スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジン・ジャハナムとGレコー歴史に名を残した英雄 

「機動戦士Vガンダム」50話「憎しみが呼ぶ対決」での
戦艦リーンホースJrが敵戦艦に特攻するシーン。
Vガンダムの中でも屈指の名シーン。

特に印象的なのは、影武者のジン・ジャハナム。
シリーズ中は自己の保身に汲々とした人物であったが
リガ・ミリティアのメンバーの死、真のジン・ジャハナムの出会いなど
辛く苦しい戦いを通し、指揮官として目覚めたのがこの特攻シーン。

そんな決意を決めたジン・ジャハナムの言葉が心に突き刺さる。

vgan.jpg

ジン・ジャハナム
「当たり前だ! ここまで来て我々の働き場所が無いでは、ジン・ジャハナムの名前が泣くわ!」 
「若い者が生き延びれば、この名前は私のものとして語り継がれるってものさ。行っていいぞゴメス艦長!」



名前に翻弄された影武者であったとしても、
後世に名前を語られることを望んだジン・ジャハナム。

そんなジン・ジャハナムの名前は、
宇宙世紀の先にあるリギルドセンチュリーの時代
「ガンダム Gのレコンギスタ」に登場するMS「ジャハナム」の名前として
歴史に名を残し、後世に語り継がれたと思いたいのである。

zyahanamu.jpg
※ジャハナム

公式設定に基づかない解釈だが、
この解釈を取ると、ジン・ジャハナム閣下もうかばれるかなと思う。
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
[ 2016/09/04 16:01 ] Gのレコンギスタ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。