スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キルラキルとヒエラルキーの関係、そしてグレンラガン。 

そもそもキルラキルというタイトルの意味は何なのだろうか。
まずこのタイトルについて考えてみたい。

ヒントは、以下の画像が象徴するように

kiruraki3.jpg


ヒエラルキーである。

まずヒエラルキーを逆から読むとキルラエヒとなる。
ここから「キルラ」を抜き出し、
そして本作の重要なモチーフであろう、切る・斬る・着る=キルを加えて
タイトルを「キルラキル」にしたと推測している。

もしくは斬る裸着る=キルラキルなのかもしれないけど。

kiruraki1-4000.jpg

kiruraki1-3.jpgkiruraki4.jpg

ヒエラルキーを意識した描写については、
他にも本編で、生徒会長側は高みの存在である上層、
主人公側は地を這い蹲る下層という
ヒエラルキーを意識した位置関係を描いている。

また今後の展開としては、
下層の主人公の纏流子が、上層である生徒会メンバーに戦いを挑み
徐々に上に登りつつ、生徒会長と再び戦う展開が予想される。

つまりキルラキルというタイトル名の意味は、
纏流子が学校内の生徒会長を頂点とするヒエラルキーを逆転させ、斬ってしまうという
解釈もできるのではないだろうか。

本作が雁屋哲原作・池上遼一作画の漫画「男組」を
意識した世界観であると踏まえるとよくわかる話である。

こうした下から上へ登る、下が上を凌駕し頂点に辿り着く点においては
やはり「天元突破グレンラガン」にも似た構造を持っているのだと思う。
 
グレンラガンは地下世界の住人であったシモンがカミナと共に地上世界を目指し
地上世界に飛び出し、引いては宇宙に飛び出していった展開を
地下世界-地上世界-宇宙というヒエラルキーでまとめられることでもわかるし、
そもそも主人公名がシモン(下)であることからもわかる。

まとめ

グレンラガンでは下から上への道筋を螺旋力で突っ切ったわけだが、
キルラキルでは下からう上への道筋をハサミで斬って突っ切るのかもしれない。

今石さん、中島さんの間ではヒエラルキーを意識して
世界観と作品を作っているのではないかと思われる。
構成する要素は違えども、その伝えたい中身に共通するものはあるのだろう。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/10/06 09:08 ] キルラキル | TB(2) | CM(3)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/10/06 09:58 ] [ 編集 ]
シモン(下)の事を触れるなら
カミナ(上)の事も触れましょうよ!
カミナ好き
[ 2013/10/08 12:09 ] [ 編集 ]
今石さんの作品
P&SwGやD&L等を見ていると確かにヒエラルキーを意識している部分はありそうですね。そして主人公はいつもそういうものに屈しない反骨精神の塊ですね。
[ 2013/10/12 12:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2256-dc0c0a6e

『鬼龍院 皐月』のもと、力と恐怖で支配された「本能字学園」へと転校してきた主人公『纏流子』。 自分の父親を殺害した女の残した鋏に関わる情報を求め皐月に直談判に及ぶが、二つ星極制服を身に纏うボクシング部部長『袋田隆治』によって返り討ちにあってしまう。 自らの未熟さを嘆く流子は偶然にも自宅地下に眠っていた謎の喋るセーラー服『鮮血』に襲われ・・・もとい出会い、その制服を...
[2013/10/06 22:20] アニメ色の株主優待
時は将に世紀末…いやむしろ昭和。うらぶれたドヤ街。愚連隊風の悪ガキ。封建社会の様な学校。まるで昭和の番長ものみたいな世界観です。 女と思ったら男…かと思ったら女だった。長髪の生徒会長が出てきて女性かなと思った、しかし眉毛が物凄く男前なんで総髪の男か。と思ったらヒール履いてる、イケメンですが女性でした。 教師さえも手が出せない本能寺学園生徒会長。何故なら理事長は彼女...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。