FC2ブログ

輪るピングドラム17話「多蕗桂樹覚醒。相澤昌弘作画と幾原監督作品のエレベーター描写について。」(感想) 

pindora17-11018.jpg

ついに多蕗桂樹が本性を表します。
彼の目的は陽毬を殺し「罰」を与える事。
「罪と罰」はこの作品の大きなテーマの一つです。

今回は物語後半のエレベーター描写についてと
ウテナファンには馴染みのアニメーターで
今回の作画監督、相澤昌弘さんにも触れてみました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

高倉陽毬は相変わらずの可愛さ。


今回のスタートは高倉3兄弟が病院内でたこ焼きパーティーをする所から始まります。

pindora17-11019.jpg

陽毬はいつも底抜けに可愛いなぁ。

pindora17-11020.jpg

pindora17-11021.jpg

陽毬が可愛いのは、いつもの事ですが、
これは今回のテーマである「罰」を効果的に見せる展開だといえます。
つまり最初にガツンと可愛い陽毬を見せておいて
今回、ずっとサネトシ先生やプリンセスが言っていた
「大事なものが失わせる」ことを強調させる構成と言えるでしょう。
陽毬が可愛いからこそ、家族だからこそ、何より愛しているからこそ
失う事への衝撃は高倉兄弟にとって大きいのです。

といいつつ舞台はクリスタルワールドへ


そんな楽しくしていた3人で、ピングドラムの事はほっとこうみたいな事を言っていたら
ちゃんと出てきましたねプリンセス。

pindora17-11022.jpg

口に青のりを付けているところが素晴らしいですね。

pindora17-11000.jpg

相変わらず、ピングドラムを手に入れろというのですが、
なぜか核心部分になるとはぐらかすプリンセス。そして話は前後しますが
「ピングドラムを手に入れないと大事なものが失われる」と言うプリンセス。

結局 は落とされ、プリンセスの生存戦略が行われます。

pindora17-11001.jpg

pindora17-11002.jpg

体を肌蹴て生存戦略を積極的に試みようとするプリンセスに比べ
「俺には救えない」と項垂れる冠葉。そんな冠葉にプリンセスは強引に…

pindora17-11003.jpg

ここから一気に画面の色使いが変わりましたね。
影にザクっと黒を用いつつも、光量を多くし明るくしている事で
キャラクターの内面にある明と暗を表現させる演出意図なのでしょうか。

pindora17-11004.jpg

結局プリンセスになすがままに倒される冠葉。
生存戦略を求めるプリンセスにとって冠葉とのこの時間は不可欠のようです。

興味深いのはプリンセスは「ピングドラムはお前(冠葉)の…」というところ。
では「冠葉の何」とは何か。これは多くの人の指摘するように
生存戦略のバンクシーンが性行為の暗喩に満ちている事から
何よりプリンセスが何度も冠葉を求めている事から
「冠葉の精子」という見方も出来るのではないでしょうか。
少なくともプリンセスは冠葉を欲しているのは間違いないようです。

嘘つきな多蕗桂樹


場面は変わって、多蕗桂樹と時籠ゆりが話しています。
あんまし最近は接点がなかったようですが、繋がっていたのですね。

pindora17-11005.jpg

桃果が消える事になった事件を引き起こした高倉一家に対して
許せないというゆりに対し、憎しみからは何も生まれないと諭す桂樹。
そんな桂樹の態度にゆりは何とも言えない感情でしたが
少なくともその態度は受け入れがたいものでした。

pindora17-11006.jpg

桃果が世界を書き換えた事によって、彼らの後ろにある東京タワーを背にしながら
二人が話し合っているシーンは、感慨深いものがあります。
しかし私にはこの東京タワーを境に二人には大きな溝が出来てしまったようにも見えます。
それは後述しますが「罰を与えても無駄」といった桂樹の本心とは逆だったからです。
つまり桂樹こそ高倉家に「罰」を与えたかった存在だったからです。
(というか二人とも「罰」を与えたいのね)

サネトシさんの意味深な発言


サネトシさんが神妙な事を言っていたので引用します。

pindora17-11007.jpg

「人間の世界では真実は必ずしも本当の事じゃない。
人間は自分の見たい願望や欲望だけを真実という。
人間は真実が口実になれば人だって殺せるんだ。
戦争、戦争だよ。もうすぐ戦争が始まる。」


この真実が口実なれば人だって殺せるという部分に痺れました。
おそらくはこの作品が地下鉄サリン事件を射程に入れている事から
テーマ的には「オウム真理教」の事を差しているのは間違いないでしょう。
彼らは自分たちだけの真実を口実に人殺しを、そして戦争を起こそうとしたのですから。

物語的にはこれから高倉家に「罰」を与えたい、ゆりや多蕗の事を差すのでしょう。
何より私のような人間のことを差しているのでしょうね。

陽毬のお出かけ、それが事件の引き金に


陽毬は苹果と一緒に買い物に出かけちゃいます。

pindora17-11009.jpg

同じ年ごろ同士の楽しいお買い物には幸せな空気を感じる事ができますね。
しかしそこへゆりさんが苹果へ電話を掛けます。
陽毬がいることを告げるとゆりさんは一緒に連れて来てと言います。
ゆりさんの復讐のおぜん立ては整ったかのように見えましたが…そこへ…

宿命の対決 ゆりVS真砂子


そんなゆりさんの前に現れたのは真砂子さん。
二人はお互いが段々宿命的な関係になりつつありますね。
この一連のシーンの音楽カッコ良すぎです。
(橋本さんの音楽は劇中曲の編曲含め素晴らしい仕事をしています。)
 
pindora17-11011.jpg

pindora17-11012.jpg

生娘ゆえに世間に自分を消費される事を恐れて世界の半分しか見えていない(ゆり)

賞味期限が過ぎ、人生をディスカウントするしか生きるすべがない(真砂子)

あなたを信じない限りあなた自身が消費されるだけ(ゆり)

あなたの人生は既に消費されたわ!(真砂子)

とお互い物凄い罵りかたをしています。もう台詞が直喩すぎて、たまりません。

pindora17-11013.jpg

pindora17-11014.jpg

また戦いのテンションに合わせながら、
羽のエフェクトがかかり、ペンギンが桜吹雪がまくのは素晴らしいですね。
こうした演出がピンドラの魅力ではないでしょうか。

多蕗桂樹とエレベーター。その演出意図


そして陽毬と苹果は多蕗と偶然出くわします。多蕗側には偶然ではないのでしょうが。
そんな3人はエレベーターに乗るシーンがあります。

pindora17-11015.jpg

pindora17-11016.jpg

上昇し続けるエレベーター。いつもの不気味な音楽とともに話される多蕗の言葉。
おそらく多蕗のテンションの高揚をエレベーターの上昇とともに表現した演出でしょうね。
そしておそらく乗ったエレベーターは東京タワーなのでしょうかね。

pingudoramu1002.jpg

一方で、多蕗というキャラは空を見るキャラなのでしょうかね。
例えば前半のOPでは、窓越しに空を見る多蕗のショットがあったりしますし。

そういえばこの作品ではエレベーターも効果的に使われます。
陽毬が9話でサネトシさんの世界に行った時もエレベーターでしたし。

pindora10-1000.jpg

まぁそれを言うと、幾原さんがエレベーターが好き、おそらく階段も好きなのでしょう。
例えば、上のキャプは「少女革命ウテナ」の1シーンでサネトシさんみたいなキャラが
エレベーター内でしょげこんでいるシーンです。

何故エレベーターのシーンが好きか。
それは上下に移動する事で心理を描写できるから、画面効果が計算できるからでしょう。

相澤昌弘作画監督について


今回の作画監督は中村章子さんと相澤昌弘さん。
相澤さんといえば「少女革命ウテナ」の作画監督として大活躍された方です。
(ウテナの仕事が評価されたのでしょうか、J.C.STAFFが次に作った
魔術師オーフェンではキャラクターデザインに抜擢されましたし)
という事で、またまたウテナゆかりの人が参加されたので嬉しかったです。

pindora17-11008.jpg

pindora17-11010.jpg

ただ今回は武内宣之さんや後藤圭二さんのように一人原画では無く
中村さんとの共同作監でもある為、純な相澤さんっぽい部分はそこまでなかったですね。
そんな中でも上にあげた所は相澤さんらしいタッチだったと思います。

まとめ


多蕗が殺意を表明する前の陽毬のショットが可愛いですね。

pindora17-11017.jpg

直前までこの可愛さを描写するからこそ、多蕗の言葉が恐ろしく聞こえるのです。
多蕗は次回どんな行動にでるのでしょうかね。
本当に殺しにかかるのか…。でも多蕗も許すはずもないだろうし。

今回もとても面白かったです。
というか面白すぎて辛い。
 

そして来週は山内重保さん演出回です!お楽しみに!!
 
関連記事
[ 2011/11/05 06:46 ] 輪るピングドラム | TB(38) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1667-e60bf099

輪るピングドラム キャラクターソングアルバム(2011/12/21)トリプルH商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコロのらじお♪」をチェック!掲示...
輪るピングドラムですが、カレー女と担任は高倉家に対して含むところがあるようです。担任は冠葉たちは直接何もやっていないと冷静ですが、カレー女はももかのことで許せません。 運命をのりかえる日記をめぐって、カレー女と「嫌だわ早くすりつぶさいないと」女による因...
地下鉄に乗って陽毬の見舞いへ向かう冠葉と晶馬。 なんかたこ焼きの材料いっぱい買い込んでるけど、2号が 食べちゃってるよ? 大丈夫かw 時籠ゆりが日記を揃えて運命を乗り換えようとしている事を知っている 晶馬がその事を冠葉に話し、もし、本当に乗り換えられるな?...
[2011/11/08 10:16] ゴマーズ GOMARZ
罪と罰を背負う者たち  どうも、管理人です。案の定、更新が一日遅れになってしまい、誠に申し訳ないです。今日明日あたりでどうにか予定は調整しますので、どうかご勘弁をwそれでは、感想です。 田蕗:「今日、僕は高倉家の人間に罰を与えるよ」  今回の話...
[2011/11/07 11:28] 戯れ言ちゃんねる
実際、ようわからんかったw。当然、面白くないわけではないけれど、理解が追いつかない現状、とにかく、来週の続きが待ち遠しい謎が謎呼ぶ展開の嵐。とりあえず、人が決める真実 ...
ゆりと夏芽の決闘シーン、西部劇風のBGMについ笑ってしまうw
[2011/11/06 19:37] 妄想詩人の手記
 今回はなんというかタコ回。ゆり・多蕗の関係についても明らかになったり、久々に冠葉・晶馬の生存戦略シーンがあったりと、この先に向けての伏線が多く提示された回だった気がします。陽鞠の命は一体どうなってしまうんでしょうか…?に、してもあの冠葉とプ...
[2011/11/06 04:24] コツコツ一直線
前回はギャグ回?で困惑させられましたが、未だ登場人物たちの運命の行き着く先は見え
[2011/11/06 01:42] くまっこの部屋
輪るピングドラムの第17話を見ました。 それでは感想を書きます。
[2011/11/06 00:05] アニメに首ったけ
【許されざる者】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 僕の生きている意味? 
[2011/11/05 22:52] 桜詩~SAKURAUTA~
誰かがあなたを狙ってる
[2011/11/05 22:24] 遊乙日記GO NEXT
お前には出来る、妾にはそれが分かる・・・なぜならピングドラムとは、それはお前の・・・ オレには無理だ・・・冠葉は今でも陽鞠に命を吹き込んでいたのですね、形は違っても・ ...
[2011/11/05 21:34] ヲタブロ
タコが可笑しく東京タワーは切なくエレベーターは不気味。 コメディ面や演出面が面白いなと感じた回でした。 それと日記。これを今までに所持した人の事などを。
日記はゆりさんと夏芽さんの二人が所持し、ゆりさんの目的は運命の乗り換え―― 本当の目的かどうかは別として、もし可能なら陽毬の病気もなかったことにできるのか… そんな曖昧なことに頼らず、薬で地道に治...
[2011/11/05 20:35] Spare Time
生存戦略 今回も冠葉の方が残されたけどこれまでにもまして直接的に性的な感じだったな。晶馬でなくて必ず冠葉であることには意味があるのだろうけどやはり冠葉が血がつながってないのかね?でも冠葉ってけっ...
[2011/11/05 20:28] 蒼碧白闇
あらすじ・・・病院でたこ焼きパーティーをしながら薬で生き続けられるならこのままの生活でも構わないと思っていた。しかし、ペンギン帽をかぶった陽毬に生存戦略を告げられ、「 ...
運命日記の半分は時籠ゆりが所持し、残り半分は夏芽真砂子が所持している。その事を掴んだ高倉晶馬と高倉冠葉。晶馬はもし日記によって運命を乗り換えることが出来るのならば、高倉陽毬を元気にする事も可能だと考えるが、冠葉はそんな事がある筈がないと否定し、陽毬は例...
必殺!ほっちゃん仕事人の巻ww とうとう・・・ 「石田」が「石田」の本領発揮キターー!!(爆 しかし、あそこまでゆりさんに「大人」であるように見せたのは、ゆりさん ...
輪るピングドラムの感想です。 決意の復讐。
[2011/11/05 17:11] しろくろの日常
いや~~~~ホンッッッッッッット面白い!!! 一年に一回あるかないか、それくらいごくたまに、心の底から出会えてよかった生きていて良かったと感謝するような作品にめぐり合うことがありますが(あります...
 みんな病んでるなぁw  病んでないのが病んでる布石みたいになってるからね。 以下輪るピングドラム 第17話「許されざる者」の感想
[2011/11/05 15:40] こう観やがってます
だからおまえはいつも通り笑ってろ 「輪るピングドラム」第十七話感想です。 輪るピングドラム キャラクターソングアルバム(2011/12/21)トリプルH商品詳細を見る
[2011/11/05 15:31] 知ったかアニメ
罰を、与えるよ・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111040003/ 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.11.01 キングレコード (2011-10-26) 売り上げラン?...
[2011/11/05 15:13] 日々“是”精進! ver.A
ピッチはズレてましたがw それもかなりだと思うんですけどw 劇中で能登の歌をディスった?! きっとわざとピッチを外しているんだろう… 輪るピングドラム 上幾原 邦彦 高橋 慶 幻冬舎 2011-07-04売り上げランキング : 152Amazonで詳しく見るby G-To...
関西人ですが、たこ焼き機は持っていません! あれはね、「家族」が持つものなんだよ……一人暮らしには関係ないorz 大切な人の命を奪った犯罪者の子供達。 その子達には関係 ...
[2011/11/05 13:32] 雨晴時曇
ゆりと多蕗は、やはり桃果絡みでの共犯者という感じですね。 日記の重要性を自分達2人しか知らないと語る一方、ペンギンの事などはよく分からない事を言っているという認識ですし ...
[2011/11/05 12:54] ゲーム漬け
輪るピングドラム #17 許されざる者 338 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/04(金) 02:25:40.55 ID:GKg7DVYj0 たぶき黒化は予想通り過ぎるwww 269 名前:風...
[2011/11/05 12:47] にわか屋
輪るピングドラム 17話「許されざる者」 の感想を 着実に前に進んでいるように見えていたけど それは同時に、運命の日に近づいている事と同じ もうすでに、カウントダウンの針は動き出していたのかも知れないな・・・
多蕗…覚醒…!
[2011/11/05 12:18] 10+1次元の世界
たこ焼きウマーなお話(違) ペンギンズはタコと戯れすぎですw プリンセスは 今だにピングドラムが日記なのかは明言しませんね。 何のか気になる気になる(笑) ▼ 輪るピングドラム 第17話 「許されざる者」  陽毬は 晶馬たちにセーターの手編みを贈るべ?...
[2011/11/05 12:03] SERA@らくblog
日記はすり潰す人とユリさんが半分ずつ持ってるのか… 裂けちゃったせいで集める手間が増えちゃったんだよねー うおー!たこ焼きがすごく美味しそうに見えるぜー! あの高い薬のお陰で最近ひ...
[2011/11/05 11:02] いらっしゃいだょ
【多蕗と時籠ゆり】 やはり、この人達はモモカを取り戻すという目的で協力関係にあるのか。元々幼馴染みという繋がりでもありましたが。 しかし、なぜ結婚までしたんでしょうね。時籠さんは携帯電話で、多蕗...
輪るピングドラム 17th STATION 「許されざる者」 です。 後半戦にな
「このままピングドラムを放置すれば、 お前たちの家族の誰かが大きな罰を受けることになるだろう。 お前たちの一番大切にしているものが損なわれるのだ」 ようやく高倉兄弟で情報交換ができ、 現在の日...
入院中の陽毬が眞悧の薬ですごく元気になる。 冠葉と晶馬は、病院に内緒で陽毬の病室でたこ焼きパーティーをすることに。 見張りばかりさせられる晶馬はすごく不満だが、陽毬がたこ焼きを持って来て くれた。 和やかに時間が過ぎ、陽毬はマフラーから大物にチャレンジ...
[2011/11/05 08:19] ぷち丸くんの日常日記
もう夏芽さんが主役でええよ。 というわけで、 「輪るピングドラム」17話 譲れない願いの巻。 薬でも、日記でも、どっちでもいいからさ。 どっちでなくても、いいからさ。 誰か、陽毬さんの命を助...
[2011/11/05 08:09] アニメ徒然草
    『真実の意味』                 人間の世界では・・・ 真実は必ずしも本当のことじゃない                 ...
[2011/11/05 08:08] 私的UrawaReds&SubCul
渡瀬眞悧は 『人間は自分の見たい願望や欲望だけを真実という』 と言っていましたが、これはどういうことなんでしょうか? 簡単に言うと 「常に見えているものだけが真実ではなくて自分が見たいと思...