スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幾原邦彦監督の変わらない「世界の解放」というテーマ。輪るピングドラム23話の「箱」とウテナの「棺」の描写の比較から 

pindora23-3000.jpg

サネトシの思うままに世界は向かうのか。
彼が呪いのメタファーであれば
世界は呪いに縛られてしまうのか。

「箱」というテーマを用いてきたピングドラム。
冠葉・晶馬・陽毬・苹果・山下の運命は?
いよいよ「運命」を乗り換える瞬間です!
今回は「箱」に注目してみました!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

二つに分かれたサネトシと桃果


アバンは、サネトシと桃果が電車内で対峙するシーンから始まります。
それは事件当日、サネトシが世界を壊そうとした日でした。

「僕はこの世界が嫌いなんだって」
「世界はいくつもの箱だよ。人は体を折り曲げて自分の箱に入るんだ。」
「ずっと一生そのままに。やがて箱の中で忘れちゃうんだ。」
「自分がどんな形をしていたのか。何が好きだったのか、誰を好きだったのか」
「だからさ僕は箱から出るんだ。僕は選ばれしもの」
「だからさ僕はこの世界を壊すんだ」


以上のように世界を「箱」に見立てて世界を壊そうとするサネトシさん。
このサネトシの台詞でテーマが「個人」のありよう
により深く言及してきているように思いました。

pindora23011.jpg

pindora23012.jpg

pindora23013.jpg

pindora23014.jpg

そんな桃果はサネトシを止めようと運命を乗り換える呪文を唱えようとしますが、
サネトシさんは呪いに閉じ込めようとします。
その結果、桃果の呪文は半分で終わってしまい、桃果は二つの帽子に分かれます。
サネトシもまた二つに分かれ、二つの黒兎になります。

つまり桃果は陽毬とマリオさんの帽子に分かれちゃっている状態のようです。
そうすると、プリンセスの正体に関しては、陽毬と桃果の融合体、
もしくは桃果が陽毬の本音を引き出した姿という解釈もできるでしょうね。
あのプリンセスのストレートな物言いは陽毬の本音なのかもしれませんね。

一方のサネトシさんは呪い・幽霊であることが自分自身の発言で確定します。
「私は呪いのメタファーなんだよ」。ストレートすぎます!!
(この発言自体がメタ過ぎるともいえます)
実体としては黒兎として存在しているのかもしれません。

真砂子さんの死と生 冠葉を巧みに操るサネトシ


pindora23018.jpg
(まずこの一枚絵は素晴らしいです)

一命を取り留めたかに見えましたが、結局死んでしまう真砂子。
でもサネトシ先生が彼女を生き返るようにします。そして日記の半分を手に入れる冠葉。

冠葉を命がけで救った真砂子ですが、陽毬のことしか見えていない冠葉にとって
このすれ違いは悲劇でしかありません。
それでも真砂子が死んだ時に冠葉の動揺した描写があったのは救いでしたね
まだまだ人の心があるって感じでした。

でも冠葉は、サネトシの死を生に変える力をまじまじと見せつけられて
愛おしい、真砂子を救った力に魅入られた心の隙を衝かれたようにも感じます。

冠葉と真砂子は双子の兄弟である事もわかりましたね。

晶馬と苹果と陽毬


pindora23016.jpg

pindora23015.jpg

pindora23017.jpg

雪の中、苹果と会う晶馬。先生と晶馬の回想の会話シーンでの描写です。
苹果と晶馬の関係は今は、雪のように冷え切った状態なのでしょうか。

pindora23000.jpg

pindora23001.jpg

pindora23019.jpg

子供の頃、冠葉と晶馬に「みつけてもらえる子供になれた」ことに喜び泣く陽毬。
そして今度は晶馬が冠葉を「みつけるように」と伝える陽毬。
冠葉は迷子であり、今度は冠葉を救ってあげてと言う陽毬。

この作品では人の救済を「みつけること」そして見つけられた人に
「愛している」と伝えることが救済としている印象です。
かつて陽毬がみつけられたように、今度は冠葉をみつけないといけないのでしょうね。

このシーン。二人はキスをしていますね。

冠葉と晶馬の対決 第一章


陽毬との肌のふれあいはどうやら幻想のようでした。(でも精神としては真実)
そんな晶馬が目を覚ますと、そこにいるのは冠葉。
どうやら陽毬を奪いにきたようです。

pindora23002.jpg

陽毬の為に全てを捨てて、世界を壊そうとする冠葉。
そして陽毬を一途に思い続ける晶馬。
二人の意見は平行線をたどり続けます。まるでOPの歌詞のように交わらないです。

pindora23003.jpg

そんな冠葉は晶馬に銃口を向け、その後に晶馬を抱き寄せ、彼の背中に弾を放ちます。
なんとも背徳的な兄弟愛を感じさせる描写になっていますね。

苹果のひたむきさ 雪と炎


pindora23004.jpg

ゆりさんから日記の半分と、
日記には運命を乗り換える呪文が書いてある事を教えられる苹果。
日記を知っている苹果は呪文がわからないと言いますが、書いてあることを確信するゆり。

この二人の会話の背景に書かれた円形のテーブルも
「輪るピングドラム」に通底する「輪る」イメージを描写したものになっています。

pindora23010.jpg

pindora23005.jpg

そんな苹果は冠葉の誘いに乗ってしまい、日記を燃やされてしまいます。
晶馬と会ったシーンは雪、そしてこのシーンでは炎と対照的ですね。
この時に苹果の燃えている本を必死に消そうとする姿がひたむきでした。
晶馬を好きな彼女ですが、同じように陽毬の事も好きなのでしょう。

そして何より運命を乗り換える気がなかった苹果が
陽毬の為に力を使いたいと思うようになっていますね。
彼女の気高さ・素晴らしさが伝わってくる感じでした。
この作品を通して一番好転しているのは間違いなく苹果です。

そして帽子から聞こえる桃果の声を聞く晶馬。
どうやら日記が燃えた事で桃果は喋れるようになったようです。

幾原邦彦監督の「解放」という変わらないテーマ。
「箱」の描写とウテナの「棺」の描写の比較から


今回サネトシさんが言い続けた「箱」という言葉。 

EDでは
「人間っていうのは不自由な生き物だね」
「なぜって。それは自分という箱から一生出られないからね」
「その箱はね。僕たちを守ってくれるわけじゃない」
「僕たちから大切なものを奪っていくんだ」
「たとえ隣に誰かいても壁を超えて繋がる事もできない」
「僕らはみんな一人ぼっちなのさ」
「その箱の中で、僕たちは何かを得ることは絶対にないだろう」
「出口なんてどこにもないんだ」「誰も救えやしない」
「だからさ壊すしかないんだ。箱を。人を。世界を!」

とも言っています。

どうやら自分を認めてくれない世界を破壊して自分を認めてもらいたい側面もあるようです。
いわゆる「透明な存在」からの脱却。

pindora23-1000.jpg

そんな箱について考えてみたいと思います。
サネトシさんが残した組織KIGAは世界を壊そうとしますが、
彼らが何かを作るものに入っているのは「箱」です。

また描写的に「箱」に掛かってくるのは、10年前の晶馬の子供の回想シーン。

pindora23009.jpg

この中には冠葉と晶馬の二人が入っていますが、これもまたサネトシのいう「箱」でしょう。
「箱」の中にいる二人。回想シーンですが、
サネトシの言い方だと人はずっと「箱」に入ったかのような言い方をしています。
そう考えると今でも二人は箱の中にいるのでしょうか。

ここで「少女革命ウテナ」的に考えてみましょう
まず「箱」というのは、ウテナでよく使われたこの言葉を彷彿とさせます。

「卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく、
我らが雛だ、卵は世界だ、世界の殻を破らねば、
我らは生まれず死んでいく、世界の殻を破壊せよ」


これらは文学作品ヘルマン・ヘッセの「デミアン」から
ヒントを得て生まれたものですが、「卵の殻」=「箱」と置き換えるのは容易でしょう。

またもっと「箱」に近いものがウテナに登場します。それは「棺」です。
ウテナにおいて棺はよく登場するモチーフです。

pindora23-2000.jpg
(少女革命ウテナ34話「薔薇の刻印」より)

このシーンは両親の死に絶望して、棺に籠って死のうとする主人公ウテナの回想シーン。
サネトシさんのいう事になぞらえば「体を折り曲げて自分の箱に入っています」

pindora23-2002.jpg
(少女革命ウテナ39話「いつか一緒に輝いて」より)

こちらももう一人の主人公アンシーも体を折り曲げて棺の中に入っています。

pindora23-2001.jpg
(少女革命ウテナ39話「いつか一緒に輝いて」より)

そんな棺の中にいるアンシーを棺から開放しようとするウテナ。
この棺(閉じこもった精神)からの開放がウテナという作品の根幹的テーマともいえます。

pindora23008.jpg
(今回のラストショット。箱の中にいる冠葉)

こうして見ると、「箱」も「棺」も同じ存在・意味をもったものなのだろうと思います。
今の冠葉は自分の殻に「箱」に閉じこもっている状態といえるでしょう。
そして冠葉に必要なのは陽毬の言うように「冠葉に愛していると伝える」こと。
冠葉は愛されている事を認識させることなのでしょう。

そしてウテナとの比較でわかったのですが、
幾原監督は本質的な部分で全くぶれていませんね。
ウテナでは「棺」からの解放、ピンドラでは「箱」からの解放、そして「世界」の解放について
「少女革命ウテナ」でも「輪るピングドラム」でも問い続けているのです。

私としてはこの「棺」「箱」「世界」からの「解放」というテーマに関しては
一生問い続けて初めて意味がある問題だと思います。
そしてこの問題は問い続けても答えが出る問題ではありませんが、
問い続ける行為そのものにこそ、そこに意味が生まれてくる問題・テーマだと思います。
なので幾原監督がこの二つの作品を通して問い続けているのは、全くもって正しいと感じます。


だからピングドラムとウテナで内容は違いますし、発信しているメッセージも違いますが
ある根っこの部分では同じであり、そうした態度は創作者のモラルとして
私は支持したいと考えています。

ウテナでは「純粋さ」「ひたむきさ」が「棺」を、世界を解放するものとして描かれましたが、
ピングドラムは何をもって「箱」を解放するのか。
サネトシのいう世界を破壊する為に「箱」を壊すのではなく
どう「箱」と向き合い接していくことで、「箱」を乗り越えるのか。
キーワードは「家族」であると予想はできますが、さてそれをどう見せるのか!

まとめ


私は「電車を乗り換えるように運命を乗り換える」という言葉が大好きです。
運命っていうと、重い言葉として捉えがちですが、
電車のようにって形容詞が付くと、なんだか簡単な感じに聞こえます。
この簡単な感じが素晴らしい。もっと運命なんて気楽に考えて
電車を乗り換える感じで考えればっていうメッセージにも聞こえます。

こうした言葉のセンスって私的には劇作家・歌人の寺山修司を彷彿とさせます。
まぁ幾原さん自身も寺山修司への影響を公言しています。
寺山には「書を捨てよ街へ出よう」という著があるのですが、
この本のタイトルと「電車を乗り換えるように運命を乗り換える」の言葉遣いが
近いって感じに受け取れてしまいます。

というかピングドラムという作品自体が
「書(箱)を捨てよ街(世界)へ出よう」という言葉で表現できるのかもしれませんね。

そんな「運命」をどう乗り換えるのかを期待しながら来週はいよいよ最終回です。

pindora23006.jpg

pindora23007.jpg

交わらないイマジナリーラインと、絶対に交わらないとOP歌詞で表現された冠葉と晶馬。
赤と青の決着をつける時が来たようです。
そういえば「スタードライバー輝きのタクト」も
最後はタクトとスガタの赤と青の対決でしたね。
幾原さんも榎戸さんも赤と青を対決軸を持ってきているのは面白いです。


回想シーンで考えると、二人の対決は箱の中にいた10年前から始まっていたわけで
今まで持ちこしていたっていうのが正しい言い方でしょうね。
陽毬によって愛を知った二人がどうするのか。

私的な予想では冠葉と陽毬、晶馬と苹果でまとまるのが自然かなぁと思います。
あと日記は焼けましたが、たぶん苹果は呪文を使えると思います。

という展開の予想も楽しいですが、
まずは幾原監督とスタッフがどんな面白い表現で
その展開を見せてくれるのかに期待です。

 
関連記事
[ 2011/12/17 07:37 ] 輪るピングドラム | TB(38) | CM(3)
>問い続ける行為そのものにこそ、そこに意味が生まれてくる問題・テーマだと思います

今この場に至って問い続けているようでは役不足だと思います。(この一話しか見てないので勘違いかもしれませんが…)


以下、かなり電波はいるのでご注意を。

最近、古い漫画家が活発に動いている気がしないでしょうか。
クランプの暴走。
エアギアにおける空の王(ムシケラの王)の誕生。
るろうに剣心の実写化。
シャーマンキングの復活。
ライジングインパクト作者による「七つの大罪」。
さらには、押井守のコピー発言。
そして、ウテナ以来十数年ぶりのこの作品。
まるで、何かの急き立てられるかのように名乗りを上げ始めた。
我こそは、クロスオーバーだ、次元の魔女だ。と。
我こそは、虫けらの、力なきものの声だ。と。
我こそは、るろうに剣心だ、と。
我こそは、死者の代弁者だ、と。
我こそは、騎士道だ。と。
俺にも名乗らせてくれ、名乗りを上げさせてくれ、と。

多分、もうすぐそこまで来ているんです。
聖杯戦争、運命の列車、新たな祖(王、神)の生まれる時、色々な作品で描かれてきた時代の変わり目、世界の終末とはじまり、次の大きな波がすぐそこに迫ってきている。
列車の発車を告げるベルが、世界の脈動が、世界の声が、星々の導きが、いたるところでいろんな人の心に鳴り響いている。
遅れるな、まだ間に合う、今すぐにでも馳せ参じろ、と。
そして、そこに集まることできたやつで誰が一番強いのか、次へと連れて行ってもらえるのか、を決める。
その時に、なにも定まっていない奴は不要なんです。
答えの出ているものしかそこにいてはいけない。
でなければ、大きな波(波動)に呑まれ自分を見失う。
その問い続けてきたことも何もかもが押し流され後には何も残らなくなる。
だからこそ、これはこの監督の十年の答え。
この答えを次へと持って行ってくれ、次へ行くものへ渡すために駅のホームへにやってきた。

運命を乗り換える呪文。
これはカリバーンや愉悦、野望、理想、そういうものです。
それを知った時、手に入れた時、そいつは力を手にする。
しかしそれは、使い方を誤れば自分も相手も傷つけ、正しく使えば、大切な誰かを救うことも、世界を革命することも可能な力。
それは明確な言葉になっているものではなく、それを必要とするものの必要な時に、その人の心の内に現れる。
世界の声として、世界の脈動、波動、導きと呼ばれる形で。
そして、それを知った時からそれに縛られることになる。

この作品は、これから先へ行く列車に乗れるものへのメッセージなのかなと思います。
答えはきっとどこかに書いてある。見つけてくれ。そして、君の力に変えてくれ。
早く目を覚ましてくれ、見つけてくれ君だけのピングドラム(力)を。
もう時間がない、次への列車に乗り遅れるな。
一人ぼっちだ、人間は箱の中からでられない、そんなことをいう黒いウサギに捕まるな、と。

多分気づいているんでしょう、自分自身は乗れないことを誰かに託すしかないことを。
だからこそ、ここに持ってきているのは答えだと思います。
もう変わることのない答え。到達点。限界。

だからこそのOPの歌詞だと思います。
窓を開き手招く謎の声(世界の声、脈動、導き)
秘め事(答え)をあかし戦う聖戦。
[ 2011/12/19 01:41 ] [ 編集 ]
>>野良猫さん

ぼくもそう思います
[ 2014/08/15 22:57 ] [ 編集 ]
無駄に無意味なメタファー多用するだけの作家性
[ 2017/04/27 17:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1734-6110be25

眞悧の回想 16年前 事件の朝 *僕は人の正体がわかった。 だから、あの運命の至る場所でそれを発動したんだ。 16年前のテロの様子… あれ、この時も、今回とまったく同じように あの黒テディ爆弾で爆弾テロやったのか…  ある朝気が付いたんだ 僕はこの世界が嫌いな...
[2011/12/22 20:46] ゴマーズ GOMARZ
16年前の回想から始まる。「輪るピングドラム」の第23話。 テロを企てる眞俐の前に立ち塞がる桃香。 しかし相打ちとなり二つに裂かれた桃香の体は二つのペンギン帽子へ、 同じく裂けた眞俐の体は二体の...
[2011/12/19 00:50] ゆる本 blog
輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る 冠ちゃん、世界にひとりぼっちだと、泣いてるから。 アニメ「輪るピングドラム」第23話の簡易感想です。 簡易であるためあらすじはありません。
[2011/12/18 19:57] 午後に嵐。
ついに描かれた眞悧と桃果の対決場面。結果は痛み分け。 眞悧も桃果も真っ二つ。それらが小説版でいう「赤い星四つ」となった? そして燃え尽き灰となる日記。これにはショックを受けました。
分かたれた力と、集結する想い  どうも、管理人です。朝から仕事だったせいか、すでに眠気が…。借りてきたDVDも見なきゃなのに、時間が足りなくなりそうだ(白目)。 桃果:「ようやくお目覚めですね。高倉晶馬くん!」  今回の話は、最終決戦に向けての...
[2011/12/18 19:57] 戯れ言ちゃんねる
僕は人の正体が分かった、だからあの運命の至る場所でそれを発動したんだ 眞悧 事件の朝 16年前 「ある朝気がついたんだ、僕はこの世界が嫌いだって。世界はいくつもの箱だよ、人は体を折り曲げて自分...
輪るピングドラムですが、幽霊が暗躍しているようです。苹果は最初の方は「ディステニー!」とか叫んで暴走しまくりでしたが、最近では一番まとものような気もします。(以下に続きます)
病院に運ばれて来た陽毬の元に駆けつける晶馬。 医師にもって今日明日と宣告を出される事に。 そんな時に冠葉が何をしているかと思えば、双子の妹・真砂子が御臨終する所を渡瀬に ...
[2011/12/18 00:42] ゲーム漬け
陽毬ちゃんは助かるのか?冠葉の暴走を止められるのか?眞悧の呪いを解くことは出来る
[2011/12/18 00:12] くまっこの部屋
輪るピングドラム「23TH STATION 運命の至る場所」に関するブログのエントリページです。
[2011/12/17 23:11] anilog
輪るピングドラム #23 運命の至る場所 111 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/12/17(土) 02:57:53.86 ID:RWQ4ANkE0 結局最後は兄弟の熱い決着で締めるのか? そ...
[2011/12/17 22:55] にわか屋
はじめまして、僕は幽霊だよ・・・ 自らを『呪いのメタファー』だという眞悧、そしてその呪いの傀儡として苹果の持つ桃果の日記を焼く冠葉、身を呈して焼かれる日記を守ろうとす ...
[2011/12/17 22:26] ヲタブロ
2393 名前:ベルフローレ・浮き袋 投稿日:2011/12/16(金) 02:02:18 ID:??? 貴重な幼女が真っ二つに 2395 名前:名無しになるもんっ♪ 投稿日:2011/12/16(金) 02:02:29 ID:??? なるほど 2397 名前...
すべての個人は箱に入れられた存在でそこから出ることはできない。 それが眞利にとっての世界観。 つまり 世間や周りの人から見て 個々人はどういう存在かと規定されてしまう。 本人が思ってる「自分」で...
[2011/12/17 21:19] SERA@らくblog
16年前の事件の朝、人の正体に気付いたという渡瀬眞悧は、故に運命の至る場所で発動した。ピングフォースのメンバーが次々と黒いテディを地下鉄の車内へと置いていく。ある朝、起きたら突然世界が嫌いになっていたという眞悧。自分は選ばれたものであると考えた眞悧は、世...
輪るピングドラムの第23話を見ました。 それでは感想を書きます。
[2011/12/17 20:57] アニメに首ったけ
あらすじ・・・死んでしまった真砂子を蘇らせる渡瀬。その代償として冠葉は渡瀬の駒として働くことを決意する。そして今夜が山と告げられた陽毬を見守る昌馬の元に冠葉が現れて、 ...
眞悧が日記やこの世界に直接手をくだせない理由。 それは彼が幽霊であることだと分かったのは少し前の話ですが、 人間を生き返らせることは可能なのですね。 これで完全に眞悧に従う事を決めてしまった冠葉ですが、 この辺の経緯は父親たちの時はどうだったのだろう...
うん、この期に及んでも分けわからん(汗 まぁ、陰と陽ってことなのかな? 思い出したように日記が出てきたけど、結局燃えちゃったし。 先週の晶馬の箱にいた意味も最終回に先 ...
難解。そして分からないことが多すぎる。
苹果ちゃんが押しかけ女房すぎますが、それすら微笑ましく感じられる展開の連続な今話です。 桃果の呪文の効果が半分だったため、眞悧は消えることなく2匹の黒いウサギに分か ...
[2011/12/17 17:35] 雨晴時曇
キャラクタースリーブコレクション 輪るピングドラム 「陽毬&ペンギン3号」(2011/12/09)ブロッコリー商品詳細を見る *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日夜11時から放送の「ピッコ...
「そしてあなたたちは、あの列車で見つける。 あなたたちのピングドラムを」 アバンでは、16年前の桃果と眞悧の対決の様子が! この世界が嫌いだと気付き、世界を壊そうとする眞悧と止めようと、 彼を永遠の闇に吹き飛ばそうとする桃果。 「なら僕は、君を呪いの...
誰かに見つけてもらえるって幸せなことだね 「輪るピングドラム」第二十三話 感想です。 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray](2011/12/21)木村昴、木村良平 他商品詳細を見る
[2011/12/17 14:50] 知ったかアニメ
 手帳が焼けた回。結局、ここまで引っ張って手帳は何にも使われなかった。ピングドラムは、最初、手帳の奪い合いの話だったのが、回想話で、キャラがどんどん改変されて、結局、役割の無くなった手帳は、お払い箱。
[2011/12/17 13:36] ブログリブログ
眞悧は、16年前の事件の首謀者? 組織の人間を使って、地下鉄のあちらこちらにベアを置いていた。 その時、眞悧の前に桃果が現れる。 桃果は眞悧を止めるために日記の呪文を唱えるが、半分しか効果がなく、桃果も 眞悧も呪いの中に閉じ込められた。 眞悧は、冠葉を...
[2011/12/17 13:31] ぷち丸くんの日常日記
冒頭での桃果と眞悧の対決 眞悧が起こしたテロ事件で二人は一度戦っていた!? 運命を乗り換える日記で世界から追放しようとした桃果でしたが、実利の呪いのために、桃果の呪文は半分だけ効力を残して、...
[2011/12/17 13:18] 積みとゆとりのブログ
第23話 「運命の至る場所」 16年前の事件当日のサネトシ先生の回想から。 サネトシはいきなり悟っちゃったの? この世界が嫌いだと気付き、人は世界という箱の中にいて、その世界を壊そうとするサ...
[2011/12/17 13:05] いま、お茶いれますね
運命の列車へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112160003/ 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray] 幾原邦彦 キングレコード 2011-11-23 売り上げランキング : 454 Amazonで詳しく見?...
[2011/12/17 13:02] 日々“是”精進! ver.A
輪るピングドラムの感想です。 物語は最終局面なんですけど…どうなるのか。
[2011/12/17 12:26] しろくろの日常
輪るピングドラム 23話「運命の至る場所」 の感想を 全ての始まりと言っていい「サネトシ」と”地下鉄事件” その事件はいまだに続いていた… 運命の列車が発進し、その先の世界は
冠葉がサネトシに真砂子が生き返る様を見せつけられて利用されてしまった、ように見えるがそのまま受け取っていいのか?ほとんどそうだとは思えるんだけど一つ気になるのが晶馬に対して撃ったのが何かってこと...
[2011/12/17 11:02] 蒼碧白闇
輪るピングドラム 23th STATION 「運命の至る場所」 です。 『輪るピ
泣いても笑っても次で最後。もう何も怖くない。
輪るピングドラム ~ 第23話 運命の至る場所 両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の陽毬。陽毬は不治の病に冒されており、担当医の鷲塚医師から余命が長くないと宣告される。数日後、自宅へ帰ってきた陽毬は、...
【運命の至る場所】 輪るピングドラム 3(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2011-12-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 僕は今からこの世界を壊すんだ! 
[2011/12/17 08:40] 桜詩~SAKURAUTA~
まだ、世界は、終わってない! というわけで、 「輪るピングドラム」23話 わたしにできることの巻。 ついに動き出した物語、ついに本気出した二つの勢力。 運命の改変が正しいことなのかは分からな...
[2011/12/17 08:25] アニメ徒然草
16年前の真実。世界を壊そうとした組織のボス渡瀬眞悧と桃香が対決。結果は相討ちでテロも完全に防ぐには至らなかったと。 渡瀬や高倉父母、そして冠葉のやろうとしていることはまごう事無きテロに思えます。でもこどもブロイラーとか、世界がオカシイのかもしれない。そ?...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。