スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新房昭之さんとシャフトアニメのスタッフクレジットの使い分けを調べてみた 

2004年以降、シャフトで数多くアニメの監督を手がける新房昭之さん。

気になるのは、新房さんは作品ごとに総監督と監督のクレジットを使い分けていること。
また新房さんの作品では、シリーズディレクターや副監督など
新房さんの監督業を支える副監督業的なメインスタッフのクレジットも作品ごとで異なる。
これには何か基準があるのか知りたくなった。

まずは新房監督がシャフトに関わり始めた「月詠」からどんなクレジットで参加しているか。
また新房さんを支えるスタッフのクレジットをリスト化してみた。

まずTVアニメから。
sinbouu2.png

次にOVAと劇場版
sinbouu3.png

※表はクリックすると見やすくなります。

わかったこと

・TVアニメの新房さんは監督としてのクレジットが総監督と比べて比較的多い。
・監督:新房昭之 シリーズディレクター:○○ というパターンが一番多い。
・シリーズディレクターは色々な方がクレジットされている。
・龍輪直征さんは副監督としてのクレジットが多い(特に絶望先生シリーズ)。
・チーフ演出は宮本幸裕さんが絶望先生シリーズで用いる専用クレジット。
・監督補佐、チーフディレクターのクレジットは1回のみ。
・ここ2作の物語シリーズは、総監督:新房昭之、監督:板村智幸のクレジット。
・新房さんは絶望先生シリーズ、ひだまりスケッチシリーズでは総監督クレジットを使わない。

まとめ

新房さんが総監督と監督を使い分ける確たる理由は、
リストをまとめてもわからなかった。

ただ、シャフトのメインスタッフの流れも垣間見ることができた。
ぱにぽにだっしゅ・ネギま!?の頃の相方は大沼心さんであり、
その後は龍輪さんや宮本さん、
そして板村さんが続いているように見える。

リストをまとめてわかることも多少はあったので良かった。
 
※追記
nobita4さんから以下のコメントを頂いた。抜粋して掲載。

「TVシリーズの場合は同クールで2本作品の監督をする時に使い分けてることがほとんどですね。例としては2004年秋のなのは1期(シャフト作品ではありませんが)と月詠、2007年1月のネギまとひだまり1期、2010年秋の荒川2期とそれ町、2011年春のまりほり2期と電波女。後者の作品が総監督名義になってます(まりほり2期と電波女だけは両方総監督名義)

同クールで2本作品を手がけると、総監督と監督を使い分ける傾向があるようだ。
 
nobita4さん、貴重なご指摘ありがとうございました。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2013/10/29 20:47 ] シャフト | TB(0) | CM(8)
始めまして、興味深い記事なので拝見させていただきました
なので私が思う新房シャフト作品におけるクレジットの傾向を書き込もうと思いますが、まずその前にその表に少し間違えがありますね
ひだまり1期の上坪亮樹はチーフディレクター名義
まりほり2期の新房昭之は総監督名義でSDのところともかず以外に石倉賢一が副監督名義として参加しています

それと新房さんが総監督と監督を使い分ける傾向としては
TVシリーズの場合は同クールで2本作品の監督をする時に使い分けてることがほとんどですね
例としては2004年秋のなのは1期(シャフト作品ではありませんが)と月詠、2007年1月のネギまとひだまり1期、2010年秋の荒川2期とそれ町、2011年春のまりほり2期と電波女
後者の作品が総監督名義になってます(まりほり2期と電波女だけは両方総監督名義)
[ 2013/10/30 00:36 ] [ 編集 ]
続きです。

新房さんがOVAや劇場版だと総監督名義がほとんどなのは、TVシリーズ以外だとシリーズディレクター名義は使わない(使えない)からSDに相当する人を監督名義にしてるんだと思います。
まどか劇場版や猫物語(黒)がまさにそうですし(どうやらひだまり卒業編も)
[ 2013/10/30 00:47 ] [ 編集 ]
nobita4さん。

貴重なご意見ありがとうございます。
放映時期も調べて、表を作り直そうと思います。
[ 2013/10/30 01:10 ] [ 編集 ]
龍輪さんの副監督という役職が多いのには
同じく劇場版まど☆マギで同役職の寺尾さんについてこんな決定があったようです

以下作画wikiから引用

マミの変身シーンのレイアウトを見た新房氏が「これは上手い」「この人には何か、特殊な役職をあげたい」と言ったことにより、副監督に就任することとなった。
新房氏は、寺尾氏を副監督というポジションにした理由として、レイアウトが描けて同時に演出的な目を持っている人間にそばにいてほしいと思ったということを挙げている。
(以上、Febri Vol.14掲載の寺尾氏・宮本幸裕氏対談、新房昭之氏インタビューより)

この事例を鑑みてアニメーター上がりの龍輪さんは演出業務の他にも
レイアウトチェックや修正という総作監補佐的な業務も行ってると思います
その点では原画は描かれない宮本さんとは違う役職名になってると思います
(ただ同じ副監督名義の石倉さんは演出一本の人のようなのでこの法則には信憑性が欠けるのですが…)

同じく副監督名義をよく使う人では
太田雅彦作品での大隈孝晴さんも同じような業務だと思われます
[ 2013/10/31 09:42 ] [ 編集 ]
上のコメントについて追記です

レイアウトチェック自体は演出の方でも見ていたりするので
正しくはレイアウトを多く描いてる
というのが正しいと思います

訂正失礼します
[ 2013/10/31 09:54 ] [ 編集 ]
さらに追記

シャフトには副監督やSDの他に
武内宣之さんがビジュアルディレクター、プロダクションデザイン、コンセプトデザイン、デザインワークスという役職に就いています
たぶんレイアウト監督や美術設定に同一の役職名だと思われます

この内、龍輪さんが副監督として関わったまりほりでの役職はコンセプトデザインになっています
『コンセプト』という単語をどのように捉えるかはそれぞれですが、他の役職名より初期設定的な印象はあります
それで本編でのレイアウトは龍輪さんが切ってるんじゃないかと思います

以上、すべて憶測及び長文、大変失礼致しました
[ 2013/10/31 10:10 ] [ 編集 ]
一口に副監督といっても、
その役職についた方のキャリアによって
仕事の範囲が違うという可能性があるのですね。

レイアウトを含めて、参考になるコメント、ありがとうございました。
[ 2013/11/06 02:11 ] [ 編集 ]
副監督が龍輪さんばかりなのは絶望先生のラジオネームで龍輪さんが
副監督としてメールを送っているからで他のアニメのチーフディレクターとかと役職の差はないと思われます
[ 2013/11/12 08:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。