「魔法科高校の劣等生」の顔アップの凄さ。 

魔法科高校の劣等生6話を視聴。

今回に限らずこの作品は、キャラの顔アップの絵がすごく良い。

mahouka6-1003.jpg

mahouka6-1000.jpg

mahouka6-1005.jpg

mahouka6-1004.jpg

mahouka6-1002.jpg

mahouka6-1001.jpg

極度にシンプルな線で描かれつつも、線の軌跡の繊細感が際立つ。
線を引くラインが少しでも違えば、壊れてしまうかのようだ。
影つけもシンプルかつ、立体的になるように仕上がっていて、
この線の少なさで、立体感を感じさせる絵になっているから凄い。

石田可奈さんのキャラクターデザイン力は
アクエリオンEVOLでも発揮されていたが、
魔法科高校の劣等生は、各キャラの顔が魅力的だ。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/05/12 19:49 ] 魔法科高校の劣等生 | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2325-988e537d

エリカvs紗耶香の殺陣のシーン、OP画のカットから少しは期待してたんですけどね・・・決めッ!ってところを直接描写でなく背景画で誤魔化すしBGMはダサダサだったりで演出がイマイチ。ここは入学編でのアニメスタッフの腕の見せ所の1つだったと思うんだけどなぁ・・・。 紗耶香の懺悔を桐原が盗み聞きしていたのと、十文字と桐原の問答のシーンはアニメオリジナル。桐原が中学時代に紗耶香へどういう印象を持ってい...
足るを知れ―
[2014/05/13 21:33] wendyの旅路
魔法科高校の劣等生の第6話を見ました。 第6話 入学編VI レオンハルトやエリカの力も借りて反魔法活動団体の狙いである魔法大学の非公開資料を達也と深雪は守り抜くのだった。 剣道選手としての評価と二科生としての評価のギャップに悩んでいた紗耶香は甲にマインドコントロールされていたようで、達也は勘違いし続けた1年間は無駄ではなかったと説く。 そして、反魔法活動団体を根絶やし...
[2014/05/13 14:18] MAGI☆の日記
生徒会や風紀委員の活躍によって、ブランシュの襲撃は速やかに鎮圧されていく。敵の情報を得た達也は、深雪たちとともにブランシュが狙っているという図書館へ急ぐ。 同じころ、図書館にある特別閲覧室では、テロリストが魔法大学の所蔵する機密文献にハッキングを仕掛けていた。同盟のリーダーである司甲(つかさ きのえ)から、彼らの手引きを命じられた紗耶香。言いつけに従いながらも、明らかな犯罪行為を前に心中は...
[2014/05/12 23:33] 趣味人の宿部屋