモノがたり
最初、湯音の声があやにゃんにソックリに聞こえました。 そんな感じで始まったクロワーゼ。 イメージとしては“エマ”のような舞台に和服ロリ美人が現れたって感じでしたねw 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細...
武田日向原作漫画のアニメ化。終わったばかりのGOSICKのイラスト担当していた人ですね。あちらは小説なので、原作は別ですから違う感じになるのだろう。この作品でGOSICKのような超展開が起きたらもうげっそりだよ。とりあえず今後のレビューは保留。来週以降も新しく何本...
明治維新によって、日本が、国際社会の仲間入りを果たして間もない頃、1人の女の子が、海を渡ってフランスに来ました。 日本とは、様々な風習の違いがあるフランス。 彼女は溶け込めるでしょうか? TBは基本的には、本館にお願いします。 本館にある続きを読む。
[2011/07/07 19:23] cogito,ergo sum別館
「入口」 巴里の日本人形。
[2011/07/07 04:58] 飛び道グブロ具
第1話 「入口 - Entree」 新作ラッシュ続きます。 これも原作知らずですが、なんとも異国情緒漂う雰囲気ですね。 と思ったら場違いなほど浮いてる着物少女。 これが新しいゴスロリでしょうか(笑) 舞台はフランス、怪しいヒゲおやじに連れられて来たようです。 ...
[2011/07/07 01:07] MEGASSA!!
・異国迷路のクロワーゼ第1話 月刊ドラゴンエイジで連載中だそうですが、原作未読 19世紀のパリを舞台に 片言しか喋れないのにフランスに渡った日本人の少女湯音が 鉄工芸品店ロアの看板店で働きながら成長していく姿を描く物語 異国情緒あふれる絵のタッチ・丁寧で温?...
湯音が最高に可愛かったヽ(*´∀`)ノ 19世紀後半パリへと渡った日本の少女湯音とアンセーニュ・ド・ロアの店主クロードとの出会いの話。 文化的にも最高峰のフランスパリの描写や世界観が凄い好きです。
[2011/07/06 23:45] 日刊アニログ
異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 異国の街に聞きなれないポクポクという音が響き渡る。その音は、まるで お人形のような小さく可愛らしいジャポネーズが奏でたものだった―。
[2011/07/06 22:51] aniパンダの部屋
何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行~っちゃった~。  童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の?...
湯音かわいいよ湯音。
 何か、いい雰囲気の物語が始まりましたね。  音楽のせいか、全体的に「ARIA」を連想しました。いい感じです。  物語は、フランスに長崎から一人でやってきた少女、湯音ちゃんの出会いのお話です...
[2011/07/05 21:17] Specium Blog
小さな大和撫子―
[2011/07/05 20:33] wendyの旅路
↓消されてなければココで見れます!↓  VEOH  メガビデオ 感想は、右下にある『MORE >>』から読んでください!
[2011/07/05 19:53] サブカルチャレンジ
異国迷路のクロワーゼ、感想、 まだタイトルの意味がよくわからないんですけれども・・ タイトルがなんか酷く感じられる方もいると思うのですが、 面白いな、ってわけじゃないんです。でもつまらないわけ...
[2011/07/05 17:42] 俯瞰者席
2011年夏アニメ感想第1弾。今期は週ごとの記事数を増やすのが目標です。
[2011/07/05 16:56] 妄想詩人の手記
原作は「GOSICK -ゴシック-」の挿絵も担当されていた武田日向さんの漫画で、物語の舞台は19世紀末のパリ。 主人公は小柄でおかっぱの黒髪美少女の日本人・湯音。 湯音の家では余所へ ...
[2011/07/05 16:00] ゲーム漬け
137 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:41.87 ID:RdosuHAlO これがジャパニーズ土下座アニメだ
[2011/07/05 12:48] 狼藉者
【入り口】 な、なんだこのカワイイのは!? Amazon.co.jp ウィジェット
第1話 「入り口」 【あらすじ】 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』...
[2011/07/05 09:05] いま、お茶いれますね
パリにやって来ました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.30 メディアファクトリー (2011-09-21) ...
[2011/07/05 08:38] 日々“是”精進! ver.A
2011年夏アニメ第2弾は? 中川かのん主演・・いえゆおんです。
[2011/07/05 08:34] しるばにあの日誌
異国迷路のクロワーゼ #1 「入口」 19世紀。 日本の少女が巴里へ……というお話のようで。 なんというか超雰囲気系のアニメのようで。ARIAを彷彿させます。 さてさて、これはどんな!?
[2011/07/05 08:07] 日々平穏
関東土下座組の刺客現る!(違 物語としては驚くほど何も起こらない・・・、起きたのは看板の蝶が壊れたぐらい。 そんな静かな作品ですが、 湯音かわえぇ~~ それだけ ...
これは良い癒しアニメ 夏の新番組第1弾「異国迷路のクロワーゼ」の感想。 まさに日曜深夜を彩るに最適な清涼剤のようなアニメ。一発で気に入ってしまいました。 それもそのはず、この作品には僕の...
[2011/07/05 05:06] attendre et espérer
ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ~い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが総作監だけにクオリティ...
[2011/07/05 04:01] のらりんすけっち
  クロードの 思いやり               何でもかんでも・・・ 謝ればうまくいくわけじゃない!                   &nbs...
[2011/07/05 03:06] 私的UrawaReds&SubCul
着物ょぅι゙ょかわいい~:*・゚(●´∀`●):*・゚ キャラデザかわいいヽ(*・ω・*)ノ ヨーロッパの街並みキレイ。 BGMもいい雰囲気。 美形男子もいる! ユネは働き者や~偉いなぁ(●´∀`●) パリにやってき...
[2011/07/05 02:48] 空色きゃんでぃ
"LES PETITES ABEILLES" とは、プティット・アベイユという女の子を主人公にしたフランスの絵本。1969年の第1話 「プティット・アベイユ退屈する」 から始まり、20数冊の絵本が出版されているそうです...
[2011/07/05 01:28] スキマの美学
  文化の違う異国の地で育む人と人との絆と成長の物語。 この溢れ出る癒しの雰囲気感が堪らなく素敵です。
[2011/07/05 01:20] 隠れオタん家
湯音ちゃんが可愛すぎる♪
[2011/07/05 01:19] 記憶のかけら*Next
「そのときまで、俺がお前の信頼に足る人物かどうか、見届けてくれないだろうか。」 相手の文化は全く知らない、だけれどクロードは一度フラフラながらも相手の土台に立って話をします。 そしてこの言葉が今後の物語の鍵ともなっていくんでしょう…… ……いやあ、...
これは良い雰囲気の癒しアニメ 事前からそういうイメージで見てみたけど健気なヒロインや周囲の優しい人々との交流がいい感じでARIA(とはちょっと違うけど)みたいな作風イメージかも。湯音が頑張っているのを見て認めるクロードの場面など雰囲気を構成する各シーンの演出...
[2011/07/05 00:39] ムメイサの隠れ家
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第2巻 [Blu-ray](2011/10/26)東山奈央、近藤隆 他商品詳細を見る 19世紀後半のフランス、パリ。近代化の流れに取り残された小さな商店街、ロアの歩廊にある日小さな日本の少女が足を踏み入れた・・・ ↑ポチって押して頂ける...
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 入口 "Entrée" 135 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:34.33 ID:FakRVwuj0 とりあえず完走余裕っぽ...
[2011/07/05 00:12] にわか屋
おフランス人はロリコン?! 異人さに売られて行っちゃった系っぽいかな? っつか、小公女とか名作劇場系っぽい感じなのかな?? 感動物語になるといいな… 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]メディアファクトリー 2011-09-21売り...
丁寧に作られた感がものすごく好印象!
[2011/07/04 23:30] 10+1次元の世界
文化の違い―。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
[2011/07/04 23:21] 新しい世界へ・・・
クロード様素敵
[2011/07/04 23:06] 遊乙日記GO NEXT
さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。
[2011/07/04 22:37] シュミとニチジョウ
異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話、「入口」。 原作未読です。 19世紀後半、パリの小さな商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア」にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」という鉄工芸品店に日本から湯音という女の子が奉公にやってきました...。
異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日本人の少女を歓迎はしません。(以下に続きます)
【入口】 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それは優しくて小さな出逢いの物語~♪っ ...
[2011/07/04 22:24] 桜詩~SAKURAUTA~
待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の一画にある鉄工芸店『ロアの看板店(アンセーニュ・ド...
[2011/07/04 22:22] KAZUの暮らし
「私ハ…このギャロリの家族ニナリタイ」 原作未読。 舞台は、19世紀末のパリ。 日本に買い付けに来ていたオスカーが奉公先を探していた湯音と知り合い、 我が家である鉄工芸品店「ロアの看板」に連れ帰ったようなのだが…
夏新番3つ目!!サトジュンのお名前が♪
[2011/07/04 22:07] LUNE BLOG
19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ▼ 異国迷路のクロワーゼ...
[2011/07/04 21:58] SERA@らくblog
日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome, do as the Romans do. 郷...
[2011/07/04 21:55] アニメ徒然草
私はこのギャルリの、家族になりたい 「異国迷路のクロワーゼ」第一話感想です。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
[2011/07/04 21:46] 知ったかアニメ
「わたしは…このギャルリの家族になりたい」 ―― クロードの優しさを示す一枚の写真大らかで、飾り気のないその笑顔を知っている…。太陽のように温かくて、居心地の良いあの笑顔。嬉々とした表情で写真...
[2011/07/04 21:44] 蒼のセレナーデ
 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。
[2011/07/04 21:25] つれづれ
礼に始まり、礼に終わる。 →「異国迷路のクロワーゼ」公式サイト 異国迷路のクロワーゼ 第1話感想です。
[2011/07/04 21:10] crystal cage
■異国迷路のクロワーゼ 【第01話】入口 異国迷路のクロワーゼ Partie01:“ Entree ” 第01話:「 入口 」の視聴感想です。 奉公人。 興味津々。 異文化。 若店主。 家族。 二度と勝手に自分の大切なものを捨てるな ↑さぁポチッとな