スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「Gレコ」における巨大MAと女性の悲劇の歴史-バララとユグドラシル 

はじめに-ユグドラシルの魅力

「Gのレコンギスタ」24話はバララ・ベオールが乗る
巨大モビルアーマーのユグドラシルの描写が圧倒的だった。

greko24003.jpg

greko24002.jpg

ユグドラシル、北欧神話でいう世界樹の名を関する機体は伊達ではなく
ユグドラシルが放つテンダービームが世界樹の形のように広がるビジュアルは
今までに見たことがないエフェクト表現だった。
戦争という凄惨な空間でありながら、テンダービームには美しさがあった。
これを見られただけでも、幸せだった。

巨大モビルアーマーと女性の関係性

さて今回の主役は、マニィがルインの元に戻って来たことで
自分の居場所が無くなってしまったバララ・ベオール。

greko24001.jpg

さてバララがこの巨大モビルアーマーユグドラシルに乗ったのは
ガンダムシリーズ的に色々思うところがある。

greko24-1000.jpg

まず女性と巨大モビルアーマーといえば、
今まで1stガンダムであればララァ・スンがエルメス。
Zガンダムでいえば、フォウ・ムラサメがサイコガンダム。
ロザミア・バダムがサイコガンダムMkⅡ。
逆襲のシャアでいえば、クエス・パラヤがαアジール。

などなど、ガンダムシリーズで女性が巨大モビルアーマーに乗るのは
一種の様式にもなっていると思う。


私の中ではこうした彼女達と巨大モビルアーマーの関係性に、
複雑な立場にあり精神的に不安定な彼女達の心を縛るものとして
巨大モビルアーマーが存在しているのだと、私は思っている。

(参考)逆襲のシャアにおける、αアジールの機体名の意味から考えるクエス・パラヤ論

過去に書いた記事ではクエスが乗るαアジールの機体名の意味には、
クエスにとっての始めての聖域・避難所であることが
込められているという解釈を書いた。
この視点からもクエスの心を縛る存在だというのがわかる。

もっと直接的にいえば、搭乗者を精神的に操りもする
モビルアーマーにあるサイコミュという設定は、
彼女達を縛るものでしかない。

そして彼女達はそれぞれに心を縛られたまま戦場で死んでいった。
この事は宇宙世紀時代の悲劇ともいえるだろう。

バララの心を縛る居場所としてのユグドラシル

さてGレコで巨大モビルアーマーに乗ったバララ・ベオールも
宇宙世紀時代のララァやクエス達と同じ系譜に属しているのではないかと思った。

マニィが帰ってきたことで、ルインがマニィとお互いの寄りを戻したことで、
自分の居場所が無くなってしまったバララ。
そんな彼女が生き続けるには、パイロットして完璧である事を証明する為に
巨大モビルアーマー、ユグドラシルに乗って戦うしかなかったのだろう。

このバララ・ベオールの立ち位置は、
逆襲のシャアにおけるクエス・パラヤがアムロと仲良くなりたかったのに
アムロの交際相手であるチェーンの存在をうっとおしく思って
シャアの元に走り、αアジールに乗って戦場で散った事に近いと思った。
※バララはクエスほど無邪気ではないにしろ

こうしたバララの気持ちを縛る・バララの居場所として存在するユグドラシルは
諸説あるが王の墓とも言われるピラミッドのような形状をしているのも興味深い。
それはピラミッドが墓という説を取るならピラミッドの形をしたユグドラシルは
バララの墓だったのではないかという言い方もできるからである。

greko24000.jpg

バララはアメリア軍とドレッド軍の間で成立しようとしていた停戦に割って入り込み
テンダービームで両軍に大打撃を与えた。その光景を見たベルリは
「艦隊をまるごと破壊するのがどういうことかわかれ」と怒る。

戦争に嫉妬を持込み、完璧なパイロットである事を証明しようとして
無闇に人を殺し過ぎたバララ・ベオール。
そんなバララの最後の心の柱がユグドラシルだったわけだ。

まとめ

こうした女性達が巨大モビルアーマーに乗っては戦場に散る意味で
宇宙世紀時代から人の有り様が変わっていないと感じた。
歴史はりギルドセンチュリーでも繰り返される。

そして戦争は個々人がそれぞれに抱く感情を戦場に持ち込むこと、
今回でいえばバララが嫉妬心を戦場に持ち込むことで、
戦争は拡大し、悲劇が生まれてくる事を改めて感じさせた。

※ちなみにユグドラシルがGセルフによって撃ちた後に
脱出ポッドが出てくる描写が見えるので、もしかすると生きているのかもしれない。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/03/14 10:26 ] Gのレコンギスタ | TB(7) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2407-2f106f3e

<記事内アンカー> 蒼穹のファフナー EXODUS 第10話「希望の地へ」 ガンダム Gのレコンギスタ 第24話「宇宙のカレイドスコープ」  艦これ、摩耶改二が実装されましたね。レベル70あれば余裕だろうとタカをくくってました。まあ70だと1軍組に比べて見劣りするので演習に出して、77まで上げておいたので実装即改造はできたのですが。鳥海も同レベルですが、念のためこのまま...
[2015/03/15 03:04] Wisp-Blog
ジット団ならぬしっと団。バララの狂気が戦場を支配する!!ナントカに刃物、バララにユグドラシル。最初バララもニュータイプに覚醒するのかと思った→狂化人間だった。 ジット団…軍人に憧れている人たち。マニィの指摘は多分当たってる。帰還したマニィとバララ一触即発!と思いきやマニィを賞賛してマスクを譲ってくれる。この時は「バララちっこいけど大人!」って思いました。 そのマニィは...
ガンダム Gのレコンギスタ 第24話 『宇宙のカレイドスコープ』 ≪あらすじ≫ アイーダの父、アメリア軍総監のグシオンはドレット艦隊と協力してキャピタル・アーミィを叩くとクリムに断言する。だが、バララの大型モビルアーマー、ユグドラシルが2つの艦隊を直撃、宇宙に死のカレイドスコープが閃く。 (公式HP World Storyより抜粋) ≪感想≫ ちょっと意見を上手くまと...
[2015/03/14 18:08] 刹那的虹色世界
第24話 宇宙のカレイドスコープ 公式サイトからアイーダの父、アメリア軍総監のグシオンはドレット艦隊と協力してキャピタル・アーミィを叩くとクリムに断言する。だが、バララの大型モビルアーマー、ユグドラシルが2つの艦隊を直撃、宇宙に死のカレイドスコープが閃く。 フルムーンシップでジット団のMAユグドラシルを操るバララ。マニィには今度はあなたが良い思いをしろと告げて出撃する。マスクはマニィが居なく...
[2015/03/14 17:19] ぬる~くまったりと
[ 宇宙のカレイドスコープ ]
ガンダム Gのレコンギスタの第24話を見ました。 第24話 宇宙のカレイドスコープ アイーダの父、アメリア軍総監のグシオンはドレット艦隊と協力してキャピタル・アーミィを叩くとクリムに断言する。 だが、バララの大型モビルアーマー、ユグドラシルが2つの艦隊を直撃、宇宙に死のカレイドスコープが閃く。 ベルリ達が向かうと、ラライヤがルシファーで突破口を切り開き、アイーダが...
[2015/03/14 11:36] MAGI☆の日記
ガンダムGのレコンギスタ 第24話 宇宙のカレイドスコープ 感想 カレイドスコープっていう題名ですが何でしょうね? と思って調べて見ましたら、 カレイドスコープ(Kaleidoscope)、意味、万華鏡だそうです。 今回の話とどういった関係なのでしょうね? フルムーン…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。