FC2ブログ

戦姫絶唱シンフォギア最終話を見終えて 

sinfo13-8000.jpg

シンフォギア最高過ぎました。
人の心を動かすのは無限大の情熱!
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


感想

sinnfogia13000.jpg
sinnfogia13001.jpg

街に埋め尽くされるノイズが可愛い。

sinnfogia13002.jpg

翼も響を支えるお姉さんポジションに収まったようです。

sinnfogia13003.jpg
sinnfogia13004.jpg

ここの3人の画面分割のシーンが個人的にカッコよかった。

sinnfogia13005.jpg
sinnfogia13006.jpg

クリスの微妙な表情がキュート。

sinnfogia13007.jpg

3人が一つの画面に収まる。良いショットです。

sinnfogia13008.jpg
sinnfogia13009.jpg

ノイズと融合し、巨大化するフィーネ。
巨大化は負けフラグだというのに…

sinnfogia13-1008.jpg
sinnfogia13-1009.jpg

ここで滅殺って文字が入るのはかっこいいですね。

sinnfogia13-1000.jpg
sinnfogia13-1002.jpg

ここの力強いPAN最高。

sinnfogia13-1003.jpg

響を信じる未来の瞳に躊躇いはない。

sinnfogia13-1004.jpg

この表情、凄いっす。

sinnfogia13-1005.jpg

響をしっかり見つめる未来の表情が素晴らしい。

sinnfogia13-1006.jpg
sinnfogia13-1007.jpg

響は一人じゃない。翼もクリスもいるのです。

sinnfogia13-2005.jpg
sinnfogia13-2006.jpg

必殺技がシンフォギアというのはカッコ良すぎる!
まさにシンフォニー=交響曲=シンフォギア。

sinnfogia13-2007.jpg

核爆発!

sinnfogia13-2008.jpg
sinnfogia13-2009.jpg

フィーネまで救済しようとする、この作品のスタンスは好き。
ここでフィーネを倒しちゃったって、物語的にもカタルシス的にも
全く問題はないと思います。でもフィーネを助けちゃう。
これこそが響であり、シンフォギアなのでしょう。

sinnfogia13-2000.jpg

夕陽と正対しているフィーネ。
何も喋らずとも、何か語っているように感じます。

sinnfogia13-2001.jpg
sinnfogia13-2002.jpg

この作品の、今回の勝ちポイント。
フィーネさん、なんとチェーンを伸ばし、何と月の破片まで到達させ、
そこから地球へ引っ張ろうとしています。最高過ぎる描写。
これは、作り手がノッていなければ、思いつかない描写だと思います!

sinnfogia13-2003.jpg
sinnfogia13-2004.jpg
sinnfogia13-3004.jpg
sinnfogia13-3005.jpg
sinnfogia13-3006.jpg
sinnfogia13-3007.jpg
sinnfogia13-3000.jpg
sinnfogia13-3001.jpg
sinnfogia13-3002.jpg

フィーネの最後のあがきでしたが、
そんなフィーネの気持ちを受け止めつつ、
響はなんだかんだでフィーネまで救済したのはエライと思いました。

目のハイライトをフィーネから了子に描き変えた演出は中々上手い!

sinnfogia13-3003.jpg

フィーネの崩壊に泣くクリス。
色々フィーネに思うところがあったのでしょう。
クリスの複雑な感情が交錯して、その結果の涙でしょう。

sinnfogia13-3-1000.jpg

この響の表情、最高すぎます。鳥肌たちました。
まさに12話を経て辿り着いた境地。

sinnfogia13-3-1001.jpg

こっちの表情も良い。
何より「生きるのを諦めないで」という台詞は最高でしょう。
奏から響、そして未来へと受け継がれていく言葉です。

sinnfogia13-4005.jpg
sinnfogia13-4006.jpg

クリスもこんなに素直な表情が出るようになったとは。

sinnfogia13-4007.jpg
sinnfogia13-4008.jpg
sinnfogia13-4009.jpg
sinnfogia13-4000.jpg
sinnfogia13-4001.jpg
sinnfogia13-4002.jpg
sinnfogia13-4003.jpg

3人が仲間・友達である事を確認し合うシーン。

sinnfogia13-4004.jpg
sinnfogia13-5005.jpg

武器のインフレ具合が最高。
こういう描写は中途半端は良くない!
やれる範囲っで極大までインフレさせた方がカッコイイ。

sinnfogia13-5007.jpg

響の絶唱。

sinnfogia13-5008.jpg
sinnfogia13-5009.jpg
sinnfogia13-5000.jpg

ここで、ずっと響と未来が約束していた「流れ星」の伏線と重なる瞬間。
こういう流れ星を未来は見たくはなかったはず。

sinnfogia13-5001.jpg

さりげなく、おばちゃんを1カット入れてくれることで、フォローがされています。

sinnfogia13-5002.jpg

ここは、未来のポーズに注目。
雨が降っているのに、足を開いて呆然事実。
未来の響を失ったショックがこのポーズでまるわかりです。

sinnfogia13-5004.jpg

やっぱり生きていた3人。ここは素直に嬉しいと喜びましょう。

sinnfogia13-6000.jpg
sinnfogia13-6001.jpg

そして二人で見る流れ星。
本当の物語の最後は、OPのラストの二人が手を取り合ったショットに会ったのですね。

まとめ


最高!以上!

私はシンフォギアという作品は以下のように作られたとみています。

①歌と音楽で立脚する世界観を提示した上松さん
②ワイルドアームズ→なのはPSP→シンフォギアへと続き、
 特撮好きで、面白いシナリオを書いた金子彰史さんの存在

まずこの二人の存在が、本作の根幹を無し

③伊藤達史さん、安田賢司さん、下田正美さん、追崎史敏さんといった
 佐藤順一さんと縁深いスタッフによる手堅く、ドラマティックな演出。

これらのメインスタッフが果てしない相乗効果を生み出したのだと思います。

シンフォギア、私の中で久しぶりに熱さを感じた作品でした。
もちろん世に送り出されている多くのアニメは熱意に支えられた作品ばかりですが、
特に私はシンフォギアの熱意に絆されてしまったようです。
私はこの作品からにじみ出る、血のような熱意が好きなようです。

本当にアニメは面白い。改めて、思い知らされました!
スタッフの皆様に感謝です!!!!
 
関連記事
終わってみて考えると、響達が生還したのは物語として必然だった気もします
作品の性質上とか、視聴者がこの作品に望むものとかでもありますけど……
それ以外にも、奏の死から始まって響の生還で終わる物語だったのではないかな、と

奏は会場の客や響達を守るために絶唱を使って死にました
彼女が絶唱に耐えられなかったのは様々な要因があるわけですが、とにかく事実として死にました
奏の遺志を受け継いだ響もまた、皆を守るために絶唱を使いました
これで響の犠牲で皆が救われましたとなると、出発点から何も変わってない繰り返しになるわけで

ヒーローが一人で全てを背負って果てた結末から、仲間と手を取り合って挑んで生還した結末へと変わった事に大きな意味があるのかな、と
[ 2012/04/04 15:17 ] [ 編集 ]
今更だけど細かいツッコミ・・・

「滅殺」ではなく 「滅破」もしくは「破滅」

必殺技名はシンフォギアではなくシンクロゲイザーでは
(口上ではシンフォギアと発していますが)
[ 2012/04/18 15:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/1828-f049aad9

やってくれたぜ!シンフォギア。 最高のラストで私たちを魅せてくれました。 本当に最初から最後まで 心から楽しませてくれた作品です。 最終話も涙涙のアツイ展開に胸と目頭が熱くなりました。 (ネタバレを含みますので、ネタバレがお嫌いな方はこれ以上 読み進めない方…
戦姫絶唱シンフォギアに関するブログのエントリページです。
[2012/04/07 01:11] anilog
みんなの歌声により復活を果たした響たちは、ノイズを取り込んでパワーアップしたフィーネを激闘の末に倒す! しかしフィーネは最期のあがきで、半壊した月の欠片を地球に引き寄せてしまう。 響たちは宇宙...
 欠けた月――から見た地球。  …前回最後の場面(…シンフォギアァァァーッ! と叫ぶ主人公、立花響)。――お姉ちゃん達――。 少女「カッコイイ!?」(←そんな感想 ...
感無量! いやぁ、なんという濃厚さ! とても正味25分とは思えぬ濃さでした。 もう最後まで特撮のお約束を貫いてましたね(笑 雑魚の大量発生 ラスボス巨大化 最終形態、最終 ...