渡辺信一郎監督のアイキャッチ術-そのルーツとは 

今期「残響のテロル」「スペースダンディ(2クール)」を手がける渡辺信一郎監督。
そんな渡辺監督の作品にはある特徴がある。
それはアイキャッチが毎回、趣向を凝らして変わっていくことだ。

nabesi5000.jpg
nabesi5001.jpg
(残響のテロル8話)

nabesi000.jpg
nabesi001.jpg
(残響のテロル9話)

nabesi002.jpg
nabesi003.jpg
(スペースダンディ1話)

nabesi1000.jpg
nabesi1001.jpg
(スペースダンディ2話)

nabesi3002.jpg
nabesi3003.jpg
(カウボーイビバップ1話)

nabesi3001.jpg
nabesi3000.jpg
(カウボーイビバップ5話)

パターンとすると、CM前のアイキャッチとCM後のアイキャッチとで
色合いを変えて見せてくるのが多い。

洗練されたセンス溢れるアイキャッチを毎回見るのも
渡辺監督作品の魅力の一つだ。

ではなぜ渡辺監督はアイキャッチにこだわるのか。
それは「蒼き流星レイズナー」(高橋良輔監督)にある。

nabesi6000.jpg

実は「蒼き流星レイズナー」も渡辺監督作品と同様に
アイキャッチが毎回変わる作品である。
今ではアイキャッチが変わるのがそこまで珍しくはないが、
「蒼き流星レイズナー」放送時の1985年には珍しい試みであるといえよう。

そして渡辺監督がサンライズ(当時は日本サンライズ)に入社し、
制作進行としてキャリア初期に関わった作品こそ「蒼き流星レイズナー」である。
※おそらく渡辺監督の始めてのキャリアで関わった作品

nabesi6001.jpg
(蒼き流星レイズナー 17話ED)

「蒼き流星レイズナー」のアイキャッチを毎回変化させる
この試みが渡辺監督の作品にも取り入れられたのかもしれない。
また渡辺監督は「蒼き流星レイズナー」の監督である
高橋良輔さんに薫陶を受けた一人である点でも、
渡辺監督のキャリアにはレイズナーがあるのだろうと改めて感じた。
  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/09/13 12:32 ] コラム | TB(0) | CM(2)
最近はアニメも他の番組と同じで、アイキャッチを無くして
何の前触れもなくイキナリCMに突入する番組が増えてきてしまいましたが、
こういう細やかな拘りは嬉しいですね。
ちなみにフランスでは日本みたいにイキナリCMに突入するのは
法律で禁じられてるらしいです。
[ 2014/09/13 13:37 ] [ 編集 ]
サムチャも出してほしかったな
[ 2014/09/20 01:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する