スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あおきえい監督と現代医療-アルドノア・ゼロとAngel Beats! 

「アルドノア・ゼロ」10話では、ライエの絞殺によって
呼吸が停止した姫を蘇生させるためにAED(自動体外式除細動器)が使われた。

a10ao1000.jpg
a10ao000.jpg
a10ao001.jpg

このAEDの後に伊奈帆が姫に人工呼吸を試み、姫は息を吹き返す。

前に「人工呼吸」の描写が気になって
私は「アルドノア・ゼロ」の人工呼吸の描写からわかるクールな作風について
という記事を書いた。それはいい。

しかし「AED」「人工呼吸」が使われた時に、思い出さなくてはいけないものがあった。

それは、

a10ao1-1000.jpg

「Angel Beats!」9話のドナーカードである。

「アルドノア・ゼロ」の監督、
そして「Angel Beats!」9話の絵コンテは
あおきえいさんである。

もしかすると、あおきえいさんは現代医療に関連するものを
作品内に積極的に取り入れる方なのかもしれない。

※あおきえい監督の「喰霊-零-」でも
三途河にやられた諫山黄泉が入院する描写があった。

a217000.jpg

ただ「Angel Beats!」のドナーカードは
原作・脚本の麻枝准さんのアイディアによるものかもしれないし、
「アルドノア・ゼロ」のAEDを使うアイディアも、あおきさんではないのかもしれない。
まだなんとも言えないところだが、
今後のあおきえい監督作品で医療的な描写が出てきたら注目だ。 
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/09 20:53 ] アルドノア・ゼロ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。