スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Gのレコンギスタ」10話のヘルメット演出―荒木哲郎による進撃のレコンギスタ 

「Gのレコンギスタ」10話を視聴。

荒木哲郎さん絵コンテ・演出回のWIT STUDIOグロス回。
グロス回とはいっても、進撃の巨人を支えた精鋭スタッフ勢揃いなので
いわゆる只のグロス回ではない。

むしろWIT STUDIOがサンライズにクオリティ合戦を
仕掛け殴り込みをかけるようなものであるという認識。
ただこうした各社ごとで競い合っていく様を見るのは、
見ている側としては楽しい。

11/28日に始まった「Gレコ」のラジオ、
「Gのレコンラジオ」に出演した小形プロデューサーも
WIT STUDIOグロス回の出来栄えに悔しさを覚えると話していた。

特に荒木哲郎さんという若い才能が「Gレコ」に加わることで
「Gレコ」に新たなシナジーが生まれたような出来栄えだった。

「Gレコ」10話のヘルメット演出

さて荒木哲郎さんは、富野監督の作品や
富野作品に流れる本気さが好きだったようで、
今回の10話でもその富野監督らしさをすくい上げるような演出が見られた。
それは、ベルリとノレドの頭がぶつかる時の演出。

greko10-1000.jpg

ベルリはヘルメットを被っているが、
ヘルメットをしていないノレドの頭がヘルメットにぶつかってしまう。
この描写には頭がぶつかるぐらいに二人の親密性は高いという意味があるが、
それでも二人にはちょっと引っかかってしまうもの(ヘルメット)がある。
二人の絶妙な距離感を描いている。

greko10-2000.jpg

そんなヘルメットでできてしまう距離感を生み出すのは、
ベルリの想い人であるアイーダであろう。

富野作品とヘルメット

こうしたヘルメットを物語の作劇で使うのは、富野作品ではよく見られる。

特にヘルメットをしないまま戦うキャラ(シャアとか)が富野作品には出てくるが、
これはキャラクターの余裕や油断の表現であり、
普段ヘルメットをしないキャラがヘルメットを付けると、覚悟や本気の表現として描かれる。

特に富野作品における痛烈なヘルメット描写としては
「機動戦士Vガンダム」では主人公のウッソが抱えるヘルメットの中に、
死んでしまった母の首が入っている事が描かれる。

greko10-3000.jpg

首が入ったヘルメットを抱える重さと、キャラ全員が心痛な面持ちが
作画できちんと表現されている。


特に先ほど挙げた10話のベルリとノレドのシーンのヘルメット描写は、
「伝説巨神イデオン発動編」のコスモとカーシャがキスをしようとするが、
お互いのヘルメットに邪魔され、キスができないシーンを彷彿とさせる。

greko10000.jpg

こちらもまた、コスモとカーシャの距離感をヘルメットを使って描いたものである。
キスができない二人の距離間。これがこの時の二人の関係性。
そしてこの後二人は生きているうちでの最後のやりとりとなった。

ヘルメットは、キャラクターの距離感や心境を上手く伝えるアイテムなのだ。

「Gレコ」と「イデオン」の比較―ベルリ・ノレドとコスモ・カーシャ

荒木さんが「イデオン発動篇」のこのシーンを意識したかはわからないが、
二人の距離感をヘルメットで描くという、共に極めて近い描写になっていると感じた。

そして「Gレコ」と「イデオン」のこの二つを比べてみると、
ベルリとノレドの関係は、コスモとカーシャの関係に近いという事もわかってくる。
それはノレドは本命ではないっていうこと。

そうなると、コスモにとってのキッチ・キッチンは
ベルリにとって誰になるのかが気になってくる。ラライアなのかも。

まとめ

荒木さんのコンテでも、富野的カットインが使われ
さらにヘルメットの描写など、富野作品らしい演出も使われつつ、
また「進撃の巨人」で見せたような、巨大なものをきちんと巨大に描くという
ロボットアニメに必要な要素もきちんと描いていたのだと思う。

その意味でWIT STUDIOが「進撃の巨人」を手がけた後に、
ロボットアニメの「Gレコ」を手がけるのは「進撃の巨人」の方法論を
「Gレコ」に援用できる意味でも、良いタイミングだったと思う。
特にGセルフが装甲をパージして、敵MSにぶつける描写とか、
「進撃の巨人」でやったことを「Gレコ」で再現していた形だ。

「進撃の巨人」のアニも「Gレコ」のアイーダも嶋村侑さんという接点も面白い。

その意味では今回は「Gのレコンギスタ」というよりも
「進撃のレコンギスタ」という内容に相応しいともいえる。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/11/30 09:49 ] Gのレコンギスタ | TB(11) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2382-6a4fcd56

トワサンガ=スペースコロニー!この時代でも宇宙に人は住んでいた。交流は絶えているのか、密かに繋がっているのかが気になります。∀ガンダムではムーンレイスが地球に来る所から始まりましたが、その前段階という感じです。 もしかしてラライヤってロランみたく環境適応実験で降下してきたのかな。コスチュームが可愛らしくなって相変わらずフリーダム。ビームライフルの…せんそう&hel...
ガンダム Gのレコンギスタ 10話の感想です アイーダ お礼もいえないと思われてる人。 けられたり捕まったりで あいかわらずのやられっぷり。。 もっとがんばってほしいです。。 高トルクパック ごつい見た目とは違って 動きははやいですね。 動きにくそうではありますが・・・ ベルリの機転で分離してぶつけるという荒業も。 ベッカー マガファウナに生身で取りつ...
[2014/12/01 19:03] シバウマランド@
「恋を知ったんだ。誰が死ぬもんか!!」 ガンプラ、モンテーロまで完成しました<現状報告 今のトコ一番お気に入りはグリモアかな。ずんぐりむっくり体型の愛らしさと量産型の重量感。 残すはG-アルケイン。本編で叶いそうにない願いを込めて、じっくり作っていきたいね。 さぁ、それはさておき、第10話! 「進撃の巨人」で知られる荒木哲郎氏によるコンテ・演出。 WIT STUD...
うーん、なんだろう、富野節ってことではいいんだろうけど、 はたしてそのセリフ、そこでいるの? 他にもっと言うことあるんじゃないの? と頭のなかでぐるぐるしながらみています ...
[2014/11/30 18:29] ガンダムFWブログ
ガンダム Gのレコンギスタ 第10話 『テリトリィ脱出』 ≪あらすじ≫ 法皇との会見場に母と父を残したベルリとアイーダ達は、メガファウナをキャピタル・テリトリィから脱出させようとする。だが、その前に新型MSウーシァを擁するベッカーが立ち塞がった。  高トルクパックを装備したG-セルフで迎撃するベルリは、窮地のアイーダを救えるか!? (公式HP World Storyより抜粋)...
[2014/11/30 18:24] 刹那的虹色世界
ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る    相変わらず登場人物の行動原理がいまいちよく分からないけど、  それを補って有り余るくらい見応えがあった今話。  全体を通して絵に躍動感があったなーって思って調べてみたら、  進撃の巨人の監督さんが演出として参加されてたんですね(見たことはないけど)。...
[2014/11/30 17:10] 新・00をひとりごつ
『テリトリィ脱出』
[2014/11/30 12:47] ぐ~たらにっき
ガンダム Gのレコンギスタの第10話を見ました。 第10話 テリトリィ脱出 法皇との会見場にウィルミットとグシオンを残したベルリとアイーダ達はメガファウナをキャピタル・テリトリィから脱出させようとする。 だが、その前に新型MSウーシァを擁するベッカーが立ち塞がり、G-セルフの高トルクパックの調整に時間がかかって出撃が出来ずにアイーダが窮地に陥ってしまう。 調整が終わり...
[2014/11/30 12:04] MAGI☆の日記
今回はギャグ色が強かったですね。 アイーダは相変わらずのポンコツ姫。 じゃじゃ馬娘とドニエルにまで言われてるし(笑) 法皇との会見場に母と父を残したベルリとアイーダ達は、 メガファウナをキャピタル・テリトリィから脱出させようとする。 だが、その前に新型MSウーシァを擁するベッカーが立ち塞がった。 高トルクパックを装備したG-セルフで迎撃するベルリは、 窮地のアイーダを救える...
[2014/11/30 11:41] ひえんきゃく
<記事内アンカー> ガンダム Gのレコンギスタ 第10話「テリトリィ脱出」 PSYCHO-PASS サイコパス 2 第8話「巫女の懐胎」  携帯のEvernoteの調子が不調。ブログ原稿をこれで書いたりするのですが、書いたものが保存されないとかどういうことかと。特定のノートだけのようだけど、原稿用のノートを再作成しても発症したし……再インストールしてみて直った、か?
[2014/11/30 11:33] Wisp-Blog
ガンダム Gのレコンギスタ 第10話『テリトリィ脱出』 感想 (画像付)    見どころは新型と高トルクパックを装備したG-セルフのジャングル戦。 泥だらけのロボプロレスでしたw  戦争してるガンダムでは面白いシーンですね。 でも、ベルリっていつの間に、アイーダに惚れたのかな?(笑) ノレドが不憫な(^^;   法皇との会見場に母と父を残したベルリとアイーダ達は、...
[2014/11/30 10:12] 空 と 夏 の 間 ...


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。