スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リアル「SHIROBAKO」-山ねずみロッキーチャックの現場から 

「SHIROBAKO」の宮森あおいがアニメ制作を志すキッカケの一つになったのは
劇中でもたびたび登場した「アンデスチャッキー」。

annds000.jpg

19話のEDは特に印象的だった。

さてこの「アンデスチャッキー」の元ネタとされる
「山ねずみロッキーチャック」についての面白い記述が
富野由悠季さんの著作「だから僕は」にあった。

「山ねずみロッキー・チャック」
(※ズイヨー)後半以後、五本のコンテをきらせてもらい、監督、アニメーターとしての遠藤政治さんという怪物と出会った。そのころは氏の酒量はへっていたらしいのだが、スタジオに臆面なく一升ビンをおいて仕事をなさる方というのをはじめて目撃した。すすめられることではないが、悪いともいえない。そんな状況を呑みこんでアニメを創ってみせる、と口にした方は遠藤監督以外にはいない。剛気さと繊細さをみせてくれた方として僕には貴重だった。あたりまえなことを、感動をもって描けというビィビィッドな感性は、アーチストというにふさわしい。コンテの仕事だけだったので、傍観者として遠藤監督の自身の所在だけをみることができたのは幸いだった。

出典「だから僕は」角川スニーカー文庫より

※ズイヨー:正式名称「瑞鷹株式会社」。アニメ製作会社。「山ねずみロッキーチャック」の製作。

上記の引用は富野由悠季さんが、自称「さすらいの絵コンテマン」として
数々の作品に参加した事について、作品ごとで語っている記述の一つ。
剛気な気質の監督の遠藤政治さんに圧倒されたのを感じさせる記述が面白い。

「SHIROBAKO」の宮森あおいが憧れた「アンデスチャッキー」の
元ネタの「山ねずみロッキーチャック」は
遠藤政治監督という大胆さを備えた方が手がけていたのがわかる富野さんの記述。

リアルな世界での「SHIROBAKO」は遠藤監督みたいな方もいるのだ。

参考:アニメージュ79年1月号アニメ界SPECIAL座談会(ひびのたわごと様)

手塚治虫先生、藤岡豊さん、笹川ひろしさん、横山賢二さん、
富野喜幸(現:由悠季)さん、そして遠藤政治さんが参加された貴重な座談会。
遠藤さんの想いの一端が垣間見える。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/04/15 20:30 ] SHIROBAKO | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。