「スラムダンク」最終巻の山王の最後のセットプレイについて 

スラムダンクで一番好きなシーンは、
湘北対山王戦の、最後の最後の山王のオフェンスだ。(単行本31巻)

suramudannku1.jpg

山王の深津がグーのサインを出し、
河田が沢北とマッチアっプしている流川にスクリーンをかけ沢北がフリーになる。
その隙を突くように深津が沢北にパスを出す。
そして沢北はドリブルで有利なスペースを作り出し
ディフェンスで後手に回った流川とヘルプに来た赤木をかわしてショットを放つ。

この山王のプレイは彼らが何千回も練習し完成させたセットプレイだと私は思っている。

suramudannku.jpg

このセットプレイは、山王が逆転をかけた最後のオフェンスであり、
主力の深津・河田・沢北が絡むプレイである点から、山王の必殺技だと思う。
そしてこのセットプレイを完成させる為に、何度もチーム内で練習した事を想像してしまう。

それはバスケのセットプレイは一朝一夕でできるものではなく、
練習の積み重ねが必要だからだ。

--以下妄想--
エースの沢北にどうやってボールを渡すのが一番いいのか。
河田がスクリーナーになって、沢北のマッチアップ相手の動きを制限させ、
その隙を突いて、深津から沢北へパスを出し、沢北が有利な状態からショットを放たせる。
堂本監督がどんな相手でも勝つために考え抜いた作戦なのだろう。
そしてこのプレーの精度を上げるために、練習で何百・何千と試したに違いない。
--以上妄想--

スラムダンク本編で山王最後のセットプレイが、何度も練習したという説明はない。
ただ過去はどうだとか一切説明がないのに、こうした読者の想いを自然に
巡らせてしまう点にスラムダンクの物語の凄さがある。
言葉抜きの描写で、読者に本編には見えない物語まで雄弁に語ってしまう作品なのだ。

suradann3.jpg

そんな山王が練習し続けてきたであろうと私が勝手に想像する
最後のセットプレイを上回ったのが、流川の桜木へのパスと桜木のシュートだった。
山王最高のチームプレイを打ち破るのは、流川の信頼を受けての桜木のショット。
凄い山王のプレイの上に、さらに湘北は凄いものをぶつけて上回る。
この両者の応酬に、私はスラムダンクの凄さを感じるのだ。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2015/04/21 22:01 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する