マシンロボ クロノスの大逆襲 6話「ロックピープルと怪龍ミズチ」の濃い作画 

「マシンロボ クロノスの大逆襲」6話を視聴。

マシンロボは特に1クール目の作画が好きなのだが、
特にシリーズを通しても屈指に濃い6話は何度見ても面白い。

6話の濃い部分は、冒頭のレイナが高熱を発するまでのシーンと
後半のロムとミヅチが戦うシーンに集約されている感じ。

まず冒頭。

masinnrobo6002.jpg

ジェット、そしてあのコミカルキャラなドリルも
こんなに濃いと異様な迫力が生まれる・・・

masinnrobo6003.jpg

レイナの顔アップも濃い。


次に後半。

masinnrobo6004.jpg

レイナが立つ地面も異様なまでにディテールを描いている。

masinnrobo6000.jpg

バイカンフーの横顔も今までに無い濃さ。

masinnrobo6001.jpg

ミヅチの内蔵をえぐり握りつぶした後のバイカンフー。
こういう顔の解釈で描かれるのが、6話の醍醐味。

本作は毎回キャラクターの絵が作画監督や原画によって変わるのだが
この回は特に個性が際立つ回。
この絵を見るだけでも、とても楽しめてしまう。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/01/03 21:29 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する