スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「革命機ヴァルヴレイヴ」の悪意。そして何が革命されたのか 

革命機ヴァルヴレイヴ最終話を視聴。

今回の記事では、本編で描かれた「悪意」とタイトルにも使われる「革命」について考察する。

まず「悪意」について。

冒頭、エルエルフがジオール総統の喉元を切り裂き、ドルシア総統がマギウスである真実は
一時は世界を暴いてみせたが、「101人評議会」の情報操作によって隠蔽される。
まるでドルシア総統の傷口が塞がるように隠蔽される。

一方、その後に起こった各地のクーデターは「101人評議会」によれば真実もあったようだが、
デマゴギーによる悪意ある扇動が主であったようだ。
この嘘にまみれた扇動の方がエルエルフ達の行動より「101人評議会」を恐怖させた。
(※この蜂起もエルエルフの情報がキッカケではあったが)

つまりヴァルヴレイヴ最終話は、真実より嘘も含まれた悪意の方が
人々を動かしてしまう(悪意の拡散)ことを描いていた。
こうした人々の悪意を上手くヴァルヴレイヴは上手く拾ったと思う。
執拗に行われたSNS描写もこの悪意を表現するツールなのだろう。


またハルトがカイン達を諦めたもの達と断じ、
自分たちの正しさを訴えつつ、最終的にカインを倒すことについて。
カインを倒した後に待っていたのは、魔女狩り的なマギウス虐殺などの社会的混乱。
こうした描写は、ハルトが信じる正義に対する相対的な描写だと感じた。
ハルトは完全に正しくはないのだと。

ただハルトの正義が否定されたわけではない。
ハルト達の短い歴史の中では混乱をもたらしたが、
その後に第三銀河帝国の礎となる意味では、
長い歴史の上では、石像に象徴されるように英雄になったといえるのかもしれない。

おそらく本作のタイトルにも使われる「革命」とは何かを考えた時に、
それは、短いの歴史の中では混乱ではあるが、
長い歴史からみれば新しい世界の礎になることを意味するのだろう。
だからこそ、歴史的見地に立つことがハルト達の行動を是とできる意味で、
物語の結末は200年後の舞台に移ったのだろう。

この舞台に移った意味において、
実はヴァルヴレイヴの物語が200年生き抜いたサキ達による語りだったことは、
本作が口承文学的な構造を有していたともいえるのかもしれないと思った。

そして「革命機ヴァルヴレイヴ」において何が革命されたかといえば、
世界がジオール主導から第三銀河帝国になったこともあるだろうが、
それ以上に、「ニンゲンヤメマスカ」と問いかけた一号機が
「ニンゲンシンジマス」という問いに変化したこと。
またこの問いにYESと答えたであろうショーコがカミツキの道を選んだこと。

ハルトの命懸けの行動が、ショーコを動かし、
人と人以外の存在の融和というハルトの意志を継ぎたいからこそカミツキになった。
最初はカミツキを否定したこのショーコの変化こそ「革命」といえるのではないか。
だからこそ、最後は異星人との対話で物語が締めくくられたのではないだろうか。
 
「ヴァルヴレイヴ」はタイトル通りに
ヴァルヴレイヴという機体を通して「革命」を描いた作品だったと思う。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
(フランス革命も当時はただのギロチンと銃口から生まれる血に塗れた騒乱だったしな)
[ 2013/12/30 18:14 ] [ 編集 ]
・もしショーコの活躍が見れるとしたら、第3期または劇場版で期待できそう。第3銀河帝国を舞台で、1号機に乗って闘う活躍が見れそう。

・3号機と5号機の復活、または新たに7号機と8号機が建造されるという展開があったりして。それが分ればサトミが200年後に生きていう事実と黄金の7人の謎も分りそうなのだが。
[ 2014/01/08 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2283-5a49e021

真歴71年。宇宙都市「ダイソンスフィア」の開発により、総人口の7割が宇宙で暮らす時代が舞台。 世界には軍事同盟から発展した「ドルシア軍事盟約連邦」と、 貿易協定を拡大させた「環大西洋合衆国ARUS(アルス)」の二つの巨大な勢力があり、 その間にある中立の小国「ジオール」は、経済的繁栄を手に入れていた。 ジオールで暮らす高校生の時縞ハルトは、ドルシア軍のジオールへの侵攻をきっか...
[2014/10/03 00:46] R.U.K.A.R.I.R.I
去年から積んでいた『革命機ヴァルヴレイヴ』の「2nd SEASON」をようやく観終わりました(^^;) 途中何話か感想書きたかった回もあったんですが、初回にちょこっと書いたきり… 今更感もありますし、最終話感想もちょこっとだけ(^^;)
[2014/02/27 23:03] たらさいと
↑23:40 前回リンク さて、一応は決着したけど暗澹とするラストだ。「ギルティクラウン」といい、最近のサンライズはラスト暗いね。 この終末は主人公4人、ハルト・LLF・ショーコ・サキが主人公性を喪失したまま終わるという類のないものだった。(レアだから良いという訳で
[2014/01/04 01:30] 懐柔する怪獣
感想うpが遅れ、大変申し訳ございません! いよいよヴァルヴレイヴ最終話です。 大きな目標が定まったハルトとエルエルフさんの戦いは何を生み出すのか? ということで、最終話第24話の感想になります。 ・・・今回は珍しくかなり辛口になりますので、そういうのが苦手な方はご遠慮ください(´・ω・`) (注意事項) ・基本女性キャ...
[2013/12/30 16:49] 今日から明日へ(仮)
革命機ヴァルヴレイヴ 流星の乙女 (1) (電撃コミックスNEXT)(2013/10/26)大堀ユタカ商品詳細を見る 劇場版予定? ドルシア総統アマデウスが 人外のマギウスだと公に明かされたことで 軍内部は大混乱の様相となり、全軍撤退を開始 これで ドルシアの統制が瓦解し 世間の見る目が変わってきた、と大喜びする咲森学生でした …が カインの...
アバンタイトルはなし。 さて、どう料理しようか。
革命機ヴァルヴレイヴの第24話を見ました。 第24話 未来への革命 「退け!これは君達が忠誠を誓うべき相手ではない!」 アマデウスもサキのように人ならざる者であることを知らしめる放送をしていたアキラだったが、カインが来たことで放送は中断し、すぐに映像は捏造されたものだという情報が拡散する。 イクスアインはカインにハーノインの仇討ちのために一矢報いようとするが、わず...
[2013/12/29 08:22] MAGI☆の日記
俺の友達だ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312270000/ 【送料無料】革命機ヴァルヴレイヴ オフィシャルファンブック [ アニメディア編集部 ]価格:1,500円(税込、送料込)
[2013/12/29 06:37] 日々“是”精進! ver.F
あらすじ・・・ドルシアの総統がバケモノである事を暴いたエルエルフたちだったが、それはモジュール77の作り出した偽映像だと報道されてしまう。
この作品らしい終わり方でしたね。 1期含め、もう少し何とかできなかったんですかね。 実にもったいない。 エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。 だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。 残る希望はヴァルヴレイヴのみ。 しかしハルトは、ヴァルヴレイヴⅡを基軸としたカインの新型機に、圧倒的な力で ねじ伏せられ...
[2013/12/28 23:57] ひえんきゃく
ヴァルヴレイヴを巡る物語もついに完結。 ハルトたちの命をかけた戦いは、世界を革命する結末となるのか…? 最後までハラハラしたけど、なんとか200年後の話に繋がりましたね。   エルエルフの手によって、ドルシア総統が不死のマギウスだったことが明かされる。 だが101人評議会は瞬時に情報を統制、ハルトたちは敵の強大さを痛感する。 残る希望はヴァルヴレイヴのみ。 しかしハルト...
[2013/12/28 22:52] 空 と 夏 の 間 ...
革命機ヴァルヴレイヴ 24話「未来への革命」
[2013/12/28 22:28] 気の向くままに
「傷ついても傷ついても諦めなかった皆の為に  貴方には負けられない!」 カイン大佐との最終決戦――! ハルトとエルエルフの戦いの結末は… 合同会見の場に乱入しドルシア総統がマギウスだと世界の人々に明かしたエルエルフ! これで流れも変わりドルシアとアルスの同盟も無くなり一発逆転…と簡単にはいかないですよね(汗) 流れた映像は改変された物だと報道機関を動かして事態の収束...
[2013/12/28 22:26] WONDER TIME
革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON 1(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/12/25)逢坂良太、木村良平 他商品詳細を見る アニメ 革命機ヴァルブレイブ 第24話(最終話) 未来への革命 駆け抜けたあの激動の時代―
『未来への革命』
[2013/12/28 21:19] ぐ~たらにっき
 最終回感想というか、実質総括感想になりました。 <拍手レス> >きりたちのぼるさん  「ぎんぎつね」の感想への拍手コメ、ありがとうございます。 原作既読の方に新鮮な視点、と言ってもらえるのは嬉しいですね。作品が含蓄に富み、見る人によって様々な側面を感じ取れる深さがあったからこそのことだと思います。原作はまだまだ手を付けられていませんが、きっとまたアニメとは違った発見がある筈...
[2013/12/28 21:18] Wisp-Blog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。