Gのレコンギスタの「全体主義」と「戦争」と「旅行」の関係性 

Gの「レコンギスタ」13話を視聴。

今まで私はGレコを「戦争が起こるメカニズム」を描く作品としてみていた。
しかしこの作品が描きたいのは「旅行」「宇宙旅行」だとわかった。

戦争より旅行ー真実を探求するアイーダ

greko13-1000.jpg

それは、最後のアイーダがトワサンガに行くと決意したシーンで
この作品は移動の魅力としての「旅行」が描かれることを再確認させられたからだ。

ではなぜ「旅行」が描かれるのか。

まず富野監督が「旅行」「宇宙旅行」を妄想し描くのが大好きだからだ。
富野監督は、宇宙に進出した人類はどんな技術・生活・宗教・価値観
を持っているかを考えて作劇をして世界観を作るからである。

そしてこの事以上に大事なのは、
「全体主義」と「戦争」を克服するために
移動の魅力としての「旅行」が挙げられるからである。

greko13-2001.jpg

アイーダは月側の使者の「トワサンガ」という言葉を聞いて、直感した。
いくら月からの艦隊の言い分や、他の人達の言い分を聞いても
「トワサンガ」に行かなければ、真実はわからないと。

アイーダにとっては戦争より真実が優先しているのだ。
(※天才クリムやマスク大尉は戦争をしたいように見える)
つまり戦争を起こさない方法を「トワサンガ」に行って突き止めたいのだ。

この事を踏まえると、戦争を起こさないためには、
「旅行」をして真実を見極める必要性がある描かれ方をしているのだ。

「Gレコ」と「全体主義」と「旅行」

「Gレコ」は、みんなが時代の空気によって引っ張られ、考えなしに動き、
結果「戦争」に繋がってしまう「全体主義」を描く作品である。

富野監督は、社会学者ハンナ・アーレントの「全体主義」を引き合いに出すものの
ハンナ・アーレントが「全体主義」のモデルにした
ナチス体制のドイツや、スターリン体制のソ連を描きたいのではなく、
今の時代に応じた「全体主義」を描こうとしている。

それはグローバリズムとネットによって生まれる統一された一つの価値観であり
共同体から切り離され、個の権利を主張するが責任を負わない
「原子化した大衆」によって生まれる、現代的な戦争をイメージしながら
リギルドセンチュリーの戦争を描いているのだろう。

こうした「全体主義」から生まれる空気に対抗する手段として
「旅行」することで真実を知り、空気と戦っていくことが描かれているのだと思う。

その意味ではアイーダは時代の空気に引っ張られずに
きちんと物事を考えられる人間として描かれている。
また、そのアイーダに惹かれるベルリやメガファウナの人々も
アイーダに近しい感じ方をする人々なのだろう。

まとめ

富野監督は「旅行」、移動の魅力を常に描いてきた。
「1stガンダム」「∀ガンダム」「キングゲイナー」etc。

特に「キングゲイナー」ではエクソダスとして
移動することが世界を変える物語を描いた点で、
富野監督がずっと描いたテーマをより突き詰めた作品だった。

「Gレコ」も旅行して、世界を見て、自分達の世界を変えていく作品なのだろう。

「Gのレコンギスタ」も1話から振り返るとベルリが、
キャピタル(1~3話)からキャピタル外に出て(4・5話)、宇宙に行き(6話)、
また地上に移り(7・8話)、キャピタルに戻り(9・10話)、また宇宙に出て(11話)
サンクドポルドに行く(12・13話)という「旅行」をしている。
そんなベルリの次の目的地は「トワサンガ」というのがわかった13話だった。

1クール目の終わりで、より本作の方向性が明確になった展開だった。

最後に富野監督が本作発表時に出したコメントを掲載する。

「元気のGだ!! ロボットアニメで目指すんだ!! Gのレコンギスタ!! ベルリとアイーダの冒険はすごいぞ」
 
この作品は最初から「冒険もの」だったことがわかるコメントである。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2014/12/21 08:57 ] Gのレコンギスタ | TB(6) | CM(2)
「これは一種の交通手段なんです。そして交通手段にするためには、目的地に何かがなければいけない。つまりこれはロードムービーなんだということに気付いたんです。ただし、設定的な風呂敷はそういう風に広げましたが、ドラマ自体は子どもたちが見られるようなメロドラマにする。これは冒険譚ですからね」
[ 2014/12/22 08:56 ] [ 編集 ]
ガンダム=戦争という目で見始めた自分には、なんだこの生ぬるい感じは・・・と思っていましたが、冒険物という目でみると違うふうに見えるかもしれません。

さんきゅー。
[ 2014/12/31 09:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2386-1800e901

ガンダム Gのレコンギスタ 第13話 『月から来た者』 ≪あらすじ≫ 月から来た謎の艦隊によって、アメリアの補給艦が撃沈された。地球人同士という意識で連携したクリムとマスクは、投降に見せかけて敵旗艦の強襲作戦を実行。G-セルフのベルリもその作戦に協力することになる。 (公式HP World Storyより抜粋) ≪感想≫ なんというか、月やその裏側から来た人たちっても...
[2014/12/24 21:10] 刹那的虹色世界
ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る    いよいよお目見えした“月から来た者”!  サブタイトル通り、今回は彼ら中心に物語が進んだ印象でした。  かなり常識人だった彼らに対し、  地球人のクリムやマスクの突き抜けた感が相変わらず愛おしいvv…んですが。  今週はBFTのメイジン・カワグチ降...
[2014/12/21 17:55] 新・00をひとりごつ
『月から来た者』
[2014/12/21 12:40] ぐ~たらにっき
話しが大きく動き始めましたね。 キツネとタヌキの化かし合い。 クリムは天才(笑)が似合うなあ。 月から来た謎の艦隊によって、アメリアの補給艦が撃沈された。 地球人同士という意識で連携したクリムとマスクは、 投降に見せかけて敵旗艦の強襲作戦を実行。 G-セルフのベルリもその作戦に協力することになる。  ガンダム Gのレコンギスタ 公式サイト ガンダム Gのレコンギス...
[2014/12/21 11:34] ひえんきゃく
ガンダム Gのレコンギスタ 第13話『月から来た者」』  感想(画像付)    月からの相手に共同戦線をする天才とマスクさん。 でも騙し打ちは見破ら戦闘は発生せず(^^; アイーダさんの思いつきが、月までトワサンガを見に行くことになりそう。 強引だけど破天荒な展開で面白いかな?   月から来た謎の艦隊によって、アメリアの補給艦が撃沈された。 地球人同士という意識で連携...
[2014/12/21 11:15] 空 と 夏 の 間 ...
第13話 月から来た者 公式サイトから月から来た謎の艦隊によって、アメリアの補給艦が撃沈された。地球人同士という意識で連携したクリムとマスクは、投降に見せかけて敵旗艦の強襲作戦を実行。G-セルフのベルリもその作戦に協力することになる。 アメリアの補給艦が月からの艦隊に攻撃される。ザンクトポルト付近で攻撃するとは何事だ。月の艦隊から交渉団がザンクトポルトに向かう。 グシオンは自国の船が攻撃され...
[2014/12/21 10:00] ぬる~くまったりと