スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

(ニコニコ動画で公式配信)メダロット 1話「うごけ!ポンコツメダロット」(感想) 

ニコニコ動画でメダロットが配信されました。
こ、これは嬉しい!!

メダロットについて


メダロットはテレビ東京系列で1999年の7月から全52話放送されました。
もう10年以上経つのですね…。
おもちゃ「メダロット」の子供向け販促アニメで、主にコミックボンボンとタイアップ。
アニメの人気もあり、そこそこのヒットを飛ばしアニメも続編が作られました。
しかし人気は2000年中盤でしぼんでしまったようです。

メインスタッフが豪華!


スタッフ的には岡村天斎さんが始めてTVアニメで監督を務めた作品です。
シリーズ構成は山口亮太さん。つまり青の祓魔師の監督・シリーズ構成のコンビなのです。
(つまり青エクで12年ぶりに岡村・山口コンビが再結成されたわけ)

またプロデューサーに堀川憲司さん。
花咲くいろはでお馴染み、P.A.WORKSの社長さんですね。
この作品は堀川さんが関わったエヴァンゲリオンや人狼といった作品に参加していた
アニメーターさんや演出家さん達がメインで参加しています。
なので人狼=Production.I.Gやエヴァ=ガイナックス系列のスタッフが多く参加しています。

ちなみに1話のスタッフを見ても、

脚本:山口亮太 絵コンテ・演出:岡村天斎
作画監督:古川尚哉
原画:吉成曜 今石洋介 砂田茂樹 芳垣祐介 窪敏
   古賀誠 佐藤憲亮 猪口亮 上村栄司 鈴木博文

というようにガイナで活躍していた吉成さんや今石さん、古川さんがいますね。
こうした今ではビッグネームな方々の若き頃の仕事を見てみるのも良いのではないでしょうか。

また岡村天斎さんの演出を青エクやDTBと比べて見られる事や、
ビィートレインからP.A.WORKSが独立する前の作品という意味でも
とてもアニメの歴史の系譜を抑えるうえで重要な作品といえるでしょう。

感想


さて、感想ですが、
1話冒頭から悪の組織と謎の怪盗のダークなやり取り。
今見ると、DTBの世界にしか見えません。
岡村さん、昔っからこういう空気というかやり取りが好きだったのかなぁと思いました。

それにしても1話は隙が無い面白さですね!
アオリも俯瞰もアップも見事に使い分け、飽きさせない画面作り。
ギャグとシリアスの絶妙な緩急の使い分け。
(特に変な所で入るナレーションが面白い)
見事なキャラ芝居と小気味よいアクション。
何より、観ていて楽しくなってくる、気分が高揚してくるのが良いですね。

イッキがメダビーをいかにして手に入れて、いかにして動かしていくまでの
ロボットアニメにとって超重要事項である
「いかに主人公が違和感なくロボットに乗るか」を踏まえた展開になっています。
まぁこの作品では主人公はメダロットに乗りませんが、
動かすまでの展開作りという意味では同じことが言えるでしょう。
つまりイッキの行動に違和感を感じさせない作りになっています。
これが上手くできている作品は中々ないので見事です。

まとめ


また、週の楽しみが一つ増えてしまいましたね。
ニコニコ動画は黄金バットもあって、本当に良いものを取り揃えてくれます。

私としては、メダロットは本当に面白いと感じる作品なので
初めての人はぜひぜひ見てほしいですし、
忘れちゃった方も見てほしいですね!
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2011/10/25 21:09 ] 懐かしアニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。