てーきゅう 5話「投げっぱなし、ボケっぱなし、やりっぱなしの魅力」(感想) 

面白かったです。
 
終始、4人がネタを投げっぱなし、ボケっぱなし、やりっぱなしという展開は
私がそういうのが好きなので、見ていて気持ちがいいです。
(※ツッコミ役も一応はいますが・・・)

この投げっぱなし、ボケっぱなし、やりっぱなしというのは
2分という枠の制約だからこそ、生きてくると思います。
30分でこの~っぱなしを続けられると、展開的にきついでしょうし。
2分だからこそ、~っぱなしをされても気にしない。
むしろ、どんどん~っぱなしが進行するので、気にする余裕がない。

会話のスピード、展開の速さ、追いついていくのに精一杯です。

2分という限られた時間を、疾走感で逃げ切ってしまう作品。それがてーきゅう。
面白いアニメを作っているなぁと改めて感心させられます。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2012/11/05 21:24 ] てーきゅう | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する