スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「響け!ユーフォニアム」の魅力はハラハラ感と寸止め感のバランス感覚にある 

「響け!ユーフォニアム」の面白さは、
本編中の物語のハラハラ感と寸止めのバランス感覚にあると思う。

「響け!ユーフォニアム」のハラハラ感

ハラハラ感とは何か。

今回10話でいえばオーディションの結果に
一部の部員が疑念を持ってしまい、
吉川優子が高坂麗奈に当たってしまうような
ギスギスした展開や人間関係が壊れてしまうような展開が挙げられるだろう。

yufo10001.jpg

一触即発。香織が「やめて」と言わなければ、
その後に麗奈が久美子に言ったような愚痴を
麗奈が優子に直接言って、事態はより悪化していたのかもしれない。

こうした緊張感溢れる展開、部活動が部員の人間関係が、
もしかすると壊れてしまうという展開とニュアンスを含みながら
物語が進行していくことが、ハラハラ感に他ならない。

本作は必ずしも安全に物語が進まない作りになっている。
何かハプニングが起こることでハラハラ感が生まれるのだ。

yufo10000.jpg

あすかの存在もまた面白い。
誰とも上手くやっているようにも見えつつ、決してグループに属さない。
高坂麗奈と対を為すもう一人の「特別」な存在。

その彼女が周りのいざこざに対し「正直、心の底からどうでもいいよ。」
という場面は、違う意味でハラハラさせられる。
優等生でははあるが、優等生の枠に収まらない何かがあすかにはある。

響け!ユーフォニアムは、物語のハラハラ感に呼応するかのように
ハラハラ感を呼ぶキャラクターが存在する。
今回10話でいえば吉川優子であり、7話でいえば葵の退部劇、
8話でいえば久美子に迫る高坂麗奈であろう。

yufo10-2000.jpg

逆にいえばそんなハラハラさせられるキャラクター達の真ん中に
あすかとは違う意味で、全てのキャラクターと上手くやっている
久美子が存在するからこそ、久美子は主人子なのだと思う。

「響け!ユーフォニアム」の寸止め感

寸止め感というのは、
先ほど挙げた、物語もしくはキャラクターの関係性が壊れそうになる展開を見せながら、
最終的には無事というか綺麗な所にランディングする姿勢の事である。

物語や人間関係が壊れそうで壊れない点を寸止め感と私は言いたい。

yufo10-1000.jpg

今回最後に滝先生が再オーディションを提案する。
(原作だと、滝先生の提案ではないとのこと)
この提案は練習に集中できない部活動の空気を一新するものであり、
納得できるものだったと思う。

そして再オーディションに対して香織が力強く挙手をするのも
物語の展開としてとても良かったと思う。
(とはいっても、選ばれるのは高坂麗奈のような気もするが。)

こうした、物語展開やキャラクターがハラハラ感で進むと、
最終的にはソフトランディングする、寸止め感で締めくくる。
このハラハラ感と寸止め感の振り方が、バランス感覚が
本作の物語の魅力なのだろう。

ハラハラ感に振りすぎると露悪的になるし、
寸止め感に振りすぎると、緊迫感が生まれない。
この両方を本作は上手く手綱を取って使いこなしている。

まとめ

部活動に所属した経験がある人なら
レギュラーになれなかった時の悔しさ、部活動の空気が悪くなった時の困難さ
人間関係の面倒さなどを感じたことがある人はいると思う。
そんなこんなも含めて中高生時代の部活動は、思い出として強く心に刻まれる。

特に感受性豊かな中高生の時代は、
些細なことや、ユーフォニアムでいえばオーディションのようなイベントごとに対して、
強く反応し、その結果が人生の全てだと思い込んでしまう時期でもある。

「響け!ユーフォアニム」の物語の面白さは、
こうした感受性豊かな等身大のキャラクター達と部活動を
時にはハラハラした展開で描き、でも最終的には無事着陸させる。
このバランス感覚溢れる展開にあるのだろう。
 
そして部活動というのが、共感を持って受け止められやすい
題材の一つであるという事を「響け!ユーフォニアム」は教えてくれる。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://nextsociety.blog102.fc2.com/tb.php/2426-85ef3b83

第10話概要 オーディションが終わった北宇治高校吹奏楽部。 クミコはオーディションに無事合格し、コンクールで演奏ができることになった。 しかし先輩であるナツキはオーディション不合格。 結果的にクミコはナツキを出し抜くことになったのだ。 クミコは過去、中学の時にも同様の経験をしていた。 中学1年の時、小学校からユーフォニアムを演奏していたクミコは、先輩を出し抜きコンクールに出場できることになっ...
[2015/06/20 00:14] アニメの感想文
200 第10話概要 オーディションが終わった北宇治高校吹奏楽部。 クミコはオーディションに無事合格し、コンクールで演奏ができることになった。 しかし先輩であるナツキはオーディション不合格。 結果的にクミコはナツキを出し抜くことになったのだ。 クミコは過去、中学の時にも同様の経験をしていた。 中学1年の時、小学校からユーフォニアムを演奏していたクミコは、先輩を出し抜きコンクールに出場できるこ...
[2015/06/19 23:56] アニメの感想文
先輩たちの逆襲が… 今始まる~♪
響け!ユーフォニアム 10話の感想です。 久美子のトラウマ再び。 先輩を差し置いて選ばれた経験があるようで・・ その際ろくでもない先輩で暴言をはかれた感じに。。 今回もそれを思い出したようですが 夏紀先輩がいい人すぎたので何の問題もありませんでしたね。。 麗奈へのひいき疑惑で再オーディションへ。 ダメな部活が先生のおかげで変わってきたのに ひいきだとか言う資格はな...
[2015/06/12 19:21] シバウマランド@
210 第10話概要 オーディションが終わった北宇治高校吹奏楽部。 クミコはオーディションに無事合格し、コンクールで演奏ができることになった。 しかし先輩であるナツキはオーディション不合格。 結果的にクミコはナツキを出し抜くことになったのだ。 クミコは過去、中学の時にも同様の経験をしていた。 中学1年の時、小学校からユーフォニアムを演奏していたクミコは、先輩を出し抜きコンクールに出場できるこ...
[2015/06/12 08:39] アニメの感想文
ララ聞いちゃいました。ララちゃんが余計な噂を流し吹奏楽部の空気を悪くした響け!ユーフォニアム10話。おしゃべりな情報通です。ララちゃんはどこであんな噂を入手してきたんだろう。リボンちゃんが暴れなくても噂が広まって同じような空気になったかもしれませんね。
[2015/06/11 20:16] おはぎいろ
【まっすぐトランペット】 響け!ユーフォニアム 6 [Blu-ray]出演:黒沢ともよポニーキャニオン(2015-11-18)販売元:Amazon.co.jp ポニテ先輩最高! 
[2015/06/11 06:26] 桜詩〜SAKURAUTA〜
部の和を乱すリボン^^; ついにというか、リボンがやらかしましたね。 自分の事ならともかく、香織先輩がソロ取れなかったことにぶーたれまくり。 まあこれまでがこれまでなだけに、こういう子もいるか。 …久美子の中学時代にも似たようなのが^^; トラウマになってた久美子ちゃん、ポニテちゃんに呼び出し食らってガクガクブルブル。 リボンと違ってポニテちゃんはよい子でした。 ここ数回でポニ...
[2015/06/11 05:12] のらりんすけっち
響け!ユーフォニアムに関するアニログです。
[2015/06/11 03:38] anilog
響け!ユーフォニアム 第10話『まっすぐトランペット』今回は・・・なんかもめてます。麗奈がソロになったのが不満なんだとか。文句言われても、オーディションやった結果だもん ...
[2015/06/11 02:47] ニコパクブログ7号館
評価 ★★ 人の心は複雑だ               
夏紀先輩ええ人や。 「響け!ユーフォニアム」の第10話。 オーディションの結果発表、夏紀を置いて久美子が採用、トランペットの ソロではマドンナ香織を差し押さえて麗奈が抜擢される。 オーディションにおける久美子のトラウマ。一年で抜擢されて先輩に 八つ当たりされたことがある様子・・・ユーフォは無事だった?? 放課後、夏紀に誘われる久美子。 トラウマからビクビクとしていていたが...
[2015/06/11 02:33] ゆる本 blog
== 結果に対する明と暗 ==  どうも、管理人です。昨日は結局更新終わった後に早々に寝落ちしてたらしく、中々体調が微妙なことに。また今週辺りから週末のイベントラッシュが始まるので、上手く調整していきたいと思います。 === 麗奈:「うざい! うざい!!」 ===  今回の話は、前回行われたオーディションに際しての影響と波紋を描いた話。まあ、ある意味予想通りの部分もあります...
[2015/06/11 00:03] 戯れ言ちゃんねる
オーディションで当選した久美子。 だが、喜ぶ反面、過去の体験から落選した先輩との人間関係が悪化する事を危惧し戦々恐々。 そんな矢先、落選した夏紀から放課後に呼び出されてしまい怯えながらも、夏紀と共にファーストフード店へ。 久美子の危惧を他所に、落選した理由を自覚し、自分の気持ちに整理をつけていた夏紀。 人間関係に気を使う久美子に対し優しく接し、コンクールでの演...
[2015/06/11 00:01] アニメ色の株主優待
 艦これ、「海上突入部隊、進発せよ!」を出すだけ出しておこうと初めて東方ウィークリー任務消化に挑んでいるのですが、12回ボスまで行くのめんどくseeee しかもこれの後に2つ任務をこなさないと出現してくれないという……まあ3軍の駆逐艦改二組の底上げにはちょうどいいのですが。
[2015/06/10 23:58] Wisp-Blog
アニメ「響け!ユーフォニアム」第10話「まっすぐトランペット」の感想です。【関連記事】「響け!ユーフォニアム」 第9話感想 緊張感があって良い感じ。さすがの演出でした。「 ...
『まっすぐトランペット』
[2015/06/10 23:38] ぐ~たらにっき
第十回 まっすぐトランペット 今回のオーディションで先輩を差し置いて選ばれた 事になった久美子。中1の夏のコンクールのオーディションで同じ経験をしていた。落選した先輩が久美子に文句を言ったのだった。あなたが居なければコンクールで吹けたのに。 夏紀が久美子に放課後に付き合ってと声を掛ける。毛布を敷いて音を吸収させる指導をする滝先生。実際の会場は広いので音量を上げて演奏する練習を始める。夏紀から...
[2015/06/10 22:20] ぬる~くまったりと
強く、特別であろうとする難しさ
[2015/06/10 22:12] 往く先は風に訊け
響け!ユーフォニアム 10話 「まっすぐトランペット」 感想 ポニテ先輩は良い娘だね~ これを機に、久美子もポニテに戻してくれないかな。
[2015/06/10 22:06] ADVGAMER
あらあらまあまあ。 夏紀とは正反対なうざいリボンのせいで空気おっも! 誰しもが納得なんてそりゃいかないだろうさ。 だけど、私情でかき乱しちゃいかんよなあ。 -----そうは思うけどやっぱりひとの感情。 いろんなやつがいる。だから面白いのですw 次回は 「同情」が勝つか「実力」が勝つか。 楽しみでならない。わくわく。
納得したいんだよ。
[2015/06/10 21:54] アニメ感想文
響け!ユーフォニアム 第10回「まっすぐトランペット」です。 『響け!ユーフォニ
夏紀先輩がいい人すぎて泣ける。ポニテ娘ちゃん大好き! あっという間の久美子のトラウマ回収でしたが、彼女が夏紀先輩の言葉にダダ泣きするのは本当に良いシーンでした。 来年は一緒に演奏すると久美子の楽譜に書いてくれたことが久美子にとっては宝物のような出来事になるんじゃないでしょうか。 理解しあって、じゃあお互い先に進みましょうというとても前向きな経験は、思春期の彼女たちにとってプラス...
響け! ユーフォニアム 第10話『まっすぐトランペット』 感想(画像付) 麗奈と滝が知り合いだったことでオーディションに疑惑が! 不信感から吹部は練習に集中できない状態。 この状態をどう解決するか、滝先生の采配に注目ですね。   オーディションで滝が麗奈を贔屓したのでは……と部員たちの間で噂が広がっていた。 それにともなって、部の雰囲気は悪くなり、滝と麗奈への不信感は...
[2015/06/10 21:40] 空 と 夏 の 間 ...
アニメ 響け!ユーフォニアム 第10話 まっすぐトランペット 止めようのない その溢れる想いのままに つき進めるのが 青春真っ只中な若さの功と罪
響け!ユーフォニアムの第10話を見ました。 第十回 まっすぐトランペット 麗奈がソロパートに選ばれたことでオーディションで滝が知り合いだった麗奈を贔屓したのではないかと部員達の間で噂が広がっていた。 「父親同士が知り合いだった関係で中学時代から彼女のことを知っています」 「何で黙ってたんですか!?」 「言う必要を感じませんでした。それによって指導が変わることはありま...
[2015/06/10 21:06] MAGI☆の日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。