スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Gのレコンギスタ 3話」の排泄描写の意味-日常と非日常の接続 

「ガンダム Gのレコンギスタ」3話を視聴。

クリム・ニックが襲撃した混乱に乗じ、Gセルフに乗ったアイーダに連れられて、
海賊の元へ行くことになったベルリとノレド。
世界の中心たるキャピタルの外に出たことで、
ベルリが今後世界の真実を知ることになる予兆を感じさせた展開。

3話は海賊部隊の才気あふれる若きパイロットである
クリム・ニックの3枚目的な立ち振る舞いが面白かった。
また幾度となく描写される動物の描写は、
りギルドセンチュリーは自然が回復している世界という予感と
動物達のコミカルな仕草は、手塚治虫・虫プロ的な系譜を感じさせた。

日常と非日常をつなげるモビルスーツ内での排泄描写

さてGレコ3話では、クリム・ニックにも関わる見逃せない描写がある。
それはモビルスーツ内で起こる排泄描写である。

greko3000.jpg

greko3001.jpg

モビルスーツの操縦席が、そのままトイレにもなっている。
初めてガンダムのモビルスーツの操縦席にトイレが付いた点で
ガンダムアニメの中でも画期的なシーンになっている。

そして、モビルスーツ内にトイレがある事は次の意味を持つ。

まずキャラクターの日常感をモビルスーツの機体内で表現できること。
最初に排泄をしたクリム・ニックは、水を飲む描写があるが、水を飲むから排泄をする。
他にも紙を捨てる、トイレの仕方などを含めてクリム・ニックという
キャラクターの生きる為の当たり前の行為(日常)がモビルスーツ内で表現可能となる。

今までのガンダムシリーズのモビルスーツは、戦争をする為に存在していた。
モビルスーツは平和を壊すものであり、日常とは反対の非日常的な存在だ。

それがトイレという日常的な舞台装置を一つ取り付けることで、
日常(排泄)と非日常(戦争・モビルスーツの機体内)をシームレスに繋ぎ
モビルスーツ内での排泄という劇的な空間を構成することを可能にしている。

キャラクターの日常を描く為の排泄描写を劇的に描く手段として、
モビルスーツ内で排泄行為をさせる。ガンダムアニメという特性を生かし、
日常と非日常を見事に繋げる設定だと感じた。

greko3002.jpg

さらにベルリの排泄シーンはさらに劇的に感じた。
なにしろ女の子3人に囲まれながらの排泄である。
これは一種のセックスに近い描写といってもよいのかもしれない。

そして極めつけは挿入歌「ハイフンスタッカート」である。
排泄行為を隠す為の歌だからこそ、強烈な歌詞と曲にしたのだろう。
排泄描写+強烈な挿入歌、という組み合わせで面白いシーンに仕上がり、
富野監督が常々目指している「劇的」「劇的な空間」の成立に一役買っている。

なぜベルリが排泄をしたのか。戦いが一段落して緊張の糸が途切れたためか、
それともGセルフがハッチを開けたままだったので、風に当たりすぎて腹を壊したのか。
色々考えられるが、何にしても排泄をすることで、
ベルリというキャラクターの行動動機を知りたくなるキッカケにもなる。

そしてクリム・ニックとベルリの二人が排泄したという意味では、
排泄を通して二人の比較が行われていたとも捉えられる。

またクリム・ニックは戦う前に排泄し、ベルリは戦い終了後に排泄する。
戦いの始まりと終わりにはトイレで用を足したくなる、人間の性質を描いている。

ガンダムアニメの挑戦としてのトイレ

富野由悠季総監督がこのトイレについて語っているインタビューを紹介する。


──ガンダムシリーズの完全オリジナルとなる新作は『∀ガンダム』以来(約15年ぶり)となりますが、新たに挑戦したことはありますか?

富野: かなりあります。今回のモビルスーツ(以下:MS)のパイロットシートには全部、バキュームトイレがついているんです。これは20年以上前から気にはなっていたんです。今まではあまり切実じゃなかったから、劇中なんだからそれは考えないでいいだろう、みたいな所がありました。僕も体調不全を経験したりして生理的なことを切実に感じるようになったので、メインスタッフが決まった時に、一番最初に依頼したのがトイレのデザインでした。そしてもう一つ、宇宙服を着ていても用が足せるデザイン。これは安田君(メカニカルデザイン:安田 朗氏)に考えてもらいました。僕が簡単に確定させてしまうと、デザインに反映されない不細工なものになってしまう恐れがあるので、安田君に依頼したのです。安田君がラフを描いてきて「どう考えても、ここまでです。ここまで開かないと、用は足せません」って。そこまで割らないと便座に座れないし、用が足せない。だから今回の『G-レコ』に出てくる宇宙服とパイロットスーツ、全部お尻までファスナーがあります。

「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季総監督インタビュー、本日到着!

富野監督の生理的な実体験がトイレの設定のきっかけ。
また新しいと聞かれてトイレの設定を挙げるあたり、
監督の作品に対する貪欲性が感じられる。

まとめ

戦争の道具であるモビルスーツ内でトイレをつけたのは、
リギルドセンチュリーという世界だからでもあるのだろう。

宇宙世紀で続いた資源争奪の為の戦争の連続によって人口が激減し、
そこから1000年経って、復興を遂げつつあるこの世界において、
今までの宇宙世紀的な価値観とは別の価値観ができていることを
トイレの存在は示唆しているのかもしれない。

それにしても日常的な排泄のシーンを、モビルスーツ内で描いてしまうのは
物語構成においても段取りを省きつつも、見たこともなかった映像
つまり劇的な空間を形成できるという意味でも、面白い描写だった。
  
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/10/11 06:27 ] Gのレコンギスタ | TB(16) | CM(2)
>日常(排泄)と非日常(戦争・モビルスーツの機体内)をシームレスに繋ぎ
>モビルスーツ内での排泄という劇的な空間を構成することを可能にしている。
食事は戦争における日常。
食うもん食ったら出すもんも出さなければいけない。
まあ映像化されるのは希でしょうがw


宇宙時代のMSでの問題は、MSは一人乗り宇宙船でもあるってことですね。

真空中では一度ハッチを閉めたら、作業終了まで滅多なことでは開けられません。(本来はモビルスーツデッキも与圧なんてせずに、常時真空にしていて、ノーマルスーツ必須の方が良いはずなくらいだが...)
今でも宇宙服は「一度着てから減圧、宇宙空間での作業、エアロックで加圧、脱ぐ」までに軽く数時間(6時間とかそれ以上)かかるそうです。だから現在の宇宙服にはオシメは必需品です。(プラネテスではそれが映像化されていましたな。仮にも先輩のハチマキに対して「オシメ男」なる蔑称まで使われてたり。)

これが(ボールのような)作業用ポッドならそれ以上の作業時間も求められるようになるでしょう。朝乗ったら昼食も夕食も休憩もも(もちろんトイレも)中に入ったまますませ、ポッドから出てくるのはその日の業務終了後ということも十分考えられると思います。
現在のガントリークレーンも一度上ると降りるのが面倒なのでトイレ完備だそうですが、一度乗ったら出るのに数時間かかる宇宙用作業ポッドにも同様にトイレ完備となるのは、そんなに不思議な話ではないでしょう。いやむしろ必需品と言ってもいいくらい。


今までのガンダムシリーズでも、長距離の移動をMSで行うシーンは幾度かありました。
・逆襲のシャアで月のアナハイムからマスドライバーで打ち上げて、νガンダムに乗って戦場まで移動。
・ガンダムUCで、パラオ襲撃から離脱して地球に降下。この時は水と酸素もギリギリだという話もしている。
・ガンダムUC原作で、トライスターが調査のためにジェスタに乗って出撃。「ベースジャバーに降りて仮眠を取ったぐらいでは、丸一日ノーマルスーツを着続けた体の疲れはぬぐえない」という記述がある。トライスターはこの後ベースジャバーから離脱して、そのままユニコーンと合流してさらに戦闘に参加。

こういう場合だと移動に10時間~数日以上かかることもあるでしょう。当然食事もすれば排泄もします。一人乗り宇宙船でもあるMSのコクピットへのトイレの必要性は非常に高いのです。
[ 2014/11/05 01:25 ] [ 編集 ]
ガンダムUC原作8巻「宇宙と惑星と」で、母艦を破壊されてゼネラルレビルに移動を命ぜられた時に、
「ダリルとワッツ機,それにテネンバウム隊の生き残りであるベースジャバーが後に続く。戦闘の傷も生々しく、食うや食わずで丸一日の飛行を強いられた一団を迎え、着艦デッキから伸びるガイドビーコンが転々と光の道筋を作った。」
という記述もありました。

こういう場合もあり得る話か。母艦が破壊されたら、食料があろうとなかろうと他の母艦がある所まで移動するしかないですからね。
[ 2014/11/05 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2366-2837bcaa

カーヒル大尉がもしかしたら生きてるんじゃないかとちょっとだけ 思っていたけど、やはり死んでしまったようだ。アッサリ逝くもんだ・・。 アイーダは連行されて、長い一日は終わった・・・ みんなお疲れだな。
[2014/10/16 10:00] ゴマーズ GOMARZ
ガンダム Gのレコンギスタ 3話の感想です。 アイーダを助けにクリムがやってくる。 で ラライヤ、ベリル、ノレドとともに海賊のもとへ。。 クリム 大統領の息子でモビルスーツ好きだとか。 自称天才でうぬぼれてる? 襲撃時に結構撃破してますし あながちうそという感じでもないです。 なんかいいキャラクターです。 しぶとく生き残りそうな・・・ あいかわらず自...
[2014/10/12 07:15] シバウマランド@
流石力の入れどころが違いますね・・・
[2014/10/12 01:50] 往く先は風に訊け
ガンダム Gのレコンギスタの第3話を見ました。 第3話 モンテーロの圧力 アイーダを救出できず、カーヒルが殉職したことでモンテーロを操縦するアメリア大統領の息子であるクリム・ニックがアイーダを救出しようとモンテーロで出撃してくる。 「あなたの出迎えが来たんですよね?」 「仲間は大尉だけではありませんから」 「大佐は3階からならコクピットに行けるって言ってたけど…信じ...
[2014/10/11 22:41] MAGI☆の日記
<記事内アンカー> ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」 PSYCHO-PASS サイコパス 2 第1話「正義の天秤〈299/300〉」  10日の艦これアプデ、初春の改二に留まらず大きな連続任務が出てきましたね。特に最後の奴は難易度が高いそうで、連休はこれで終わってしまうのでは……とりあえず、3-5を後回しにしていて良かった。
[2014/10/11 19:36] Wisp-Blog
ガンダム Gのレコンギスタ 第3話 『モンテーロの圧力』 ≪あらすじ≫ 海賊部隊のクリム・ニックが、アイーダ救出作戦を開始、モンテーロがキャピタル・テリトリィを急襲する。アイーダはG-セルフでの帰還を試み、ベルリ達が巻き込まれてしまう。 (公式HP World Storyより抜粋) ≪感想≫ ◆平和的価値観と私たちの価値観の違い 兎にも角にも、この作品、今のところ自...
[2014/10/11 18:31] 刹那的虹色世界
まさかの伏線。冒頭クリムニックがトイレ使ったのは驚きましたね。パイロットシートがそのまんまトイレ。ガンダムに限らずロボットアニメでこんなシーン見たことありません。というか描写避けていたんだと思います。 しかしオチは更にぶっ飛んでいた。モビルスーツは一人乗りなのに四人乗っている時点でおかしい。その上おもむろに席に座ってゴミ袋を頭から被り、いきみはじめるベルリに仰天。女の子に脱糞するとこ見せるっ...
第3話 モンテーロの圧力 調査部の大佐が事態を収拾する。Gセルフとアイーダもラライヤも調査部預かりで移送する。実はキャピタルアーミィの設立に関与していた調査部大佐。 カーヒル大尉が失敗したからと、続けてアイーダ奪還に 単騎で出撃するクリム・ニック。翌朝、調査部に出頭するベルリに同行するノレド。ベルリがアイーダに一目惚れしたと危機感を感じていた。 アイーダに海賊とはアメリアの秘密部隊だとの噂も...
[2014/10/11 13:54] ぬる~くまったりと
ガンダム Gのレコンギスタ 私だ TBS3話です ルイン先輩をクンタラとわざと煽って殴りかかるも、 実力を試した上で認める大尉いいキャラしてるな レックスノー渋かっこいい ノレドは幼馴染みヒロインしてるなー、アイーダに嫉妬してる辺り クリムのモンテーロはシートが...
[2014/10/11 13:31] n-zenの葉酸ってなに
『モンテーロの圧力』
[2014/10/11 12:46] ぐ~たらにっき
モンテーロの圧力海賊から奪取したGセルフは整備班が何をしても起動しなくて困る調査部のみなさん。ためしにアイーダさんを泳がせてみると、そのまま起動してお帰りになりましたwトイレしてる時に流れるBGMは、出してるときの音を消すための配慮かな?
[2014/10/11 12:30] 気の向くままに
 ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る  今回の第3話まで特別先行版で視聴済みで展開を知っていたとはいえ、  新キャラのクリム・ニックの登場に我慢できずニヤ二ヤ(笑)本当に、いい性格してるわぁ、彼!  ※ネタバレがありますので、ご注意ください!!!
[2014/10/11 10:08] 新・00をひとりごつ
もう「見たくなっている」よ。
[2014/10/11 08:13] アニメ感想文
コックピットが便座になってますw。もうこれから便器に座って操縦していることが気に
[2014/10/11 07:50] くまっこの部屋
ガンダム Gのレコンギスタ第3話 「モンテーロの圧力」脚本 富野 由悠季 演出 綿田 慎也絵コンテ 斧谷 稔キャラ作画監督 菱沼 義仁 メカ作画監督 戸部 敦夫ベルリく ...
ヒロイン3人に囲まれた状況で、MSのコクピット内で トイレをする主人公、斬新ですね(笑) 海賊部隊のクリム・ニックが、アイーダ救出作戦を開始、モンテーロが キャピタル・テリトリィを急襲する。 アイーダはG-セルフでの帰還を試み、ベルリ達が巻き込まれてしまう。  ガンダム Gのレコンギスタ 公式サイト HG 1/144 モンテーロ (クリム・ニック専用機) (ガンダムG...
[2014/10/11 06:34] ひえんきゃく


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。