「To LOVEる-とらぶる- ダークネス」の闇と光の演出 

toraburuda4009.jpg

金髪で漆黒の衣装を纏う金色の闇
光(金髪)と闇(漆黒の衣装)が同居する
キャラクターなのでしょう。

今回は物語における
闇と光の使い方が面白かったので
この部分を中心に考えました。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


闇と光の表現について


今回、面白かったのは闇と光の使い方でした。

まず光について。

toraburuda4004.jpg

朝起きた美柑が、リトの部屋から聞こえる怪しい声から邪推したシーン。
モモの身体を見事に朝日の光が隠しています。

toraburuda4005.jpg
toraburuda4006.jpg
toraburuda4007.jpg

また他にもエッチい部分は部屋の光という感じに見せて見事に隠しています。

最初こうした光(規制)描写を見ているうちに
この作品って「ダークネス、つまり闇とタイトルに付いているのに目立つのは光だなぁ」
なんて思いながら見ていました。「うぉまぶし!」
むしろタイトルがダークネスであり、さらに漫画原作の表現をTVで表現できない事情から
ダークネス=闇と対になる光を徹底的に使っています。

toraburuda4008.jpg
toraburuda4000.jpg

しかしこの光がエッチな部分を規制するだけではなくなってくるのが後半の展開。
後半では物語の時間が、朝から昼、そして夜になっている事がポイント。

それは自分の在り方について悩むヤミちゃんが、ふと出くわしたリトと話すシーン。
ヤミちゃんは今までを振り返り、自分は幸せになってはいけないと思っていたようですが
リトは「そんなことはない」「やいたいことをすればいい」と背中を後押し。
また寂しがりの美柑が甘えられる存在としてヤミちゃんがいることにリトは感謝。
ヤミちゃんはリトを殺すと言いながら、振り向いて笑顔で「嘘です」と言います。

上記のシーンでは時間は夜になり電灯の光がヤミちゃんを照らすのが印象的でした。
特にリトが美柑が甘えられると言ったシーンにヤミに降り注いだ光は
美柑にとっての光がヤミ(闇)であるように感じさせてくれます。

もしくは闇の世界の暗殺者だったヤミちゃんが、リトや美柑に手を差し伸べられて
光の世界へ飛び出していけることを示唆しているようにも思えます。

toraburuda4003.jpg

今回の敵です。ヤミちゃんに敗れ、闇の世界で大変な目にあって来たようで
ヤミちゃんに対して復讐しようとしています。
そんな彼女は美柑を人質にしてヤミちゃんを攻撃。
手が出せないヤミちゃんとリトは大苦戦。そこへモモが駆けつけ、敵と戦います。

toraburuda4002.jpg

このシーンでは敵に「関係ないって」言われたモモが怒るシーン。
背景に電灯がありその部分では光っていますが、
画面全体では暗く、モモの怒りが闇的に表現されています。

toraburuda4001.jpg
busousinnki4-1000.jpg

一方で相手の全身をマヒさせ身体の自由を奪い、完全に主導権を握ったモモ。
そのモモが相手を見下すシーンにおいて、モモの後ろに射す光は
希望や明るさを表すものではなく、敵の畏怖や絶望を表現する光に見えます。
(※モモの笑いもまた絶望性・圧倒感を表現しています)

busousinnki4-2000.jpg

最後は笑顔で締めるヤミちゃん。

今回は物語が朝から昼にかけては、光はエッチい部分の規制が主目的でした。
そして後半で時間が夜になると、空の闇と電灯の光とそしてヤミちゃんといった
それぞれの闇と光が存在し、織り成す空間とその使い方が面白かったです。

また自分は幸せになれないと思っていた所から、
昼の美柑との会話、心が落ち着きリトとの会話、そして戦いを経て
「なんでも一人でやろうとしすぎていたのかも」と振り返り、
仲間の大切さを感じたヤミちゃん。闇から光への転調。

ダークネス(闇)はいつしか光に祝福される。

ヤミちゃんの気持ちが闇から光へ向かう展開と
画面構成における光と闇の使い方がとても上手かったです。
端的に言えば、物語展開と映像の技法が見事にシンクロした4話でした。
 
関連記事
古手川両親の出番省略とか、
ふざけんじゃねえよ!
脚本家の松村ゆかり。
[ 2012/10/29 01:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2032-e65dce72

前半ToLOVEる、後半バトル。色んなヒロインが出て来てはリトとのHなトラブルに巻き込まれる。何かこの展開も懐かしいなと感じた前半。最近1ヒロインにスポットが当たる話が多かったか
芽亜がマスター・ネメシスの代理として迎えるのは、暴虐のアゼンダ。 かつてタルハ銀河で名を馳せた殺し屋ですが、ヤミと戦いで圧倒的な敗北を喫し、その名は地に落ちたよう。 ...
[2012/10/28 00:47] ゲーム漬け
お揃いの、たい焼きのキーホルダー… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210270002/ To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1巻 〈初回生産限定版〉 [Blu-ray]ジ...
[2012/10/27 19:08] 日々“是”精進! ver.F
 「To LOVEる―とらぶる― ダークネス」アニメ版4話が放映されました。だんだん光と闇の洪水に慣れていく自分が怖い…ような気がします。 参考:とらダク5話 某条例に負けない「To L...
To LOVEるダークネス 第4話 『True smile ~過去と友達と笑顔と~』 ≪あらすじ≫ 芽亜のマスター・ネメシスは、暗殺者時代のヤミに完敗したことで暗殺者としてどん底に転がり落ちたア...
[2012/10/27 17:01] 刹那的虹色世界
年齢も生まれた星も違うけど、仲のよいヤミちゃんと美柑ちゃん。 闇世界を生きてきたヤミちゃんに出来たはじめての友達。 戦いの中で強くあらねば生きられなかったヤミちゃん。
[2012/10/27 16:06] 空 と 夏 の 間 ...
そういえば、美柑って小学生だったっけ!? なんかランドセル背負ってるのを見ないと、 歳忘れちゃうんだよな。 To LOVEる―とらぶる― ダークネス画集 Venus (愛蔵版コミックス)...
ヤミに迫る過去からの刺客
[2012/10/27 14:30] 往く先は風に訊け
To LOVEる -とらぶる- ダークネス「第4話 True smile~過去と友達と笑顔と~」に関するブログのエントリページです。
[2012/10/27 12:50] anilog
ToLOVEる4話を見てきました。 今回のお話はヤミちゃんのお話でした。 ボロボロになっていましたがあまり深刻にならずに終わってよかったです。 そしてモモ登場シーンがカッコ良か
[2012/10/27 12:42] TKM研究室
ヤミちゃんにせまる魔の手! 蜜柑を人質に取るなんて悪さMAXですね ぴんちのヤミちゃんを救ったのはモモちゃん。 容赦ない成敗^^; デビルーク王女を怒らせてはいけません~ 蜜柑は...
[2012/10/27 12:14] のらりんすけっち
あらすじ・・・金色の闇に刺客が送られて来て美柑が人質に取られてしまい・・・
ToLOVEるダークネス 4話 「True smile~過去と友達と笑顔と~」
[2012/10/27 11:32] 気の向くままに
「嘘です…♪」 守りたい、この笑顔。笑顔闇ちゃんが可愛すぎる(*´д`*)
[2012/10/27 09:01] ムメイサの隠れ家
741 名無しになるもんっ♪ sage 2012/10/27(土) 01:03:00 ID:??? やれやれだぜ
[2012/10/27 08:11] Dash ch